仕事が辛くて資格で独立をのたまう男へ「弁護士も取っただけでは食えません」


テレフォン人生相談 2017年11月2日 木曜日

過重労働で上司とも上手くいかないので、会社を辞めるか?続けるべきか、資格を取って自営をするか?悩む。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 男39歳 妻39歳 息子7歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いしますう。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
え―と今会社をですね・・

今井通子:
はい

相談者:
辞めるか、辞めないかと、迷っておりまして。

今井通子:
あら・・あなたおいくつ?

相談者:
えーっと今、39です。

今井通子:
39歳

相談者:
はい

今井通子:
ご結婚されてますか?

相談者:
してます。

今井通子:
奥様おいくつ?

相談者:
えっと、同い年の39です。

今井通子:
39歳

相談者:
はい

今井通子:
お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
はい

今井通子:
・・上から、あの、性別と、

相談者:
はい

今井通子:
あ、お年を教えて下さい。

相談者:
えーっとお、男の子で、7歳の一人だけです。

今井通子:
あ、はい。で、まずは、

相談者:
はい

今井通子:
その会社へは・・

相談者:
はい

今井通子:
い、何年前から勤めてらっしゃるの?

相談者:
えっともう今、11年目に入ったんで、10年、ちょっと前ですね。

今井通子:
11年目。

相談者:
はい

今井通子:
はい・・でえ、今いる会社を、今辞めようとしてる。

相談者:
はい

今井通子:
もしくは、辞めた方がいいのか?・・

相談者:
はい

今井通子:
存続した、続けた方がいいのか?

相談者:
はい

今井通子:
迷ってる?

相談者:
迷ってます。

今井通子:
その理由は何?

相談者:
これもまた今はそのお、ま、過重労働もあるんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
精神的にちょっとまあ、追い詰められているゆうところがあって、

今井通子:
えっとそれは、どういう状態で?

相談者:
えー・・

今井通子:
その労働が激しいから?

相談者:
はい

今井通子:
それとも人間関係?

相談者:
ん、両方お、に、なってしまいましたね。

今井通子:
・・最初はどっちだったの?

相談者:
最初はま、あのお、その、過重労働っていうか、肉体的なところだったんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
まあ、あ、ま、2、3ヵ月前からあ、ちょっと人間関係的にもちょっと加わって来てというところで、

今井通子:
ええ

相談者:
・・二重にちょっともう悩む・・ようになってしまったんですよね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
これ・・う、えーと、過重労働、自身があ・・

相談者:
はい

今井通子:
そのお、煮詰まって人間関係が悪くなったの?それとも・・

相談者:
まあ、け・・

今井通子:
人間関係と過重労働は別?

相談者:
結果的に、その過重労働の、ま、結果そのわたしの、仕事上のミスが増えたりとか、

今井通子:
あはは

相談者:
ま、色々あってそのまあ・・ま要は先輩がその、実は半年ぐらい前から・・あのお、今その、ちょっとかなり年配の先輩と・・

今井通子:
うん

相談者:
ま、一緒にこう、ま仕事をするような形になりまして、

今井通子:
はい

相談者:
ま、最・・初のと、ころでも実はぶつかってっていうか、ま、かなり、とっちめられてしまって、

今井通子:
うん

相談者:
折れたんですけど、まあ何とか頑張ってみようっていうのはあ、半年ぐらい前にあったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
でえ、だからそれえ、の後にまた、こう段々こう繁忙期に近づいて来るに従ってまあ、ちょっと忙しくなって、わたし自身が、まあ・・物忘れをしてしまったりとか、

今井通子:
うん

相談者:
ま色々ミスが増えて、そうすると・・ま、一緒にやってる先輩「何やってんだ」って事で段々・・あのお・・コミュニケーションが取れなくなった・・

今井通子:
うーん

相談者:
でえ、段々おい、なんかも、こちらとしても、どうしていいか分からない・・っていうんでもう・・ま、ミスがまた増えるっていう悪循環になったって感じですね。

今井通子:
うーん・・なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
じゃあ、また辞めて?・・次にどっか・・当てはあるんですか?

相談者:
当てというか、今資格の勉強をしていまして、

今井通子:
ええ

相談者:
ま一回去年やって落ちてるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
もう一回ま、その試験を受けて、

今井通子:
はい

相談者:
ま、皮算用になるんですけど、受かれば、そのまあ、資格を基にという風には・・考えてはいるんですけれども。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
・・でーそのお、ま、ん、悩んでる、のは、どうしてなの?

