浮気に苦しむ女へ「貴方がいい加減でなければこんな男と結婚しません」


テレフォン人生相談 2017年7月3日 月曜日

子供が生まれて間もないのに、夫が職場の女性と不倫。今後、夫とどう関わればいいか分からない。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女35歳 夫40歳 息子3歳 娘0歳

今日の一言: 苦悩する能力。運命にどういう態度で立ち向かうか。フランクル

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい。最初に、年齢教えてください。

相談者:
んと、35歳です。

加藤諦三:
35歳。結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えーご主人何歳ですか?

相談者:
40歳です。

加藤諦三:
40歳、お子さんは?

相談者:
子どもは、3歳と0(ゼロ)歳です。

加藤諦三:
3歳とゼロ、はい、分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
とお・・1年半ぐらい前から、

加藤諦三:
はい

相談者:
えとお、ま、わたしの主人ん、が、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、女遊びい、をしてるかな?っていう疑いがありまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、ここお、んー、2、3ヵ月う、前からは、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ちょっとわたしも断定できないんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
職場の、女の人と、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、不倫関係にあるのかなっていうような?

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ま、メールの内容お、を、ん、見たもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっとあの、この先のことを不安に思って、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、悩んでいるんですけれども。

加藤諦三:
はい。で・・確認はしてないわけですね?、1年半ぐらい遊んでるなあ、というあなたの勘でそんな感じがして。

相談者:
えとお・・

加藤諦三:
2、3ヵ月前にメールを見ると、

相談者:
はい

加藤諦三:
これはどうも・・おかしいなという・・

相談者:
そうですね、あのお、1年半ぐらい前のは、

加藤諦三:
はい

相談者:
えと、恐らくま、お店のお、女の人と、ま、一時的に、こう例えば、あのお、不貞行為をしただとか、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうような感じい・・のことが、2回ほど、わたし・・ん、あのお、分かりまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
その時は問い詰めているんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、今回・・

加藤諦三:
あ、その時、問い詰めた時には、

相談者:
はい

加藤諦三:
あ、その・・お店の人、お店っていうのはこれあれですか?、バーとかクラブですか?

相談者:
え、そうですね、

加藤諦三:
ん、ん

相談者:
とか、あとは出会い系とかでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
知り合った女の人とかなっていう・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ものなんですけれど。

加藤諦三:
それで、それは認めたということですね?

相談者:
いえ、あのお・・わたしの勘違いだとか、ま、あのお、お、ホントに、言い訳・・わたしからすると言い訳、で、あのお・・通されてしまっているという状態です。

加藤諦三:
ああ・・要するに・・
「そういう事はない」という風に・・

相談者:
はい

加藤諦三:
言い張ったということですね?

相談者:
そうですね、はい。

加藤諦三:
はい、だけどあなたあ、から見ると、それは・・

相談者:
うん、こんな、あの・・

加藤諦三:
言い訳に過ぎないという事ですね?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、このレシートを、は(わ)じゃ誰と行ったの?っていうようなものだったりとか。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
・・それでえ、2、3ヵ月前の、そのお・・メールをもう見て、その内容というのは、

相談者:
はい・・

加藤諦三:
・・不倫、だろうという、これも推測の段階?

相談者:
え、推測、そうですね。確定、確証はないんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
メールの内容からあ、「今日は楽しかっ」あの
「仕事に、行く」という風に出て行ったんですけれども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あのお、「今日は楽しかった・・ん、おやすみ」とか。
あのお、そういうので、キスマークとか、あのハートマークが、相手から来たり、ですとか。

加藤諦三:
・・ああ

相談者:
うん、で、あとはあ、毎日・・仕事帰り、中の、こう間に、あの、恐らくその人と、電話をしてるなっていうものがあったりして、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、そういうのが・・消されたりですとか。メールも・・こ度々消してるう、のが分かる。わたしが・・こう、こそっと見るんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
数分後にはそれが消えてたりですとか、

加藤諦三:
・・ああ

相談者:
あの、ま、証拠を残さないためにも、ま、ちょっと慎重になってるのかな?、旦那がっていう・・状態なんーですね。

加藤諦三:
あの「メールをちょこっと見ると、それが消え、てる」ていうのは・・そのお、ご主人はもう、「誰にも見せない」つって、そのお、スマホとか、携帯でも何でもいんですけど、それを、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分で持ってるってわけじゃないのね?

相談者:
あ、えとお・・

加藤諦三:
あなたがスッと見られちゃう・・

相談者:
そうです。

加藤諦三:
程度に、

相談者:
あん、あの暗証番号お、が分かって・・あの、以前ですね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
暗証番号が分からないようになっていて、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、あのお、ま、朝帰りした時に、わたしがこう財布の中を見たら、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、そういう怪しいレシートが出て来て、それを問い詰めた時に、

加藤諦三:
うん

相談者:
それ以降は、その暗証番号を・・が、そのロックしない状態になっているんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、ま、ここ2、3ヵ月ぐらい前から、ま、わたしも、あのその・・1年ぐらい前とか、ぐらいから、そういうちょっと怪しいもんですから、こう度々こう、お風呂に入ってる間、ですとか、

加藤諦三:
あーそういう時ね。はい

相談者:
はい、そういう時に確認をするんですけれど、見れるようにはなっていて、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、ま、そういうところで、こう・・ん・・ま、旦那も、こう、削除しき、し忘れてたりだとか、そういうもの・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
の?、のものをわたしが発見して、ていう感じで。

加藤諦三:
うーん

相談者:
う、疑ってえ、いるんですけれど。

加藤諦三:
うーん。で、レシートは、
「このレシート何?」って、「おかしいじゃない」ってのはそれ・・どういうレシートですか?

