父親の成年後見人の横領を疑う息子が弁護士の素朴な疑問にイミフな答え


テレフォン人生相談 2017年12月2日 土曜日

生き別れた父親が認知症との連絡あった。
成年後見人を就けることに同意し、その後他界。
財産が残っていると聞いて費用を負担して弔ったが、5ヶ月経っても遺産がもらえない。
一月前に成年後見人に問い合わせときには、あと数日で審判が下りると言っていたのに。
着服を疑う。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男41歳 妻46歳 長女10歳 次女8歳 母66歳 生後半年の時に音信不通になった父70歳が5ヵ月前に他界

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
・・今から5ヵ月ほど前に亡くなった、あの・・父の、相続の、あの、遺産の引き渡しの事について、なんですけども。

今井通子:
はい。あなたはおいくつですか?

相談者:
えー、41歳です。

今井通子:
41歳。ご家族は、奥さま、いらっしゃいますか?

相談者:
はい、えー、います。えー・・

今井通子:
よ・・

相談者:
46歳、です。

今井通子:
46歳。お子さんは?

相談者:
長女が、10歳。

今井通子:
ん10さ・・

相談者:
次女が、8歳です。

今井通子:
はい・・であなた自身あの・・ご兄弟いらっしゃる?

相談者:
・・えーと、いません。

今井通子:
・・ひとりっ子?

相談者:
ひとりっ子です。

今井通子:
なるほど。お母さまは、ご存命ですか?

相談者:
健在です。

今井通子:
おいくつ?

相談者:
ろく、じゅう・・6ですね。

今井通子:
66歳。

相談者:
はい

今井通子:
でお父さまななあ、え、5ヵ月前でしたっけ?亡くなった時はおいくつでした?

相談者:
えっと70歳です。

今井通子:
70歳・・これご病気?

相談者:
・・そうですね、あの病院で、亡くなったので。

今井通子:
あ、そうだったんですか。ご愁傷様でした。

相談者:
あ、はい

今井通子:
で・・「相続の問題」っておっしゃったんですが、

相談者:
・・ええ

今井通子:
え、まず、最・・

相談者:
あ・・あの、ですね、実はその父というのが、

今井通子:
うん

相談者:
あのお・・まあ・・わたしがあ、生まれて間もなく、半年ぐらいで・・音信不通になってまして、

今井通子:
・・はい

相談者:
で、あの1年程前え・・ですかね?、福祉事務所から、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、手紙が来まして、

今井通子:
はい

相談者:
そのお・・認知症と診断されたので、

今井通子:
はい

相談者:
後見人を、おー、就けたいのだが、あ、同意いただけますか?という・・手紙が来まして。

今井通子:
はい

相談者:
でえ・・一応わたしがそのお・・ま、それでどこにいるかが分かったわけですけども、まず・・あのお・・
「後見人はつけてもらっていいですよ」と。

今井通子:
はい

相談者:
ただあの、自分で申し立てると、ちょっと遠くの裁判所に行かなきゃいけないので、

今井通子:
ええ

相談者:
うん、それはちょっと、あの、「市長さんの、あの権限で」、あのお、「職権で」、あのお、う、「後見人の申し立てをしてください」という回答をしたんです。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
それで、あのお、その後、まず後見人さんが、就いたんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
結局う・・今から5ヵ月ほど前に、

今井通子:
はい

相談者:
まあ、その・・父が亡くなりまして、

今井通子:
はい

相談者:
でえ、亡くなってから5ヵ月経ってるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
いまだにそのお・・まあ、後見人さんからあ、そのお、遺産の引き渡しもなければ・・財産目録、い、いくらんなってんのか?っていうのも・・まったく、こう、具体的に分からない状態なんですね。

今井通子:
・・なるほど。

相談者:
・・んで・・いくら何でもこの、5ヵ月も掛かって・・こうなるのは、お、ね、おかしいんじゃないかなと。

今井通子:
その・・1年前でしたっけ?

相談者:
・・ええ

今井通子:
え、1年前に、その、ん、認知症になられたという連絡があった時・・

相談者:
え・・

今井通子:
お父さまは・・そこの、施設?・・えー、ですかね?

相談者:
あのお、なんか病気で、

今井通子:
うん

相談者:
なんか、とにかく倒れて救急搬送されて、

今井通子:
うん

相談者:
・・そこで入院した時に、認知症の診断が下ったようです。

今井通子:
・・あはい。そうするとその、入院したのは・・ん病院ですよね?

相談者:
・・そうですね、あの、入院、ええ、病院に入院しました。はい。

今井通子:
病院に入院して・・でに、認知症という風に言われた。

相談者:
はい。で・・あの結局なんか、あの、病院を、あの、行ったり来たりしたようです。
最初なんか・・その町の病院だったのが、

今井通子:
はい

相談者:
まあ・・酷くなって大学病院に行って、

今井通子:
はい

相談者:
また、び、町の病院に行ってって、なんか、2回か3回こう、行ったり来たりしたようでした。

今井通子:
・・なるほど。
お父さまの・・

相談者:
はい

今井通子:
こ、所在地って言うと変ですけど・・は(わ)ないわけね?

