今なら分かるハズ。ヒドすぎる姑の影で見えなかった被害者ぶった夫の本当の姿


テレフォン人生相談 2017年12月12日 火曜日

病気で子供が産めない身体になり余命宣告された。姑から「跡取りを産めない嫁に用はない」と離婚させられた。未成年の娘もいる中、元夫とのつながりに希望を見出そうとするのだが・・

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女40歳 離婚した元夫42歳 長女12歳 次女6歳

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもし? テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし

柴田理恵:
はい。今日はどんなご相談ですか?

相談者:
あの、今、シングルマザーとして、

柴田理恵;
うん

相談者:
二人の娘を育てているんですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・えと、自分ん、が、ちょっと病気を・・あの、抱えてまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
二人の娘え・・の、この先を考えると・・

柴田理恵:
うん

相談者:
・・不安ということと、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・別れ方が別れ方だったので、

柴田理恵:
はあ

相談者:
娘え、達は、あの、父親が突然、ある日いなくなったという・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、時から、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、全く、声も聞けない状態なので、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・でも、この先考えると、

柴田理恵:
うん

相談者:
自分ん・・は、あまり長くない命という風に・・(震えた声)

柴田理恵:
うん

相談者:
言われてる状態なので、

柴田理恵:
うん

相談者:
実の、ち、父親あ、と・・できたら、あの、連絡を取ってあげたいし、

柴田理恵:
うーん

相談者:
・・ただ、姑・・の方が、「そういうのをしてくれるな」という風に言っているので、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・「離婚を」・・「しなさい」と言ったのも、姑で、

柴田理恵:
姑なんですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
あ、えっと、あなたはまず、おいくつですか?

相談者:
あ、40です。

柴田理恵:
40歳

相談者:
はい

柴田理恵:
えっと、その別れた旦那さんは?

相談者:
42です。

柴田理恵:
42・・娘さん二人はおいくつですか?

相談者:
えーと、12歳と、

柴田理恵:
うん

相談者:
6歳です。

柴田理恵:
どうして・・

相談者:
はい

柴田理恵:
離婚、その姑さんが
「離婚」・・「しろ」なんていう、そういうことになっちゃったわけですか?

相談者:
あ・・えっと、元々は、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、凄く、姑とも仲が良かったんですが、

柴田理恵:
うーんうん

相談者:
あのお、二人目も女の子ということで、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あの、三人目は・・あの、どうしても跡取りが欲しいという事でえ、

柴田理恵:
はあ

相談者:
ま、期待はして、くれてたみたいなんですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしが、病気になってしまって、

柴田理恵:
あーは

相談者:
と、卵巣も失ってしまって、

柴田理恵:
はい

相談者:
それで、もう確実に、もう、子どもがもう望めないと・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
分かってから、

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、男の子産めないじゃないですか?

柴田理恵:
うん

相談者:
・・だから、もう、
「あなたにはもう」、あの、「用はない」という事で、

柴田理恵:
・・はあー

相談者:
あの・・元・・夫の方に、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの「もうあの子とは別れなさい」という事で、

柴田理恵:
うん

相談者:
話があったようで、

柴田理恵:
うんうんうん

相談者:
でえ、思い詰めて、

柴田理恵:
うん

相談者:
結果、ちょっと、自殺未遂をしてしまいまして・・

柴田理恵:
はあ・・

相談者:
元、夫が。

柴田理恵:
うんうん

相談者:
で・・原因はその、離婚の話が進んでいるという事だったようで。

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、
「もう、こんな風な事させるような嫁には、あの・・預けておけない」という事で。

柴田理恵:
何言ってんの!、その原因作ったの・・

相談者:
あー(苦笑)

柴田理恵:
姑じゃないの!

相談者:
・・そう、なんですけど。で・・

柴田理恵:
それで・・離婚する事になったわけですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
ほんほんほん。
でも・・跡継ぎっていう事はあ・・息子さんがそこの、跡取りで・・

相談者:
はい

柴田理恵:
って事ですか?