相談者:
今の仕事もそのお、内容っていうか仕事的には好き、なんですよね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
ただ、今のその会社で・・今後を考えて続けて行くか?、ま・・そのお、一応実は、ま、先月その・・退職届は出したんです。

今井通子:
あ、そうなんですか、はい

相談者:
はい、ただ・・はい、でえ、その、まあ・・直属の上司とその更に上の上司からあ・・

今井通子:
ええ

相談者:
まあ、ちょっと「もう一回考え直お、して欲しい」っていうような感じで、まちょっと一応話し合いはあったんですけども、

今井通子:
うん

相談者:
・・それでま・・直属の上司はもう、そのお、精神的にちょっと色々、まあ、大変なの分かってるから、

今井通子:
うん

相談者:
まあ、このまま我慢、我慢してやってても、もし万が一、そのお・・ね、病気になっても困ると。

今井通子:
はい

相談者:
でえ・・一応その、資格の話もしたら
「ある程度その、将来の算段ついてるんだったらま、辞めるのも一つの手だよ」っていうアドバイス、ではあったんです。

今井通子:
はい

相談者:
でもうその、もっと上の、上司は、まあ
「あなた自身が変わらない限りは」

今井通子:
はい

相談者:
「まあ、どこに行ったって駄目だろうし」

今井通子:
うん

相談者:
「上手く行かないよ」と。

今井通子:
うん

相談者:
「だからもう少し自分を見直して」っていう、話をされて。

今井通子:
うん

相談者:
・・でえ、ま、前任・・に回ってたところのそのお・・ま・・場所からもまあ・・
「『評判は悪くないけども、結構こういうミスがあったよ』って報告が入ってる」みたいな話もされて、

今井通子:
はい

相談者:
・・余計自信がなくなってしまって(苦笑)

今井通子:
・・それって何?、あの・・えー差し障りのないところで・・

相談者:
はい

今井通子:
どういうミス?

相談者:
・・まあの、ま、お客様から受けた・・まあ、注文を、忘れてしまってるとか。
・・ま、あと、れ、連絡を、その、ま、社内の連絡を、ちょっとこう忘れてしまってるとか。

今井通子:
はい

相談者:
まそういう、ところの、こま、細かいと言ったらあれなんですけど、そういうのが、ちょっと・・増えて来てるってとこですね、手配忘れとか。

今井通子:
これって昔はなかったの?

相談者:
・・ま昔も、た、うんま、多少なりともあったんですけれども、

今井通子:
うん

相談者:
ちょっとも、このお、ん、2、3ヵ月、も、自分でも自信がないくらいにもう・・急激に・・増えたなと・・いう感じです。

今井通子:
それ何ヵ月ぐらい前から増えました?

相談者:
もう、2、3ヵ月前ちょうどその、コミュニケーションが取れなくなりつつ、とあと、その繁忙期っていうか忙しくなってからですかね。

今井通子:
うーん・・2、3ヵ月前?

相談者:
はい

今井通子:
なるほど・・で、それってだから、2、3ヵ月前までは、あんまりなかったのかな?、じゃ。

相談者:
自分の中でも、会社内でもそれほど言われる事もなかったので、

今井通子:
うん

相談者:
で、このまま会社に行ってもちょっと迷惑、掛けるし、

今井通子:
うん

相談者:
お客様にも、悪いっていうのもあって、

今井通子:
・・うん

相談者:
ま、それが引き金で辞めたいっていう風にはちょっと、思ったんですよね。

今井通子:
・・でえ・・辞めたいな・・

相談者:
はい

今井通子:
というのは重々分かったんですが、

相談者:
はい

今井通子:
辞めてまだ先のお、就職先は決めてらっしゃんなくて、

相談者:
うーそうです、はい

今井通子:
で、決まる自信はあるの?

相談者:
・・はあ(ため息)うーん、そこは、そこが今悩んでるとこでもあるんですけども。
ま、その資格、ま、受かるかどうかってほんとそこが、まあ、ホント皮算用ではあるので。
・・うーん、ま、職種を選ばなければ何とか職にはつ、就けるか、就け、就こうかなとは思ってるんですよね。

今井通子:
・・うーん。それってあれですか?・・資格を取れば・・

相談者:
はい

今井通子:
どこでも、即雇ってくれるっていう話?

相談者:
うーん、まあ、そう、ま、自分でその、開業して仕事ができるような資格でもあるので。

今井通子:
あ、そうかそうか。

相談者:
はい

今井通子:
自立しようかな?もあるわけだ。

相談者:
あるんです、はい

今井通子:
なるほどなるほど。

相談者:
はい

今井通子:
・・それで、あなたとしては、じゃ、ご質問としては、どっちにしたらいいかっていう事?

相談者:
えーと、まずその、今の、その状況で続けたままだと・・まあ、精神的にも肉体的にも、駄目になるから辞めた方が、いいのか?

今井通子:
うん

相談者:
それともここでその・・うんま、ちょっと、関係が悪化してる先輩と、

今井通子:
うん

相談者:
もう一度関係を修復して、

今井通子:
うん

相談者:
・・はい、仕事を続けるべきか?

今井通子:
うん、そこがご質問ですね?

相談者:
はい

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね・・弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてますので、

相談者:
あ、はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「仕事が辛くて資格で独立をのたまう男へ「弁護士も取っただけでは食えません」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。