父のH画像をチクろうとする母想いの純粋真っ直ぐ君32歳


テレフォン人生相談 2017年8月3日 木曜日

パソコンに父の不倫画像を見つけた。これを機に亭主関白で支配されていた母を離婚させたいと思う。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 男31歳(誕生日が来たら32歳) 父64歳 母61歳 二つ上の兄が一人

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもしい

ドリアン助川:
あ、よろしくお願いします。

相談者:
はい、お願いいたします。

ドリアン助川:
今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
はい、えー、わたしのお、父と母の、まあ、離婚する・・した方いいのかしない方がいいのか?っていうところでの、ご相談なんですけれども。

ドリアン助川:
はい。お父さんとお母さんおいくつですか?

相談者:
はい。父が64の、母が、61ですね。

ドリアン助川:
はい。あなたは?

相談者:
わたしは30・・1で、今年で2になります。

ドリアン助川:
はい32歳になるところと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ご兄弟いるんですか?

相談者:
はい、えー二つ上の兄が、います。

ドリアン助川:
はい。えー、それでえ・・お父さんもお母さんも初婚同士で?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、えー離婚というと、

相談者:
はい

ドリアン助川:
今なにが、なにが具体的に起きてるんですか?

相談者:
えー、ここ、二日前え、なんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
え、ちょっとあの家の中の整理をしていたところ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
父い、がどうも、えー・・ま、昔にというかですね、えー、4、5年前からあ・・まあ、母、以外の、えー女性と関係を持っている、ような・・ものをちょっと見つけてしまいまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
まあ、そういったところを、踏まえて・・ま、父と母はこのまま、生活をした方がいいのか?、それともそれぞれ・・別れて、生活をした方がいいのか?、っていうところなんですけれども。

ドリアン助川:
はいはいはい。えーと・・それは何?なにか・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
手紙とか見つけちゃったんですか?

相談者:
いえ、まあ・・写真ん、のようなものですね。

ドリアン助川:
写真?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ふうん、他の女性と写ってる写真ですか?

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
うん。それで、そのことについて、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
お父さんに何か尋ねてみたんですか?

相談者:
いえ、まだ・・誰にも・・尋ねてないです。

ドリアン助川:
じゃ・・今具体的にお父さんとお母さんの間で、離婚の問題が起きてるわけではなくて、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
あなたが今・・いろいろ考えちゃってるという段階なわけですね?

相談者:
まあ、そうですね。

ドリアン助川:
うん。普段、お父さんとお母さんのお・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
雰囲気ってのはどうなんですか?

相談者:
えーま、昔からなんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えー父はもう、あのお、昔ながらの亭主関白のような、人間で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、母も、何も意見が言えないっていうような、関係でですね、

ドリアン助川:
うん

相談者:
父の言ったことには「はい」という形でしか、あのお、応えるような関係で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま普段から特に、会話という会話あ、は、あまりなくう、

ドリアン助川:
はい

相談者:
伝え、なくちゃいけないような内容を伝え、合うような・・形の、関係が、ま、昔からずっと続いてるような、形です。

ドリアン助川:
じゃ、子ども、心に、うちの親はなんて親だろうと。

相談者:
まあ、そうですね、はい

ドリアン助川:
思って来た?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
うーん、他所のその幸せそうな、家族見ると。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
うーん。まあ、とはいえ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
夫婦が続いて来たわけですよね?

相談者:
まあ・・そうですね、はい

ドリアン助川:
お父さんとお母さん、あのお、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あれですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
恋愛結婚ですかね?

相談者:
そう・・

ドリアン助川:
見合いですかね?

相談者:
一応わたしが聞いてるう、形だと・・恋愛だっていう風に聞いてます。

ドリアン助川:
ああ。で、まあ、ちょっとこう、不満がある・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
両親ではあったけども、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
形としては、夫婦として続いて来たと。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
ふうん。
であなたがその・・お家(うち)の、「掃除をした」と、

相談者:
はい

ドリアン助川:
おっしゃいましたけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
偶然だったのか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
或いは、何かを見つけようとして掃除をしたのか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
どっちですか?

