40年前の兄の恩。消滅時効で踏み倒す気満々の女74歳


スポンサードリンク

(回答者に交代)

中川潤:
こんにちは、中川です。

相談者:
はい、こんにちは、お世話様ですう。

中川潤:
あのお・・まず、そのお・・お父さんが300万・・

相談者:
はい

中川潤:
家を抵当に入れて、

相談者:
はい

中川潤:
借財こしらえてしまった。

相談者:
はいはい

中川潤:
ていうのが出発点なんですね?

相談者:
そうですね、はい

中川潤:
・・で、そん時に、弁護士が、入って?

相談者:
はい、はい

中川潤:
整理をした・・

相談者:
はい、はい

中川潤:
そのお・・借金って、なんだったの?、あの、仕事のお・・借金?

相談者:
なんか、ギャンブルかなんかに使ったんじゃないかなと・・思います。

中川潤:
うん。
で、それが40年くらい前の話なの?

相談者:
40年ぐらい前だっ・・はい

中川潤:
うーん・・で、あなたが相談に行ってあなたの兄弟が・・

相談者:
はい

中川潤:
それを、肩代わりしてっていうか・・

相談者:
はい、はい

中川潤:
金出してくれて、全部・・返したっていうのが、それが40年前の話?

相談者:
はい、そうです。

中川潤:
そのこと自体が40年前なの?

相談者:
はい、そうです。

中川潤:
うーん・・そいで・・この40年間の間、

相談者:
はい

中川潤:
なんにも・・なかったんですか?

相談者:
ええ・・な、言われなかったんですよね。

中川潤:
まったくなかったの?

相談者:
え、それでえ、そのほら、配達証明の中に、15年の・・に・・100(900?)万振り込んだって言われて、書いてあるんですけど。その記憶はないんですね。

中川潤:
15年?

相談者:
だか、そのことを言ってるんだと思うんです、今。#$%◆を返してくれって書いてある・・

中川潤:
平成15年つったら4、40年前じゃないですよ?

相談者:
うん・・そうです、はい。なので、おかしいな?思った、思ってるんですけど。

中川潤:
じゃあ、話戻しましょう。

相談者:
はい

中川潤:
その、40年ま、くらい前だという話を前提にして、

相談者:
はい、はい、はい、はい

中川潤:
で、そっから・・お手紙が来るまでの間(かん)は、

相談者:
はい、はい、はい

中川潤:
今、おっしゃった、

相談者:
はい

中川潤:
や、約10年くらい前、

相談者:
はい

中川潤:
平成15年頃に、

相談者:
はい

中川潤:
たまたま電話で・・そのお話が出て・・「なんぼ借りたん?」っていう話で、

相談者:
うん

中川潤:
150万て、話が出た。

相談者:
はい

中川潤:
そういうことが、あったっきりなんですか?

相談者:
はいそうです。

中川潤:
まったく・・それ、それ以外には何もなかったんですか?

相談者:
はい、はい

中川潤:
うーん・・そうしますとね。

相談者:
はい

中川潤:
あのお・・ま、法律的にいうと、

相談者:
はい

中川潤:
あのお・・良し悪しは別として、

相談者:
はい、はい

中川潤:
あの消滅時効っていう、

相談者:
はい

中川潤:
制度があって、

相談者:
はい

中川潤:
で、これが貸し借りだとした場合に、

相談者:
はい

中川潤:
であなたが借りたことになってんのね?

相談者:
はい、そうです。

中川潤:
はい・・そうすると、

相談者:
はい

中川潤:
あのお・・んー、その、み、民事債権っていうんだけども、一番、普通のね?

相談者:
はい

中川潤:
あの・・個人間の貸し借り・・

相談者:
はい

中川潤:
の、あのお、お、時効っていうのは10年なんですよね。

相談者:
あー、はいはい

中川潤:
で・・借りて、

相談者:
はい

中川潤:
でえ、で返さにゃいかん。

相談者:
はい

中川潤:
んま、かり、期日なら期日があったとしますわね?

相談者:
はい

中川潤:
で約束してなければ、その時から・・

相談者:
はい

中川潤:
っていうことになる。で、正確にいうと・・「返せ」って言って、

相談者:
はい

中川潤:
ある程度の期間、

相談者:
はい

中川潤:
相当の期間経ってからってことになるけども、

相談者:
はい

中川潤:
そっからあ・・計算して、

相談者:
はい

中川潤:
10年で、

相談者:
はい

中川潤:
一応時効で消滅ということになって、

相談者:
あ、そうですか。

中川潤:
はい

相談者:
はい、金額には関係ないんですか?

