性質の異なる二つの悲劇を混在して訴える女に容赦ない今日の格言


スポンサードリンク

マドモアゼル愛:
はい、ど・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
はい、どうもこんにちは

相談者:
・・こんにちは

マドモアゼル愛:
(咳払い)はい、どうもよく、ね、お電話して、くださいました、ありがとうございました。

相談者:
いいえ、ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
うん、そいでね・・お話を聞いていてえ・・こういう事かな?と思うんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、あの・・事件が出遭うまでは、ま、何も人生に疑問も感じなく・・ま、生きて来て、いて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいでえ、ま、結婚もして・・子どもも生まれて、そいで、思わぬ悲劇が、襲って、も、混乱しちゃった、わけだよね?やっぱりね?
そいで・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そこから、でも、このままでは、ダメだと。
どっかでやっぱり立ち直って・・生きて行かねばと、いう・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
真面目だから、やっぱりそう、あなたは思ったと思うのね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そ、その時に・・これまでは、母親との関係を・・特別に、おかしなものだとは、うー、意識もしていなかったし、思っていなかったけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その、存在が、立ち直る際の・・勇気にも、力付けにも・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
逆になっていないっていう・・そこに、自分の元気が出ない・・原因が・・基本的に母親との、間に、あったって事に、気付いてしまったわけだよね?

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
ん、絶望感だよね?ま、一種のね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
を感じてしまって今・・とても孤独、な・・

相談者:
そうです・・

マドモアゼル愛:
気持でいるわけだよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
きっと。

相談者:
なんかお「お前だ」・・「あなた」・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「あんただけが辛いだけじゃない」とか・・
なんかイタズラしたりい、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ちょっと、わんぱくなあ・・息子を見て、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「わたしはあ」・・
あなたって、わたしですけど、
「わたしもお兄ちゃんを育てたけど」

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「こんな・・イタズラしたりとかあ・・」なんか・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「癇癪(かんしゃく)起こしたりする子どもを育てた事がないからあ」(泣)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
(しゃくりあげて)「どうやって育てたら・・」

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
「こんな子になるんだろうね」って(泣き)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
同居してる時、ホント毎日のように言われて(泣き)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
わたしはあ(泣き)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
こうやって被害に遭ってからあ(泣き)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
(しゃくりあげて)被害にあった母親に育てられてるからあ・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
この子、こういう子になっちゃったのかなって(泣き)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
自分を凄い責めたりとかあ(泣き)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
辛かったです、同居してる時はホントに(泣き)

マドモアゼル愛:
ね・・うーん、もう、あなたの中では・・そのおかげで、って言っちゃ変だけ決別したわけだよね?もう。
これは、母と居ては、一緒に居ちゃいけないっていう風に、自分が強くなるためには、

相談者:
(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
この、お母さんとの関係は、断ち切った方がいいって決断まず、次したわけだよね?そいで。

相談者:
息子のために・・(泣き)

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
わたしは、前の家族の捨て、捨てて・・(泣き)

マドモアゼル愛:
捨てると思う・・思ったって事だよね?今・・

相談者:
捨てると思いました(泣き)。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
前の、か、家族・・(泣き)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
を捨てて(泣き)、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
今わたしが作ってかなきゃいけない・・(泣き)

マドモアゼル愛:
なるほどね。

相談者:
家族を守らなきゃと(泣き)。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい、はい(泣き)

マドモアゼル愛:
そいで、だ、今、凄い辛いたち、時だよね?だからそういう意味じゃ。

相談者:
はい(泣き)

マドモアゼル愛:
そうなると、旦那さんが、やっぱり、支えてくれなくちゃいけない・・ことになると思うんだけども。

相談者:
は・・はい

マドモアゼル愛:
その、旦那さんに対しては、この・・事件以降あなたが、事実を・・苦しい中から立ち直って行こうと思う・・力付けになってくれてるのかしら?今。

相談者:
(鼻をすする)#$%◆主人は・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
まず事件の時にもお・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ホントに、あの、離れ離れになっちゃいましたけど、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
毎週末ちゃんと来てくれて、

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
その、変わらない態度で、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
変わらない愛情をわたしにくれましたし、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
は、母と?

