「ご両親とも仲良くしたい」強行出産した未婚女が押しかけるも軽くあしらわれる


テレフォン人生相談 2017年12月15日 金曜日

居酒屋で出会った彼の子を出産したものの、彼とその両親に結婚も認知も拒否されてしまった。彼と結婚して家庭を築きたい。どうすれば?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女23歳未婚の母 母と姉と叔父と祖母の家で暮らす 父は別居 娘4ヵ月 子どもの父26歳

今日の一言: 愛する能力のない人に愛を求めるのは、焼いた魚が踊り出す事を求めるのと同じ事です。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい。

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
23です。

加藤諦三:
23歳

相談者:
はい

加藤諦三:
まだ独身ですか?

相談者:
はい、独身です。

加藤諦三:
で、今、ご両親と一緒に住んでるの?

相談者:
・・えーと、母方あ、の、

加藤諦三:
はい

相談者:
祖母の家で・・母と。

加藤諦三:
母と祖母ですね?

相談者:
祖母と・・あと、姉と叔父と。

加藤諦三:
お姉さんと・・叔父・・

相談者:
んと、わたし、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
お、お父さんは?

相談者:
お父さんはまた別のところに住んでます(含み笑い)

加藤諦三:
はい?

相談者:
また別で住んでます、お父さんは。

加藤諦三:
あ、別に、それ、あの、お母さんと、れ、あの、離婚してるっていうんじゃないんですね?、別に・・

相談者:
離婚はしてないです。別に住んでるだけです。

加藤諦三:
あ、別に住んでるだけね、はい、分かりました。
それで、どんな相談ですか?

相談者:
あと娘がいるんですけど。

加藤諦三:
・・ん?、娘って誰の娘ですか?

相談者:
わたしの娘です。

加藤諦三:
・・あなたは独身で、子どもができたわけですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい。お嬢さん何歳ですか?

相談者:
・・今4ヵ月です。

加藤諦三:
4ヵ月・・で、今、お嬢さんと一緒に住んでるの?

相談者:
はい、みんなで・・

加藤諦三:
ここにね?

相談者:
一緒に、はい、住んでます。

加藤諦三:
はい・・それで?

相談者:
・・それで、あの未婚の母になるんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。娘の父親と・・その両親に対して、どのように対応すればいいか?、今、悩んでます。

加藤諦三:
ん・・んで、あのお、娘の・・父親あ、は、そ、そのもう、認知はしてるんですか?

相談者:
してないです。

加藤諦三:
そうすと、娘の父親は、今あの・・別に家庭があるんですか?

相談者:
結婚はしてないんですけど。

加藤諦三:
結婚はしてないの?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
して、結婚はしてないのになんで・・あなたと、結婚しないんですか?

相談者:
・・ん、なんか、まだ仕事とかやりたいことがある、みたいで・・
「結婚はしたくない」っていう・・

加藤諦三:
「結婚はしたくない」と言ってるわけ?

相談者:
はい

加藤諦三:
うん。彼何歳?

相談者:
・・あ26です。

加藤諦三:
26歳

相談者:
はい

加藤諦三:
で・・仕事の方は、しっかりやってるの?

相談者:
・・一応、そうですね、やってるう、は(わ)、やってますね。

加藤諦三:
・・仕事はきちんとしてる?

相談者:
・・はい

加藤諦三:
会社では。
そうすと仕事の責任はきちんと果たしているわけね?

相談者:
・・そうですね。今はまだ雇われていると思うんですけど、今後、なんかお店自分で持ってやりたいよ、みたいな・・のはあるみたいです。

加藤諦三:
うんそっか・・ゆくゆくは自分のお店を持ちたいという事ですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
で、結婚はしたくないと。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
ん、要するに、まだ父親・・という責任、がある立場がちょっと・・キツいという事ですか?

相談者:
うーん、あんまり、わたしと、ことを、好きじゃないのかもしれないですね(苦笑)。

加藤諦三:
うん。
「かもしれない」というよりも・・その可能性は多いんじゃないの?

相談者:
多いと思います。

加藤諦三:
ねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どこで知り合ったんですか?
この、無責任な男性は。

相談者:
あー(苦笑)、は(わ)、あの・・居酒屋で出会ってます。

加藤諦三:
そうすとお・・飲み会かなんかが会社、かなんかどっか飲み会があって、

相談者:
うん、そうですね。

加藤諦三:
そこでたまたま・・他の会社の人だったけれども・・

相談者:
あ、そうです。

加藤諦三:
それで気が合って・・

相談者:
はい

加藤諦三:
という事ですか?
それで付き合いが始まっちゃったと。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
それで、あなたが、り、妊娠した時に、

相談者:
はい

加藤諦三:
彼はどういう態度を、と、取ったわけ?

