ルンルン♪49歳。彼氏のことを言うべきかしら? ホントの心配は一人息子の母離れ


テレフォン人生相談 2017年7月31日 月曜日

大学生の息子と母親と3人暮らしのバツイチ女。最近、交際を始めた。結婚は考えてないけれども、交際を息子に伝えるべきか?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女49歳 11年前に離婚 息子21歳大学3年生 母との三人暮らし

今日の一言: なし

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、こんにちは、よろしく願いします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
49です。

加藤諦三:
49歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
・・はい、あ、離婚、しました・・結婚してません、はい

加藤諦三:
あ、り・・えーと、離婚何年前ですか?

相談者:
11年前です。

加藤諦三:
11年前

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
とお・・息子が一人です、大学3年生の。

加藤諦三:
3年生

相談者:
はい

加藤諦三:
んで、今一緒に暮らしてんの?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
じゃ今、お二人で暮らしてんですね?

相談者:
えっと、あと、母が一緒に。

加藤諦三:
あ、お母さんね。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
半年ぐらい前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
知り合った人が、いるんですけど。で、その方もバツイチ。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。ま、お付き合いを・・

加藤諦三:
はい

相談者:
1ヵ月ぐらい前から、始めたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。で、ま・・子どもにその、息子に、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういう・・「お付き合いしてる人が、今いるんだよ」ってことを、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・こう、伝えた方がいいのかな?、それとも・・ま、結婚とかも・・まだちょっと考えてないので、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうことは、言わなくてもいいのかな?っていう・・

加藤諦三:
うん、でなんか今、大学2年生って言いましたっけ?

相談者:
あ、3年、3年生です。

加藤諦三:
3年生。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
えーっと、ということは20、1歳?

相談者:
1ですね、はい

加藤諦三:
21歳ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、もう大人で・・

相談者:
あ、そうですね(苦笑)

加藤諦三:
で・・

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど・・もう21歳になってですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんが、ま、結婚するかしないかは別として・・

相談者:
うん、はい

加藤諦三:
ま、恋愛い、を、始めてるってのは、何となく・・感ずかない?

相談者:
うん。たぶん、なんとなくは分かってると思います。

加藤諦三:
ん、ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
例えば、

相談者:
はい

加藤諦三:
お、お母さん・・何だか知らないけど急にお洒落になったなとかね、

相談者:
うふふ(笑)

加藤諦三:
あれ、なんか、綺麗になっちゃったなとかね。

相談者:
うんー、はあ

加藤諦三:
という、ような・・

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
だけど、あなたとしてはあれですか?
この・・息子との関係でいうと、

相談者:
うん

加藤諦三:
あの結婚はまだ・・しないで、隠し、この息子に隠して、もっと・・息子が大きくなってからっていう・・

相談者:
そうですね、ま、もうちょっと・・ある程度ちょっともう、あと1年?ぐらい・・落ち着いてから・・

加藤諦三:
あと1年

相談者:
そうですね、子どもが、ま、大学、出るぐらい・・

加藤諦三:
ああ

相談者:
まで、待ってえ

加藤諦三:
じゃ・・

相談者:
自分の中ではなんとなく思ってるんですけど、ま、今までそういうふうに、あの、ね?、デートとかそんなに毎週毎週、とかっていって、出掛けてた、こともなかったので、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・ま、子どもも、薄々とは感じてると思うんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
・・うーん、なんかそれを、言った方がい・・
「お母さんこういう人がいるんだよ」って、子どもに言っちゃった方がいいのかあ?

加藤諦三:
うん

相談者:
それとも子どもはそういうことを、ホントは聞きたくないのかあ?・・なんか・・

加藤諦三:
・・いや、聞きたいとか・・

相談者:
(苦笑)

加藤諦三:
聞きたくないかっていうより、も、

相談者:
#$%◆(苦笑)

加藤諦三:
だけどあなた、今一人で、

相談者:
ああ・・うん

加藤諦三:
その恋愛、もうすでに・・あのお、知り合いってんじゃなくて恋愛関係なんでしょう?

相談者:
はい。そうですね、はい

加藤諦三:
んで、結婚の話は出てるの?

