電話の向こうで奇声を発する36歳の娘は薬より除霊。170万を支払う母親


テレフォン人生相談 2017年8月22日 火曜日

娘が「霊が憑いた」とパニックに。病院に行ったが改善せず、娘は焦るばかり。占い師に見てもらったら、高額な請求が来た。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女71歳 夫は13年前に他界 36歳の娘と二人暮らし

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

ドリアン助川:
あ、よろしくお願いします

相談者:
よろしくお願いします

ドリアン助川:
え、今日はどういったご相談でしょうか?

相談者:
あの、ずっと子どもが、あの、霊に憑(つ)かれましてね、

ドリアン助川:
え?

相談者:
あの、霊が、あの、自分について来るっていうふうでね?

ドリアン助川:
はぁい

相談者:
そいで、あの、誰々さんの霊が、あの、わたしに襲いかかって、あの、「殺してやる」、で、「どうだかあ」、言うて、そういう声がするとかいうふうで・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、ま、本人は「恐い、恐い」とか言っております。

ドリアン助川:
はい、えーと、お子さんというのは?おいくつですか?

相談者:
あの、娘です。

ドリアン助川:
お嬢さん?

相談者:
はい

ドリアン助川:
おいくつですか?

相談者:
あの36歳

ドリアン助川:
36歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたさまは?

相談者:
わたしは71歳

ドリアン助川:
71歳

相談者:
そいで、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、なんかね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
喘(あえ)ぎ声(*)のような風でね、

(*)たぶん呻(うめ)き声の言い間違い

ドリアン助川:
ええ

相談者:
こう、「う~~、う~」って、こんなような風でね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、本人は・・あの、本人いうかね、娘はそういう喘ぎ声でやって来る言うて・・

ドリアン助川:
うーん・・あの、娘さんは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、ご結婚なさってるんですか?

相談者:
ううん、あの、独身です

ドリアン助川:
独身?

相談者:
はい

ドリアン助川:
独身?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、一緒に暮らしてるんですか?

相談者:
はい、そうです、同居です

ドリアン助川:
ええ
で、娘さんは仕事は?

相談者:
今ちょっとあの、休んでおります。

ドリアン助川:
それは、そのことで?

相談者:
あのね、あの、たまたま、あの、自分の、あの資格の、ケアマネの勉強してまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、その資格を取るようで、ま、一旦ちょっと職を、あのお、退いて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、勉強しようと、いうのが・・結局、人と、こう、話するのが無くて、本人は、あのお、パニックというかね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
しっかり・・わ、親からは、「しっかり勉強して、資格取るんだよ」、それから、そこの学校の先生にも、「絶対資格を取って」、っていう、それが、すごく、あのお、プレッシャーになったとか、ことも、あ、あったんですけどねえ。

ドリアン助川:
んん
あのお、36歳のお嬢さんが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
精神科に掛るような症状ってのは無かったんですね?

相談者:
あのね、たまたまね、ちょっと、たまにい、あのお、アレだからいうふうで、あのお、月に一回くらい、あの、軽い薬を貰ったりとかね?

ドリアン助川:
はい、それ、

相談者:
そういうことはしておりました。

ドリアン助川:
それはどういうことで?

相談者:
なんかね、自分が眠れなかったり、何かだから、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、ずうっと精神科に、たまに、く、あの、薬を貰いに行くっていう風で・・

ドリアン助川:
眠れないということで?

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん、それはいつ頃からですか?

相談者:
それはね、も、ずっとです。

ドリアン助川:
ずうっと?

相談者:
はい

ドリアン助川:
たとえば10代の頃から?

相談者:
ううん、あのお、二十歳過ぎてからです

ドリアン助川:
二十歳過ぎてから?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと、二十歳までは特に変わったことはなかった・・

相談者:
はい、無かったです。

ドリアン助川:
無かったんですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、二十歳を過ぎてから、

相談者:
はい

ドリアン助川:
眠れないとか、そういうことが起きるようになって・・

相談者:
なんか、自分でね、なんか、あの、そういうとこ、あのお、インターネットで調べたり、して行っております・・

ドリアン助川:
はい
で、行って、まあ、あのお、精神安定剤のようなもの・・

相談者:
うん、たま、ああ、飲んでたんですね。

ドリアン助川:
うん・・
で・・えー・・それまで仕事の上でトラブルを起こしたこととかは?
(電話口の向こうで意味不明な奇声)

相談者:
トラブルいうんかね、なんか、まあ、ちょっと人間関係では割りと上手く行かないことがね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、たまたま、あったみたいですね。
(電話口の向こうで意味不明な奇声)

ドリアン助川:
あ、なんか声が聞こえますけど・・

相談者:
はい、なんか、本人がね、こう、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
(奇声が続く)
また、あの、・・そういう霊が来るとか言ってね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ええ

ドリアン助川:
(奇声が続く)
あー、もお、そういう、今・・聞こえてるようなことが起きてるわけですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
大丈夫ですか?、今喋ってて。

相談者:
うん、大丈夫です。

ドリアン助川:
大丈夫ですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
今どんな状況ですか?、あのお、おこ、お子さんは?

相談者:
まあね、なんか、こう、あの、夜にですね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、寝てるときになんか、たまたま、そんなにね?