中川潤:
うん金額に関係なくて。

相談者:
はい

中川潤:
ただね、正確にいうと、消滅時効っていうのは・・ね?

相談者:
うん

中川潤:
当然に消えるんではなくて、

相談者:
うん

中川潤:
ね?、時効を援用するっていう、あの、小難しい言葉ですけど、

相談者:
はい

中川潤:
時効を主張しますっていうことです。
「わたしはもう時効ですから」

相談者:
はい

中川潤:
ね?、「時効なので、払う義務がありません!」と。

相談者:
はい

中川潤:
言う権利があると。

相談者:
はい

中川潤:
で、それを、権利を行使するかどうかは、その人の・・おー、こ、気持ちのありようです。

相談者:
はい(苦笑)

中川潤:
はい

相談者:
はい

中川潤:
ですから・・あ、あなたあ、の、立場としては、あの、おっしゃる通り、40年前の話で、

相談者:
うん

中川潤:
ほで今は、その、じ、あのお・・

相談者:
はい

中川潤:
その内金を払うとかっていって、債務の承認っていう・・いうんですけどね、

相談者:
はい、はい

中川潤:
そういった類のことが何もなくて、

相談者:
はい

中川潤:
ね、時効の中断っていうんだけども、

相談者:
うん

中川潤:
そういうことがなければ、

相談者:
はい

中川潤:
あー、もう10年以上経ってるわけですから、

相談者:
はい

中川潤:
もう消滅時効やからあ、ね?

相談者:
はい

中川潤:
「確かに借りたもの・・かもしれんけども・・時効消滅や!」と。
「法律的に返す気がないんや!」と。

相談者:
うん

中川潤:
いうことをおっしゃる権利はあります。

相談者:
権利が・・はい

中川潤:
権利があります。

相談者:
そうすると・・

中川潤:
ということなのであります。

相談者:
はい・・#$%◆裁判でそれ・・

中川潤:
で、その権利を行使するかどうかは・・あなたの、あの・・自由なんです。

相談者:
気持ちですか?

中川潤:
そうです。

相談者:
あー・・

中川潤:
はい

相談者:
その、辺は・・

中川潤:
うん

相談者:
裁判になって、主張すればいいんですか?、裁判に、なった場合は。

中川潤:
んー、別に裁判にい・・裁判所で言わなきゃいけないってわけじゃなくて、裁判で訴えられれば「時効だ」って言っちゃえばそれまでです。

相談者:
あーん

中川潤:
うん。で、その裁判外でも・・「んなもん時効だろ」って・・

相談者:
うん

中川潤:
言っちゃえばそれまでです。

相談者:
ふふ(苦笑)言えばいいんですね?、あ、ちょっと(苦笑)

中川潤:
うーん、そういうことになります。

相談者:
ふふ(苦笑)はい、分かりました。

中川潤:
そういうことになります。

相談者:
あ、どうもありがとございましたあ。

中川潤:
はい

相談者:
すいません

中川潤:
よろしいですか?

相談者:
ありがとうございます。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
もしもしい?

相談者:
はい

中川潤:
(笑)

加藤諦三:
・・あーの・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・お兄さんにしても、お姉さんにしても、結構親切だよねえ

中川潤:
(笑)

相談者:
はは(笑)え?

加藤諦三:
思わなーい?

相談者:
ああ、そうですよね。その時・・出していただいたんだから。

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、そういう気持ちはあります。

加藤諦三:
うん、だから法律は法律ですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
その法律の権利を行使するかは、

相談者:
うん

加藤諦三:
どうかは、

相談者:
うん

加藤諦三:
あなたの・・

相談者:
あ、そうなんですけど、ただどのくらい払ったらいいのかもちょっと分からないんで・・

加藤諦三:
うんだって、そ、そりゃ・・借りた額は分かってんだから・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
その言い方はないでしょう。
どのぐらい払ったらいいかも。

相談者:
うーん

加藤諦三:
だって・・借りた額分かってんだから、

相談者:
うんうん

加藤諦三:
150万だって、なんとか・・

相談者:
利息としても払った方がいいんですかね?

