国際結婚夫婦の20年。堪えられない異文化が夫の人前での裸踊りの今さら


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
よろしくお願いし、こんにちは(鼻をすする)

大原敬子:
まず、

相談者:
はい

大原敬子:
言葉、ってのはね?、とかくわたし達も間違うんですけども・・第三者が入った場合に・・一つの言葉がどう動くか?って事です。

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
その時に自分たちが、どう考えるか?ってあるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
まず一つは、
「ね、君そうだよね?」って、相手に相づちを求める。
それから、
「いやあ、そうかもしれない」って、
「君はどう思う?」って補助を求める、求める時もあるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
今回のこのご主人さまは・・直接言えない事を・・言ったら角が立つ事を、あなたに、
「君分かる?」「どう思う?」っていうことによって・・一つ、間接的に、あなたのところに、言葉を、運んで・・営業#$%◆に、知らせるってのはあるんですね。

相談者:
・・はい

大原敬子:
これよくやるんです。
営業の方に、
「君は、あれをやってないよね?」って言ってしまったら、角が立つでしょ?

相談者:
・・はい

大原敬子:
その時は妻に、
「君あれやった?」って、「駄目だよちゃんとしなくちゃね」ってね、結構、その自分の一番信じる人に・・キツい言葉を言う事によって、相手に気付かせるってのがあるんです。

相談者:
・・(鼻をすする)はい

大原敬子:
これが言葉なんです。

相談者:
はい

大原敬子:
ですから、とても繊細で・・仕事のできる方だとわたしは思いました。

相談者:
はい

大原敬子:
次に、裸踊りです。

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
これ二つあって。
あなたの中にですね・・聞くに堪えないって感情は・・優しさであればですよ?
「夫、馬鹿みたいにそうやって可哀想だわ」と思う。
もう一つは・・そこまで他人にサービスするならば、なぜわたしにしてくれないの?って怒りもあるんです。
ですからあなたが、どっちかが分からないんです。

相談者:
(鼻をすする)両方あります。

大原敬子:
でしょう?

相談者:
はい

大原敬子:
ほらこんなに違うんですよ。言葉って。

相談者:
そうですね。

大原敬子:
表面的な言葉を求めていると。

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
心の言葉を、忘れてしまうんですよ。

相談者:
・・はい

大原敬子:
で、「なんか知らないけど、わたしに、しっくり来ない言葉をあの人は言う」ってなってしまうんですね。

相談者:
・・はい

大原敬子:
そうすっと不満になって、わたしを馬鹿にしてるとかね?

相談者:
・・はい

大原敬子:
そうなってしまうんです。
つまり、今日の相談は、
「わたしの方にもっと目を向いて」、「構って」っていう事が、まず、その感情が先に走ってるんです。

相談者:
・・そういう気持ちあります。はい

大原敬子:
そうすっとね?、わたしは今日の、二つの話を聞いた時に、あ、全部、被害者意識で・・
「こうして馬鹿にするんだから」
「こうして暴言するんだから」ってふに、どんどん作って行くと・・ご主人さまはあなたと、お話し合いしなくなるんですよ、段々。
無口になります。

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
すとあなたは、「とうとうここまで」・・「夫はわたしに、話してくれなくなる」ってあなたは思っちゃうんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
それがどんどん、どんどん・・広がって、
「主人とはもう話ができません」になるんだけれども。
元々は、自分が夫を好きだ、夫を求めてるって、まず自分の、土俵を?・・しっかりと理解する事なんですよ。

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
で、一番あなたに言うのは・・営業が来てるところであなたを同席させたところに、あなたの位置はあるんですよ。

相談者:
・・(鼻をすする)

大原敬子:
一番彼にとってはあなたを、信頼する妻だと思ってますよ。

相談者:
(泣き)そう言えばそうかもしれないけど。

大原敬子:
絶対そうですよお。

相談者:
(鼻をすする)#$%◆

大原敬子:
ん?

相談者:
自分の気持ちが、

大原敬子:
あ、自分の・・

相談者:
なかなか、前向けなくて(泣き)

大原敬子:
じゃ、教えましょうか?

相談者:
はい(泣き)

大原敬子:
今その泣いてる涙。
「わたしを好きになってえ」って言ってるんです。
「わたしは努力しているの」、「こんなに努力してるの」
「でも主人はわかってくれない」っていう叫びなんですよ。

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
ね?

相談者:
(泣き)

大原敬子:
だけど、分かってくれないと思うぐらいに、好きになったあなたは・・言葉でいいから、ご主人さまに、
「君、苦労したよね」って、
「ありがとね」っていう言葉をくれたならば、

相談者:
(泣き)

大原敬子:
どんなに楽でしょうっていう、その言葉が欲しいんじゃないの?

