17年前に希望の長男を亡くし夫が倒れて半身不随。暗い老後になりそうな65歳


スポンサードリンク

(回答者に交代)

高橋龍太郎:
あ、初めまして、高橋です。

相談者:
あ、こんにちは

高橋龍太郎:
大体ね、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
60代い、の半ばくらいから・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
やっぱりね・・えー、身体も心も、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
その、将来に備えてえ・・あんまり無理しなくなるようになるんです。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それは自然にね、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
あのお・・そういう、最小のエネルギーで、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
最小の、えー、労働に従事するっていうようにして、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
残りの寿命を細く長くしようとする・・そういう・・時期なんですね。

相談者:
あ、そうなんですか。

高橋龍太郎:
うんー、だから・・その前の価値観で、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あれができない、これができないと思う・・

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
のは、気持ちとしてはよく分かるけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
やっぱり縮小して、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
少し下り坂をゆっくりゆっくり歩いてこうっていう時には・・

相談者:
あー

高橋龍太郎:
上り坂を元気で歩くっていう時とは違う価値観に・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
切り替えて行かないと。

相談者:
あー

高橋龍太郎:
昔と比較して駄目だ、駄目だと思うばっかりで、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
気持ちが却って辛くなっちゃう。

相談者:
そうですね。

高橋龍太郎:
うん、そうすると、下り坂は下り坂なりの、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
楽しさみたいな事を・・自分の中に意識して・・要するに、例えば・・山なんかは、上り坂あ・・でえ、上がってる時は、周りの風景なんかは全然見えないでしょう?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
でも下り坂になると、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
・・周りの風景しか見えないじゃないですか。

相談者:
そうですね。

高橋龍太郎:
そうすると・・

相談者:
#$%◆、はい

高橋龍太郎:
周りのく、あのお、例えば、落葉が見えたり、朝日が見えたり、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
或いは周りの・・上りの時は上る事だけで精一杯だったのが、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
足元が軽くなる分だけ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
自分が周りに気を、取られるような、綺麗な風景もいっぱい見えたりするじゃないですか。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そういう事だと思うんですよ。

相談者:
あー

高橋龍太郎:
年を取るって事は。

相談者:
ああ

高橋龍太郎:
だから・・あんまり、その、前と比べて、これができなくなった、あれができなくなったっていう比較よりも、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
むしろ、えー、新しい心境に今自分はなりつつあるんだっていう風に、気持ちを切り替えてった方がいいね。

相談者:
あ、そうですかね。

高橋龍太郎:
うん・・で・・えー、普通、他の人に比べるとお・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
・・期待のご長男は亡くなられたにしても・・

相談者:
ええ、そうなんですよ。

高橋龍太郎:
残りのお子さま達は皆さんお元気な上にい、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
多分もう、3番目4番目のお子さん達はお孫さんいらっしゃるんでしょ?

相談者:
はい、孫は4人おります。

高橋龍太郎:
お孫さん4人いてえ・・そいで「辛い辛い」って言ってると・・

相談者:
あ(苦笑)

高橋龍太郎:
ホホホ(苦笑)世の中からは・・うーん・・
「えー?、そんな幸せなお家で、何言ってんですか」って言われちゃいそうな気がする。

相談者:
そうですかね。

高橋龍太郎:
うーん・・あのお、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
・・これからは別に新しい事をしなくてもいいんだけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
今まで作り上げた事の、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
中に・・むしろ新しい喜びを見出すっていう、視点を切り替える生き方が大事だと思いますよ。

相談者:
はい、分かりました。

高橋龍太郎:
うんー・・

相談者:
ただその、主人がね。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
わたしを責める時があるんですよ。

高橋龍太郎:
あ、どんなふうに?

相談者:
あのお、長男が亡くなったのは、わたしのせいだと言うし。

高橋龍太郎:
え?・・いやだって(苦笑)大学へ出掛けて行って・・

相談者:
ええ、え、なんか・・

高橋龍太郎:
あれだったんでしょ?突然、突然死みたいな・・だったんでしょ?

相談者:
そうです。母お、
「母親として」

高橋龍太郎:
うん

相談者:
「支えてやれなかった」とかね。

高橋龍太郎:
・・えー?え?え?