相談者:
ま、あの、姑え・・の方が、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、ちょっとバリバリに仕事をしてまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
その後を、継いで欲しい、という気持ちが、

柴田理恵:
うん

相談者:
多分あったんだと思うんです。

柴田理恵:
うんー

相談者:
・・ん、だからといって産まないものは産めないので・・

柴田理恵:
うーん。えっと、お宅は、その姑さんとか、

相談者:
はい

柴田理恵:
旦那さんのご実家というか、は、

相談者:
はい

柴田理恵:
とても大きな、お家なんですか?

相談者:
あ、建築関係で、

柴田理恵:
なるほど・・

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ、息子さんもそこでお仕事なさってたわけですね?

相談者:
えっと、また別の・・

柴田理恵:
別のところで?

相談者:
あのお、はい、ゆくゆくは、継ぐ、という形にい、なるから跡継ぎが、いるのかな?というのも・・

柴田理恵:
あーそうですね。
で、あなたは・・あのお、離婚することになるわけですよね?

相談者:
はい、あの・・姑の方が、あの、調停を申し出まして。

柴田理恵:
姑が!?

相談者:
はい

柴田理恵:
えと、そういう事は日本の世の中で(苦笑)・・許される事なんですか?

相談者:
#$%◆
あの・・

柴田理恵:
うん

相談者:
実力行使というんですか?、あのお・・裁判所の方に、調停を申し込んで・・子どもが、産めない身体、であるという事と、
孫たちは、あの・・こちら、要りませんので、という事で、あの、申し立てられまして・・

柴田理恵:
それ、拒否する事できるでしょ?

相談者:
は・・

柴田理恵:
どうして、その姑さんが、

相談者:
はい

柴田理恵:
そこまで・・強行に・・ちゃんとした・・結婚してる・・

相談者:
はい

柴田理恵:
息子夫婦の間を・・

相談者:
はい

柴田理恵:
裂くことができるのか?が分からないんです。
その弁護士さんでも何でも出て来てもいいけど。

相談者:
はい。恐らく、わたし、も色々、考えたんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、最初に病気を発症した時に、

柴田理恵:
うん

相談者:
「10年ぐらいしかもたない」という風に・・言われ・・まして、それで、息子の将来を悲観したんじゃないのかな?というのも・・一つ、あるのかなあ?・・

柴田理恵:
いや・・この際、くそババアの事は関係ないんです。

相談者:
ああ(苦笑)はい

柴田理恵:
あの、あなたと・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ご主人の・・

相談者:
はい

柴田理恵:
気持ちです。
(苦笑)あのお・・であなたは、

相談者:
はい

柴田理恵:
ま、要するにその・・今現在も、ご病気なんですよね?

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
で、この事が・・不安だと。

相談者:
はい、あの、もう、娘二人と・・頼れる人が・・ほんと、あの、両親が、いるんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、言っても、も、70ぅ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ですし、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・ちょっとこう、わたしが10年、あと5年後になるんですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
もし、ホントにその通りに、この世からいなくな・・ってしまったら・・寂しい思いとすると思ったら、

柴田理恵:
うん

相談者:
も、いてもたってもいられなくなって、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
お電話をさせてもら・・った、ところなんです。

柴田理恵:
うん・・分かりました。
じゃ、ちょっと今のそのお気持ちそのままに、あのお、先生に相談してみましょう。
今日の回答者の先生は、弁護士の大迫恵美子先生です。
先生お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


今なら分かるハズ。ヒドすぎる姑の影で見えなかった被害者ぶった夫の本当の姿」への3件のフィードバック

  1. 本当はわかっていることから目を背けたくて、
    かいつまんだり脚色して言っているからなのかな。
    なんかモヤモヤしちゃいました。

    本当はわかってる気がして、逆に居た堪れないです。

    怖いけど一回現実から逃げちゃうと駄目ですね、、、
    夫がどういう自殺未遂をしたのか気になりました。

  2. 男サイドからみれば
    女房、子供にできる仕打ちではない
    いるのか?この世に?そんな下衆が・・?
    と、いうほどでもない。この状況もかすむ事件、出来事が
    毎日のように起きているのも悲しき現実

    母は誰より優したらん
    父は誰より正直たらん

    親が子にできることは是のみ、子が親に求めるも是のみ
    例え親がそうでなくても
    その子がやがて親となり、子の寝顔をみれば
    かくあらんと誰しも思うんじゃなかろうか?
    あなたが正直でやさしいお母さんならば
    どうあろうともあなたの未来はつながります
    幸あれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。