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
こういう風になって、も、連絡取らないって決めた時にも・・

マドモアゼル愛:
う、うん

相談者:
主人が・・ずっと、頑張って来てたの見てたから(泣き)

マドモアゼル愛:
あ、そう、うん

相談者:
(しゃくりあげ)

マドモアゼル愛:
じゃ・・

相談者:
「もういいよ」って・・

マドモアゼル愛:
旦那さまは良かったね。信頼できる人だよね?今でもあなたにとってはね。

相談者:
そうですね、ほんとに(泣き)。

マドモアゼル愛:
ていう事だよね?
そいで、でも、スタートとしては、苦しいけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
おかしくはないよね?このスタートはね?・・とってもね。

相談者:
・・大丈夫ですか?

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
おかしくないですか?(泣き)

マドモアゼル愛:
うん全然おかしくない。

相談者:
はい(泣き)

マドモアゼル愛:
だから・・何か、自分が今、こういう決意した事お、に対する同意とか、理解を・・もらいたかったっていう・・

相談者:
そうですね#$%◆

マドモアゼル愛:
ことだよね?

相談者:
はい、わたしが間違ってないって・・(鼻をすする)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
誰かに言って欲しくて(泣き)。

マドモアゼル愛:
うん、ね・・

相談者:
(泣き)

マドモアゼル愛:
僕は、間違ってないし・・

相談者:
(泣き)

マドモアゼル愛:
あの、ただ今凄く・・あのナーバスになってるから、あなたの事がちょっと心配だけれども、

相談者:
はい(泣き)

マドモアゼル愛:
あのお・・方向とし、してはね?、苦しい中で、また苦しい中でしか、気付けなかった・・ではあるけれどもね、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
立派だなっていう思いは・・僕は持ってますね。

相談者:
(泣き)はい、はい、ど、はい

マドモアゼル愛:
ま、僕からは、そんな・・あー月並みな事しか言えないですけども、

相談者:
いや、ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
あの、今の視点に立ってね、また加藤先生、からちょっとお話伺ってみると、また・・

相談者:
はい、お願いします。

マドモアゼル愛:
あの、はい、はい

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あのホントに優しい・・あの言葉いただいて、

相談者:
はい

加藤諦三:
僕もあの・・あなたの選択は間違っていないと思いますよ。

相談者:
(鼻をすする)はい

加藤諦三:
これはもう、別れるためのいい機会ですよ。

相談者:
・・うん、なんか・・

加藤諦三:
ですから・・今のあなたの・・

相談者:
うん

加藤諦三:
夫と、この4歳の子どもの方を選ぶというのは・・間違いないと思います。

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、断ち切るんだったらハッキリ断ち切った方がいいですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ん、断念ていうのは、も絶対に人生に必要な事なんです。
あっ、自分の母親こういう母親だった。
この断念って物凄い辛いですけれども、

相談者:
もーう(しゃくりあげ)はい

加藤諦三:
どんな辛くても、この断念をしない限り、先は拓けないんです。

相談者:
(鼻をすする)はい(泣き)うーん、はい

加藤諦三:
今一番危険なのは・・

相談者:
(鼻をすする)はい

加藤諦三:
人に同情を求める事なんですよ。

相談者:
はあ、そうですね、はい

加藤諦三:
人に同情を求め出すと、期待するだけの同情は人から来ないですから。

相談者:
(鼻をすする)はい

加藤諦三:
今度は人を恨み出すの。

相談者:
うーんー、はい(鼻をすする)

加藤諦三:
だから・・必要なのは、断念なんです。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
同情じゃないんです。

相談者:
・・うん

加藤諦三:
この覚悟が決まれば・・必ず道は開けると思います。

相談者:
はい

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい。すいません失礼いたします。

加藤諦三:
自己憐憫(れんびん)には、救いがありません。

スポンサードリンク



「性質の異なる二つの悲劇を混在して訴える女に容赦ない今日の格言」への1件のフィードバック

  1. アナキン・スカイウォーカー
    最強最高位のジェダイマスターとなれたはずの男である
    珍しい。この状況で”恨み”とならず
    それでも戦っている稀な相談者じゃないのかな?
    捨てるほかなし、捨てさるのみ
    怒り、後悔、己自身すべて程よく捨てるべし
    死ぬほどの怒り
    死ぬほどの後悔や悔しさ
    どうしようもない卑しい欲
    皆ある、いつか起きる
    外から来たようで実は内から出た炎は
    いつのまにやら身を滅ぼし
    しばらくすると何かを恨む
    ゆ・る(し」)・せ・ま・せ・ん
    恨み辛み、極まった連中だらけの人生相談で
    相談者が踏みとどまれるのは
    子供を持った若い親だからだろうね
    加藤先生の「人を恨みだす」の言葉が伝わるといいな
    ダークサイドに落ちると戻ってこれなくなるぞ!
    フォースと共にあらんことを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。