物をあふれさせて妹と身体の不自由な母を困らせるうつニートの三男37歳


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はいどうも、失礼します。
えーと、こんにちは。

相談者:
あ、こんにちはお願いします。

マドモアゼル愛:
はい、はい、はい・・話がちょっと、まだ、つかめないところあるんですけれども。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
気になるところから、いくつかあ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
おは、あの、相談す、しますが。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あの、経済的には今、どうなってんのかしら?

相談者:
えーっと、妹の収入と、母親の年金、あと・・三男が多少は貯金があると思うんですけれども。

マドモアゼル愛:
あ・・貯金はあって。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それで、じゃ、自分の、お小遣いなんかは、自分で出していると。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、生活費なんかはじゃ・・え、年金とお・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それから、あ、妹さんのお・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
働きの・・ぶ、ところから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
出してるっていう、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういう形、ですかね?

相談者:
そうです。

マドモアゼル愛:
はい、そうすと、形としては、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
三男の、弟さんは・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、今、今の生活は、みんなに、依存した形で、どうにか、生計が維持できてるっていう感じになってるのかな?

相談者:
そうですね、本人ん、一人では自立できないと思います。

マドモアゼル愛:
できてないよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それで、段々それは悪くなるよね?、そうなったらね。

相談者:
あ、そうなんです、はい

マドモアゼル愛:
して、それについては本人は・・肩身の狭い、思いをしてんのかしら?

相談者:
分かってはいると思うんですけれども。

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
ま、体調が悪いのもあって、どうにもならない・・

マドモアゼル愛:
なるほどね

相談者:
ところだと思います。

マドモアゼル愛:
分かりました。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えーとお、ん、ま、全体、よく分からないんだけれども。この問題デリケートな問題ですから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何か・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
言うにしても・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
また、問題提起するにしても、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
今の状態では、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お互いの情報とか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
親しさとか・・少なすぎると思うのね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん、ただ・・形の上で良くないから
「お前止めろよ」という、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こと、で言ったって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
トラブルが起きるだけっていう・・うー

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
になってったわけじゃない?

相談者:
・・んー

マドモアゼル愛:
だから、「なんでお前片付けられないんのかなあ?、なんでかなあ?」とか。
「一緒にとりあえず片付けてやる」これ嫌味ではなくてね、ホントにね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ていう、形でえ、やっぱり、三男に対して近づいて行く。
お兄さんとしては、
「お母さんが、転んだら大変だからさあ」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「これだけは」・・えーあの、「やろうよ、俺やるよ」っていうような形でやれば、喧嘩にはならないはずなんだよね、絶対ね。

相談者:
一応そういうアプローチで一回やってみたんですけど。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
んー・・物をどうしても、捨てたくない(苦笑)・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ようなんですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
本人が。

マドモアゼル愛:
うん、で、そしたら整理して、置いとけばいいわけ、だよね?

相談者:
整理、しきれないぐらい物がちょっとありまして。

マドモアゼル愛:
うーん、あ、そんなにたくさんの?

相談者:
はあ、自分の部屋に収まり切らないんで結局、他の所にまで・・溢れてしまってまして・・

マドモアゼル愛:
うんー、な、何か、頼りが欲しいんだよね?弟さんはね。

相談者:
はーい

マドモアゼル愛:
うーん。人よりも・・どこか物が自分を守ってくれると思ってんだよね。

相談者:
あーそういう事ですか。

マドモアゼル愛:
うん、だから、孤独で生きて来たって人だよね。それは分かるよね?もう。

相談者:
はあー

マドモアゼル愛:
人間が信頼できないと物信頼するしかないじゃない?だって。

相談者:
あー、信頼がないか・・はい

マドモアゼル愛:
うん、自分を守ってくれる物、の、手応えとか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何か、が・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
物にすり替わって、所有物にも、なって行くっていう、片付けられない人の、基本的な特徴じゃんじゃないの?やっぱり。

相談者:
はあー

マドモアゼル愛:
だから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だからそこら辺ん、に、絡んで来るから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
解決するためには・・問題の本質を・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
考えて行く以外ないじゃない?

相談者:
はい、信頼関係をじゃ、結ぶのは・・

マドモアゼル愛:
む、結ばない限り・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
解決できない、こんな簡単な事でも、解決できないものなんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、「片付けろ」て言って片付けてくれればい、こんな簡単な事はない・・

相談者:
そうですね、はい

マドモアゼル愛:
ん、うん、理由は、違うところにあると・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いう事、で。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えーもうちょっと信頼関係を、持って。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー・・二人が近しい関係になっていけばね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
え、あの、自動的に・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こういう問題も、解決して行くんじゃないかなって気がすんだよね。

相談者:
はい、ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
はい、はい、今井先生に・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
もっと、詳しく・・

今井通子:
はい

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
聞いてみたいなと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


物をあふれさせて妹と身体の不自由な母を困らせるうつニートの三男37歳」への1件のフィードバック

  1. 困っちゃうだろうなぁ
    お手上げ
    でも寄生虫としてお母さんの面倒をみてくれる利があるね
    妹もお嫁にいくでしょうし
    弟さんのその後の人生までは不安でしょうけど・・
    面子や建前を気にしたわけじゃないと思う。ええ兄貴だな
    まともな人からくる相談はだいたい詰んでる難しさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。