遅れて来た反抗期。息子46が連れて来たハデで嘘つきで態度がデカい留学生40歳


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大迫恵美子:
もしもし?

相談者:
はい、こんにちは

大迫恵美子:
あはい、こんにちは

相談者:
お願い致します。

大迫恵美子:
あ、はい。
・・えっとあの、ご主人は・・

相談者:
で・・はい

大迫恵美子:
あ、ご存命で一緒に、おす、お暮らしなんですね?

相談者:
あはい

大迫恵美子:
うん。す・・

相談者:
でも「終活終活」って、言いますけど、あの、終活う、まこれが一番の問題で、一番最初に(苦笑)片付けなきゃいけない問題だなと思います。

大迫恵美子:
うーん

相談者:
あの、次男との、関係を・・元通りに、戻したいなと思いまして。食事をして、え、ま、話を・・愉快に話がしたいなと思ってます。

大迫恵美子:
うーん、どうですかねえ。
もう手離し・・て、いい、年、じゃないですか?

相談者:
年です、そうですよねえ。

大迫恵美子:
ええ

相談者:
そう思ってますけど、この寂しさを、んー、なんとか方法ないかな?と思って(苦笑)

大迫恵美子:
うん。だからね、取り戻す事を考えない方がいいと思いますよ。

相談者:
あ・・そうですか。

大迫恵美子:
ええ、多分ね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
次男さんも、

相談者:
はい

大迫恵美子:
もうお母さんから離れなくちゃいけないんですよ。

相談者:
はい・・そうでしょうね・・

大迫恵美子:
ええ

相談者:
この年では。じゃ・・

大迫恵美子:
だって・・ね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
結婚、ま、それは・・あの傍から見て、例えば長男の方がね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
「反対だ」と言ったと。

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、それはた、大変困難な結婚だと思いますけど、

相談者:
はいー

大迫恵美子:
でも、まあね・・結婚するのは本人ですから。

相談者:
あはい・・はい、そうですね。

大迫恵美子:
ええ

相談者:
じゃ・・あのお・・んも、あの(苦笑)諦めて・・うーん、う、寂しさに、耐えてくより仕方ない・・ですね?

大迫恵美子:
え、それはね・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ホントはもう、とっくにやらなくちゃいけなかったんですよ。

相談者:
はあー

大迫恵美子:
次男の方が、例えば、20歳を、超えたぐらいのところでね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
とっくにやらなくちゃいけなかった事だと思いますよ。

相談者:
はあー・・じゃ、今から、あの、またメール出すとか・・訪ねるとか、とんでもない話なんですね?

大迫恵美子:
あのね・・

相談者:
一度行こうかなとは思ってますけど。

大迫恵美子:
うん。そういう事はね・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
要するに、あのお・・次男さんの、気持ちが変わらない限りは、

相談者:
はい

大迫恵美子:
え、結局、嫌われる原因になっちゃうだけなんですよ。

相談者:
あーー・・分かりました。じゃ・・

大迫恵美子:
・・あのお・・次男、さんはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
多分、この・・女性との結婚話の中で、

相談者:
はお

大迫恵美子:
・・あ、もう、お母さんとは、離れなきゃ駄目だと・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
いう事に、先に気付いちゃったんですよ。

相談者:
あーあー

大迫恵美子:
次男さんは、あ、お母さんと、いたら、自分の人生は、何か、お母さん、にね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
乗っ取られちゃうと。

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
いう事をね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのお、気付いちゃったんですよ。

相談者:
あー・・

大迫恵美子:
だからもうこの、女性と今付き合ってるか付き合ってないか、分かりませんけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
・・それはきっかけだったのでね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
うん、この問題で、一番、明らかになった事は・・次男さんと、あなたとの関係だったと思いますよ。

相談者:
あ、はい。分かりました。

大迫恵美子:
あの母親としての気持ちは分かりますので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、子ども、とお、の関係をね。

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、それは、大体みんな、その、子どもが反抗期、の時とかに、少しずつ親は、あの切り離されて・・諦めて行くんですけど、

相談者:
あはい

大迫恵美子:
ま、恐らくそんなに反抗もなかった、お子さんなんですかねえ?

相談者:
あ・・ありませんでしたね。

大迫恵美子:
うーん

相談者:
はい

大迫恵美子:
だからちょっとそのまま来ちゃいましたねえ。

相談者:
・・え、来ちゃいましたね、きっと。

大迫恵美子:
ええ

相談者:
先生の、おっしゃるように。

大迫恵美子:
だからそれはね、ま、お、次男さんの反抗期なんですよ、この・・結婚の話はね。

相談者:
はあー

大迫恵美子:
え、その時はホントに親は辛いですよね。

相談者:
辛いですね。

大迫恵美子:
うーん、あんなに可愛かったのに・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
急に、人が変わったように、自分の事をね・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ホントに、嫌いだという・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
もう形相で言うっていうのは、ま、自分も覚えがありますけど(苦笑)大変辛かったです、母親としては。

相談者:
ええ、ええ、辛いですね。

大迫恵美子:
ええ、でもそれをねえ、ま、ね、お年になってから、経験させられるのはホントにお気の毒だと思いますけど・・今、乗り越えないといけないと思いますよ。

相談者:
はーい、分かりました、じゃ、あの、何とか・・乗り切るように、努力いたします。

大迫恵美子:
でね・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
終活の問題は、

相談者:
はい

大迫恵美子:
全然一番は、次男の方の事じゃないですよ?

