お金目的が見え見えの親戚にもやりたくないし、使い途もない85歳夫婦


テレフォン人生相談 2018年1月9日 火曜日

子どもがいないので遺産は親戚に分配しようと思っていたが、トラブルで渡したくなくなった。この財産、どうしたらいい?

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女85歳 夫85歳 子どもは胃癌で他界

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、ありがとうございます。

柴田理恵:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
今日はあの・・他所で、長く住んでいて、

柴田理恵:
はい

相談者:
60年も、いました。

柴田理恵:
はい

相談者:
そえで・・財産みたいな、持ってた物全部売って、

柴田理恵:
はい

相談者:
子どもが亡くなったんで、田舎へ引き上げました。

柴田理恵:
はい

相談者:
そえで、2年ぐらいは良かったんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、親戚がやっぱし、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・遠のいたっていうんでしょうかね?

柴田理恵:
はい

相談者:
二人でいるんだから大丈夫だろうっつう事になったんです。

柴田理恵:
・・はあ、ん?

相談者:
しゅ・・

柴田理恵:
「二人」というのは、ご夫婦でって事ですか?

相談者:
はい、はい、はい

柴田理恵:
あ、今あなた、おいくつですか?

相談者:
85歳です。

柴田理恵:
あら、じゃあ旦那様は?

相談者:
はち、同じです。

柴田理恵:
あ、85歳。ずーっとあの、あの今住んでらっしゃる・・ところとは違うところに、

相談者:
はい

柴田理恵:
60年ぐらい住んでらして。

相談者:
はい、居ました。

柴田理恵:
で、そこの財産を全部売って?

相談者:
はい

柴田理恵:
で、今その・・何ていうか、生まれ故郷に戻って来られたんですね?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
うん、そしたら、ま、60年も、離れてたら、あの、ご親戚の方々とは、割とこう、疎遠になっていて、

相談者:
ええ

柴田理恵:
ふんで?

相談者:
色々やってくれてたんですけども、

柴田理恵:
うん

相談者:
ここんところお・・

柴田理恵:
うん

相談者:
うーん、なんたか、お金え、を持って来てるっていうのを、分かってるんです。

柴田理恵:
はあはあ、は、あ・・

相談者:
そえだもんで・・

柴田理恵:
うん

相談者:
そのお金が、

柴田理恵:
うん

相談者:
今度は・・わたし達に害をしてるわけです。

柴田理恵:
害をしてる?、はあ

相談者:
みんなが、

柴田理恵:
うん

相談者:
そのお・・んー、何て言うのかなあ?

柴田理恵:
うん

相談者:
「物でもらうよりお金の方がいい」っていうような人も出て来たし、

柴田理恵:
あーー・・あ、つまり、親戚の方達が、

相談者:
はい

柴田理恵:
親切にしてくださってはいたけれども・・

相談者:
はい

柴田理恵:
段々、その方達が、何ていうか・・

相談者:
冷たくなった。

柴田理恵:
あの・・冷た、くなり・・なって、

相談者:
はい

柴田理恵:
それで、あなた方の、お金、を、目当てにしてるって事ですか?

相談者:
一応、そういう、見方が出て来ました。

柴田理恵:
ほう・・

相談者:
うーん

柴田理恵:
どういう、事でえ?

相談者:
うん、だから財産分与とか、そういうのは権利があるとかないとか、そういう風に・・

柴田理恵:
あー

相談者:
始まったんです。

柴田理恵:
あー財産分与。えっと、今ご夫婦でいらっしゃいますよね?

相談者:
はい

柴田理恵:
えと、お子さんは?

相談者:
子どもはもう亡くなって、胃癌で亡くなって・・

柴田理恵:
あら

相談者:
いないんです。

柴田理恵:
あらー、可哀想に。

相談者:
身内が・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ホントの従兄弟(いとこ)・再従姉妹(はとこ)・姪っ子になったわけです。

柴田理恵:
えっと、今、生きてらっしゃるのは、じゃその従兄弟さん・・ていうのは、

相談者:
従兄弟とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
お父さんの、い、は、あの甥っ子とか。

柴田理恵:
うん

相談者:
そういうの、一応、世話になって、こっちへ引き上げて来たわけなんです。

柴田理恵:
あーはいはいはい、はい

相談者:
うーん、だけども、

柴田理恵:
うん

相談者:
やっぱし・・それが2年も経つと飽きて来たっていうのか・・色々が分かって来たっていうのか。

柴田理恵:
うーん

相談者:
うん、お金の方に目が行・・ったぁ、らしいんです。

柴田理恵:
「行ったらしい」というのはあ、どなたからかお聞きになられたんですか?

