独身の長男の交際が気になる75歳の女へ。高齢期は自身の内なる成熟を


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、こんにちは、どうぞよろしくお願い致します。

大原敬子:
こちらこそ、お願い致します。

相談者:
はい

大原敬子:
あのですね、わたしどうしても分からないんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
あの、同世代としてね?、あなたとね。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
何故かというと・・長男が結婚したがらない。

相談者:
はい

大原敬子:
でも女性がいる。

相談者:
はい

大原敬子:
これ、あなたみたいに、えー道徳観のある人は、わたしは怒るかもしれませんけども・・

相談者:
はあ

大原敬子:
いいじゃない?、息子が結婚はしたくないけれども、

相談者:
はあ

大原敬子:
女性と一緒に住んでいる。

相談者:
はい

大原敬子:
全然問題ないのよ。
なぜあなた結婚させたい、のか分からないんだけど・・ね?

相談者:
えー・・

大原敬子:
結婚っていうのは・・

相談者:
はい

大原敬子:
息子の幸せですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
この息子の幸せ、この息子さんは、まず無責任にできますよね?

相談者:
はい、そうです。

大原敬子:
だって家族養わなくていいんですもの。え・・ね?

相談者:
はい、はい

大原敬子:
で・・

相談者:
はい

大原敬子:
独身を謳歌しながら・・

相談者:
はい

大原敬子:
でも女性にこまわず、困らずに・・して相手の女性は34歳。

相談者:
はい

大原敬子:
子どもがいるので女性からは・・文句は言わない。

相談者:
はあ

大原敬子:
表面的には、万々歳なんですけどねえ。

相談者:
ええ(苦笑)でも向こうの親としてもし、ね?、自分の、娘が・・そういう男の人と付き合ってたら、わたし、そんな男の人許せないって、わたしだったら思うと思うんですよ。

大原敬子:
うん、そこなんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
今・・

相談者:
はい

大原敬子:
今日の相談の、

相談者:
はい

大原敬子:
根底が、

相談者:
はい

大原敬子:
違っているのは、

相談者:
はい

大原敬子:
長男と・・同居してたら分かるんです、実は。

相談者:
はあ

大原敬子:
ね?

相談者:
はい、はい、

大原敬子:
でも、連絡う・・電話は月に1回か2回あるわけでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
この関係で・・

相談者:
はあ

大原敬子:
あなたが、なぜこの長男の、

相談者:
はい

大原敬子:
結婚に、出る・・出て行って、

相談者:
はい

大原敬子:
相手の立場はこうだあーだって、今、なぜ言うか?ってところに・・あなたの心境の変化がここにあるんじゃないか?って思ってるんですね。今日、お電話なさったのは。

相談者:
え?、心境の何ですか?

大原敬子:
変化。

相談者:
変化、はい

大原敬子:
だって・・今おっしゃったでしょ?、
「だって」って・・
「向こうのお嫁さんから親から例えばこう来た場合」って・・トラブルような事を言って・・話をどんどん、どんどん現実に会ったような話になってますよね?

相談者:
はい、はい

大原敬子:
相談内容が。

相談者:
はい

大原敬子:
ないんです、何も。

相談者:
はい

大原敬子:
月に1回、
「お母さん、お元気?」の電話ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
で、「相手の女性といるんだよ」って、
「34歳でね」って。

相談者:
はあ、はい

大原敬子:
「この女の子はね」・・あの、お、「向こうの両親の実家だよ」って話している、ものに、あなたがなぜ、荷造りして、

相談者:
あー

大原敬子:
この2人を、結婚をさせ、たがるのか分からない。

相談者:
・・えー?普通の親ってそうじゃないですかね?

大原敬子:
離れてるとねえ、

相談者:
はあ

大原敬子:
息子は息子、っていう親もいるんですよ。

相談者:
あっは(笑)

大原敬子:
や、ホントにそうよ。でも・・

相談者:
いや(苦笑)

大原敬子:
でも、同居とだったら分かります。同居だったら。

相談者:
はあ

大原敬子:
どうすんだろ?・・この同じ、部屋でね?、お嫁さん、来る来ないにしても、わたしの居場所がないし?

相談者:
ああ

大原敬子:
今から自分の立場を考えましょう、どうしたらいいでしょうか?と電話でいいんですよね?
ところが、

相談者:
ああ

大原敬子:
息子さんとは、別居ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
で・・月に、1、回か2回の、連絡ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
いや、わたしが男だったら・・

相談者:
(苦笑)#$%◆

大原敬子:
この、年代でね?、今更家庭を持つならば・・

相談者:
はい

大原敬子:
まだ、5・・60、70だったら、やっぱ気にして探すかもしれませんけども、

相談者:
はい

大原敬子:
側にいたなら・・

相談者:
はあ

大原敬子:
そして・・ま、自分の不便をきたしてなかったら・・

相談者:
あはははは

大原敬子:
うん
で、それをお母さんに話す・・

相談者:
はい

大原敬子:
息子さん?

