病気に夫のDV。悲惨だけど弁護士にまで食い気味に喋って呆れさせる女61歳


テレフォン人生相談 2017年10月26日 木曜日

酒癖が悪く、借金もあって、暴言暴力もヒドい夫と離婚することになったが、離婚届けに署名したのに提出してくれない。

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女61歳 夫62歳 同居の息子37歳 独立している娘32歳 二人共独身 別に暮らす夫の母89歳

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
はい、こんにちは、今日は・・どういう、ご相談ですか?

相談者:
あ、あの、実は主人と、あの・・離婚を考えておりまして。

柴田理恵:
離婚?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、2週間程前に、

柴田理恵:
はい

相談者:
もう、離婚届の用紙に・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、主人もわたしも、署名捺印しまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
もう出すだけになっているのですが、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、中々出してくれなくて。

柴田理恵:
ああ、え?出すだけになってたらご自分で出しに行くもんなんじゃないんですか?

相談者:
あ、わたし、ちょっと今、難病に掛かっておりまして今・・

柴田理恵:
あ・・あー

相談者:
あの治験者で、で・・あの自分で注射を打たなければならないとかそういう病気なのでえ、

柴田理恵:
あー

相談者:
で、あのお・・家事をするのが精一杯でほとんど寝たきりなのでえ。

柴田理恵:
あー・・出し、出しに行けないんですね?

相談者:
はーい

柴田理恵:
うん、あの、あなた今おいくつですか?

相談者:
61歳です。

柴田理恵:
61・・旦那さんは?

相談者:
62歳です。

柴田理恵:
62歳、お子さんは、何人いらっしゃるんですか?

相談者:
二人です。

柴田理恵:
二人。

相談者:
長男と長女です。

柴田理恵:
はい。おいくつですか?長男さんは。

相談者:
37歳。

柴田理恵:
30な・・娘さんは?

相談者:
32歳です。

柴田理恵:
32歳、お二人共・・ご結婚なさってるんですか?

相談者:
あ、二人共独身です。

柴田理恵:
独身ですか、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
今一緒に住んでらっしゃるんですか?、お、お子さん達は。

相談者:
あの、長女は、あの、就職して外に出ておりますが、

柴田理恵:
はい

相談者:
長男は同居です。

柴田理恵:
あーそうですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
あのじゃ・・長男さんも、ご両親の離婚には、賛成といいますか・・

相談者:
賛成はしていないんですが。

柴田理恵:
うん

相談者:
「両方、自分の親だから」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「父親と母親だから、どっちの味方もできない」ってずっと言っておりましたが、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの、結局、つい数ヵ月前、

柴田理恵:
うん

相談者:
「やっぱり・・言わせてもらうと、お父さんが悪い」っていう事で、とにかく主人は、酒癖が悪くて、暴力暴言を振るう人なので。

柴田理恵:
はあー・・じゃ、離婚の原因もそれですか?

相談者:
あ、それとあの金銭的な問題で、あの・・主人商売しておりましたが、失敗しまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
それで全部、あの坊っちゃんなので、親任せで、全部や・・んもう建物も何もかもやってもらって、

柴田理恵:
うん

相談者:
17年前に・・商売失敗したんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
飲食店の商売を。

柴田理恵:
うん

相談者:
その時、辞めてから・・あの、実家の商売を、手伝ってるんですけれど、

柴田理恵:
うん

相談者:
その17年前から手取り20万しかもらってない状態で、

柴田理恵:
うん

相談者:
貯金もないし、年金も少しなんですよね。

柴田理恵:
うーん、それで・・ま、離婚の原因としては、酒癖が悪かったり暴力たったり、

相談者:
はい、暴言。

柴田理恵:
そ、ぼうげ、ぼう・・

相談者:
暴力よりは、暴言の方が多いですけど、はい

柴田理恵:
暴言・・暴言・・うん

相談者:
あの暴力も、ど、あの・・二日前に、

柴田理恵:
うん

相談者:
蹴られてしまって、鎖骨の下を。

柴田理恵:
・・は、鎖骨の下を蹴られた!うん

相談者:
#$%◆・・はい

柴田理恵:
うん

相談者:
で、もう腕つかまれたりしたので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの、もう今、あの・・やっぱ男の人だから力が強いから、もう、6ヵ所青あざになってるんですけれど、

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、主人、も、もう酔っ払ってるから、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あのお、タクシーを呼んで、警察署へ行ったんですけれど、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、「妻の方から引っ掻いて来た」と言って、その前にわたしを胸ぐら掴んで「殺す、殺すぞ」って言ったからわたしが、引っ掻いたのであるのに、

柴田理恵:
うーん

相談者:
そういう状態で、あのお、で、もう・・警察でも、あの婦警さんに写真を撮られて、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしが、あ、ま、アザ、ん、赤くなってる部分?