相談者:
ま、どちらかといえば、偶然に近い方ですね。

ドリアン助川:
あ、偶然ですか?

相談者:
・・まあ、そうですね。

ドリアン助川:
ということはお父さん・・

相談者:
ちょっと・・ええ

ドリアン助川:
随分不用意なとこに、おき、置いときましたね?それ。

相談者:
うーん・・まあ、そうですね、ちょっとあの父、から頼み事をされて、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
まあ、そのお、父の所有物う、を、少しあの確認していたところ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ええ、見つけてしまったという形、ですね。

ドリアン助川:
でも写真だけだったらあ、仲のいい

相談者:
はい

ドリアン助川:
友だちかもしれないじゃないですか。

相談者:
いや、それがまあ、所謂う、二人共、あの、ま、男女の関係え、のような写真っていうんですかね。裸あ・・

ドリアン助川:
あれあれ

相談者:
ええ

ドリアン助川:
そういう写真?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの・・どっか、の観光地、で、二人立ってるとか、そういうのじゃなくて?

相談者:
あー、とかじゃなくてもう、はい。明らかにっていう写真で・まあ、

ドリアン助川:
あらら

相談者:
ええ

ドリアン助川:
明らかにそのお・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
そういう・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
つまり、行為をしてるような写真なわけですか?

相談者:
そうですね。はい

ドリアン助川:
ふーん・・で、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
これ相手同じ女性なの?

相談者:
・・うーん、そうですね、ま、何枚か、見つけた中では、すべて同じ女性だったと思います。

ドリアン助川:
へえー、カラー写真?

相談者:
カラーですね

ドリアン助川:
カラー。

相談者:
はい

ドリアン助川:
紙焼きの写真なんですね?

相談者:
いや、違いますね。

ドリアン助川:
ん・・

相談者:
ま、データというか、画像お、ですね。

ドリアン助川:
データ画像?

相談者:
はい

ドリアン助川:
は、は、は、は・・ということは、コンピューターの中で見つけちゃったってことですか?

相談者:
ま、それえ、ですね。

ドリアン助川:
うーん。で、これはあのお・・例えばね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、そういう・・お父さんそういう趣味があって、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
そういうお店行って撮ってる・・ということでは、考えられない?

相談者:
んまあ・・そういったような背景の写真もいく・・少なからずあったのはあったんですけれども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
明らかにいー・・普通の人の、まあその相手方のお、人の家の・・ま、中であろうと思われるような乱雑した・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
中での写真ん・・が、多かったので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、ほぼほぼ間違いなく・・そういったお店系ではないのかなっていうのは・・ちょっと、わたしながらには判断したんですけれども。

ドリアン助川:
うーん。あなたそれ見つけた時、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ビックリしましたねえ?

相談者:
まあ、ちょっと、見なきゃよかったなっていう・・形ですね。

ドリアン助川:
ああ。
その日、ご飯とか食べれました?

相談者:
ちょっと、ま、食べた後だったんで・・そのあとはちょっと、ま・・苦しみましたけれども。

ドリアン助川:
や、でもねえ・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
ビックリしたと思いますよ。

相談者:
そうですね、ま、ちょっとなかなか・・今までそういった節い、を見せなかった、父だったのでえ、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
余計にちょっと、ビックリですね。

ドリアン助川:
うん・・ただま、今あの、「離婚」っていう風におっしゃいましたけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
先程・・あのお・・あなたはもう・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
ショックは分かりますけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ちょっと、ま、一足飛びにそこに行く前に、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
どういうことなのか?って、ねえ?

