人への憎しみは同情への渇望。嘘をつかずに済む毎日を送りたい生活保護の女43歳


テレフォン人生相談 2017年9月6日 水曜日

子供の頃のトラウマや離婚が原因で人に対する憎しみが強く、コミュニケーションがとれない。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女43歳 8年前に離婚して一人暮らし 父は女が10代の時に他界 母は現在高齢者施設入所中

今日の一言: ありのままの自分を受け入れてくれる場所を、まず探すことです。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

加藤諦三:
はい。最初に、年齢教えてください。

相談者:
はい・・はい、43歳です。

加藤諦三:
43歳。結婚してます?

相談者:
いえ、えと、一度離婚しています。独身です。

加藤諦三:
独身ですか。えっと、何年前ですか?、離婚したの。

相談者:
・・えーっと・・

加藤諦三:
おおよそ

相談者:
8ね、おおよそ8年以上前です。

加藤諦三:
8年以上前ね。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お子さんは?

相談者:
・・いないです。

加藤諦三:
いないですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっと今、一人で暮らしてんですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
あ・・はい。えっと今、生活保護の方受けていて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、えーと、去年から、えー、就職活動の方を・・えー、しているんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
採用お、には、ありがたくなるんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
最終的に、保証人ていうところで、

加藤諦三:
はい

相談者:
今現在、保証人になってくれる人、ていうのがわたしの周りにいないっていう現状・・で、

加藤諦三:
はい

相談者:
仕事が・・見つからないっていうことと、

加藤諦三:
はい

相談者:
あとお、えー、保証人がいない仕事を探すとなっても、

加藤諦三:
はい

相談者:
地方に住んでた母を、今住んでいるわたしのところに、呼び寄せて、施設に入ってもらったっていうのもあるので・・

加藤諦三:
あっ
今あ、お母さんは、地方にいたんだけれども?

相談者:
はい。ちょっとあの・・

加藤諦三:
地方から、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたのところ・・今住んでるところに来てえ・・

相談者:
はい。で・・

加藤諦三:
高齢者の施設に入ってもらった、はい。

相談者:
はい。なので、ちょっと・・・それがもう、ちょっと自分の・・ことだけで地方に行けないっていう・・

加藤諦三:
うん

相談者:
のもありまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、今まで、そのお・・迷惑かけて来た母に対しても、ちょっと面会が、しちゃいけないっていう風に・・なっている状況・・

加藤諦三:
ん?、なんで、

相談者:
あ・・

加藤諦三:
あの、お母さん・・に面会しちゃいけないんですか?

相談者:
はい。あのわたし、ちょっと母に・・責め立てて、しまう、こととかも、行為が、ちょっと酷くなってしまったっていうのがあったので。

加藤諦三:
あ、あー、お、お母さんーを・・なんかの時に非常に・・激しい声でひなん・・批判したり、

相談者:
・・はい

加藤諦三:
なんかいろんな事っていう事ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、母親ぁーに、あの近づいてはいけないという風に、

相談者:
はい

加藤諦三:
言われているということですね?

相談者:
・・あ、はい

加藤諦三:
あのお・・会ってはいけないという・・ことを、施設の方が判断するには、ま、それなりの、根拠があると思うんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
その会うと、凄く人を責めたりなんだりって。
で、あなた、人、人間関係でですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、お母さん以外に・・猛烈に激しい怒りを感じるなんていう、人は・・

相談者:
あ・・はい。あの身内に、

加藤諦三:
はい

相談者:
長年の恨みつらみの、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・復讐心が強くあったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
関係もないのに、そういう手紙を送りつけてしま・・ったっていうのがあります。

加藤諦三:
そうすっと、あのお・・その長年の、恨みつらみっていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういうことですかあ?

相談者:
えとお・・父が・・私が、10代の時に、

加藤諦三:
はい

相談者:
突然亡くなりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、その時、母とは一緒に、暮してなかったもので、

加藤諦三:
はい。もう、すでに離婚してたの?