相談者:
いや、そういうのは出てないです。

加藤諦三:
ただ付き合ってる、っていうだけ?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
な・・

相談者:
はい

加藤諦三:
それで今あのお、毎日毎日出掛けるってい、言いましたけど、

相談者:
あ・・毎日じゃなくて・・

加藤諦三:
そんなに・・

相談者:
毎週毎週

加藤諦三:
あ、毎週ね。

相談者:
そ、毎週、はい

加藤諦三:
だって大学3年生って結構忙しいでしょう?、んな、しょっちゅうお母さんなんかと一緒にいないでしょう?

相談者:
いや、いっ、うーん、いやあ

加藤諦三:
けっこ、結構母親と・・その、息子と二人で食事を、してる、なんてことが多いわけか・・

相談者:
・・そうですね、わ、んー、割とお・・そうですね、あんまり・・こう、うーん、こう凄い、弾けてる、大学生っていう感じじゃないのでえ。

加藤諦三:
うん

相談者:
うーん

加藤諦三:
・・ていうことは何?、まあ・・ん、お、あなたの目から見るとこのお・・大学3年生の息子っていうのはあ、

相談者:
うん

加藤諦三:
まだ、心理的には、母親から乳離れしてないっていうような・・感じなんですか?

相談者:
・・いや、わたしができてないのかもしれないんですけど。

加藤諦三:
あ、なたの方が・・

相談者:
や#$%◆ね

加藤諦三:
息子から心理的に・・

相談者:
もしかしたら、はい

加藤諦三:
うーん

相談者:
子どもはそんなこときっと思ってないん、のかもしれない・・のかな?

加藤諦三:
うーん

相談者:
うーん

加藤諦三:
・・ま、し・・

相談者:
んふふ(苦笑)

加藤諦三:
物凄い、そのね・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
い、物凄い一般的な話をすればあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
まあ息子、がまあ、

相談者:
うーん

加藤諦三:
もう21歳だから・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
別でしょうけども、

相談者:
うーん

加藤諦三:
小さい頃で言えば、母親の女の面っていうのは、ま・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
見たくないっていうのは、

相談者:
うん

加藤諦三:
一般的にはあるかもしれないですけれども、

相談者:
うんうん、はい

加藤諦三:
ただ、まあ、21歳ですしね。

相談者:
うーん

加藤諦三:
で、もう・・本人が恋愛してたって、おかしくないし。

相談者:
うーん

加藤諦三:
本人が、

相談者:
うーん

加藤諦三:
も、恋人があ、できてお母さんよりも、恋人の方が大切だっていう・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
ことの方が起きておかしくない・・

相談者:
そうです、ま、年・・

加藤諦三:
ですよね?

相談者:
うん年齢的にはね。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
・・という、ことはなに?、あなたの方がなんとなく・・この今・・付き合っている・・方、よりも、まだ・・21歳の息子の方が・・

相談者:
うん

加藤諦三:
大切なのか?

相談者:
・・大切っていうか、心配っていうか。

加藤諦三:
心配?

相談者:
あっはは(苦笑)

加藤諦三:
つまり、わたしが・・

相談者:
うん、うん

加藤諦三:
れん、あの恋愛してると、

相談者:
うーん

加藤諦三:
結婚してるってわけじゃないから、

相談者:
うーん

加藤諦三:
言ってるわけじゃないんでしょう?

相談者:
はい。うん

加藤諦三:
そう言うと、

相談者:
うん

加藤諦三:
心配・・心配っていうことは何?

相談者:
心配っていうか・・うーん

加藤諦三:
高校生じゃあるまいし、グレちゃうって・・そういうことを言ってるわけじゃ・・

相談者:
うん、そういうことではないんですけどね。

加藤諦三:
ないですよね?

相談者:
うん、たぶん話したら、「あ、そうなんだ」っていうふうにはたぶん思うとは思うんですけどお、

加藤諦三:
ええ

相談者:
うん

加藤諦三:
す・・

相談者:
でもなんかこう、結構・・仲いいっていうか(含み笑い)

加藤諦三:
あ、あなたと息子さんがね?

相談者:
そう、はい

加藤諦三:
うん、そこにこう・・

相談者:
んふふふ(笑)

加藤諦三:
第三者が、

相談者:
うーん

加藤諦三:
入られる・・

相談者:
なんかそういう、のもあるのかな?、きっと、自分の中では。

加藤諦三:
あなたの方にね?

相談者:
うーん、たぶん。

加藤諦三:
すと、あなたの生活は、11年間もう、

相談者:
はい

加藤諦三:
息子なしには、成り立ってなかこなかったっていう・・

相談者:
あははは(笑)、かな?、そうかも知れ、ま、一応、中心ですよね、中心ですね。

加藤諦三:
ね?