相談者:
それ、言うんです。

高橋龍太郎:
それ・・

相談者:
今、

高橋龍太郎:
じゃ・・

相談者:
倒れてからも。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
そいで、自分が倒れたのも・・わたしのせいだって言うんですよ。

高橋龍太郎:
あー
いやいや、まず、じゃ、問題点を二つね?

相談者:
(苦笑)

高橋龍太郎:
ご長男はどんーな形で、亡く、ご、ふ、ちょっと・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
辛い話で申し訳ないけど・・

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
どんな形で亡くなられたんです?

相談者:
えっと・・遠くの大学にいたんですけれど、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
家へ帰って来ると、明るくて、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
わたしの、料理も喜んで食べてくれたし・・

高橋龍太郎:
うんうん

相談者:
ずっと問題なかったんですけど、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
・・えー、か、大学に帰ると何か問題があ・・ったようで。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
それであの寮で、ある日突然友だちに発見されて亡くなってたんです。

高橋龍太郎:
・・ごめんなさい、じ、自殺って事?

相談者:
じゃないですね。

高橋龍太郎:
・・突然死?

相談者:
そうですね。

高橋龍太郎:
えー?・・なんだ、持病でもあったの?

相談者:
いいえ、あのお・・ま、本人も、悩んで、は(わ)いたんですけれどね。

高橋龍太郎:
ええ、ええ

相談者:
精神的に。

高橋龍太郎:
ええ

相談者:
そいで、あの、病院なんかに掛かってはいたんですけれど、

高橋龍太郎:
それ精神的に?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
病んでた?

相談者:
そうですね。

高橋龍太郎:
うん、それで?

相談者:
その、原因はわたしにも分からないんですけれどね。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
・・通院してました。

高橋龍太郎:
で、突然亡くなった?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
・・ふーん・・びょ、病名は鬱、みたいな事ですか?

相談者:
・・えーとね・・心筋梗塞ってなってましたけど。

高橋龍太郎:
あー、あ、ま、要するに亡くなった原因は心筋梗塞。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そしたらこれは止めようがないじゃないですか。

相談者:
んま、わたしも、まあ、ねため、何回かSOSみたいな発してた事は・・感じてたんですけれど、何もできなかったって事で、凄く#$%◆・・

高橋龍太郎:
うん、いやいや、それは、鬱で、SOSって事は分かるけれど、

相談者:
ええ、ええ

高橋龍太郎:
鬱と、心筋梗塞は、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
直接な結び付きはないので。

相談者:
そうですかね。

高橋龍太郎:
うん・・だから、心筋梗塞っていう事は・・そんな・・例えば鬱だったらば、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
・・えー、こう、家(うち)に帰って来た時にちょっと辛そうにしてたよとか。

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
なんか、えー、ちょっと、顔つきがどうだったねっていう事は・・あるかもしれないけど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
心筋梗塞はホントに突然の病だから。

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
前兆も全くなしに。

相談者:
あーそうですね。

高橋龍太郎:
だから、お母さんの、そのお、責任はもう全くないですよ。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だから、それは、お・・お父さんの誤解。

相談者:
はい(苦笑)

高橋龍太郎:
(苦笑)だから、あ、あなたのご主人ん、は、それから、なんで、その・・し、何?、脳卒中になったのは・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あなたの責任だって話になるの?

相談者:
やっぱし、わたしが管理が悪かったって事ですよね。

高橋龍太郎:
え?、え?

相談者:
ハハハ(苦笑)

高橋龍太郎:
「管理が悪い」って、どういう管理が悪かったの?

相談者:
まあ、お酒もタバコも、自分で吸って、ね?、あ、や・・吸ったり飲んだりしてたんですけど。

高橋龍太郎:
その度が過ぎてたの?

相談者:
そうですね。

高橋龍太郎:
あー

相談者:
で、わたしの注意が、一切聞かないんですよ。

高橋龍太郎:
・・うーん

相談者:
そういう人だったから。

高橋龍太郎:
あ、そう・・いやいや、そりゃ酒もタバコも、度が、度が過ぎてるのは・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
もちろん本人の・・自覚の無さだし、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だってえ、それはあ、あなたが・・
「少し量が多いわよ」とか。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「少し控えたら?」っていう言葉、当然発してるわけでしょ?

