手を掛けた生徒の地下アイドルとの掛け持ちが気になる童声女51歳お茶の先生


テレフォン人生相談 2017年9月15日 金曜日

お茶の稽古に来ていた女の子が休んで、地下アイドル活動に。おせっかいだとは思うが、彼女の将来が心配。どう指導すれば?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女51歳 夫と二人暮らし 子どもはいない

スポンサードリンク

今井通子:
もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:
もしもしい

今井通子:
はい。

相談者:
はい、こんにちは

今井通子:
こんにちは

相談者:
はい。よろしくお願いいたします。

今井通子:
はい、こちらこそお

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
はい、えー、わたしのお、

今井通子:
はい

相談者:
19歳のお、

今井通子:
はい

相談者:
えー、お茶のお弟子さんに関するご相談です。

今井通子:
はい、あ、あなたはおいくつ?

相談者:
はい、わたしは51歳です。

今井通子:
51歳、お若いお声ですねえ。

相談者:
よく言われます(笑)

今井通子:
ねえ

相談者:
はい

今井通子:
はい。19歳の、お弟子さん。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
それでですね、

今井通子:
はい

相談者:
えーわたしは、えー、公立の中学校の、茶道部の、外部指導員ていうのをしておりまして、

今井通子:
はい

相談者:
で、彼女が中学1年生、12歳で入った時から、えー教えてます。

今井通子:
はい

相談者:
彼女は中学を卒業した後もお、

今井通子:
はい

相談者:
えー、茶道を続けたいということで、

今井通子:
はい

相談者:
自発的にわたしに、えー、習いに来てくれるようになりました。

今井通子:
はい

相談者:
えー、それなんですが・・高校2年生ぐらい。

今井通子:
はい

相談者:
17歳ぐらいの時から・・段々お稽古を・・休んだり、

今井通子:
はい

相談者:
そういうような、事が続きい、

今井通子:
はい

相談者:
で、あの、元々、大変手の掛かる子だったので、わたしはあのお・・とても思い出があるので、

今井通子:
はい

相談者:
えーま、心配してガミガミ言いながら・・2年ぐらいやって来たんですが、

今井通子:
はい

相談者:
果たしてあのお・・このようなことを続けていて?、あの、彼女のためになるのか?

今井通子:
はい

相談者:
で、あのお、わたしとしましては、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、きちんとした子であれば、別にあの、えーお茶のお稽古など続けなくても、幸せで、に、生きて行ってくれればいいんですけれど、

今井通子:
はい

相談者:
彼女の、ま、様子をお、見ていたり、ま、お友だちからの、話を漏れ聞くところによると、

今井通子:
はい

相談者:
ま、大変生活態度が荒れていて、

今井通子:
はい

相談者:
きちんと仕事もしていない。

今井通子:
はい

相談者:
そんな状態で、今お茶も・・も、辞めてもらって、手離して、果たして、大丈夫なのか?というような恐怖がありまして、

今井通子:
あーはい

相談者:
親のすることという風にお叱りを受けるかもしれないんですが、ちょっとどうしていいか分からなくなりまして、ご相談させて頂こうと思った次第です。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
あのお・・このお子さんは、

相談者:
はい

今井通子:
結局じゅうなんさい、何歳ぐらいの頃から、

相談者:
はい

今井通子:
何をしてるんですか?、え、そのお茶、や・・

相談者:
えっとですね・・

今井通子:
お茶に、中々来なくなった、その、空き時間。

相談者:
えーとですね・・

今井通子:
「仕事もしてないし」とおっしゃいましたよね?

相談者:
あの、ま、一応高校には行ってるんですが、

今井通子:
あ、はい

相談者:
定時制のような高校・・でござい、でして、

今井通子:
はい

相談者:
あの、地下アイドルグループっていうのに、スカウトして入りまして、

今井通子:
はい

相談者:
それで、ま、そのレッスンで忙しいとか、

今井通子:
ふーん

相談者:
あとその、地下アイドルだけでは?・・大変あのお、お給料が少ないので、

今井通子:
はあ

相談者:
他にアルバイトもしているとか、

今井通子:
はい

相談者:
色々そんなことを言って(苦笑)、い、言って、来ないっていうことも・・あるんですね。

今井通子:
うんうん・・ということは、

相談者:
はい

今井通子:
彼女としては、

相談者:
はい

今井通子:
辞めたいと、いうこと?

相談者:
いや、あの、それでわたしは、あの、お茶を辞めたいか?っていうことですよね?先生。

今井通子:
ええ

相談者:
えー、あのお、何度も聞いて、るんですが、「お茶は続けたい」と。

今井通子:
ふうん、うん

相談者:
で「あなたのやっていることは辞めてはいないけど、続けてもいないのよ」ということを何度も言うのですが、

今井通子:
はい

相談者:
「分かった、次から頑張る」と言いながら・・やらないと。

今井通子:
ふーんんん・・あのお、これはあれですかね?

相談者:
はい

今井通子:
この、中学の時にい、

相談者:
はい

今井通子:
学校の、部で、部活動で、

相談者:
はい

今井通子:
教えられた?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
時っていうのは、えー、教えてもらう側はタダですよね?