相談者:
はい

ドリアン助川:
それは

相談者:
はい

ドリアン助川:
聞いてみないとお

相談者:
ええ・・ま、ただそれを、本当に聞いていいのかも、ちょっと分からないですし、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
まあ、その、昔ながら、先程言ったように、父と母の関係を見ていた中で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、母は、だいぶう、やはりまあ、こ、苦しんだというか、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ま、自分の人生っていうよりは、まあ、夫、乃至わたし達子どもの、ための、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
人生っていう形で大半を過ごして・・来てて、ま、それは今あ、も、まあ、少なからず、あるのかなあっていう気がするので、

ドリアン助川:
ああ

相談者:
まあ、わたし自身、ま男なんでどうしても、母、母親あ、側の方を持ちたくなるってのもあるんですけれども、

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
まあ、母親に・・次の人生じゃないですけれども・・歩んでいただいた、ま、もらった方がいいのかな・・ていうのような・ちょっといろいろな・・こう自分の中での・・気持ちがぐるぐるぐるぐる・・回ってる形なんですよ。

ドリアン助川:
お母さん・・お母さんがお母さんの人生、歩んでないような気がするっていうのが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
寂しいんですよね?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
お母さんはお母さんで生きていてくれると、ちょっと助かるんですけども。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
うーん、なるほど。
で、その段階でえ、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
お、お父さんのそういうの見つけちゃって、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
さあ、これからどうしよう、どうしたらいいんだろう?っていうのが、

相談者:
はい、ええ

ドリアン助川:
今日の電話ですか?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
うーん、あなた・・の、

相談者:
はい

ドリアン助川:
理想としては・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
どうですか?
どうなったらいいんですか?

相談者:
うー、まそこは、ちょっとまだ何も、か、頭に決まってないんですけれども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ま、例えばあ・・ま、そういったあ・・何ていうんですかね、ま離婚であれば離婚っていう形を取ってもらっても、わたし自身は全然大丈夫なので、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
取ってもらって尚且つ、ま、今までの母の苦労も考えて・・ま、きちんとお、ま、慰謝料なりなんなり・・母に入るものは、入れてあげたいなっていうのが・・思いではあるんですけれども。

ドリアン助川:
はい・・うーん、お母さんが、幸せそうに見えないんですか?

相談者:
まあ、そうですね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ま、それはもう現在進行形でそのように、感じてます。

ドリアン助川:
はい・・なるほど

相談者:
ええ

ドリアン助川:
じゃあ今日の先生の相談してみましょうね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。精神科医の、高橋龍太郎先生です。よろしくお願いします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「父のH画像をチクろうとする母想いの純粋真っ直ぐ君32歳」への5件のフィードバック

  1. この記事へのコメントじゃないけど・・・。
    明日の予告「田中ウルヴェ京」って見ただけで聞く気持ちが萎えちゃった。
    回答者として人気があるのかな。
    以前、深刻な相談の時「深呼吸三回?してください」とか言ってるの聞いて
    ガックリしたよ。

  2. 夫婦の問題だし、余計なお節介感は否めないけど、母親思いであることは間違い。

    息子からみた、父親像、母親像。
    母親は我慢してるだけだと思う。
    私も相談者の母親と似たような感じだから。

    私の夫も同じような感じ。
    自分が100%正しいと思っていて、
    自分の価値観と違うことは、全否定。
    実の姉妹は、しょっちゅう家
    (私は義両親と同居)にくるのに、
    私が実家に帰るのは年1回数日間のみ。
    長く帰ることを許さない。
    私には自由がなくて、好きなアーティストの年1回のコンサートもダメ、職場や友人との夜の飲み会もダメ。別に遊びまわりたいわけではない。息抜きに、年に数回、好きなように時間を使える日が欲しいだけ。

    苦労させられても、情があって、
    別れないって人も中にはいるだろうが。
    私は喜んで離婚する。

    相談者の父親は、妻を見下して、
    完全調子に乗ってるから、
    一度息子が釘を刺しとくのは 
    アリかもしれない。

    でも、その後夫婦がどうなっていくかは、
    夫婦に任せるしかない。

  3. やさしい世界で育ったやさしい考え
    ただし
    他人の善意には気づかない
    30男の呑気な人生観は
    この先の落とし穴

  4. 経済力のない女が、モラハラ男と結婚した末路。
    逃げる機会はいくらでもあったのに
    今まで離婚していないのは、支配されている方が
    楽だから。
    本人が選んで今があるんだから
    子供であっても、余計なお世話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。