母親と従業員との板挟みで悩む家業を継いだ男。裏表が無いと言われて混乱する


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はいどうもこんにちはあ、はい

相談者:
あ、こんにちは

マドモアゼル愛:
えーとお・・ま・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
あなたがやるべき事は、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱこの会社の存続なんだよね、やっぱりね(苦笑)あた、あのお、当然・・それで利益上げてる会社あ、でしょ?、今。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
とりあえず。
そいで従業員も5人食べさせてるわけだよね?

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
うん、そいで、お母さんもお給料取ってんの?今。取ってるよねもちろん。

相談者:
うん取ってます。

マドモアゼル愛:
取ってるよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
してお父さんは辞めて?・・うーん、今度隠居すると。場合によっては安心したら隠居したいってことよね?

相談者:
んそうですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「もう隠居したい」って言ってますね。

マドモアゼル愛:
そいでお父さんは、あなたに代を継いで、
「お前のやりたいようにやれ」っていう、本当は気持ちを持ってるわけでしょ?

相談者:
・・持ってます、はい

マドモアゼル愛:
持ってるよね?
その時にお母さんが・・経理を握っているが故に・・その・・

相談者:
えーえーえ

マドモアゼル愛:
あなたの弱い立場、で、強い事言われた時どうしようもないってことなんだけれども、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
これは、お、奥さんが・・とにかく覚えるしかないよ。

相談者:
・・え、奥さんが?

マドモアゼル愛:
奥さんが早くう・・えー来て、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
何言われようが何だろうが、「ハイハイ」って言いながら、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
経理の仕事覚える以外ないのよ。

相談者:
・・ええーそうですね。

マドモアゼル愛:
それで、うん、お母さんが、こう言っちゃ大変悪いけれども、いてもいなくても・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
会社が回るような、体勢を・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
作んなくちゃいけないの。

相談者:
・・あーはい、はい

マドモアゼル愛:
だってそうしないと上手くいかない、次の代行かないじゃない、だって。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
うん、当然のこと。そりゃ従業員辞められても困るわけよやっぱり。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
うん、それ従業員が、要するにやる気を持って働く・・5人と。
なんだぁと思って働いてる5人じゃ・・もう、あっという間に、店、傾きますよ。それが、逆になれば。

相談者:
そうなんですよ。

マドモアゼル愛:
その意味じゃお母さんの存在は、あなたが言うように、僕も・・不味いと思う。ハッキリ言って。

相談者:
あーそうですよね。

マドモアゼル愛:
うん、うん。こういう時どうすればいいのかっていうのは、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
あなたは従業員の立場に立たなくちゃいけないのよホントは。

相談者:
ああ、はい

マドモアゼル愛:
そうしないと会社すぐ傾くよ。

相談者:
・・そうですね。

マドモアゼル愛:
いい?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、お母さんは個人的になだめる以外ないのよ。

相談者:
・・うーんうんうんうん、はい

マドモアゼル愛:
うん・・だから、ま、八方美人とか、そういう、視点もあるけれども、とな、とにかく、商売が駄目になっちゃったら話になんないわけの、立場にいるわけだからあなたとしては。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん・・あのお、やる事はそうじゃないの?、まず、奥さんが早く経理を覚えるでしょ?

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
そいで、従業員を・・なあ、あの
「何を言っても分かんない」とか、叱りつけるような、母の事を・・放っとくわけに行かないけども、やっちゃやられちゃ、その時に、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
従業員の、側に行って、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
「分かるわけないのねえ」とか、何か慰めて、従業員の心が離れないようにする以外ないじゃない、だって・・会社上手くやるには。

相談者:
・・ええ

マドモアゼル愛:
だから、あん、なんて言うのかな・・僕はね、遠慮する必要ないと思うんだよね。だってあなたの代なんだもんこれ。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
俺がやって行くんだって、何が悪いんだって事よ。
・・そこをハッキリさせてくださいよ。

相談者:
・・ああ

マドモアゼル愛:
商売やる以上・・ね?

相談者:
そうですね、あーはい

マドモアゼル愛:
うん・・だからそれでいいんじゃないの?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお・・嫁さんが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
最初はフォローして・・そいで段々、従業員が嫁さんの言う事は、信頼してくれるっていうような絵が段々できて来た時に・・お母さんは自然と口を止めざるを得なくなって行くよ。

相談者:
・・うーーーん

マドモアゼル愛:
そういうんじゃないの?