相談者:
はい、そうです。

大原敬子:
だってお母さんは、
「結婚しなさい、しなさい」って息子さんにおっしゃってるわけ?

相談者:
・・いやあ、ま、時々で・・

大原敬子:
で、これ何回も言ってるって事は、お母さん、息子さんを失っちゃうわよ。
だって電話するたんびに、
「『結婚しろ、結婚しろ』って言って嫌んなっちゃう」ってなったらどうします?

相談者:
はあ・・

大原敬子:
それでも一番お母さん、ホント今何もなかったとしたらね?

相談者:
はい

大原敬子:
あるいは、自分の年代を考えて、

相談者:
はい

大原敬子:
この先、息子、長男、ま、次男とね、三男は、

相談者:
はい

大原敬子:
ま、結婚しちゃって今更わたしは、行けないと。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、長男がですよ?(苦笑)これ、悪く考えればですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
長男はまだ一人だと。

相談者:
はい

大原敬子:
何とかわたしの老後を・・長男に看てもらうためには、わたしが一肌・・ね?、2人を結婚さして・・てのは分からないでもないですけどね。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
あなたの位置で考えた今日・・電話しか、

相談者:
はい

大原敬子:
わたしには思えないんですけどね。

相談者:
うーん

大原敬子:
どうですか?

相談者:
あ、そうですかあ。

大原敬子:
そうですよ。

相談者:
えー?、その・・日本のその・・何ていうのか、そういう秩序とかそういう事は、なくなっちゃったんですか?

大原敬子:
な、失くなる失くならないじゃなくって、この息子さんがもうこの歳で・・

相談者:
はい

大原敬子:
これがいいと思った時に、母親ってのは・・物凄いエゴいですからね?。エゴイストですからね?

相談者:
はい

大原敬子:
ですから・・「息子が幸せだったら、目を閉じちゃう」ってやっちゃうんですよ。「目を瞑(つぶ)っちゃう」って。

相談者:
はい?

大原敬子:
でもあなたは、
「いいえ、いけません!、結婚しなさい!」って、
「日本の道徳は」って言われても、息子さんの幸せを考えたらどうですか?

相談者:
・・あああ・・わたしの育て方があ・・その、ま、よく、マザコンとか言いますけども。でもずっと・・

大原敬子:
うん

相談者:
遠く離れててえ。やっぱり・・

大原敬子:
うん。もう何年も離れてるの?

相談者:
えー、学校卒業して、からだから26歳からだから・・

大原敬子:
うん、で・・

相談者:
もう随分、はい

大原敬子:
年に何回か会ってるんですか?

相談者:
はい、え、もうそれは電話でしょっちゅう・・

大原敬子:
一番可愛いんだ、長男が。

相談者:
・・あはは(笑)

大原敬子:
はは(笑)違う?

相談者:
あ、可愛いっていうのか、やっぱ・・

大原敬子:
あ・・

相談者:
気になるのでえ・・

大原敬子:
それは分かります。

相談者:
病気してないかな?とか。

大原敬子:
そう

相談者:
風邪、ねえ?・・寒くなったら、とかっていうのは・・

大原敬子:
もしですよ、あなたがどうしてもね?

相談者:
はい

大原敬子:
この長男と結婚をして、欲しかったならば・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの人生経験として、

相談者:
はい

大原敬子:
今、えー40代だと元気だけども、

相談者:
はい

大原敬子:
50代になって・・

相談者:
はい

大原敬子:
体を壊した時に、

相談者:
はい

大原敬子:
やっぱり籍の入った、奥さんが大事ですよっていう事は、アドバイスは大事だけれども。

相談者:
そうですねえ。

大原敬子:
それはいいけれども。

相談者:
はい、はい

大原敬子:
ただ強引に・・今結婚をしようっていうと・・

相談者:
あ・・

大原敬子:
やっぱ人間っていうのは、自分に不利な立場で言われてしまうと、

相談者:
そうですね。

大原敬子:
あそうか・・

相談者:
はい

大原敬子:
その分を補っておかなくちゃって思うでしょ?

相談者:
#$%◆

大原敬子:
で、あなたがもし、アドバイスだったら・・

相談者:
はい・・はい

大原敬子:
病気になった時、お母さんは行けれないんだと。

相談者:
はい

大原敬子:
その時には・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたどうすんの?って。

相談者:
はい

大原敬子:
「弟とか、お兄ちゃんに」、あ、「看てもらえないのよ」って。

相談者:
はい

大原敬子:
「そこに居る、お嫁さん、に、なってもらった方が、いいんではないか」というアドバイスは必要ですけども。

相談者:
はあ、分かりました、はい

大原敬子:
ちょっと待ってくださいね。加藤先生に伺いますからね。

相談者:
あーあ、はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あのお・・長男は、

相談者:
はい

加藤諦三:
今回は放っておきましょう。

相談者:
はあ・・

加藤諦三:
それは決して悪い事じゃなくって、だけどあなたにとってキツい事ですこれ。

相談者:
はーい

加藤諦三:
放っておく方が。

相談者:
そうですねえー。

加藤諦三:
うん・・だけどこれはね・・

相談者:
はあ

加藤諦三:
あなた75歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
今・・ホントに高齢になって、

相談者:
はい

加藤諦三:
成熟する時なんです。

相談者:
あーあー

加藤諦三:
高齢になった時っていうのはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
外での関係じゃなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の内の中で成熟していくっていうのが、高齢者の課題なんです。