相談者:
は、うん、そうですね

加藤諦三:
あなた自身が中心っていう意味じゃなくて、

相談者:
うーん

加藤諦三:
息子が中心の、家庭だったんでしょうね?

相談者:
うーん、かもしれないですね。

加藤諦三:
お母さんと3人でね?

相談者:
そうですねえ、はい

加藤諦三:
うんー

相談者:
そうかもしれないですね。

加藤諦三:
ということは、

相談者:
うーん

加藤諦三:
それほど、

相談者:
うーん

加藤諦三:
この今付き合ってる、

相談者:
うーん

加藤諦三:
人が、

相談者:
うん

加藤諦三:
好きというー・・ことではない・・

相談者:
・・いや、そんな(苦笑)、そんなことはないです。

加藤諦三:
そんなことはないの?

相談者:
そんなことはないんです。今回、なんか凄く、自分の中で・・

加藤諦三:
女に目覚めた?

相談者:
目覚めた。あははは(笑)

加藤諦三:
うん

相談者:
うーん

加藤諦三:
それはまあ・・当たり前な話ですからね。

相談者:
うーん

加藤諦三:
ふんで・・

相談者:
凄くなんかこう、居心地がいいんで、

加藤諦三:
「居心地いい」ってのは、この男性といると居心地?

相談者:
そう・・そうなんです。

加藤諦三:
息子といるよりも、居心地がいい?

相談者:
いや、息子は息子で居心地いいんですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
うん。息子、とはもうなんかこう、結構漫才みたいな。

加藤諦三:
ああ

相談者:
あはは(笑)結構こうなんか、でなんか、うん・・そう・・そう

加藤諦三:
そう

相談者:
でもまたその人といる時はその人といる時で、また違った・・

加藤諦三:
うん

相談者:
癒されるって言えば、癒される?

加藤諦三:
それはま・・

相談者:
うん

加藤諦三:
それはもちろんその、人間はいろんな面がありますからね。

相談者:
あはい

加藤諦三:
母親の、面と、女の面とは、

相談者:
ははは(笑)

加藤諦三:
違いますから。

相談者:
そうですよね。

加藤諦三:
そ、それは・・それは別にどうってことはない、し。

相談者:
うん、うん

加藤諦三:
うん・・でえ、だけど今、相手はどう言ってるの?

相談者:
あ、相手にまちょっと話をしてみたんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
そしたら、ま別にそんな・・
「今は、言いたくないんだったら言わない方、がいいんじゃない?」っていう感じで、

加藤諦三:
うん

相談者:
うん。そんな感じでは言ってました。

加藤諦三:
んで、相手の・・この男性は何歳?

相談者:
56、です。

加藤諦三:
ご、56歳?

相談者:
はい

加藤諦三:
なるほどね。

相談者:
うん

加藤諦三:
それで今は、一人ということですね?、離婚して。

相談者:
あ・・えっと、りこ、あ、そうですね一人ですけど。ご両親と、住まわれてるみたいで。

加藤諦三:
で・・結婚の話はまだ出ていないと。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
いう、ことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
だから結婚する人が・・したい人がいるという話ではなくて、

相談者:
なくて。

加藤諦三:
す、好きな人が・・

相談者:
うん

加藤諦三:
いるという・・

相談者:
こと。

加藤諦三:
ことを、

相談者:
はい

加藤諦三:
言った、方がいいかどうか?っていうことですね?

相談者:
あ・・そうですね。はい

加藤諦三:
はい分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあのスタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
こう、法律のように論理的に、こうした方がいいっていうようなね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
明快な・・答えの出るような問題ではないですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士の、中川先生に、伺ってみたいと思います。

相談者:
はーい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「ルンルン♪49歳。彼氏のことを言うべきかしら? ホントの心配は一人息子の母離れ」への2件のフィードバック

  1. 交際1か月、相手からプロポーズされた訳でもないのに、BBAがルンルンで頭沸いてて、聞いてるこっちが恥ずかしいわ。
    実は「息子に言うべきか」なんていうのは口実で、誰かに言いたくて言いたくて仕方ない、というのが本当なんだろうなと思った。
    「あんたいい年して、ちょっと落ち着きなさいよ」って窘められるかと思ったら、中川先生普通に回答してた、優しいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。