バイトしながら進学を目指すも高卒認定試験に落ちた17歳。逆境こそが学校


テレフォン人生相談 2017年12月27日 水曜日

高卒認定試験に落ちてしまった。両親が落胆して口を聞いてくれない。関係を改善するには?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女17歳 父45歳 母43歳 弟16歳 4人暮らし

今日の一言: 失敗は単なる一つの体験です。その人のその時の人間関係で、その体験の意味付けがされます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、もしもし

加藤諦三:
はい、はいテレフォン人生相談です。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
最初に年齢教えてください。

相談者:
はい。17歳です。

加藤諦三:
17歳

相談者:
はい

加藤諦三:
で今なに?ご両親と一緒に住んでるの?

相談者:
はい。両親と、弟がいます。

加藤諦三:
弟、弟何歳?

相談者:
16歳です。

加藤諦三:
弟16歳

相談者:
はい

加藤諦三:
んで、お父さん何歳?

相談者:
45です。

加藤諦三:
45、お母さんは?

相談者:
43です。

加藤諦三:
43、はい、分かりました、それでどんな相談ですか?

相談者:
えーとお、高卒認定試験、という・・試験を、に、受けたんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
落ちてしまって。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、その結果あ・・両親をガッカリさせて、しま・・ってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、それか、それ、以来、口を、両親と利けていなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
どう、接したらいいのか?、が分からない・・ていうのが、

加藤諦三:
はい

相談者:
相談です。

加藤諦三:
そうすっと、高卒の認定試験を受けるっていう事は、あの・・普通に高卒、高等学校そ・・に通って、し、卒業するという事ではないです、ね?

相談者:
違いますね。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
・・んで・・だけど認定試験を受けるって事は、凄い立派な事ですよ、やる気があるという事であって。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・これは、落ちる、落ちないに関わらず、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・「よくやったあ!」って褒める、は・・励ますべき事なんだけども・・お父さんと・・

相談者:
あ、そうなんですか?

加藤諦三:
そりゃそうですよ。

相談者:
ああ・・全然、褒められなくて。

加藤諦三:
褒められるべき事ですよ!

相談者:
あ、ホントですか?

加藤諦三:
「ホントですか?」ってホントですよ。

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
・・あのね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
一つの新しい事に挑戦したら・・そ、そりゃ、した、あのお、失敗したり・・成功したりしますよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど、挑戦するって事は凄い事ですよ、17歳。

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
立派なもんですよ。

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
・・んで、あの・・17歳まではど、どんな生活だったの?

相談者:
えーっとお、中学校は普通に卒業お、しまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、高校に・・は、一度は、通ったんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
やっぱり、合わずに、辞めてしま・・って、

加藤諦三:
はい

相談者:
大学に行くためにその高卒認定試験を・・

加藤諦三:
あーは、は

相談者:
受けるっていう形になりまして。

加藤諦三:
あー、はいはい

相談者:
で、そのお父さんとお母さん、にも、ま、凄く・・大学の事を、言われたし。

加藤諦三:
うん。言われたっていうのは・・
行って、「大学に行きなさい」っていう事?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
うん

相談者:
で・・今は・・アルバイトを、しながら、

加藤諦三:

相談者:
また・・高卒認定試験を目指してるんですけども。

加藤諦三:
凄い。

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
・・でアルバイトをしながらやってんだよね?

相談者:
そうですね。はい

加藤諦三:
あのねえ(含み笑い)・・凄いわ、だって、高等学校を辞めるのにはなんか理由があったわけだよね?

相談者:
はい、ありました。

加藤諦三:
んで・・これで、引きこもる人だってい、いるわけでしょ?

相談者:
はい

加藤諦三:
それを、アルバイトをしてるわけでしょ?

相談者:
・・そうです。

加藤諦三:
そのアルバイトをしたあ、上に更に・・高卒認定試験に挑戦したわけでしょ?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・これがなんで凄くないんですか?

相談者:
・・分かんないんです。

加藤諦三:
凄い事だよ、これ。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・自分、ま、まず自分に自信持って欲しいんだけど。それで・・親の立場から、どう、どういうようにガッカリされた?
例えば・・口でもってね?

相談者:
はい

加藤諦三:
「お前は駄目だ」って言う場合もあれば、

相談者:
はい

加藤諦三:
「はあー・・駄目かあー」って、ため息つくようにね?

