高校から複数とホテル通いの娘二十歳が出所したハーフとのつきあいをやめない


スポンサードリンク

(回答者に交代)

塩谷崇之:
はいこんにちは

相談者:
こんにちは、よろしくお願いします。

塩谷崇之:
はい。えー今ひと通りお話を聞かせていただきました。

相談者:
はい

塩谷崇之:
それで、ま色んな問題があるみたいなんですけどね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
・・そもそもあなた・・うーお嬢さんの、事が、なんか凄く嫌いなんですか?

相談者:
・・

塩谷崇之:
なんかね・・凄く、そういう感じを受けるんだけれども。なんかこう憎しみに、満ち溢れてるというか。

相談者:
・・うーん、ていうか、娘の行動が、

塩谷崇之:
うん

相談者:
あのお、あまりにもお、ちょっと・・普通の、お子さんよ、よりもかけ離れてるので・・あ、あまりにもホントに男関係が・・だらしないので、

塩谷崇之:
うん

相談者:
あのお・・やっぱり嫌悪感を感じてますね。

塩谷崇之:
あなた自身の嫌悪感、なんですかね?

相談者:
娘に対して。

塩谷崇之:
うーん・・
なんかね?、そのお・・まこういう言い方すると失礼かもしれないけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
なんかこ、母親としての、愛情みたいなのが全然感じられないんですよね。

相談者:
・・うーん

塩谷崇之:
うーん、なんか凄く、こうもう、も、嫌だと。
娘が嫌だと。
或いはその娘の、生活う、態度がもう、我慢ならないと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
・・で・・ま、よくそういうご相談ってあるんですけれどもね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あのお、ただそれは、こう、娘・・お嬢さんがね?、あのお・・お嬢さんに対する、こう、愛情、でね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーなんとかその、娘を立派な、あー、大人に・・まで育てたいとかね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー・・娘に幸せになって欲しいとか、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういうー、ことでね?、あのお・・そういう事おっしゃる方っていうのは、ま、よくいらっしゃるんですけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
何かこうあなたの、価値観に押し込めよう押し込めようとするけれども、それが・・えーお嬢さんがその、あなたの価値観のところに入って来ないんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それで、それを、ま、おじょ、その怒りをお嬢さんに対しぶつけ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えーそしてその、交際相手の男性に対してぶつけ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
なんかそこに全然その、母親としての愛情みたいなものが全然なくてね?

相談者:
・・

塩谷崇之:
なんかそのほんとに、もう嫌いとか憎らしいとかいうようなそういう、感情しか伝わって来ないんですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
でもそういう事だと・・多分・・お嬢さん、この状態から・・抜け出すことってないと思いますよ。
ないと、ないと思うって事ないな、あの・・うーん、何年かすればそういう、う、抜け出す事になるのかもしれないけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたがいくらその押し込めよう押し込めよう・・或いはそのお、あなたの嫌いな物を排除しよう排除しようとしても・・あなたの好き嫌いで、そういう・・風に、子どもに対して接してもね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お子さんは・・それに対しては、ま、反発するだけですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
・・うーん、だから
「どうすればいいでしょうか?」と、いう・・ご質問に対してはあ・・もう、あの、放っておけばいいんじゃないん、ですかね?、わたしはそういう風に、しか、答えられないんですけれども。

相談者:
あ、そうですか。

塩谷崇之:
うーん、あの、ま、何か言うとね、
「出てけばいいんでしょ?」って風に、言うんであればね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
うん、だったら、あのじゃ、あの・・
「出て行けば?」と。
「出て行ってあなたの好きなように過ごしなさい」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
「ま、どういう男性と付き合おうが」

相談者:
はい

塩谷崇之:
「別にお母さんとしては、あなたが、」そのま・・えー、「ホントにこ、人の道に外れた事さえしなければね」

相談者:
はい

塩谷崇之:
「ま、あなたの好きなようにやってみなさい」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
「で、何か困ったら、頼って・・来なさい」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
・・いうぐらいにね、こう、もう一旦、放り出してみたらどうなんですかね?

相談者:
・・そうですね。

塩谷崇之:
うん、ま、男関係にだらしないって、確かに親としては心配い、だとは思いますよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
でも、今あの、あなたの状態ってその心配だというの通り越して・・ホントにこう、ん、なんかお嬢さんをもう毛嫌いしてるような(苦笑)

相談者:
ええ

塩谷崇之:
そういう風に聞こえちゃうんですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
わたしがそういう風に聞こえてしまうんだからお嬢さんもっとそれを感じてるんだと思いますよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
「お母さんはわたしの事が嫌いだ」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
でそういう状態であなたが・・ね?、
お母さんの価値観、に、従いなさいと・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
いう風に言ったって、それは・・お嬢さんに響かないですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
うーん・・

相談者:
もう少しわたしが、娘に対してあれですか?・・優しく・・優しい対応をしてあ、あ、あげた方がよろしいわけですか?

塩谷崇之:
優しくなくてもいいと思いますよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
いや厳しくても、いいんだとは思いますけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたの好き嫌いで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
お嬢さんを押し込めようとしちゃ、やっぱ駄目だと思いますよ。

相談者:
・・分かりました。

塩谷崇之:
うん。だから、そこはね、あのお、ま・・二十歳っていうのはね、あの、あなたから見るとホントにまだまだ子どもと思うかもしれないけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
他方でやはり、こう、大人の世界に入って、来ているわけですから、

相談者:
はい

塩谷崇之:
・・えー・・優しくするんじゃなくて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
突き放してもいいですから、

相談者:
はい

塩谷崇之:
でも、お嬢さんが・・助けを求めた時には、
「自分は、あ助けてあげるよ」っていうようなそういう・・そういう何ていうんでしょうかね、愛情の示し方っていうのが、あるんじゃないかと思うんですよね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
だからその辺りをね、考えてみていただくとお・・お嬢さんとの関係もちょっと変わって来るんじゃないかなとは思うんですけれども。

相談者:
あ、そうですか。

塩谷崇之:
はい

相談者:
分かりました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

相談者:
はい

今井通子:
はい・・それでは・・

相談者:
ありがとうございました。

今井通子:
はい、どうもお・・

相談者:
はい

今井通子:
失礼しまーす。

相談者:
はい、失礼しまーす。

スポンサードリンク



「高校から複数とホテル通いの娘二十歳が出所したハーフとのつきあいをやめない」への1件のフィードバック

  1. 本題のみならず、何もかもが上手くいっていないのだろう
    依存して生きてきたツケ
    大切なやるべきことを先送りにしてきた結果
    もう、どうしようもないくらい”面倒くさがり”が素に出ている
    だいたいこんなケースだと夫婦も似る
    旦那さんはパチンコばかり行ってませんか?
    たぶん、推測ですが
    この人の作る料理の愛のなさたるや・・
    ゆえに子供もさもありなん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。