相談者:
えとお、ラブホテルのレシートが出て来て、

加藤諦三:
・・ああ

相談者:
と、それは、えーとお、1年以上前なんですけれども、

加藤諦三:
うんうん

相談者:
あのお、ま、その前から、こう、携帯に、出会い系のこう、アプリを、入れてるのが分かっていて、

加藤諦三:
うん

相談者:
多分そこでえ、こう、見つけた女の人と、飲み会行ったあとに、

加藤諦三:
うん

相談者:
落ち合って・・ラブホテルに行ったのかな?っていう・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
もので。そのお、わたしに・・メールを、「もう少し、遅くなる、よ」っていう風にメールをした直後に、

加藤諦三:
うん

相談者:
そのホテルに入出してる・・レシートだったもんですから、

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうこと問い詰めても、

加藤諦三:
あ、うん

相談者:
「いやこれは職場の人と・・ま、タクシーで家に帰るよりも安いから・・泊まっただけだ」っていう風に言うんですけれど、

加藤諦三:
ん、ん、うん・・うんま・・

相談者:
そんな職場の人・・

加藤諦三:
そ、それは確かに(苦笑)ん、なかなか信じられない・・

相談者:
いや・・そうです、はい

加藤諦三:
よね。

相談者:
そういう、あのお・・明らかに嘘だろうっていうような、嘘をまかり通す、ので、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、わたしも確証がないもんですから、問い詰めることも、できな、それ以上問い詰めることもできなくって、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま・・悔し涙(苦笑)っていう、状態が、

加藤諦三:
うーん

相談者:
なん、2回程、あっ・・て。

加藤諦三:
・・そうすると今あれですねえ

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたあ、こう心理的に非常にこう不安定な状態の中で、

相談者:
はい

加藤諦三:
この0(ゼロ)歳の子ですねえ。

相談者:
はい、そうなんです(涙声)

加藤諦三:
うーん

相談者:
あの、つい最近生まれたばかりで、

加藤諦三:
うん、男の子女の子どっち?

相談者:
女の子なんですけれど。

加藤諦三:
女の子、上は?、3歳の子は?

相談者:
3歳は、も・・あの、こと今月で4歳になるんですけれども。

加藤諦三:
男の子女の子?

相談者:
おと、男です。

加藤諦三:
男の子。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・うーん。なんかやっぱりあ、安心で、こ、気持ちは安定はしないですね。

相談者:
そうですね、妊娠中もその・・わたしが、こう話しかけても、上の空っていう感じだし、ですし。立ち合いもしたんですけれど、

加藤諦三:
うん

相談者:
こう、も、心、心にあらずっていうような態度で・・

加藤諦三:
・・なるほどね。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで今日あなたはそうすると・・こういう状態の中でえ

(後ろで赤ん坊がムズる)

相談者:
はい

加藤諦三:
・・離婚、という風にまでは考えてないけど、どうしていいか分かんなくなってるっていうこと?それとも・・

相談者:
そう・・

加藤諦三:
もう離婚しようかなあっていう・・

相談者:
うーん、そうですね、ま、ちょっと、すー・・自分の中でこう整理しようとおも、思うんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、りこ、まずは、その離婚すべきなのか、すべきじゃないのか?っていうとこも確かに迷ってはいるんですが、

加藤諦三:
ええ

相談者:
自分の希望としてはやっぱり、離婚をせずに、っていうところの方が多分大部分を占めていて、

加藤諦三:
うーん

相談者:
でえ、じゃあ離婚しないって、なった時に、

加藤諦三:
うん

相談者:
じゃ自分は、今後どうしたらいいのか?とか、

加藤諦三:
うん

相談者:
反省の色が、見えない、旦那に対して・・どうして・・

加藤諦三:
うーん

相談者
行くべきか?とか。そんな、反省の色がない、旦那ならもう見切りつけた方がいいのかどうか?っていうところお、も・・悩んでるっていう感じですけど。

加藤諦三:
そうですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
普通、ま、この40歳のあなたのご主人を、どう判断するか?っていうことですよね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
まあ今の、お話だけでは・・まあこの男性がどういう男性だっていうのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
なかなかちょっと・・こう断言はまだちょっとできない、

相談者:
はい

加藤諦三:
非常に難しいとは思いますけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあのスタジオに弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてるので、

相談者:
あ・・はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
よろしくお願いします。

(赤ちゃんぐずる)

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。