相談者:
・・あ
「堕ろして欲しい」

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたは、んもう、当然、「嫌だ」って言ったわけね?

相談者:
でしたね。
向こうは「堕ろして欲しい」
わたしは「産みたい」で・・なんかそのまま・・でしたね。

加藤諦三:
という事は今、あんまり会ってないの?

相談者:
全く会ってな・・も、妊娠した事も・・ホントは
「会って話そうよ」っていうのは何回も言ってたんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
なんかもう、
「時間が合わない」とか、「仕事が忙しい」とか、と・・

加藤諦三:
だってもう、話がもう、凄い重要な事でねえ?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
仕事が忙しいのなんのとかって・・言う、話というより、もっと、重要な話でしょう。
そして・・

相談者:
うん、そのままあ、会わずにズルズル来てしまって、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、あのお、もう産まれ、てしまったので、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・で、さすがにと思って、じ、彼の実家の・・連絡先を調べて、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・あの、連絡したんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・ちょうどあの、彼の母親が出て、

加藤諦三:
うん

相談者:
「全く知らない」って言われてしまって、

加藤諦三:
・・うーん

相談者:
その子どもが、い、いる事自体が・・

加藤諦三:
うーん、で・・

相談者:
で、そこからあ、はい

加藤諦三:
はい

相談者:
「話し合いをしよう」っていうのを、も、両親の方に言って。
あの、先日、そういう場を設けさせてもらって、話をしたんですけど、

加藤諦三:
う、その場には彼は出て来てんですね?

相談者:
は(わ)出て来ました。

加藤諦三:
はい

相談者:
やっと出て来て、

加藤諦三:
ええ

相談者:
もう、も、さすがにもう産まれてるし、目の前に、むす、あの子どももいるし

加藤諦三:
ええ

相談者:
と思ったんですけど、なんか、オレ・・
「俺は」・・「『堕ろせ』って言ったし、お前が勝手に産んだんだろ」ぐらいの、話(はなし)しかくれなくて(苦笑)。

加藤諦三:
うーん

相談者:
で、両親もなんか言うのかな?って思ったら、
「もう息子に任せてるので」

加藤諦三:
うん

相談者:
で、あの、
「息子の他にも、兄弟がいて、もう孫とかもいるので、別に」・・「その孫はいいです」ぐらいの事言われて(苦笑)。

加藤諦三:
うーん

相談者:
やっぱ、わたしとしては、その父親としてえ・・あの・・ま、もちろんやりたい事があるなら、後から結婚の話を別にしてもいいかなとも思ったんですけど。
そこから、父親として子どもに関わってくれる、ことが一番・・望んでいたので・・あの、良ければ結婚してもらいたいなっていう気持ちもあったんですけど・・なんかそういう話をする前に・・

加藤諦三:
うんー

相談者:
な、そういう話をする前に、

加藤諦三:
うん

相談者:
も、凄い、怒ってる態度で・・も、話も、通じないような態度だったので。

加藤諦三:
怒ってるねえー・・うーん、うん

相談者:
もう、そんな結婚・・云々の話じゃないなっていうのは凄くあって。

加藤諦三:
あーあ

相談者:
・・で、両親も息子に怒る事もなく、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・なんか、いい関係を、たも、保ちたいなと思ったんですけど、その、相手の、その両親の家に、遊びに行ったりとかも、

加藤諦三:
うん

相談者:
うちに来てもらったりとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお・・いい関係を保ちたいなと思ったんですけど、なんかそれも無理なのかなと思って。

加藤諦三:
・・会っても話が通じないね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
それで、今日のあなたの相談というのは、こういう状態になっている・・で、わたしはどういう・・対応の仕方・・が、いいですか?、っていう、そ、そういう、事ですか?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあのスタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「ご両親とも仲良くしたい」強行出産した未婚女が押しかけるも軽くあしらわれる」への2件のフィードバック

  1. 息子を持つ母親としてはサイコーの恐怖です〜
    避妊しっかりするよう言うしか手立てはないですが

  2. それでも私は生まれて来てよかった
    いずれ名を残す人の幼少期はあまり恵まれていない事がある
    貴女の娘がそう思える人生でありますように
    もはや貴女の選択した道は決して貴女のものでなく
    母となり父となったからには
    これまでとは違ったステージに来たのだと
    しかし、どこか相談者には甘えを感じてならない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。