相談者:
そうなんです。一人の子が、す、
「こういうわけで出入れないんだよ」って言うわけです。

柴田理恵:
ん、ん?

相談者:
あのお、数で入った人が多くもらうとか・・そういう、話が出てるらしいんです。

柴田理恵:
あーなるほど。

相談者:
ええ

柴田理恵:
あの、財産を分与する時に、

相談者:
ええ

柴田理恵:
より、その・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
関わった人たちが・・

相談者:
そうそうそうそう、そうです。

柴田理恵:
「たくさんー、財産、あそこはもらえんじゃねえの?」みたいな事を。

相談者:
いっぱい貰えるんじゃないかっていう・・

柴田理恵:
ことを言い始めて。

相談者:
で、ええ、そえだもんだから、

柴田理恵:
うん

相談者:
それ言われるのが嫌だからって、出入らないわけなんです。

柴田理恵:
あー・・

相談者:
これは怖いです。

柴田理恵:
怖い?、うんうん

相談者:
誰が来たとか、誰が来(き)ないとかっつう、

柴田理恵:
うん

相談者:
電話連絡でどんどん取ってるらしいんで・・

柴田理恵:
だ・「取ってる」って、誰が?誰を?

相談者:
親戚が。

柴田理恵:
親戚が?

相談者:
うん

柴田理恵:
その、チェックしてるわけですね?、その、出入りの様子を。

相談者:
そうらしいです。ええ

柴田理恵:
あー

相談者:
誰か行ったか、行ったら・・あの、上がって話して来たかとか。

柴田理恵:
うん

相談者:
そういう風な、

柴田理恵:
うん

相談者:
連絡が、入っちゃうんです。

柴田理恵:
うーーん

相談者:
ほんっとに、これは怖い事なんです。

柴田理恵:
うん、「連絡が入っちゃう」っていうのは、あのお、あなたに、直接電話が来るわけですか?

相談者:
うちへ来ないで、その・・親戚同士でやったのを、わたしに言ってくれる子が一人いるんです。

柴田理恵:
あー、その・・
「こういう風に、親戚同士でやってるよ」って教えてくれた人がいるわけですか?

相談者:
ええ

柴田理恵:
うん、それは、ハッキリ、財産、分与の、その、なんつうの?、たくさん通った人は、財産たくさんもらえるからっていう・・

相談者:
そういう風な、話が出てるんです。

柴田理恵:
・・あの、財産て・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、どのぐらい、おありなんですか?

相談者:
それはもう・・相当な、地所を売って来たから。

柴田理恵:
あー

相談者:
あ、それは・・分かってると思います。

柴田理恵:
あー・・相当な額なんですね?

相談者:
そうです。

柴田理恵:
うーん・・なるほ・・

相談者:
だから、

柴田理恵:
うん

相談者:
「早く老人ホームへ入っちゃえ」とか。

柴田理恵:
うん

相談者:
そういう風に言う人もいる、そうすれば・・

柴田理恵:
うん

相談者:
後を分けちゃうって言うらしいんです。

柴田理恵:
うーん。えっとお、ご夫婦の、間では、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、ほら、もしね?、万が一、お亡くなりになった時に、

相談者:
そう

柴田理恵:
あの、どなたに、財産を、分けようとかそういう話し合いはなさってるんですか?

相談者:
それが・・前はやってたんですけど、今は・・できなくなったんです。

柴田理恵:
ん?、なんでですか?

相談者:
そういう風なん、なっちゃったんで。

柴田理恵:
いやいや、あの誰もいない時に、

相談者:
はい

柴田理恵:
ご夫婦でだけでお話、なさったり・・

相談者:
してます。

柴田理恵:
・・そ、その話はしてますか?

相談者:
してます。してるけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
そのお、予定にして来た子が、ダメになったんです。

柴田理恵:
だ、な、なんでダメになったんですか?

相談者:
・・うーん、どういうんだか、ちょっと・・んまあ、欲が深くなったっていうのかね、
「早く」っていう事になったらしいです。

柴田理恵:
・・あ、その面倒看てた子が(含み笑い)、

相談者:
はい

柴田理恵:
「早くちょうだい、早くちょうだい」って言うようになったんですか?

相談者:
だから、早くわたし達が、

柴田理恵:
うん

相談者:
施設行っちゃうとか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
すれば・・

柴田理恵:
いいなってなって来たんですね?

