国際結婚夫婦の20年。堪えられない異文化が夫の人前での裸踊りの今さら


テレフォン人生相談 2017年12月6日 水曜日

20歳の時に来日結婚したが、夫が宴会で裸になったり、自分を蔑(さげす)んだりする発言に困惑している。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女43歳 夫47歳 長女13歳 次女9歳

今日の一言: どのような状況で言われたかによって、言葉の意味は違って来ます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし・・

加藤諦三:
は、はい

相談者:
こんにちは

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。最初に・・

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
年齢教えてください。

相談者:
えー、43歳です。

加藤諦三:
43歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
えーと47歳です。

加藤諦三:
47歳、お子さんは?

相談者:
13歳、女の子と・・

加藤諦三:
はい

相談者:
9歳の女の子です。

加藤諦三:
はい、分かりました。それで、どんな相談ですか?

相談者:
えっとお・・夫の、言葉の暴力を・・受けてるんだけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
本人が・・
「そんなつもりないですよ」って、そのお・・ことに対してえ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
今、悩んでます。

加藤諦三:
はい。その言葉の暴力っていうのは、あの、具体的に言うと例えば、どんな?

相談者:
例えば・・

加藤諦三:
はい

相談者:
お仕事中で、お客さんと・・打ち合わせする時あるんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、わたしはあ、仕事お・・完全に分かってるんだけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんかお客さんの前で、
「分かる?・・こうこうこうだよ」って言われてえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、実際はあ・・お客さんいない時はあ・・えっとお、そういう事一切言わないんです。

加藤諦三:
ああ、はあ、はあ、そうすると、営業してる時、まあ、なたとご主人と一緒にいるわけですね?

相談者:
・・そうです。

加藤諦三:
で、お客さんがいる。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、そのご主人からあなたに「分かる?」・・って聞かれると、それが物凄くあなたには堪えるわけですね?

相談者:
そうですね。
実際は、

加藤諦三:
ええ

相談者:
いない時は、同じ状況でも、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「こうこうこうって分かる?」って、聞かないんですよ。

加藤諦三:
あー、ん

相談者:
でえ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
お客さんいるとお・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
営業マンいる時は、

加藤諦三:
ええ

相談者:
言われちゃうんですよ。

加藤諦三:
はい・・はい

相談者:
はい。
でえ、実は・・わたし、二十歳に日本に来たんですよ。
それで、やっぱ、言葉のお・・壁が結構あったんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、ここまで、もう23年間で、頑張ったけど、

加藤諦三:
うんー

相談者:
分かってるのに、

加藤諦三:
うん

相談者:
わざわざまた聞くのは、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと馬鹿にされてんの、気分なんですよ。

加藤諦三:
うーん。分かりました、そしてその、まず「言葉の暴力」って言った時、一番前に出て来たの、その「分かる?」っていうあれだけど、その他に、ん、どういう事があります?

相談者:
その他は、

加藤諦三:
うん

相談者:
この前、旦那が飲み会があって、

加藤諦三:
うん

相談者:
でえ・・すごく調子乗っちゃって、裸になっちゃったみたいんですよ。

加藤諦三:
うん

相談者:
それで・・帰って来て、喜んで、たんですよ。

加藤諦三:
うん

相談者:
でも、聞く方が、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分の旦那、そんなに・・大勢の前で裸になって・・

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか・・怒りたい気持ちが治まんなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
だからそれは、その言葉の暴力と、これとお、結局全部重ねちゃって、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分が前が向けれなくて。
毎日は、元気じゃなくて。

加藤諦三:
うーん、ん・・

相談者:
で、どうやったら・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
自分が前に向けれるかな?と思ってて。

加藤諦三:
うーん・・ああ・・そのお、あなたの・・こ日本に来る前ね?、なんか、人前で裸になることが、で、非常に屈辱が・・を感じるというような、そういう・・ぶん、文化というか、あ、あなた自身・・

相談者:
あまり・・

加藤諦三:
あ・・

相談者:
あり得ない事なんですけど。

加藤諦三:
あ・・あり得ない事だったわけね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はいはいはいはい・・あなたにとっては耐え難い屈辱感なわけね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、これはあ、よく、そのあなたの中では分かるわけですね?、その分かるって例えば、言った時ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
「分かる?」っいう言葉あ、は、同じだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
馬鹿にする時に言う事もあれば・・

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
相手に対する親切、愛情から言うっていう事もあるって、そこら辺は分かる?

相談者:
そこら辺は分かります。

加藤諦三:
そいで・・あなたが、日本に来る前に・・人間関係の中で、

相談者:
はい

加藤諦三:
凄い屈辱感っていうものを味わったって事はあります?

相談者:
・・ありました。

加藤諦三:
例えばどんな事?

相談者:
えっと、自分は・・向こうにいた時の・・

加藤諦三:
うん

相談者:
彼氏がいるんですよ。
その彼氏が、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分の、親友が、

加藤諦三:
うん

相談者:
奪われた。

加藤諦三:
あー・・という事は、屈辱と言うより、こう人が信じられなくなってるわけね?

相談者:
・・まあ、それえ・・から、ずっとあまり、人に信用するのは・・あんまり、できない・・ま、でも、やっぱ家族としては・・ちょっと信頼関係が、必要かなと思ってて、ちゃんと言ってるけど。
旦那が、
「俺、そんな気持ちない」って言ってるんですよ。

加藤諦三:
うーん、なるほどね。
つまり・・家族が信じられれば、生きて行かれると。

相談者:
・・

加藤諦三:
だけどその家族・・の中で、今・・あなたが言ってるような・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお・・あなたの言葉で言うと言葉の暴力ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・それが・・一つが原因じゃなくて恐らく色んーな事が原因になってるんだと思いますよ。

相談者:
そうですね・・(涙声)

加藤諦三:
んええ、その言葉の暴力以外に夫との関係。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
もう、色ーんな事がたくさんあって・・
「言葉の暴力で、苦しんでます」て言うよりも・・
「もうわたしどうしていいか分からない、助けてえ」っていうような・・ことなのかな?

相談者:
(鼻をすする)そうですね、はい(泣き)

加藤諦三:
はい。分かりました。今日はあのお・・スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。