相談者:
・・ないというか、アパートで独り暮らししていた時に・・

今井通子:
あー・・はい

相談者:
倒れて、

今井通子:
はい

相談者:
病院に行って、

今井通子:
・・はい

相談者:
結局そのまま、2度と、あの、病院からは出て来なかった・・というか、そういうような、もう病院から出れないだろうて状態になったもんだから、後見人さんが・・

今井通子:
うん

相談者:
あのお、ま、家裁に、申し立ててアパートを引き払ったと。

今井通子:
うん

相談者:
・・いうようなことなので、もう・・結局あと救急車で運ばれて、ね、倒れて運ばれてから・・まあ、だ・・ん、まあ、病院を行ったり来たりは、しつつも・・ん、まあ、そのまま、亡くなったという。

今井通子:
ふうん

相談者:
・・でえ・・ま、わたしもあの・・ま・・後見人さんがついてから1回だけは、その、父とは面会したんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
まあ・・結局う、ね、物心ついた時にはまったく、音信不通だったので、

今井通子:
はい

相談者:
ね、父としての務めは果たさなかったあ・・ひ、人に対して・・
「わたしが身銭を切ってまで」・・「弔うつもりはないという・・」

今井通子:
うん

相談者:
ことを申し上げ・・て、

今井通子:
はい

相談者:
うん「ただ、彼に、若干のその、自分をこう、弔うだけの財産を残しているのであれば・・まあその範囲内で最低限の、まず・・無縁仏にならないような措置をする・・う、つもりではある」というこ、とを後見人さんに申し上げたところ・・まったくお金がないというような状況ではないので、

今井通子:
はい

相談者:
・・という話を聞いたので、まずは、あのお・・ま、遺骨を引き取り、まず、あのお・・ま、極々簡単な・・お葬式を挙げて、で・・わたしの地元の、納骨堂で、あの、え、ま、永代供養してもらえる、納骨堂に、え、納めるというような事はしたんですね。

今井通子:
・・で、後見人さんとは、その後の、ことについての話し合いはされたのですか?その時点で。

相談者:
・・えーと、結局、ま、後見人さんとの話では、そのお・・ま、後見人さんのそのお・・ま、報酬付与の審判を申し立て、申し立ててその、そ、報酬付与の審判が下って・・父の、遺産の口座から、そういった報酬を全部引き去った後で、引き継ぎをしましょうという・・

今井通子:

相談者:
話・・になっていたんですが、

今井通子:
はい、それはじゃ・・

相談者:
あのお・・

今井通子:
そのお・・あなたの、が、お父さまのご遺体を、引き取られた、段階で・・その、その時点ではその話をされてるわけね?

相談者:
ま、1ヵ月前、に、ちょっと後見人さんとは連絡したんですが・・えーとその、
「まだ、審判が下りてない」と。

今井通子:
・・はい

相談者:
いう事だったので。んでえ・・
「ただ、同じ、日に申し立てたもう一件のものは、下りてるから」

今井通子:
はい

相談者:
「あの、審判が下りてるから、もう、もう数日で下りるでしょう」って言われたんですが、それから、まあ、約1ヵ月・・うー何の連絡もないと。

今井通子:
うん

相談者:
で、いくらなんだって・・おかしいんじゃないかなと。

今井通子:
はい

相談者:
で更に言うとお、裁判所に対しては、なんか、そのお・・ちゃんと後見、の事務は終了しましたという届け出え、も出してるし、財産の状況とかも、なんか報告は・・しているようなのですが。わたしはそれを、まったく、中身を知らない状況にあると。

今井通子:
なるほど・・そうすると、今日のご質問は何でしょう?

相談者:
・・ま、要するに、こんなに時間が掛かる事があるのか?という・・ことと、要するにもう、相続人はわたししかいないので(苦笑)

今井通子:
ええ

相談者:
そんなもん、あと・・機械的に、んー、ね?、渡しゃいい、渡してもらえばいいじゃないかって思うんですけど。
こんなに時間掛かるのはおかしいと思うし、まず、あのお・・今後の対処として、ま、ただ・・ただ単にその・・裁判所の都合で審判が出るのが遅くなって・・っていう事であればいいんですけども。
ん万が一・・後見人・・さん、の方で、こう・・ちょっと良からぬような、動きがあったりする、場合、どう対処したらいいかがちょっと、分からないもんで、それで、えー電話した次第です。

今井通子:
なるほど。
あのお、先程ちらっとあの・・
「相続人は、自分しかいない」っておっしゃったんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
お母さまご存命ですが、離婚してらっしゃんの?

相談者:
ええ離婚してます。戸籍を見てみたら・・

今井通子:
うん

相談者:
離婚、は協議離婚ていう風になってて、しかもそれがわたしが小学校に入る前後あたりだったんですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
まあ、母親が・・け・・

今井通子:
あ、でも、離婚はしてらしたのね?

相談者:
ん、そうです、はい

今井通子:
分かりました。今日はですね、弁護士の坂井眞先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


父親の成年後見人の横領を疑う息子が弁護士の素朴な疑問にイミフな答え」への1件のフィードバック

  1. 話し方が天然でアレだな~で始まり
    内容は面白そう
    と。思いきや
    やはりいつものグダグダ相談
    この手の人には
    証拠は曖昧だけど犯人だと騒いでしまう
    怖さ恐ろしさがあるな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。