父のH画像をチクろうとする母想いの純粋真っ直ぐ君32歳


スポンサードリンク

(回答者に交代)

高橋龍太郎:
初めまして、高橋です。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

高橋龍太郎:
えー、「お母さんが幸せそうに見えない」っていうのは・・

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
どういうふうな、ところからそんな風に、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
判断してるの?

相談者:
まあ、やはりま、幼い頃からあ、ずっと継続してるう、ところで、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
ま、父い、が、その亭主関白で、母の自由がないと。
まあ、例えばあ・・どこかに、出掛けるっていうのにもす、すべて制限されてしまったりとか。
ま、そういったところお、を、含めて、まあ・・幸せそうには見えないな、という風に感じます。

高橋龍太郎:
お父さんは、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
経済力があるんですか?

相談者:
まあ、今は、当然ま、64なので、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あれですけれども。まあ、昔からあ、ずっと、あのお、働いていた、ま、一つの会社でずーっと働き続けて・・くれてた父なので、

高橋龍太郎:
うーん

相談者:
ま、当然そういった、退職う、の、お金だったりとかまあ、いろいろな蓄えは、あると思います。

高橋龍太郎:
うんー・・まあ、これはねえ・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ホントのことを言って、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
結果的にお母さんがあ、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
・・幸せな道を選択できるかどうかは、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
分からないよね?

相談者:
そうですね・・ま、それも思って、ま、ただ、わたしい、個人で考えててもちょっと・・何も方向が、決まらないし進まないなと思ったので。

高橋龍太郎:
うーん

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ま、往々にして、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
子ども達から見ると、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
こんなに束縛を受けて、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
不幸せな母親だと思って、いたのに、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
母親はそれで十分満足してるってこともよくあるし。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
うーん・・単に・・子ども達に映っ・・から見た像が、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ホントの像かっていうことはまた、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
別の話だからね。

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
・・ただ、少なくともお、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ま、あなたが受けた衝撃を、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
・・お父さんに返すことおー・・は、可能なんじゃないの?

相談者:
はい。そうですね、なのでえ、

高橋龍太郎:
うーん

相談者:
ま、そういったところお、ですね。その、まずどちらに話をすべきなのか?ってのも分からないですしい。

高橋龍太郎:
いやいやそれはお母さんに話したら、大変な話になっちゃうじゃないの(苦笑)

相談者:
ええ、ええ

高橋龍太郎:
それ、ん、もしかしたら本当に、えー

相談者:
はい

高橋龍太郎:
逆にいうと、不幸のどん底になっちゃうかもしれないじゃない。

相談者:
ええ、はい

高橋龍太郎:
だから例えば、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それが、ここ・・す、3、4年の話であれば、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それを・・えー、まあまあ、秘密のまま閉ざすっていうことだって、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
可能性としてはあるんだろうから、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
「こういうものを発見したんだけど」

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「親父はどう考えてるんだ」と。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ね?

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
えーーー・・「もし」

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「この先」、例えば「おふくろを大事にして」

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「老後を二人でやって行きたいっていうんならば」

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「自分も」

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
「それなりに考えがあって」

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
「この件は」

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「黙ってるよ」っていう言い方も・・

相談者:
うん

高橋龍太郎:
もちろん可能だろうし。

相談者:
はい、そうですね。

高橋龍太郎:
うーん、僕はまず・・お父さんの方に、

相談者:
はい、ええ

高橋龍太郎:
えー、そういう言い方で少し、投げかけてみるっていうのが、

相談者:
はい、ええ

高橋龍太郎:
まあま、第一段階としては、穏当かな。

相談者:
ああ

高橋龍太郎:
最初から、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
お母さんの方に、それを言っちゃったら・・

相談者:
うん

高橋龍太郎:
もう、修羅場になっちゃうからね。

相談者:
そうですね、はい

高橋龍太郎:
うーん。それがいいように思うけれど。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
うんただ、本当に・・年を取って、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
元気のいい、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
お母さんだったらば、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
離婚してえ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
えー・・むしろ夫を捨てて、バリバリやってくっていう・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そういう・・第二の人生像は描けるけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ずーっとお父さんに従って来てえ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
趣味もあんまりなくて、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
旅行もしてなくて、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
友だち付き合いも少ないっていう人が、

相談者:
はい、はい

高橋龍太郎:
突然離婚して、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
・・でえ、「何か自分で自由にやりなさい」っていうと、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
なかなかあ・・そんなにいっぺんに、

相談者:
うーん

高橋龍太郎:
幸せ像が膨らむっていうのは、少し、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
想像しにくいこともあるよね。

相談者:
ああ・・ま、ただあ、そのお、そういったまあ、なんですか、出掛けたりとかあ、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
お友だちい、との繋がりってのは以前に比べればあ、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
かなりこう、ここお・・ま、4、5年とかは、かなり増えて来てるような、かん、状況なんですね。

高橋龍太郎:
しご、と、そうなの?

相談者:
はい、まあ・・

高橋龍太郎:
そうすると、ま、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
少しずつ、相対的に・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
お母さんの力関係が、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
上がって来てるっていうことであれば、

相談者:
そういう感じ・・はい、ええ

高橋龍太郎:
あなたはお父さんに、少し、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
脅し半分で、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
「母親を大事にして、老後を、ちゃんとやっていくか」っていう風に、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
問いかければ、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
お父さんの方も、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
少し・・宗旨替えするかもしれない。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
うん

相談者:
・・やはり、ま、そういうのは、こう・・きちんと言っ・・まあ、言った方がいいわけえ、ですよね?

