息子夫婦の離婚を相談する女。加藤諦三「息子さんはマザコン、40歳の男の子」


テレフォン人生相談 2017年11月16日 木曜日

息子夫婦は結婚15年で、離婚の話が進んでいる。親権がを欲しいと言う息子の主張は通るか?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女64歳 夫66歳 長男40歳 次女37歳 長男は結婚15年で家庭持ち 娘中2 息子小5

今日の一言: 「カラスは白い」と言えば、問題は複雑になります。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
・・あ、もしもし

加藤諦三:
も、はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ・・こんにちは

加藤諦三:
はい

相談者:
お世話になります。

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
え・・はい。わたくし、64歳です。

加藤諦三:
64歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
え、ご主人何歳ですか?

相談者:
66歳です。

加藤諦三:
66歳、お子さんは?

相談者:
上が男の子で長男が40歳です。

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと下が37歳で、女の子です。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
えっと息子夫婦の事で、ご相談なんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚当初から、ちょっとあのお・・い、いざこざが絶えない、で、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。ただ、子どもが、もう、すぐに授かったものですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、あのお、わたくし共も、なるべく、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、仲良くやっていただきたいっていう事で・・ずっと見守ってまいりました。

加藤諦三:
で、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたにとってはお孫さん、このお・・

相談者:
はい

加藤諦三:
息子さん、にとっての、お子さんって何歳・・

相談者:
今、中2で、女の子です。上が。

加藤諦三:
中2の女の子。

相談者:
はい、で下の子が、小5で男の子です。

加藤諦三:
小5の男の子・・で、

相談者:

加藤諦三:
いざこざしつつ、15年間一緒に居たって事?

相談者:
はい。ま・・一度、ですから、お嫁さんの方から?

加藤諦三:
うん

相談者:
9年前ですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの
「別れたいです」っていう風な事で、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたくしのところにメールが来まして、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい。それであの、どういう状態なのか伺ったら、

加藤諦三:
うん

相談者:
む、あのお嫁さんは・・あの、孫が、生まれて・・色々と、育児とか家事、とかの手伝いを、しないっていう事で・・手伝ってもらいたいっていう風な事で、
「別れたい」って・・

加藤諦三:
うん

相談者:
いう事を言われまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
ええ。で色々、説得したりして・・やったんですけれど。
はい、それで息子も一度、うちの実家の方に戻って来まして。

加藤諦三:
・・という事は、

相談者:
はい

加藤諦三:
別居の期間があったっていう事ですね?

相談者:
ええ、そうです。3週間くらいなんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。それで、お嫁さんの方も・・間に入ってくれる人がいて、

加藤諦三:
うん

相談者:
その人、を、ちょっと、介しまして、それでま、いちお和解案みたいな形で、

加藤諦三:
うん

相談者:
息子があの、はい、和解案を書いて持って行って一応、また家に戻ったいう状態なんですね。9年前頃に。

加藤諦三:
・・あの和解案まで、そんな、紙に書くってのは、いったい・・おおよそ、どんな事書いたんですか?

相談者:
えっと、はん、反省文っていうんですか?

加藤諦三:
反省文?

相談者:
息子が、あのこれから・・家の事とか、子どもの面倒看るとか、そういう事だったと思うんですけど。まあ、一応ちょっと・・

加藤諦三:
あ、あなたまだ、読ん、それを読んでないわけね?

相談者:
ええ、わたしは見てないです。

加藤諦三:
ああ

相談者:
はい
それを書いて、ま、一応、また、も、家に戻りました。
それで、えっとお、その後も、ま、色々と、あは(苦笑)あの・・ちょっとお嫁さん、が、また喧嘩なんかすると口利かないっていう状態が・・えーと、お互いにずっとこう平行線みたいな形で、1ヵ月でも2ヵ月でも続くっていう風な・・ことだ・・った事もあったみたいです。

加藤諦三:
それはそうでしょうね。だって、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・結婚で和解案で、これから、て・・手伝いますっていう・・
紙出して、また一緒に生活するなんて・・いざこざの原因は全く、解、あの、本質は解決されてませんもんねえ。

相談者:
ええ、そうですね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
はい、おっしゃる通りだと思います。

加藤諦三:
続きますわ。

相談者:
それで、およ、お嫁さんも、長女の方を産んだ時に、

加藤諦三:
うん

相談者:
えっと実家に里帰りしまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい、向こうの、あの、親御さんも、2ヵ月ぐらいは、看て下さるっていうお話だったんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい、それが、1週間で、あのもう、赤ちゃんの泣き声がうるさいっていう事で、帰って来ました。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい。それ、それ以来、全然・・

加藤諦三:
ていう事はなに?、あの、向こうの・・

相談者:
ええ・・はい

加藤諦三:
実家も・・

相談者:
ええ。行ったり来たりしてないです。

加藤諦三:
それほど歓迎しなかったっていう事?

相談者:
はい。もう全然あの、ですから、行ったり来たりしておりません、それ以来。

加藤諦三:
あー

相談者:
ですから、色々な意味で、あの、わたくし共が、あのま、お嫁さんの実家とは行き来してないので、こちらがもうフォローするって形で、はい、何かにつけては、あの孫たちを、今、あの、おっきくなって来ましたけれども、あの小さい時からずっと?、あの、週末はいつも、迎えに行って孫だけ連れて来て、ちょっとフォローして、来たっていうような状態ですね。ええ

加藤諦三:
でその目的は・・

相談者:
はい、あの、なるべく、仲良くして欲しいっていう事・・

加藤諦三:
あ、そういう意味ですか。

相談者:
が、常にありました。

加藤諦三:
だけど、それえ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
功を奏さなかったでしょ?

相談者:
・・ええ、そうですねえ。はーい

加藤諦三:
で、今日のあなたの相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
んま、とにかくそれでも、

相談者:
ええ

加藤諦三:
子どもが二人・・

相談者:
親権があのやっぱり、どうなるのか?っていう事が一番・・

加藤諦三:
あ、親権がどうなるのかっていう事は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
離婚をすでに考えてるって事ですね?

相談者:
ええ、わたくし共も、そういう風に、あのもう、主人も、仕方ないかなっていう風な事なんですね。

加藤諦三:
はい。息子の方は、り・・

相談者:
考えております。

加藤諦三:
それでその時に、

相談者:
ええ

加藤諦三:
親権がどうなるとかの、要するに親権は、息子さんはもちろん、欲しいっていう事ですよね?

相談者:
ええ、そうですね。

加藤諦三:
分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあの、

相談者:
はい

加藤諦三:
スタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。