柴田理恵:
うん

相談者:
で「鎖骨じゃなくて良かったですね」って婦警さんに言われて、

柴田理恵:
うん

相談者:
「鎖骨なら、絶対折れてますよ」って言われて。

柴田理恵:
うーん

相談者:
鎖骨のすぐ下だったので良かったんですけれど。

柴田理恵:
うーん。じゃあ、

相談者:
はい

柴田理恵:
そのお、今回のご相談っていうのは、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、今、離婚届を、

相談者:
はい

柴田理恵:
書いたはずなのに、

相談者:
はい

柴田理恵:
出すだけなのに、

相談者:
はい

柴田理恵:
出してくれないっていう事の、ご相談ですか?

相談者:
はい。で・・

柴田理恵:
って事は・・あれですか?、あのお、ご主人は別れる気はないって事ですか?

相談者:
・・あの、「お金がないからあ・・アパート借りるにも、権利金も敷金も電化製品も、買うお金がないから出ていけない」って言うんです。

柴田理恵:
あーはあはあ

相談者:
あのお・・で、わたし・・で、わたしに「出てけ」って。
ここの家賃・・賃貸なんですけれど、

柴田理恵:
うん

相談者:
「家賃を払ってるのは俺なんだからお前が出て行くのが、筋だろう」って、怒鳴られて。

柴田理恵:
うん

相談者:
でも、わたしはもう実家・・両親が亡くなってもう、ないので。

柴田理恵:
うん

相談者:
・・で、あの、主人は、母が89歳・・で、まだ、ぼ、あの、認知症も何も・・も、ほんと・・元気なので、

柴田理恵:
あ、あのご主人のお母さんですね?

相談者:
はいはい。母が。

柴田理恵:
うん

相談者:
だからわたしは・・あーの、ちょ、じゃ、お金がなかったら・・あの、実家に帰ればいいと思うんですけれど、

柴田理恵:
うん

相談者:
「そんな年取った?、来年90にも母親の?」

柴田理恵:
うん

相談者:
「世話になりたくない」って。
それっておかしいと思うんですけど、今・・あの主人の、つ、こう、勤め先と?、あの、母の・・住んでるところは、車で5分ぐらいのところなんですよ。

柴田理恵:
どっちか、が、でも、離婚したら出てかなきゃいけませんもんね?

相談者:
あの、だからわたしい、は、主人がそんな・・母のせ、ね、「世話になりたくない」とかって言って、
自分が世話する立場な、なんだからあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
母と一緒に住んで・・ら、あの・・自分が住むの・・家賃もいらないわけだから・・家賃を払ってもらいたいんですよ、やっぱり。
あの、姉、兄のところで働いていて、

柴田理恵:
うん

相談者:
給料もらってるわけだからあ。

柴田理恵:
えっと・・今、家を出て行く出て行かないの話よりも、

相談者:
はい

柴田理恵:
この先の生活の事の方が大事だと思うので、

相談者:
はい

柴田理恵:
そういう目当てがないと、

相談者:
はい

柴田理恵:
離婚なさっても、

相談者:
はい

柴田理恵:
・・ご病気でもあられますしね?

相談者:
はい

柴田理恵:
だから、大変だと思うんです。

相談者:
はい

柴田理恵:
だ、そういう・・もし離婚した時に、

相談者:
はい

柴田理恵:
どうふにしてったらいいのか?とか。

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、どうやってから、きちんと・・離婚の手続きするとか。

相談者:
はい

柴田理恵:
そういう事を冷静になって・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ちょっとお話、聞いてみた方がよろしいんじゃないんですかね?

相談者:
あ、はい。だからあの・・

柴田理恵:
うん

相談者:
主人はもう、借金が何千万もまだあるので、

柴田理恵:
うん、あ、借金・・

相談者:
慰謝料とかもらえないので、

柴田理恵:
うん

相談者:
で・・ん、でもやっぱり家賃だけは払ってもらって、あのお、息子は、年齢の割にちょ、年収が・・いいので、後の生活費?・・家賃がやっぱり一番、生活して行く上で掛かるので、あと、光熱費と、あの食費だけは、息子に出してもらうように・・

柴田理恵:
あの・・

相談者:
はい

柴田理恵:
そういう細かい事よりも、

相談者:
あ・・ごめんなさい、はい

柴田理恵:
この先、どうして行くか?っていう事をまず考えられたらいいと思います。
・・どうやって生活して行くのか?

相談者:
あ、だから今申しましたように、

柴田理恵:
それから、息子さんと・・

相談者:
そういうふに生活をして行きたいんです。

柴田理恵:
息子さんと一緒に暮すつもりなんですね?

相談者:
そうですそうです。

柴田理恵:
あーあ、分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃちょっとその、慰謝料とかそういう事もあると思うので・・

相談者:
あ、だから慰謝料は、な・・

柴田理恵:
先生に聞いてみますかね?

相談者:
あはい

柴田理恵:
今日の回答者の先生は、弁護士の塩谷崇之先生です。先生、お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「病気に夫のDV。悲惨だけど弁護士にまで食い気味に喋って呆れさせる女61歳」への1件のフィードバック

  1. 内容に不自然なところがある
    →本当の事を言ってないから
    昨日、すでに家裁に相談済み
    →なんだったんだ?この電話は
    つまり、隠し嘘をつく事を息をするかの如く生きた結果の今
    都合の悪いことを隠す人間は
    とにかく被害を強調します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。