相談者:
はい、そうですね。

今井通子:
で、部活動から、お、終わって、

相談者:
はい

今井通子:
その、高校で、まだ、続けたいということで、

相談者:
はい

今井通子:
続けられた時には、

相談者:
はい

今井通子:
今度は、あなたのところに、

相談者:
はい

今井通子:
そのお・・謝礼を払うわけですよね?

相談者:
はいそうです。

今井通子:
で、それは、どうなってんですか?、滞ったりしてんですか?

相談者:
えーっと・・払あ・・ったり、払わ、なかったりですね。

今井通子:
これってあれですかね?、経済的に無理なのか?

相談者:
ええ

今井通子:
それとも、なんかこう・・

相談者:
そこが、よく分からないんでえ、

今井通子:
ええ

相談者:
あのお・・ま、わたしも、本人に聞いたり、お母さまにお話を聞いたりしたんですが、

今井通子:
はい

相談者:
1回の金額、ホントに、払えない金額ではないので、

今井通子:
はい

相談者:
・・ん、なく設定してて、で、「もし高いのならば、辞めてもらうしかないのよ」という話もしたんですが、
「高くはない」と。

今井通子:
ふーん

相談者:
本人が言うには。

今井通子:
はい

相談者:
で、お母さまも・・あの、「足りない時は渡している」と。

今井通子:
はい、あ・・

相談者:
「でも払っていないんだったら、別なことに使ってんじゃないでしょうか?」と。

今井通子:
うーん・・それがその何だろ、地下アイドルグループに入って、

相談者:
はい

今井通子:
そこから、でも、給料が出んですか?

相談者:
給料、が出るう・・ま、事務所もあれば・・えー歩合制の事務所もありで、

今井通子:
はい

相談者:
で、そのグループ自体、もう2つぐらい変わっているんですね。

今井通子:
ふんふんふん・・でその、

相談者:
はい

今井通子:
アイドルグループの中で、

相談者:
はい

今井通子:
何かそのあれですかね?

相談者:
あのお・・

今井通子:
色々、やるんですかね?、あの歌歌ったり。

相談者:
ええ、歌ったり踊ったりライブを、ま、そういうライブをするんですが、

今井通子:
はい

相談者:
でえ・・まあ、そういうのも結構ま、楽しそうに、やっているのかなあと思っていたんですけれど、

今井通子:
はい

相談者:
よく、グループを変わったり、

今井通子:
うん

相談者:
で・・1回その変わった理由っていうのが・・あの、あーいうアイドルさんって、恋愛禁止らしいんですが、

今井通子:
はい

相談者:
なんか男の子と大っぴらに原宿を歩いて、

今井通子:
うん

相談者:
ベタベタしてたので、

今井通子:
んふ(笑)

相談者:
それで・・辞めさせられたとか、そんな・・

今井通子:
ふーん

相談者:
話を聞きまして、

今井通子:
うん

相談者:
ちょっと、お友だちからの噂・・によると、ま、男の子にも結構、だらしがないと。

今井通子:
なるほどお。

相談者:
はい

今井通子:
ま、要するに、

相談者:
はい

今井通子:
グレちゃったまではいかないけどお・・

相談者:
はい

今井通子:
あっちこっちに目が行っちゃってえ・・

相談者:
はい

今井通子:
あれこれやってみてはいるけれどお、

相談者:
はい

今井通子:
なんか自分にはピッタリ合わないみたいな・・迷走状態なのかしら?

相談者:
そうだと、あのお、正にそうだと思います。

今井通子:
うん・・で、そこであなたは、

相談者:
はい

今井通子:
どうかして、手を貸したいわけ?

相談者:
ハッキリ言いますと、わたしもお、そんなに優等生、の人生を送って来たわけではないんですね。

今井通子:
はい

相談者:
今、お茶なんて、偉そうに教えて、おりますが、

今井通子:
はい

相談者:
自分でも、色々と、ま、彼女ほどではないにせよ(苦笑)

今井通子:
ん、はい

相談者:
あのお、若い時ってこうよね、みたいなことがあるので、

今井通子:
はい

相談者:
で、その時に、こう・・ちょっと何か大人が何気なく言ったアドバイスなんかでフッと変われた瞬間とかが・・多少、あったように思うんですね。

今井通子:
うーん

相談者:
彼女に、そういう一言をあげたいんですが、

今井通子:
はい

相談者:
何を言ってもお・・なんか、糠に釘(ぬかにくぎ)というか(苦笑)

今井通子:
ええ

相談者:
そういう感じで、あのお・・わたしはホントに彼女が幸せに暮らしてくれるんでしたら別にお茶なんか続けなくてもいいんです。

今井通子:
はい

相談者:
何をしてくれてもいいんですけれど、様子を見てると上手くは行ってない上に、幸せそうでもない?

今井通子:
うん

相談者:
何だかこう、要するに彼女が選んだ人生でなくて、こうなってしまったっていう感じで、暮してるように思うんです。

今井通子:
はあ、はあ、はあ、あ、はい

相談者:
ですから、彼女が、自分の手に、人生を取り戻して・・くれ、れば、もう、わたしは・・それでいいんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい。で、お節介なんですが、

今井通子:
はい

相談者:
親のやることだと思うんですが、

今井通子:
はい

相談者:
そういう、ことをご相談したくてお電話しました。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日は、精神科医の高橋龍太郎先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「手を掛けた生徒の地下アイドルとの掛け持ちが気になる童声女51歳お茶の先生」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。