役割に疲れきった夫婦。家事嫌いな妻が「あなたは大丈夫」と出て行ったら


テレフォン人生相談 2017年9月22日 金曜日

「私は家を出ます」とのメモと離婚届けを残し出ていった妻。子供も大きくなったし、離婚した方が良いか?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 男47歳 妻47歳 長女22歳は県外に住む 長男20歳大学生 次女13歳 二世帯住宅で父も同居

今日の一言: 心の問題は、体の不調となって現れます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いしますう。

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
わたし、47歳です。

加藤諦三:
47歳、結婚してます?

相談者:
結婚しております。

加藤諦三:
えーっと、奥さん何歳ですか?

相談者:
同じ、47歳です。

加藤諦三:
47歳・・お子さんは?

相談者:
3人おります。

加藤諦三:
上から年齢で言うとどうなりますか?

相談者:
えっと・・22歳、

加藤諦三:
はい

相談者:
女。

加藤諦三:
はい

相談者:
二十歳、

加藤諦三:
はい

相談者:
男。

加藤諦三:
はい

相談者:
13歳、女です。

加藤諦三:
はい、分かりました。それで、どんな相談ですか?

相談者:
3ヵ月前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
うちの妻が、書き置きを残して、

加藤諦三:
はい

相談者:
一人で、家(うち)を出て行ってしまって、

加藤諦三:
つまり13歳の女の子を残して一人で出てったと。

相談者:
そう、そうです。

加藤諦三:
と、前触れもな、ない、ということですよね?、書き置きをして出てっちゃったってことは。

相談者:
そうですう。

加藤諦三:
で、あなたはそれでなんか・・なん・・か最近変だなっていうような、なんかそんな感じもなかったの?

相談者:
強いて言えば、んとお、なんか、更年期、かなあ?、だか、「だるいぃ」、「体がだるいぃ」、「重いぃ」とかって、うーん、そういう、話は、聞く、うん、聞いてたんですけども。

加藤諦三:
要するに、あなたは、更年期障害だっていうふ、ぐらいにしか考えてなかったんだね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
体がだるいっていう、ことをね?

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん、はい
それで、書き置きには、な、一人で出てった、なんて書いてあったんですか?

相談者:
なんちゃ「お父さんへ」と書いてありまして、

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、えーと
「わたしは、今日、家(うち)を出て行きます」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
で・・うんと、「理由は、今聞かないでください。いずれ話す時が来るしょう」と書いてありました。

加藤諦三:
あー

相談者:
それで、離婚届、も、そ、一緒に挟ま・・っていて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
もうあの、「わたしは、一切」あの「財産も何も要りません」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの事でしょうけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
「あなたは」・・「自分で」、こ、「子ども達の面倒も看れるし、自分で生活もできるでしょうから、わたしは」・・「この家(うち)を」うん
「出て」い・・「行かせてもらいます」と書いてありました。

加藤諦三:
はあ・・
で、それが・・えっと、あなたあ・・朝、仕事で出るわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、帰って来たのは何時ですか?

相談者:
えーっと、帰って来たのは、夕方あ・・6時過ぎなんですけども。

加藤諦三:
夕方ろ、ま、6時として、そこ、どこに置いてあったの?

相談者:
えーっと、うちの、その一番下の娘が見つけまして。

加藤諦三:
あっ、あなたが、帰って来た時はもうお嬢さんが、見つけてたの?

相談者:
はい、そうです。なんか、#$%◆

加藤諦三:
この22歳のお嬢さん?

相談者:
いえ、一番下の、

加藤諦三:

相談者:
13歳ですう。

加藤諦三:
ええ
んでもう、もう知ってた、読んでたわけだね?

相談者:
そうですう。

加藤諦三:
それで、どんな様子だったの?

相談者:
うん、あのとりあえずぅ・・わたしの、父、あのお、その13歳の子の祖父が・・あの、同居してるもんですから、同居ちゅうか、二所帯で一緒にいるもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっとその、とりあえずお爺ちゃんに喋・・って、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そ・・えんで、わたしに・・すぐ、こうこ、こういう書き物があるよ、と連絡が、その、携帯の方に入りました。

加藤諦三:
あ、そうか、そうすと、あなた、夕方6時に帰って来る前に、知ってたわけね?

相談者:
はい

加藤諦三:
うんふうん・・で、22歳のお嬢さんとあの、二十歳の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
息子さんは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どんな反応だったんですか?