加藤諦三:
んや、だから、そ、そこは、さ、今・・

相談者:
そこは・・そこ(苦笑)

加藤諦三:
中川先生がおっしゃった通りで、

相談者:
うん、ふふ(苦笑)

加藤諦三:
なんかあなた継都合良く逃げようとしてるよね?

相談者:
あっはは(笑)ちょっと色々考えて・・他に・・

加藤諦三:
「色々考えて」じゃない、ズルく考えてる。

相談者:
うーん・・そうですかね。はい

中川潤:
あ、ちょっとだけ先生いいですか?

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
うん、うん

スポンサードリンク

(割って入る回答者)

中川潤:
あのお、奥さんね・・何かちょっと勘違いされるといけないから、念のために法律的なこと、もうちょっとだけ説明しときますね。

相談者:
はい

中川潤:
あの・・あなた「いくらぐらい払ったらいいんだろうか?」とかね、

相談者:
んん

中川潤:
「利息ぐらい」とかっておっしゃったから、

相談者:
ふふ、はい(苦笑)

中川潤:
ちょっと気になるんで、言っときますけどね、

相談者:
はい、聞いて・・はい

中川潤:
あの、時効っていうものは、

相談者:
はい

中川潤:
あの、今、申し上げたように、それを援用するしないは、自由ですから、

相談者:
はい

中川潤:
ね、時効を主張するのを潔し、としない人は・・ね?、主張しないんです。

相談者:
うん

中川潤:
ほで・・「いやあ、そんなもんは、法律で、時効お・・だってこと決められてんだから・・んで、それ主張するんや」っていう人は、それで構わないんです。

相談者:
ええ、はい

中川潤:
それはもう、その人の考え方です。

相談者:
はい

中川潤:
ただね、わたし今言おうとしたのは、

相談者:
はい

中川潤:
あなた、「じゃ、利息ぐらいは払う」って言うんで、一部払ったとしますね?

相談者:
はい

中川潤:
はい・・で、その総体が分かってるわけですから、その利息だ、ぐらいだ、分だって言って払ったら、それ全体について承認したことになりますから。

相談者:
はい

中川潤:
うー、それで、あの、時効の中断というのと、ちょっと違って、時効完成後の承認というんで、援用権の喪失っていうんだけど、
もう援用権を失うと。
一片一部でも払ったら、

相談者:
はい

中川潤:
全体について・・援用できなくなります。
これは法的に・・なりますから。
そこは忘れんでくださいよ。

相談者:
えーと、じゃ、払わないなら払わない。払うんだったら払うですかね?

中川潤:
ん(苦笑)いやいや・・そういうま、だから、そう、そういうことなんですよ。

相談者:
はい

中川潤:
ただね?
加藤先生がおっしゃったように・・奥さんが、本当に、今ね?、困っておられて、その・・おー・・100万だか、150万だか、

相談者:
うん

中川潤:
これえ、が、もう、こんなもの・・あの今返せって言われたら・・あのお、生活が成り立たんのよと・・いう、うー、ことで・・あるのであれば、また、違うのでありますが、
向こうさんは向こうさんで。あのお、奥さんが・・さっき・・認知症っておっしゃったっけ?、お兄さん、の、奥さん?

相談者:
そうです、はい

中川潤:
あの困っておられて、その・・違う?

相談者:
「困ってる」って言ってます。

中川潤:
うん。そうすっとね。

相談者:
うん

中川潤:
あのお、今の・・あの貸した金を返す返さないっていうのと、ちょっと離れて・・あん時助けてもらったんやから・・今回はあ・・わたしが、もし、ゆ、ゆとりがあるんであれば・・助ける番やなと・・いうことは親族間であってもええんやないかなあと。

相談者:
うん

中川潤:
いう気も、するので、ありますが・・いかがなもんでございましょうか?

相談者:
はい、はい

(再びパーソナリティ)

スポンサードリンク

加藤諦三:
よろしいでしょうか?

相談者:
はい。ありがとうございました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい。失礼します。

スポンサードリンク



「40年前の兄の恩。消滅時効で踏み倒す気満々の女74歳」への2件のフィードバック

  1. 胸くそ悪い回ですが
    こんな奴が平気で息をしているのが現実だし
    ラジオとして聞く価値はある
    ・・絶対払わない方に100万点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。