相談者:
はい、してますね。

高橋龍太郎:
何度も何度も。

相談者:
はい、聞かないですけど。

高橋龍太郎:
そしたらあ・・どう見たってあなたのせいじゃないじゃないですか。

相談者:
まあ、そうですけど、ほん、言われるとちょっと辛いですよね。

高橋龍太郎:
うん、ま、もちろんそうだけれど、ま・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それはもう全然気にしないで、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
さっき言ったように、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
えー・・ま、下り坂っていうと、直接的い、な表現になっちゃうかもしれないけど、ま、実際ね?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
僕なんかも70で、完全人生下り坂で・・でも下り坂を楽しんでますよ。

相談者:
そうですか(苦笑)

高橋龍太郎:
うん、そう・・

相談者:
楽しみたいです・・

高橋龍太郎:
別の楽しみ方を・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
見出すのが大事だと思うな。

相談者:
そうですね。

高橋龍太郎:
うーん

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

相談者:
はい、ありがとうございました。

今井通子:
もしかして分かってたでしょ?

相談者:
・・そうですね。そうふうに・・

今井通子:
そうふに思えばいいって分かってたけど・・

相談者:
分かってた、はい

今井通子:
思えなかった?

相談者:
そうなんですよ。
暗ーくなっちゃってね自分が(苦笑)

今井通子:
うふ(苦笑)・・うん、でもお、ね、高橋先生がおっしゃったように、

相談者:
はい

今井通子:
考え方変えないと駄目ですよね(笑)

相談者:
そうですねえ。

今井通子:
うん。
これからはあ、自分の人生を・・こう、下って行く人生を楽しもうと思った方がいいかもしれません。

相談者:
あー、そうしたいですね。

今井通子:
・・ていうか、

相談者:
はい

今井通子:
例えば・・

相談者:
はい

今井通子:
なんか何かしに台所行ったんだけど、

相談者:
ええ(苦笑)

今井通子:
行って忘れたとかありません?

相談者:
あ・・ありますね。

今井通子:
うん・・で、歯、磨いてたんだけど・・うん、歯み、歯磨き粉付けただろうか?忘れたみたいな・・

相談者:
・・あーそれはないです。

今井通子:
あ、それはない?

相談者:
はい

今井通子:
じゃあ・・シャンプーしようと思って、シャンプーはしたんだけど・・リンスしたかどうか?忘れちゃったとか。

相談者:
ああ、それ、それもないですね。

今井通子:
まだまだ大丈夫じゃないですか。

相談者:
(苦笑)そんなこと・・

高橋龍太郎:
フフフフ(笑)

今井通子:
(笑)むしろ、そういう忘れっぽくなって来たものに・・心配した方がいいですよ。

相談者:
はい

今井通子:
うん・・だから物忘れするようになったら・・

相談者:
はい

今井通子:
うわあ、これは大変だと思って、

相談者:
はい

今井通子:
逆にその物忘れを、如何にしてえ・・忘れてもいいように?

相談者:
ええ

今井通子:
行動するかとか。

相談者:
ええ

今井通子:
そういう研究をするみたいに。

相談者:
(苦笑)はい

今井通子:
なんかまだ先長いですよ。

相談者:
長いですねえ。

今井通子:
うん、で、そういう、そっちの方向に・・あの、自分の考え方を向けた方がいいかもしれない。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
うん。だからもう、すでにキッチンに行く、と何か、
「あ、何しに来たっけー?」みたいになっちゃうのは、あるわけだから。

相談者:
はい

今井通子:
うん。その辺が・・あの、それは治らないよ。治らないから・・

相談者:
はい(苦笑)

今井通子:
その時にはどうしたらいいか?っていうのを考えるとか。

相談者:
はい、ええ

今井通子:
うん、考える事他の事考えましょうよ。

相談者:
はい・・切り替えて。

今井通子:
そ。

相談者:
はい

今井通子:
うん。いいですね?

相談者:
はい分かりました。

今井通子:
はーい

高橋龍太郎:
はい

今井通子:
それじゃ・・

相談者:
ありがとうございました。

今井通子:
はい

高橋龍太郎:
はい、お大事にどうぞ。

今井通子:
失礼しまーす。

相談者:
ありがとうございました。

今井通子:
はい

スポンサードリンク



「17年前に希望の長男を亡くし夫が倒れて半身不随。暗い老後になりそうな65歳」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。