イジメで引きこもった19歳へ「まず朝起きて」「何すれば?」「自分で決めて」


テレフォン人生相談 2017年11月23日 木曜日

中学・高校といじめに遭い、引きこもって大学に行っていない。単身赴任の父親と暮らしているが、一歩踏み出すには?

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 男19歳 単身赴任の父と同居中 実家には母がいる

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、お願いします。

ドリアン助川:
今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
・・ちょっとあのお、あんまりこう・・中学う・・高校と、人間関係が、上手く行かないことが多くて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
でやっぱ、その、せいでちょっと精神的に疲れちゃって、

ドリアン助川:
うん

相談者:
・・今・・ま、大学とかも、行かずに・・・・引きこもってる状態って感じなん、ですけど。

ドリアン助川:
はい。えーとあなたはおいくつ?

相談者:
・・えー19歳。

ドリアン助川:
19歳。で、えーと引きこもりという事は、えっと、ご家族といながら部屋に引きこもってるって感じ?

相談者:
・・あの父親が、単身赴任で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
僕はそれに・・付いて行ってる感じ、ですね。

ドリアン助川:
は、は、は、は、じゃお父さん昼間は、仕事でいないわけですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、「中学高校の、人間関係が上手く行かずに」という風に、今おっしゃいましたけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
具体的にはどういう感じだったの?

相談者:
あ、結構、人格否定え、みたいな感じで、

ドリアン助川:
・・うん

相談者:
こう、わ、嫌味とか・・悪口を言われる、感じの・・

ドリアン助川:
ふーん

相談者:
いじめ・・だと思います。

ドリアン助川:
陰湿な感じかな?

相談者:
・・そうですね多分。

ドリアン助川:
うん。言って来る奴らは決まってる相手だった?それともクラス全員?

相談者:
決まってる奴、です。

ドリアン助川:
決まってる奴ら。ちょっとあの、辛いかもしんないけど、どんな事言われた?

相談者:
容姿の事とかあ・・う、で・・

ドリアン助川:
姿形の事。

相談者:
なんか、体臭がどうとか。

ドリアン助川:
「臭い」とか。

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
うーん。で、これが中学3年続いたんですか?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
うん、じゃ中1の最初からいじめがあったって事?

相談者:
最初らへん・・ですね。

ドリアン助川:
んー。えっと小学校までは大丈夫だったの?

相談者:
いや、小6も・・ありましたね。

ドリアン助川:
あったあ?

相談者:
小学校もそんな人間関係は・・そんないいわけでは、なかったと、思います。

ドリアン助川:
うん。これはあのお・・同じ地域い、の、小中高校なんですか?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
ふーん。で、高校おー・・も、中学からの、おー・・ん、ま、同級生が持ち上がりでやって来るような地域だったわけね?

相談者:
は・・

ドリアン助川:
高校

相談者:
いや高校は・・違いますね。

ドリアン助川:
高校は違う?

相談者:
はい

ドリアン助川:
高校は違って、な、周りの環境は変わったんだけど、

相談者:
はい

ドリアン助川:
またいじめ始まっちゃった?

相談者:
・・いや、ま、中学がそんな感じだったんでやっぱ高校お・・もなんかちょっと人が怖い感じに・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
人間不信的な感じい・・の状態のまま入ったんで、

ドリアン助川:
うん

相談者:
3年間友だちとかもいなかった感じです。

ドリアン助川:
友だちいなかった?

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
うん、で・・という事はちょっと聞きますけども今、友だちと言える人はいるんですか?

相談者:
・・うん、あーでも、ま、話を聞いてくれる人は・・一人・・

ドリアン助川:
一人いる?

相談者:
いますね、はい

ドリアン助川:
えー同級生?、昔の同級生?

相談者:
いや、一つ上の、高校の・・先輩。

ドリアン助川:
先輩。

相談者:
はい

ドリアン助川:
そうすると、ちょっとあなたの一日っていうのを教えてほしいんだけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
お父さんが、会社行く時にあなたは、ま、起きてるの?