高橋龍太郎:
うん、だってそれは、言わないとさ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あなた一人が、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
もう無言のままこのまま、いれば、いるほど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あなたが苦しいだろうし。

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
それは父親が、あまりにも・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
わがまま過ぎる立場になっちゃうんじゃない?

相談者:
はい。分かりました。

高橋龍太郎:
うん・・

相談者:
ま、ちょっと、機会をつくって、父と・・

高橋龍太郎:
そうです

相談者:
きちんと話をしてみたいと、はい

高橋龍太郎:
うん

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もし、もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの・・お父さん・・のその・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
裸の写真ってね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、「4、5年前から」ってあなたおっしゃったんだけど、

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
その写真だけで、なんでそんな4、5年・・っていうの分かったんですか?

相談者:
まあ・・あのお、間違いないっていう確定ではないですけれども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
その先程のパソコンの、データっていうところで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
日付関係が全部、出てるので、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それがまあ、4、5年前からあ・・約3年ほど前、の写真が・・そこに・・入っていたって形ですね。

ドリアン助川:
あったと。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
今も続いてるの?

相談者:
いや、その写真自体は、その3年程前のところで切れてるような形です。

高橋龍太郎:
うーん・・だとすると、

相談者:
はい、ええ

高橋龍太郎:
エピソードの可能性もあるよね?

ドリアン助川:
うーん

相談者:
まあ、そうですね。

高橋龍太郎:
うーん

相談者:
ただ、それはそれであったとしてもお・・やはり、父に対してはちょっと許せないなって気持ち、はあるので・・

高橋龍太郎:
うーん

ドリアン助川:
ま、ただあのお、夜になるとね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーお家(うち)の明かりが点いて、

相談者:
うん

ドリアン助川:
どこのお家でも幸せそうな・・なんか雰囲気があるような気がしますけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
でも、その明かりの向こうにはどこのお家も問題抱えてるし、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
秘密も抱えてるし、

相談者:
うん

ドリアン助川:
あの、多々あると思うんですよ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
一回お父さんと、話し合ってみるということ・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
からですねえ。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
うーん

相談者:
分かりました。

ドリアン助川:
お母さんには・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
やっぱり言わない方がいいと思います。

相談者:
はい

ドリアン助川:
とりあえずまず男同士の、会話で。

相談者:
え、はい、ええ

ドリアン助川:
ええ

相談者:
分かりました。

ドリアン助川:
で・・今どうなんだ?ってことお、がね、知りたいですよね?、やっぱりね?

相談者:
はいはい、そうですね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
そこは、必ず、聞くようにして。

ドリアン助川:
はい。その時は落ち着いてくださいね。

相談者:
はい、大丈夫です。

ドリアン助川:
ご飯食べて。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

高橋龍太郎:
フッ(笑)

相談者:
ありがとうございます。

ドリアン助川:
では、失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございます。

スポンサードリンク


(内容ここまで)

※書きかけ

ドリ助: カラー写真?
相談者: カラーです。

このやり取りになんの意味が(笑)

 

キレがないねえ。

言外に「頼むから放っておけ」
と言いたげな、ドリ助 & 龍太郎

だよね?、絶対。

 

三石案件だったかな。

「んなの、放っておきなさいよ!」
で終わり。


「父のH画像をチクろうとする母想いの純粋真っ直ぐ君32歳」への5件のフィードバック

  1. この記事へのコメントじゃないけど・・・。
    明日の予告「田中ウルヴェ京」って見ただけで聞く気持ちが萎えちゃった。
    回答者として人気があるのかな。
    以前、深刻な相談の時「深呼吸三回?してください」とか言ってるの聞いて
    ガックリしたよ。

  2. 夫婦の問題だし、余計なお節介感は否めないけど、母親思いであることは間違い。

    息子からみた、父親像、母親像。
    母親は我慢してるだけだと思う。
    私も相談者の母親と似たような感じだから。

    私の夫も同じような感じ。
    自分が100%正しいと思っていて、
    自分の価値観と違うことは、全否定。
    実の姉妹は、しょっちゅう家
    (私は義両親と同居)にくるのに、
    私が実家に帰るのは年1回数日間のみ。
    長く帰ることを許さない。
    私には自由がなくて、好きなアーティストの年1回のコンサートもダメ、職場や友人との夜の飲み会もダメ。別に遊びまわりたいわけではない。息抜きに、年に数回、好きなように時間を使える日が欲しいだけ。

    苦労させられても、情があって、
    別れないって人も中にはいるだろうが。
    私は喜んで離婚する。

    相談者の父親は、妻を見下して、
    完全調子に乗ってるから、
    一度息子が釘を刺しとくのは 
    アリかもしれない。

    でも、その後夫婦がどうなっていくかは、
    夫婦に任せるしかない。

  3. やさしい世界で育ったやさしい考え
    ただし
    他人の善意には気づかない
    30男の呑気な人生観は
    この先の落とし穴

  4. 経済力のない女が、モラハラ男と結婚した末路。
    逃げる機会はいくらでもあったのに
    今まで離婚していないのは、支配されている方が
    楽だから。
    本人が選んで今があるんだから
    子供であっても、余計なお世話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。