相談者:
そうですねえ、なの・・

マドモアゼル愛:
でそこの、そこの何?、その・・ハッキリしない感覚っていうのはど、どういうところから来てんの?逆に。これ・・やっぱり・・

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
あの、心の問題として考えて欲しいわけね?、じゃあ。

相談者:
・・あーでも、やっぱそう・・そうですね。

マドモアゼル愛:
#$%◆うん

相談者:
やっぱそのお・・あのお・・

マドモアゼル愛:
だってあなた社長でしょ?

相談者:
・・そうです、はい

マドモアゼル愛:
心の問題も何もあったもんじゃないじゃないこういう・・とにかく従業員と、この商売を守って行かなくちゃいけないんだよ、だって。

相談者:
そうですね、はい

マドモアゼル愛:
うん・・だからあ、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
二代目の覚悟がないんだよ、まだ。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
商売好きなの?

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
だ、加藤先生の話と全然なんか・・

相談者:
いやあ(苦笑)

マドモアゼル愛:
視点が全く今度違っちゃうんで、戸惑っちゃってると思うけれども。両方とも正しいんだよ、でも。うん。
だから僕は・・これは、現実の問題として考えたいんですよ。

相談者:
・・あーはい

マドモアゼル愛:
うん、だって・・じゃあ心理的にみんな解放、されて?・・そいで、良くなって?、商売が傾いたっていう結果は僕は嫌なのよ。

相談者:
う、そうですね、はい

マドモアゼル愛:
だったら二代目の覚悟をお、し、して欲しいわけ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やる以上は。

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
そしたら自ずと、何をしなくちゃいけないかが見えて来ますよ。

相談者:
・・はい、分かりました。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あのお・・

マドモアゼル愛:
ちょっと僕も一方的だったので、もう一回加藤先生、にね、伺って・・

相談者:
あーはい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あのお・・ちょっとま、あの間違って、あのお、理解してもらうと困るんだけど。
表と裏の使い分けができるっていうことが・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
あなたの今・・大切なとこなんです。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
であなた、表と裏の使い分けができないんです。

相談者:
・・

加藤諦三:
「従業員の側に立つか?」、「母親のだ、側に立つか?」って。
「母親は・・口答えすると、敵と思われてしまう」

相談者:
・・はい

加藤諦三:
・・だからそこを上手く・・母親と従業員の間を・・調整していかれるってことが・・あなたの社長としての能力なんだよ。

相談者:
・・

加藤諦三:
あのね、ここもちょっと・・あの、誤解しないでき、聞いて貰いたいんだけど、人間の自我の確立ね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
自我が確立しているってことは表と裏が使い分けられるって事が、自我の確立なんです。

相談者:
・・ああ、そうなんですか・・

加藤諦三:
あなたは自我の確立ができてないの、まだ・・まだ子どもなんです。

相談者:
・・

加藤諦三:
自我の確立の一つの目安はやっぱり表と裏が使い分けられることなんです。

相談者:
・・そう・・

加藤諦三:
要するにもっと単純に言えばね、

相談者:
ええ

加藤諦三:
1000円の物を買うのにね?

相談者:
はい

加藤諦三:
お店に行って。500円しかわた、渡さないで、
「どうしたら売ってくれますか?」って言ってるのと同じなんです。

相談者:
あー

加藤諦三:
社長になるのには・・

相談者:
うーん、はい

加藤諦三:
社長になるだけの器になんなきゃ無理なんです。

相談者:
・・ああ

加藤諦三:
だけど・・

相談者:
まだ、その、器が、う、いやその自分は500円しか持ってないのに、1000円の物は買えないってことですか?

加藤諦三:
そういう事です。

相談者:
あー

加藤諦三:
だから、その1000円にどうするか?っていうのが、自我の確立だっていう事。

相談者:
はあ

加藤諦三:
で自我の確立っていう事は、人の顔色ばっかり見ないってこと。

相談者:
・・あ、はい。分かりました。

加藤諦三:
・・や、大きく・・社長の器に成長して下さい。

相談者:
・・ありがとうございます。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございます。

加藤諦三:
表と裏の使い分けができる事が、自我の確立です。

(内容ここまで)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。