相談者:
はい(泣き)

大原敬子:
簡単。
あなたの場合には、自分で・・ご主人さまで、前で・・思いっきり、涙を流すこと。
それが、ご主人さま一番、
「なんだ、そんな思い、したのか」って事が、分かるご主人さまです。

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
なぜならば・・

相談者:
もう何回も、

大原敬子:
ん?

相談者:
もう何回も泣いちゃってる(泣き)

大原敬子:
それは愚痴でしょ?

相談者:
もう毎日・・(泣き)

大原敬子:
あ、愚痴は逃げますよ。

相談者:
・・はい

大原敬子:
幸せだって泣くんです、人間は。
人間がハッと気付くのは・・あなたにこうしてこうしてって泣かれた時には・・重たいって思うんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
誰が見ても、ほんとに幸せかどうか?分かりませんね。いじらしさってのが人の心を動かすんです。

相談者:
・・

大原敬子:
責めるんではなくって。

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
甘えるって事はいじらしさです。

相談者:
・・

大原敬子:
いじらしさは何かっていうと・・
「もうパパとこうしてお酒飲める、これだけで幸せ」って・・泣くんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
とご主人さまは、
「え?・・こんなんで幸せであるわけないな」って。
考えさせる愛ってあるんですよ。

相談者:
・・

大原敬子:
今までのあなたが、泣いたのは・・泣きを売ってるんじゃないですか?

相談者:
はい

大原敬子:
泣きの売りは・・女のわたしでも買わない。

相談者:
・・はい

大原敬子:
でも・・
「なんかしら、この小さな幸せが、ずーっとできればいいなと思ったら急に悲しくなって」って、嘘も方便です。
言・・った時に・・
「え?」って思うんですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
こんなちいちゃな事で、こんなに泣いてくれるんだって。
・・その時に愛おしさが出るんです。

相談者:
はい

大原敬子:
ね?・・あなたが流したこの涙は、ご主人さまはほんっとに好きです。

相談者:
・・

大原敬子:
その、涙を信じて、自分の心を。

相談者:
・・はい

大原敬子:
迷わずに・・送っていただきたいと思いますけども。加藤先生に伺ってみますね?、先生・・

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
もしもし?あのお・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・二十歳の、時、日本に来てね。文化の違いの中でね?

相談者:
はい

加藤諦三:
本当お、に、この事分かってくれっていう、本当の心からの理解が中々できない、かったっていう体験が多いんじゃない?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
だから、ご主人もコミュニケーション、が、あまり、ん、上手じゃないけれども・・あのお、あなた達ほど、コミュニケーションを必要としてる・・カップルも少ないんですよね。

相談者:
・・(鼻をすする)そう思います。

加藤諦三:
ちが・・うん

相談者:
はい

加藤諦三:
違った文化のとこで育ってるからあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
同じ言葉とか、同じ仕草とか、同じ行動が、も、こ、今回も場合は裸踊りだけれども。
・・同じ事が全く違った意味を持っちゃうんですよ。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
あの、夫婦じゃなくて、恋人ど、同士でもあるんですよ。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
僕の知ってる例で言うと・・恋人の顔を見てね、

相談者:
・・はい

加藤諦三:
「お前、ブスだなあ」って言って。
そこで本当の信頼関係がお互いの中にできたっていうの。
本当の事が言える関係っていうのが、本当の信頼関係なんですよ。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
・・だけど・・なんか今、あなた・・あんまり周り、し、信じられなくなってんじゃないのかな?、辛くて。

相談者:
・・そうですね、自分一生懸命頑張ってるのことに対して、

加藤諦三:
うん

相談者:
(鼻をすする)あまり旦那とお・・

加藤諦三:
うん

相談者:
旦那の両親とかあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
(鼻をすする)あまり分かってくれなくて、

加藤諦三:
分かってくれないと思います。

相談者:
自分を、こんな頑張ってるのに、

加藤諦三:
うん

相談者:
(鼻をすする)誰も見てないって・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと悔しい。

加藤諦三:
悔しいよね。

相談者:
悔しい・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
(鼻をすする)

加藤諦三:
でこんなに、頑張ってんのに・・分かってもらえないっていう虚しさだよね?

相談者:
・・そうですね。(鼻をすする)

加藤諦三:
だけども・・本当の事を言い合って・・ぶつかり合ったら・・本当の信頼関係っていうのはできますよ。

相談者:
分かりました(涙声)

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに前向きになれないっていうのはね・・あなたが今、本当の自分でなく生きているからなんです。

相談者:
分かりました。

加藤諦三:
23年間、外国に来て・・これから素晴らしい人生が、開けると思います。

相談者:
はい、ありがとうございます。失礼します。

加藤諦三:
どのような状況で言われたかによって、言葉の意味は違って来ます。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。