相談者:
あー、あ、分かります、はい。全部は分かりませんけど、

大原敬子:
うん

相談者:
思い当たる節がいくつかあります。ホントに。

加藤諦三:
で、ですから今ね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ほんっとにあなたね・・内的成熟の機会なんです。

相談者:
・・あー

加藤諦三:
これが高齢者の課題なの。

相談者:
それ、成熟させるには、ん・・どういう、その、結局相手、が・・出てくださるまで待ってて、

加藤諦三:
うん

相談者:
相手がほん・・

加藤諦三:
相手関係ないんです。相手関係ないです。
わたし自身の心を見つめて・・

相談者:
はい

加藤諦三:
わたし自身が成熟していくっていう事なんです。相手は関係ないんです。

相談者:
あー

加藤諦三:
そ、それが・・内なる成熟っていう事なんです。

相談者:
・・

加藤諦三:
受け身の人は人を放っておけないんです。

相談者:
・・あー

加藤諦三:
放っておける人は積極性のある人なんです。

相談者:
あー、強さというのか。

加藤諦三:
ええ

相談者:
はい

加藤諦三:
だから色々分かってくれてありがとうございます。そういう事です。

相談者:
・・でも自分の心を成熟させるっていう事は・・

加藤諦三:
成熟させるっていう事は、今で言うとね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・あなたの言葉で言うと・・これ、日本の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
秩序は、これじゃ保てないんじゃないかとか。

相談者:
ええ

加藤諦三:
なんか色々立派な事を言いました。

相談者:
はい

加藤諦三:
こういうの合理化っていうんだけれども・・

相談者:
・・はあ

加藤諦三:
合理化しないっていう事が成熟なんです。

相談者:
・・はあ

加藤諦三:
高齢になった時には・・外に発展する事じゃないんです。

相談者:
うーん

加藤諦三:
内に向かって・・発展してく事が、高齢の、者の課題なんです。

相談者:
・・あー、あー

加藤諦三:
だから・・75歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ちょうど・・後期高齢、者になる時ですよね?

相談者:
はい、はい・・はい

加藤諦三:
これを、いいね、

相談者:
あー

加藤諦三:
心の成熟の機会として受け取ってください。

相談者:
はい、心の成じゅ・・分かりました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
ぜひ、はい、ありがとうございました、どうもホントに・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ありがとうございます。ごめんください。

加藤諦三:
高齢の課題。外へ発展する事でなく、内に成熟する事です。

スポンサードリンク


「独身の長男の交際が気になる75歳の女へ。高齢期は自身の内なる成熟を」への3件のフィードバック

  1. 今日の相談、好きでした。エリアフリーで2回聞きました。
    「普通の親ってそういうもんじゃないですかね?」
    「えー、日本のそういう秩序とか、そういう事はなくなっちゃったんですか?」
    「なんかいろいろ立派な事をいいました。」と先生に指摘されちゃったけど。

  2. まだまだその年代って、潜在意識の中にすりこまれた世間体、結婚して当たり前、子どもが生まれるのが当たり前、それが幸せってことがあるんだと思う。
     相談者は、とにかく、なんでもいいから結婚すればいい、みたいな感じだが、このケースの場合は、まだ様子をみてもいいんしないかな。子どもがいて、でも子どもは実家に預けて、彼氏と恋愛なんて、どうなの?結婚しても、長く続く気がしない。
    きっと同じパターンで、『別れさせたい』と考える場合だってありそうだ。
     回答者の言うとおり。子どもがいい大人の年になったら、親は自分が健康でいて、自分の身の回りの整理をしながら生きていくことが、子どもにとってありがたいことなんだから。

  3. ご近所さんが噂してます
    ねえねえ、聞きました?相談者さんとこのご長男~ですって~
    その通り
    日本の秩序じゃなくてもその通り
    かわいいご長男は間違いなくゲスの極みなんとか側
    だけど
    それを他人様に言われて恥じ困ると不安に思うのは
    相談者の都合ゆえのエゴ
    自分の都合を長男の不貞にすり替えて
    我は日本の秩序から申しておるのですと
    己のズルさ醜さを隠したことすら無自覚
    息子が非道でも、世界万民がおまえをゲスと極みっても
    かあちゃんだけはおまえがかわいい
    道徳、秩序、後ろ指さされても
    かあちゃんはおまえがかわいい
    わけじゃないんだから
    嘘くさい生き様の親の聞く耳なくなったんだろな長男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。