相談者:
いや、全然、あーの、わたしの前では・・どういうわけか、一切・・そのお母さんの、お話、話も、あの13歳の娘もしません。

加藤諦三:
そうすると例えばあ、その日の夕食ってのはどうなったわけ?

相談者:
あの22歳の娘は、あ、けが、県外に離れてるもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
二十歳の・・もう大学生なんです・・けど、

加藤諦三:
はい

相談者:
同居してて、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと・・結局・・4人で、あの、うちの・・親父、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、そ、ええ、その4人で・・とりあえず食事は、夕食はとれたんですけど。

加藤諦三:
「とりあえず夕食した」って誰が作ったの?

相談者:
えーと・・あ、わたしですう。

加藤諦三:
あなたが作ったわけ?

相談者:
はい

加藤諦三:
帰ってから?

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん・・で、そのお・・材料はあれですか?・・ちゃんと・・奥さんが・・

相談者:
はい

加藤諦三:
そろ、揃えといてくれたの?

相談者:
いや(苦笑)、実の話を、しますと、えーっと、10年くらい前から、家事一切、そういうの苦手な人で、

加藤諦三:
あー

相談者:
「わたしが作る」(苦笑)って言ったら・・365日のうち、360日は、わたしが作っていたような感じだったんですよ。

加藤諦三:
あ、家事、一切しないの?

相談者:
いや・・しないわけでもないんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
気い向いた時じゃないと、や・・やらない、ひ、人、だったんですね。

加藤諦三:
あー・・そうするとおー・・13歳の子を育てる時なんかはどうだったんですか?、子育てはやるの?

相談者:
ええ。まず育児放棄その他はなかったんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
例えば、食事与えるにしても、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしはできるだけ手を加えて、最初1から作って、有りあ、あの、合わせの物じゃなくて、自分で作って、食べさせようと思うんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
うちの妻の場合は、すぐインスタント与えたり、

加藤諦三:
あー

相談者:
あーと、弁当買って来たりそういう感じのだったんですよね。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
うん

加藤諦三:
・・あのお・・それは家事が・・嫌いだとか・・その、料理が嫌いだとかっていうの、じゃなくて・・なんか大変失礼な、し、質問するけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
夫も子どもも、あんまり好きじゃなかったってことあんの?

相談者:
うーん、今考えると、もしかすれば、そういうところも、あったのかもしれませんね。

加藤諦三:
で、お爺ちゃんがいるしい、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・わたしは・・家政婦じゃないわよ、と。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけどお、ん・・んーなんかみんな・・お爺ちゃんも含めて、あなた達の事が好きになれないと。

相談者:
ま、書き置き見る限りは、なんか・・そういう風にも取れるような気がしました・・けども。

加藤諦三:
・・うーん
「わたしは一切の財産要らないわよ」って書いてあったんでしょ?

相談者:
書いてありました。
「ただ一番下の子だけ」が、「の成長だけが心配です。よろしくお願いします」ということ、で、締めてありました。

加藤諦三:
うーん・・「いずれ話す時が来る」っていうのはあ・・今、話してもお・・わ、「わたしの気持ち、今話しても、あなたには、達には分かんないわね」ていうような、ことなのかな?

相談者:
多分そうだと思いますけれども。

加藤諦三:
だからあ、ま、家事を、料理をしないっていう事含めてえ・・なんか奥さんからすると・・このお、夫も家族も・・お爺ちゃんも、みんな・・遠い存在だったのかなあ?

相談者:
うーん、今思えば、そういう、風に、感じ、れた部分もありますね。

加藤諦三:
ねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
そして・・そうすっと、今日のあなたの相談っていうと・・こんなような状態の中でえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・う、わたしはこのまま・・

相談者:
果たしてこのまま#$%◆生活、

加藤諦三:
放っといていいか?

相談者:
ええ

加藤諦三:
それともお、自分の方から積極、せっ・・たらいいのかと、どういう態度を取ったらいいのか?ですか?っていうようなことですかね?

相談者:
こういう妻と、今まで、やって、なんとか、子どもがいたんで頑張って来たんですけどお、

加藤諦三:
はいはい

相談者:
これから、もう、47にも、お互いなりますし、

加藤諦三:
ええ

相談者:
子ども達も・・ある程度成長したので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ここらで、別れた・・

加藤諦三:
ああ、なるほどね。

相談者:
踏ん切り付けた方がいいのか?

加藤諦三:
はいはい

相談者:
皆さまあ、の、お知恵を拝借したく、

加藤諦三:
ああ

相談者:
電話した、差し上げたところでございます。

加藤諦三:
はい分かりました。今日はあのスタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。