孫娘を産んでからアタシを嫌う娘。雛人形買ってやっても雛祭りに呼ばれない


テレフォン人生相談 2017年7月1日 土曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード、作家・翻訳家)

相談者: 女68歳 次女32歳と二人暮らし 夫は16年前に他界 近くに住む長女33歳 長女の夫32歳 長女の息子小学4年生と小学2年生 娘2歳半

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、すみません、よろしくお願い致しますう。

今井通子:
はい。今日は・・

相談者:
えー・・え、え

今井通子:
どういった、ご相談ですか?

相談者:
えーっとね。ちょっと娘との事なんですけれどもお。

今井通子:
はい。あなたおいくつ?

相談者:
はい、68歳です。

今井通子:
はい。お嬢さんは?

相談者:
娘は・・32歳と33歳がおりまして、

今井通子:
はい

相談者:
33歳の上の子の、こ、ちょっと、仲のことで・・

今井通子:
はい。お子さんは、あの、お嬢さんお二人だけ?

相談者:
そうです。

今井通子:
はい。上のお嬢さんは、結婚されてる?

相談者:
はい

今井通子:
・・ご主人はいくつぐらいの方?

相談者:
えー32歳です。

今井通子:
はい。お子さんいらっしゃる?

相談者:
えーとお、4年生と2年生の男の子と、

今井通子:
はい。と・・

相談者:
2歳半の、女の子です。

今井通子:
はい。お嬢、あなたの下のお嬢さん、32歳のお嬢さんは?

相談者:
はい、今一緒に、住んでます。

今井通子:
あ、じゃ、結婚はされてない?

相談者:
はい

今井通子:
はい。・・で・・ご主・・

相談者:
主人はもう、16年前他界致しまして。

今井通子:
10、6年前。

相談者:
はい

今井通子:
はい・・そうするとお・・あなたは・・その下のお嬢さんとお二人で住んでらっしゃる?

相談者:
あ、そうです、はい

今井通子:
でえ、上のお嬢さんは別にい・・もう、生活・・

相談者:
ええ、近くに、はい

今井通子:
あ、お近くにいらっしゃるのね?、はい

相談者:
はい、はい

今井通子:
・・今日・・

相談者:
きょ・・

今井通子:
問題になるのは上のお子さんなの?

相談者:
そうなんです、それがね、ちょっと・・

今井通子:
どうしちゃった?

相談者:
あの、一番下の子が産まれてからですねえ、

今井通子:
うん

相談者:
拒否されまして。

今井通子:
ええ

相談者:
育児ノイローゼじゃないかな?とは思うんですけれどもお。

今井通子:
ええ

相談者:
・・うーん
「お母さん嫌い」というか、行っても無視されちゃうというか。
今までそんなことなかったんですけども。仲良くしてたんですけどもお。

今井通子:
はい

相談者:
なんか、その原因がよく分からないんですね。

今井通子:
はい

相談者:
それでこれから無視した方がいいか?・・でも今までえ・・仲良くやって来たのにい・・どうしたらいいの・・

今井通子:
何、あなたにだけなの?

相談者:
そうです。

今井通子:
・・例えば下のお嬢さんが行っても大丈夫なの?

相談者:
いや下の子と、も、あんまり仲良くないんですね、もう昔から(苦笑)

今井通子:
あ、それは昔からなの

相談者:
はい

今井通子:
あ、ということは対比する人がいないな。
じゃあ、ご主人の方の、お父さんお母さんはご存命?

相談者:
はい・・娘からいうとお姑さんですよね?

今井通子:
そうそうそうそう

相談者:
ええ、ええ、仲良いです。

今井通子:
・・あん、そうすっと(苦笑)あなただけに対してなのね?

相談者:
そうなんです。

今井通子:
ああ

相談者:
わたしのことが何か性格的に嫌みたいで、わたしが・・ずけずけものを言うし、

今井通子:
うん

相談者:
それが、なんか気に障るみたいなんですね、ある時から。あはは(笑)

今井通子:
そのある時っていうのが何?

相談者:
下の子が生まれてから。

今井通子:
あの、下の・・一番下の、

相談者:
はい

今井通子:
今2さ・・2歳半のお子さんが、

相談者:
ええ、ええ

今井通子:
生まれた時からあ・・

相談者:
はい

今井通子:
そうなっちゃったっていうこと?

相談者:
ええ、そうですね。

今井通子:
ふうん・・あなたが何をしに・・そのお嬢さんのところへ行こうと思うと・・来ちゃ
「来ないでくれ」って言われちゃうの?

相談者:
いや最初はね、

今井通子:
うん

相談者:
生まれた時、一番、最初はその子が、一番下のが生まれた時に、

今井通子:
うん

相談者:
あの、上の子、二人預かりに行った時に、

今井通子:
うん

相談者:
「もう来なくていいから」って言われたのね。

今井通子:
えーそれは何回目ぐらいで?

相談者:
・・最初の日です。生まれた最初の日。自宅出産で。

今井通子:
ええ

相談者:
自宅で産んだんですね。

今井通子:
はい

相談者:
そいで上の子大変だろうと思うから迎えに行って
「お母さんが預かるよ」って、迎えに行った時に、

今井通子:
ええ

相談者:
あのお、なんかヒステリー起こしちゃって。

今井通子:
ええ

相談者:
こ、「入って来ないで」って、な、なんだか分かんないんですけど、ほほほ(苦笑)

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
「来なくていいから」って。

今井通子:
はい

相談者:
「でも大変だから、連れてく」つったら
「いい」「来ないで」って、言われたんですね(苦笑)

今井通子:
あ、じゃもう、その日に言われちゃったのね?

相談者:
そうなんです

今井通子:
で、その前までは大丈夫だった、何でもなかったの?