相談者:
あ、はい。一度目が、わたしが3歳の時に離婚し、てて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そのあとまた、父と再婚して、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・で、その、あと、小学校1年ん・・生の時に、離婚・・最終的に父と別れて、

加藤諦三:
・・あーはあはあはあ

相談者:
で、そのあと、母と住んでたんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
母が、ちょっともう・・一人で・・子ども育てられないっていう状況になって、

加藤諦三:
はい

相談者:
父のところ、と、親戚のところ・・に、預けられて住むように、なりました。

加藤諦三:
あー、「父のところ、と親戚のところ」って、えー、言うけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、凄くこう、んー、嫌な言葉、だと思うんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
よくこういう時に、たらい回しっていう言葉を聞く・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
使いますけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
す、あな、あなたの感覚としてはそういう感覚だったの?

相談者:
・・その、はい、たらい回しっていうのが、はい・・ありました。

加藤諦三:
うん・・そいで・・あのお、そうすると、小学校お・・の時から、

相談者:
はい

加藤諦三:
生活ずっと安定してなかったですねえ?

相談者:
・・そうですね、父がお金え、入れてたけれども・・面倒看てくれてた叔母は・・ちゃんと・・養育費に入れてなかったっていうのも、色々分かって来たりとかもしましたり・・はい

加藤諦三:
うーん・・まあ、それは色んな大変なことがあって、恨みつらみっていうか・・いや、だけども・・43歳まであなたよくしっかりと、今、こうやって電話する、までに・・しっかり生きて来ましたよねえ。

相談者:
・・

加藤諦三:
で、先程その、「8年ん、ぐらい前に離婚した」って言いましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚したのは何歳ぐらいですか?

相談者:
えーっと、20う・・代、前半です。

加藤諦三:
20代前半。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その20代ぜん、前半で、何年ぐらい続きました?

相談者:
えーとお、11年です。

加藤諦三:
あ、随分続いたんだねえ。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その間(かん)はど、どんな結婚だったの?

相談者:
・・えーと、結婚する前に、えっとお・・好きな人、って言うのが、彼の方にできまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、わたしの、ほ、方ではもう、結婚退職という形になってたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう今更、その、「結婚が駄目になりました」っていうのが、言えなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、もう、無理矢理・・「結婚してください」っていう形で、結婚をしまして、

加藤諦三:
て・・じゃあ相手は、好きな人、がいるという、ことをあなたが認めた上で、結婚をしたわけですね?

相談者:
あ・・えっと、もう・・「自分は・・改める・・るので、あなたと結婚をします」という形で、したんです。
・・あの、彼の方から、そういうふに言われたので・・じゃわたしと・・

加藤諦三:
あ、彼はその・・じゃ、好きな人とお・・もう別れるということですか?

相談者:
はい。心の中でけじめをつけたので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
改めて、「結婚してください」っていうことと、

加藤諦三:
うん

相談者:
「わたしも、ちゃんとほん、本音を言えるように」

加藤諦三:
うん

相談者:
「努力します」という形で、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい、結婚・・したん・・です。

加藤諦三:
あー、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
んで、その生活の方自体は今・・その生活保護を・・を・・ん、もらいながら生活しているということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それでもちろん・・43歳で、就職活動しているんだけれども・・

相談者:
はい

加藤諦三:
就職、を、実際の決まる段階で、保証人と言われて、

相談者:
はい

加藤諦三:
それがい、できないので・・迷っていると。

相談者:
・・で、こう、できるだけこう自分ん・・が、本音を言えるような、

加藤諦三:
うん

相談者:
環境、とか、嘘をつかないように、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・こ、今日は・・一個嘘つかないで・・生きれたなとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんかそういう生き方を・・こ、出来て・・行けたらなとかっていう、目標っていうか(鼻をすする)

加藤諦三:
うーん

相談者:
そういうことなのかな?って、こう、自分の中で・・

加藤諦三:
うーん。それで、今日の相談っていうのは、そういうー・・今、いろんな形で、人生がもう少し上手く、回転、しー、して行く・・ためにはどうしたらいいか?っていうことなのかな?

相談者:
・・はい

加藤諦三:
今日は、ま、ほんっとに・・あのお、なんか人生の転機になってくれることを、期待して、え、いるんですけれども。

相談者:
はい

加藤諦三:
スタジオにですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
幼児教育研究の・・大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、伺ってみてください。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。