相談者:
あー、はい

大迫恵美子:
あの、お家にお住まいの方。

相談者:
はい

大迫恵美子:
そちらの(笑)方の方が、

相談者:
はい(笑)

大迫恵美子:
大切な問題ですよ。

相談者:
そうですね。

大迫恵美子:
うん。そりゃ分かります、その次男さんよりは可愛くないっていう事(笑)

相談者:
そう(笑)先生よくご存じで。

大迫恵美子:
(笑)

相談者:
ヒヒヒヒ(笑)

大迫恵美子:
でもしょうがないんですよ、一緒にずっと生きて来たんですから。

相談者:
イヒヒ(笑)そうですね。

大迫恵美子:
うーん。そして、ね、あちらも、やっぱり、生い先の事が見えて来てるわけですから。

相談者:
あはい

大迫恵美子:
それは、ま、可愛く、はなくても。同情はできるでしょう?

相談者:
あ、はい

大迫恵美子:
だから・・やっぱり、その人の事を考えて、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのお、それが、終活ですよ。

相談者:
あー、なるほど。

大迫恵美子:
ええ

相談者:
はーい

大迫恵美子:
そんな次男さんの人生にね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
入って行ってね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
恋々(れんれん)とするなんてホントに次男さんにとっては、あの、嫌な思い出だけ、残しちゃう事になりますから。

相談者:
あ、はい

大迫恵美子:
それだけは嫌でしょ?

相談者:
はい。そうですね。

大迫恵美子:
ええ、ですからちょっとね、も次男さん、がそうだと言うならば、

相談者:
はい

大迫恵美子:
次男さんがもっと年を取って、

相談者:
はい

大迫恵美子:
そして、まあなたももっと年を取って、

相談者:
はい

大迫恵美子:
で次男さんが、「あーお母さんも可哀想だな」って思った時に、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
戻って来てくれると思いますよ。

相談者:
あー・・それまでえ、連絡、取らない方がいいですね?、向こうから「来ないで下さい」って・・#$%◆

大迫恵美子:
も、そうなんですよ。だからね・・

相談者:
はい(苦笑)

大迫恵美子:
そんな、1ヵ月・・間開けたからもういいかな?みたいな感じでメール送るとね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
1ヵ月我慢した分が、全部無駄になってしまいますから(苦笑)

相談者:
あ、あー・・はい、分かりました。

大迫恵美子:
あのお、ほとぼりが冷めるまで・・もう・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
お母さんの方も、ぐっと気持ちを抑えて、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、あのお、お父さんの方に、

相談者:
はい

大迫恵美子:
気持ちを向けて、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのお、次男さんの事は自分の頭で考えるだけにしてお、おくと。

相談者:
はい

大迫恵美子:
いう事がま、最終的には解決に、向かってくんじゃないですか?

相談者:
あ・・そうですか。

大迫恵美子:
はい

相談者:
分かりました。じゃあの、う、そのように、いたします。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

柴田理恵:
わたしもちょっといいですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
うん、わたしも先生とおんなじ考え方です。

相談者:
あっ・・

柴田理恵:
やっぱりあのね、

相談者:
はい

柴田理恵:
連絡取ると、逆効果だと思います。

相談者:
あー・・

柴田理恵:
はい

相談者:
それが、わたしはあ・・愛情だと思ってたけど。

柴田理恵:
うん

相談者:
う、違いますね?

柴田理恵:
いや、ここ一つ我慢した方がいいと思います。

相談者:
はい

柴田理恵:
それでね?

相談者:
はい

柴田理恵:
もしも、何年か経って、

相談者:
はい

柴田理恵:
あー、あの女性の事も・・反対しなければ良かったな、よくよく考えてみたらば、

相談者:
ええ

柴田理恵:
自分の方がね、

相談者:
ええ

柴田理恵:
そのお、ただの拒否反応で、

相談者:
ええ

柴田理恵:
向こうも、その言葉の・・やり取りが上手く行かなくて、

相談者:
ええ

柴田理恵:
ただの誤解だったかもしれないし、

相談者:
ええええええ

柴田理恵:
そういう事が・・やっぱりわたし違ってたかもな、って・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
・・思われた時に、そこだけ謝るのはいいと思うんです。

相談者:
あはい

柴田理恵:
息子さんー、のためにも、

相談者:
はい

柴田理恵:
今我慢した方がいいんじゃないかなと・・息子さんも・・お母さんの事は忘れないと思いますよ。

相談者:
う、そうでしょうかねえ。

柴田理恵:
うん、そうですよ。

相談者:
なんか寂しくって、エヘヘ(苦笑)

柴田理恵:
うーん

相談者:
うん

柴田理恵:
それもよく分かるけど。

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、気持ちが、何とか、整理できました。

柴田理恵:
はい

相談者:
じゃ・・

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、そのように・・

柴田理恵:
はーい

相談者:
いたします。

柴田理恵:
はい、じゃお元気で。

相談者:
はい・・

柴田理恵:
失礼します。

相談者:
どうもありがとうございました。

柴田理恵:
はい

相談者:
はい

柴田理恵:
ありがとうございます、はい

相談者:
失礼いたします。

スポンサードリンク



「遅れて来た反抗期。息子46が連れて来たハデで嘘つきで態度がデカい留学生40歳」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。