相談者:
何でもなかったんです。

今井通子:
うん。じゃ、前まではどういうお付き合いをしてらした?

相談者:
あの、子どもを孫二人預かって、

今井通子:
ええ

相談者:
あのお・・ん、幼稚園に迎えに行ったりとか、家でご飯食べて帰したりとか、

今井通子:
はい

相談者:
あの、ご飯まで持たしてあげたりとか。

今井通子:
はい

相談者:
もうそれは、もう普通以上に・・

今井通子:
ああ

相談者:
良かったんですね。

今井通子:
はい。で、上のふた、二人の坊っちゃん。

相談者:
はい

今井通子:
坊っちゃんはどうなんですか?、今でも・・お婆ちゃんに懐いてんの?

相談者:
「お婆ちゃん・・のところに遊びに来たい」って言ってる・・と思います。いつか・・あの・・

今井通子:
その・・

相談者:
娘婿さんが、連れて来てくれて、

今井通子:
うん

相談者:
・・あの、母の日に。

今井通子:
ええ

相談者:
手紙書いて。

今井通子:
ええ

相談者:
ま「婆ちゃん、母の日おめでとう」みたいな。

今井通子:
はい

相談者:
で、そん時に、下の子も・・連れて来てくれたんです。一番下の子初めて見たんですけども。

今井通子:
はい

相談者:
そん時に「お婆ちゃん家に来たい」って、いひひ(笑)あん、その婿さんが言ったんですけど。
なんか、娘がどうも、ダメみたいで(苦笑)

今井通子:
ええ

相談者:
も、それからもう・・言ってはいるんですけど、娘が来させないみたいですね。

今井通子:
あー・・じゃあ・・あなたに対しては直接、「もう来なくていい」って言ったのは、でも1回でしょ?

相談者:
・・そうですね。

今井通子:
それ以来、試しに行ってみたりはしてないの?

相談者:
あのお・・運動会とか、んー何かの時に・・呼ばれるんですけど、婿殿から。

今井通子:
はい

相談者:
行くんですけど、無視されるんですよ、顔見ても・・お弁当作ってっても。
まず、わたしの顔は見ないし。

今井通子:
・・うん

相談者:
あのお・・「下の子の、お雛様買ってくれ」とは言うんだけど、買ってあげても・・あのお、
「見に来い」とは言わないし。

今井通子:
・・うん

相談者:
無視されちゃうんですね、すべて。
・・で、わたしも辛くなっちゃうんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
呼ばれるから行くんだけど、辛くなっちゃって。

今井通子:
うん

相談者:
もう・・なんか、し、喋ったら子どもたちに、孫たちになんか、あのお・・変な影響があるんじゃないかと思って。怖くて、もう行けなくなっちゃってるんですね。

今井通子:
・・うーん

相談者:
ヒステリー起こしちゃったりするんじゃないかと思って。

今井通子:
うーん、なるほど。

相談者:
はい。・・でこれからどういう風に、あの、突っ込んでい、それでも行った方がいいか?それとも・・向こうの出方待って黙ってた方がいいのかと思って。

今井通子:
うーん・・そうですか。

相談者:
ええ

今井通子:
で、今日のご質問はそうすると、その、お嬢さんが、

相談者:
はい

今井通子:
あなたに、「来ないで」っていうか、あなたを嫌ってる?

相談者:
はい

今井通子:
らしいだよね?、でも。

相談者:
はいはい

今井通子:
本人に聞いてないんでしょ?

相談者:
いや、あの「嫌い」って、い、言われました。

今井通子:
あ、言われた。

相談者:
ええ

今井通子:
うん・・でもその理由は?・・言われてないんでしょ?

相談者:
言われてないですね。

今井通子:
うん。なぜか分かんないのね?

相談者:
ええ、そうですね(苦笑)

今井通子:
で、それに対して放っと・・あまり付き合わないようにした方がいいのかあ、

相談者:
ええ

今井通子:
それともお、そのなんか・・手立てはあるのか?っていうことですかね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
・・分かりました。今日はですね。

相談者:
はい

今井通子:
えー三石メソード主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、ありがとうございます。

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

相談者:
お願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「孫娘を産んでからアタシを嫌う娘。雛人形買ってやっても雛祭りに呼ばれない」への2件のフィードバック

  1. 放送は、直接聞いてなくて、
    文章だけ読んで思ったこと。
    私も、この相談者、嫌(笑)

    良かれと思ってやってるみたいだけど、
    お節介だし、図々しい。
    人(娘)が嫌がってるということに、気がついていない最悪のタイプ。
    私の身近にもいるので、ほんと、
    娘さんの気持ちわかる。

    一番下の子生まれて、娘本人から頼まれてもいないのに、上二人を「預かるから」って、勝手に連れてくなー!って話ですよ。

    今日の、三石先生は、 
    ナイスアドバイス!

  2. 68歳か。老いの寂しさとか感じる年頃じゃないかな。
    連れ合いに先立たれて、体力の衰えも感じ出す頃。趣味だ運動だというよりは、身近なところで楽しみを見つけたくなるのね。
    いずれ自分も行く道かもしれないけど…

    若い世代に受け入れられるお年寄りは、受け身な人が多いと思う。よく話を聞いて、自分と考えが違っても「最近(あなた)のやり方はそうなんだね」と受け入れられる人。

    相談者は、娘さんがなぜ今回自宅出産にしたのか、尋ねたのかな。赤ちゃんと上の子を触れ合わせたかった、とかじゃないの?
    母の日に孫が来て喜んでるのもなぁ。相談者は母じゃなくて祖母なんだけど。普段から母親気分で接してないかな?

    今、子育て中だけど、こういう年配の人、多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。