相談者:
そういう風な・・に見えて来ちゃったんです。

柴田理恵:
「見えて来ちゃった」?

相談者:
はい・・昨日、一昨日(おととい)もちょこっと来たんですけど、寄らずに上がらずに、

柴田理恵:
うん

相談者:
すぐ帰って、しまいました。

柴田理恵:
うーん

相談者:
そういう風になってるんです。

柴田理恵:
うーん、あなたとしてはあ、もっと家(うち)に入って、上がって、色んな話をしてくれたら・・

相談者:
そうです。そうしてたんです。

柴田理恵:
気持ち良く、財産を、譲れるのにって事ですか?

相談者:
そういう、思いでいたんです。

柴田理恵:
うーん

相談者:
(ため息)なんていうのかなあ・・
みんな、ただの金だら、「すぐにでももらいたい」・・っていうかな?」って・・

柴田理恵:
うんー

相談者:
お父さんと言ってるんですよ。

柴田理恵:
うーん

相談者:
うん

柴田理恵:
でもお、その人に、ハッキリ
「もう、全部譲るよ」なんて話はしてないわけでしょ?

相談者:
・・ん、まだしてなかったです。

柴田理恵:
うん。してないんだったら・・

相談者:
向こうはもらうつもりで、いました。

柴田理恵:
でもしてないんだから・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
あげるつもりがないって話でいいじゃないですか。

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
うん

相談者:
だから・・

柴田理恵:
うん

相談者:
本当にもう、ふたーりで夜になると、

柴田理恵:
うん

相談者:
そんな事だらけで眠れなくなるんです。

柴田理恵:
あー、なるほどね。

相談者:
で、どこへも、相談のしようがないんです。

柴田理恵:
うん、あの遺言とか・・ほら、弁護士さん・・にね?

相談者:
ええ

柴田理恵:
こう、ちゃんと立っていただいて、弁護士さんかな?、そういうなんか、きちんとした人に立っていただいて、

相談者:
ええ

柴田理恵:
遺言状を書いて、

相談者:
ええ

柴田理恵:
で、こーれ、「これお願いします」とかというような事は、やってらっしゃいます?

相談者:
だ、それをどういう風にやっていいか、分からずいるわけです。

柴田理恵:
あー

相談者:
そいで、相談したわけです。

柴田理恵:
そっか。

相談者:
はい

柴田理恵:
なるほど、あげようと思ってた人が、なんか・・あのお、金の亡者みたいになっちゃって、

相談者:
ええ

柴田理恵:
そんな人にあげんの嫌だなって思っちゃって。

相談者:
え、そうです。

柴田理恵:
あー、そしたら・・

相談者:
親戚中が、そういう気持ちになってます、今。

柴田理恵:
あー・・そっかあ・・

相談者:
そいで、わたし達は今、迷っているんです。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ふ、二人で。

柴田理恵:
うーん

相談者:
夜になるとそんな話になって。

柴田理恵:
いずれにしても、だけど、ご夫婦で、頑張られた、お金だから・・

相談者:
そうな、そうなんです。

柴田理恵:
ね?

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
思う、ように、始末したいですよね?

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
うーん。

相談者:
い、やりたいとこが無くなっちゃったんです。

柴田理恵:
あー

相談者:
今は。

柴田理恵:
分かりました。弁護士の先生に相談してみましょうかね?

相談者:
はい、お願いします。

柴田理恵:
はい。今日の回答者の先生は、弁護士の、塩谷崇之先生です。先生お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「お金目的が見え見えの親戚にもやりたくないし、使い途もない85歳夫婦」への2件のフィードバック

  1. 相当な額…。どうしても気になってしまいます。相当というからには、相当であってほしいけれど、どうなんでしょう。わからないですねぇ。

    60年ぶりの田舎暮らしは、こちら側も大変、あちら側も大変でしょうね。それぞれ思惑も違いますし。

  2. なぜゆえに好感度タレントなのか?
    この相談の核はお金の使い道などではない
    まわりとの関係がうまくいかなくなり
    それを哀しい寂しい苦しいという心のありようである
    相談者はそれを金銭からくる他人の卑しさに原因があり
    これは決定事項だと話を進める
    己が嫌われる原因とはまず己に理由があるもので
    我を嫌うまわりの数が多ければ多いほど
    中心たる己に非があるものだと諭すこそ道ではなかろうか
    自ら本音を語らず
    他人からは本音で接せられず
    さみしくてさみしくて
    たまらず電話してきた
    すでに子供を亡くしている状況は
    相談者がまわりに優しくできているはずもない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。