相談者:
はい

加藤諦三:
非言語的なメッセージで、

相談者:
はい

加藤諦三:
失望を伝える場合もあるから。

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう感じで「ガッカリ」っていうのを言われたわけ?

相談者:
・・大きくため息い、を、つかれたりとか。

加藤諦三:
堪(こた)えるねえ?

相談者:
はい(苦笑)

加藤諦三:
ため息、ため息ってのは堪えるんだよ。

相談者:
そうなんですよ。

加藤諦三:
あの、ハッキリ言われた方がも、もっといいんだよ。

相談者:
そうなんですよ・・あの、
ま、「大学は落ちるんだったら、分かる」って言われたんですよ。

加藤諦三:
うん

相談者:
だけどその、「高卒認定試験で落ちるなんて・・はあ」って、ずーっとため息・・つかれて。

加藤諦三:
あー・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ほ、堪えるよ。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
・・それも「大学行け」でしょ?

相談者:
・・大学、はい。わたしも行きたいとは思ってるので・・

加藤諦三:
うん、だからあなたが行きたいんだったらあなたが行きたい・・ために、

相談者:
はい

加藤諦三:
高卒認定試験を今年だけじゃ、じゃなくて来年もあんでしょ?、再来年も。

相談者:
もちろん、あります。

加藤諦三:
・・だからそれで・・が、頑張って、

相談者:
で、それを・・

加藤諦三:
はい

相談者:
で、受けよう・・って・・あ、思ってはいるんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・4月からの、生活・・とか、どうすればいいのか?っていう・・

加藤諦三:
うん

相談者:
相談も両親にしないといけない・・けれど・・で、ま・・話せてないっていう状態なので、

加藤諦三:
話せてないという事ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
だけどお、話せてない、話ができないっていう状態だけれども・・あのお、今アルバイトしてる方だったら、そのままアルバイトはできるんでしょ?

相談者:
はい、それは、できます。

加藤諦三:
・・そうすると・・当面のあなたの今日の相談というのは、親との話ができなくなっちゃった・・で、す、それをどうしようかっていう事?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
・・お父さん、お母さんは、かなり世間体を気にしてるって事?

相談者:
・・父は、世間体気にしてます。

加藤諦三:
うん。お母さんは?

相談者:
母は、

加藤諦三:
うん

相談者:
そこまででもないです。

加藤諦三:
・・うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ていうことは、お母さんは別に、高卒の認定試験落ちちゃって・・そのまま大学に行かなくてえ・・という事?、でもいいっていう、そういう感じ方?

相談者:
・・いや、それは、ないですね。

加藤諦三:
あ、それはないですか。

相談者:
考えは・・両親共一緒なんですけど。

加藤諦三:
ええ

相談者:
・・でも・・父は・・わたしがま、落ちた事で、許せない・・

加藤諦三:
うん

相談者:
で・・母は・・
「ま、しょうがないね」とは言われたんですけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
でも、やっぱり受かって欲しかったっていう気持ちは、大きかったみたいで、

加藤諦三:
うん

相談者:
(鼻をすする)なので・・そうですね、はい

加藤諦三:
・・と今日の失敗は、そういうような状態の中で、お父さん、親とは話が聞けない・・か、けど、どうしたらいいでしょう?って事かな?

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう事ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。今日はあのスタジオに弁護士の塩谷崇之先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

相談者:
お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「バイトしながら進学を目指すも高卒認定試験に落ちた17歳。逆境こそが学校」への1件のフィードバック

  1. あなたの倍生きただけのアラ40
    若いだけでなんでもできる
    と、若いときに言われた。けど
    分らなかった。実感できず、イラついた
    たくさん、無駄に過ごしてしまった
    と、歳をとると皆実感する
    それでも
    あの言葉は間違いないと心底感じる
    多かれ少なかれ皆やり残す、が
    残した奴ほど子供に期待し依存する
    若いだけでなんでもできたと忘れるからね都合よく
    でも、あなたもたぶんそうなる
    今でしょ?があの時だったと後でわかる
    受験や試験は競争順位で競わせるが
    なんとかゴールまで走りきるのが大切で
    遅くても完走さえすればそんなに困らないんだよ
    急げ急げと教えられるし、まわりも焦るから
    不安になるだろうけど
    やるもやらぬもあなた次第、頑張れ頑張れ
    それでも、横綱しかり
    成功するより、失敗しないほうが後に活きるんだが
    よくよく聞いとけ人生相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。