相談者:
いや・・ほとんど寝てますね。

ドリアン助川:
寝てる。えっと、へ、部屋いくつあんのよ。

相談者:
えー、ま、2階が、ま、リビングとお、食卓、みたいな感じで。
で、下に、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお・・ま、洗面所とかトイレとかあって、ま、その奥に、部屋があってそこお、が僕の部屋って感じ・・

ドリアン助川:
1階の、奥はあなたが使ってるわけね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
じゃお父さんは、もう、仕事はあなたを起こさずに行ってしまうわけだ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん。それで何時頃あなた起きるの?

相談者:
最近は、10、1時とか。

ドリアン助川:
11時。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、それからご飯はどうなっ、どうすんの?それから。

相談者:
まあ冷蔵庫にある・・物食べたり、してますね。

ドリアン助川:
うん・・はい。えー、そして?・・家から出ずに?

相談者:
まあ、インターネットおー・・・・とかもしたり。

ドリアン助川:
はい

相談者:
うん、適当に音楽聴いたりとか、そんぐらい、

ドリアン助川:
あー

相談者:
ですね。

ドリアン助川:
あー、音楽何聴くの?

相談者:
ヒップホップとか。

ドリアン助川:
ヒップホップ聴くんだ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん、でえ、まあ、気が付くともう日暮れですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、また夕飯は、冷蔵庫から出して?

相談者:
・・いや、父親が、たまに作ったりも・・

ドリアン助川:
あー、は・・

相談者:
します。

ドリアン助川:
そっかそっか
・・えーっとちょっと聞きたいんだけどお母さん、は・・実家にいらっしゃるわけ?

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
お母さんとの連絡ってのは取り合ってる?

相談者:
いや・・ない、ですね。

ドリアン助川:
な、なさそうだね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
どうして?

相談者:
そんな関係良くなくて。

ドリアン助川:
うん

相談者:
まあ中2ぐらい・・でえ・・口利かなくなりましたね、ほとんど。

ドリアン助川:
中2ぐらいで。

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
ふうん、お父さんとは会話はあるんですか?

相談者:
まあちょっと。

ドリアン助川:
ちょっと?

相談者:
はい

ドリアン助川:
そのちょっとってどんな話すんの?

相談者:
たまに・・外食とかも、行く時あるんで。

ドリアン助川:
うん

相談者:
ま、何、食べるか?、とか。

ドリアン助川:
何食べるか?って話か。
これから人生どうしよう?とかそういう話にはなんないんだ?

相談者:
・・あー、たまに、僕から・・ちょっとそういう話をした事、も・・

ドリアン助川:
うんー

相談者:
ありますけど。
そんなに・・

ドリアン助川:
うん、そん時お父さんなんて言ってるの?

相談者:
まあ聞いてはくれ、る感じ・・

ドリアン助川:
うん。
「お前そろそろ家(うち)出てって、何とかしろよ」ってお父さん言わない?

相談者:
・・それは・・それはま・・言われてはないですね。

ドリアン助川:
言われてはいない?

相談者:
はい

ドリアン助川:
んー。
高校するまでは実家にいたんですか?

相談者:
・・そうですね。

ドリアン助川:
うん・・という事は、この1年、そのお父さん、と一緒に、暮して、引きこもっちゃってるという事?

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
はい。
で・・今日の、あなたの相談したい、この電話をして来た、の、根本の理由なんですけども、

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
どうしたいんですか?
引きこもりを、止めたいんですか?
なんか自分の生活を変えたいんですか?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
うんー

相談者:
今・・まあ・・ま好奇心とかも、ない、状態で。

ドリアン助川:
うん

相談者:
・・で大学とかも、行ってもないし。

ドリアン助川:
はい

相談者:
・・この、ま、この動けない・・状態・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
なんかこう・・ヒントみたいな、こう・・

ドリアン助川:
一歩踏み出す・・

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
何か具体的な方法を知りたいと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
そっかそっか。
じゃあ・・今日の回答者の先生紹介しますので一緒に考えて行きましょう。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、今日の先生は幼児教育研究の大原敬子先生です、よろしくお願いします。

相談者:
お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。