ドリアン助川:
うん

相談者:
あのお、そういう、霊の、喘ぎ声いうか、したりなにか、が・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
一時、あのお、少なくなり、なったとか言ってますけどね。

ドリアン助川:
んん・・
あのお、旦那さん、はいらっしゃる・・?

相談者:
あのお、もお、13年前に亡くなりました。

ドリアン助川:
あ、そうですか

相談者:
はい

ドリアン助川:
そうすると、お嬢さんと二人暮らし?

相談者:
はい、そうです

ドリアン助川:
ふうん・・
あのお、そうするとね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーっとお、霊がとり憑くとか、そういうこと、始まってからあ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
精神科、の、病院には、行かれました?

相談者:
あ、わたしね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、2ヶ月くらい前にね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、先生に言ったら、そ、そう言ったら、先生は、あのお、じゃあ、あの、薬をちょっと強くするのをね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、たまたま、そのね、ちょっと、あの、テストがあるから、それ、それまでえ、そのテストにはせっかくね、その、資格のテストを受けたいからあ、いうふうでね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、先生にも、アタシ言ったんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ほ、ほうしたら、じゃあ、あの、強い、ちょっとアレですか、これから強い、あのちょっと薬を出しときまあす、言うてね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
言われて、ほんで、あの、本人も、強い薬を、あの、今飲んでると、結局、あのお、胃を悪くしちゃうし?

ドリアン助川:
ええ

相談者:
んで、一時は眠れ、眠れたようだけれど、また、あの、最近なんか、ちょっと、そんなのがあるって言うんですよねえ。

ドリアン助川:
ううん・・
で?、先ほどちょっと聞こえた声、ではですね、

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
えー、悲鳴のような、声にも聞こえたんですが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
普通の生活をすることは大丈夫なんですか?

相談者:
大丈夫です

ドリアン助川:
大丈夫ですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ふうん・・
よくあのお、まあ、あのお、色々お、言葉が聞こえてくる・・えー、あるいはそのお、皆んなに見られてる、監視されてるとかですね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
様々な症状があって、でえ、行くとお、まあ、あのお、精神科あの先生が、あの、診断してくださるってことがあると思うんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーっとお、その先生は何とおっしゃってます?

相談者:
ぼうそお、言うんかね、ぼう、あの、どういったらいい・・幻が出る言うんかね、

ドリアン助川:
妄想?

相談者:
うん、ああ、妄想、「妄想ですねえ」言ってね、

ドリアン助川:
うん

相談者:
あの、おっしゃったんです。

ドリアン助川:
はい
あのお、この、霊に取り憑かれてるというのは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
本人が言い出して、

相談者:
はい

ドリアン助川:
から、割りとこう、毎晩のように起きることなんですか?
それとも、そのお、えー、時々これが起きるのか?
どうなんですか?

相談者:
あのね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
一時はね、もう今はちょっと恐いから、「お母さん、あの、一緒に寝て」ていう・・ことも、あ、ある、あったんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そんで、今も、ま、あの、おんなじ部屋で寝てるんですけどお、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、一時いはね、そのお、占い師の先生にね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんか、あの、どうしたらいいか?とか、あのお、除霊をしてもらう、ね?

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、除霊って、こう、あの、その人が来んようにしてください、来んようにしてください、って、

ドリアン助川:
はい、はい

相談者:
なんか、そういうふうで、自分で電話して、もお、ずうっと電話で、そいで、わたしもまだ、あの、当時、仕事行ってて、あのお、仕事してたもんでねえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あんまりそういうの分からなかったんです。

ドリアン助川:
ええ、ええ、ええ

相談者:
ずうっと、そういう試験勉強ばっかで、自分・・もお、ちょっと、あのお、すごい、あのお、こう、圧迫いうんかね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そんなような、なっちゃっ、なってる。

ドリアン助川:
ううん・・
で、その、試験勉強っていうのは続けてるんですか?

相談者:
うん、もおね、テストは、あの、済みました。

ドリアン助川:
済んで?

相談者:
テストには、あの、行きましたけど、

ドリアン助川:
うん、あの、合格はしなかった?

相談者:
ううん、もちろん、なんか出来なかった、

ドリアン助川:
あ、そうすると現状としては、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、その、試験に向かって、勉強するということも無くなり、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、仕事が、今あるわけでもないですね?

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
そしてえ、

相談者:
だけどお、たまたまねえ、あの、他の所で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、採用になりまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、もお、2,3日、後に、ちょっと、あの、色々、い、行く予定して・・ですけどね。

ドリアン助川:
という状況なんですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
しかし、今、そのお、霊の声が聞こえるってのはまだ続いてるわけですね?

相談者:
そおですね、時たまね。

ドリアン助川:
で、せ、精神科の医者、お医者さんにも掛かったわけですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、今日の、回答者の先生なんですけど、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、やはり精神科医の先生です。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、え、紹介いたします、高橋龍太郎先生です。
よろしくお願いします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


電話の向こうで奇声を発する36歳の娘は薬より除霊。170万を支払う母親」への1件のフィードバック

  1. いつものドリ助潰し相談で残念
    こうなってしまった背景
    相談者の非なる常識、矛盾を突かずして
    ただ現状の内容だけにとらわれた回答
    リスナーの糧になる要素は少ない
    が、怖えぇ声・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。