孫息子が母を殴るのは甘えてるから。祖母のあなたに良い子なのは他人だから


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい
こんにちは

相談者:
あ、こんにちは

マドモアゼル愛:
はい
えっと、あの、ちょっとお尋ね、しますけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
5年前に離婚されたときい、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お孫さんはお父さんとの関係はどうだったのかしら?

相談者:
あ、ま、仲はいい、あんまり仲がいいとか、そういう・・感じはしなかったですねえ

マドモアゼル愛:
あ、そう
じゃ、離婚することで、お子さんも特に、お孫さんも抵抗はなかったのかな?

相談者:
・・
言わないからあ、そんな抵抗はなかったとは思うんですがあ・・

マドモアゼル愛:
うん
お婆ちゃんから見て、その、別れた旦那さんっていうのは、あんんまり、いい人じゃなかったわけね?

相談者:
んん、性格があの、合わなくって、

マドモアゼル愛:
うん
離婚は誰が勧めたのかしら?

相談者:
え、あ、娘からです。

マドモアゼル愛:
あ、そいで、お母さんは、もうそれは、いいよ、いいよっていうことに

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いー、なったと。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
いうことで。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そうすと、本当に、お孫さんが、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お父さんと仲あ、ほんとは悪かったかどうかも、ほ、よ、ある意味、分からないよね?

相談者:
はあ

マドモアゼル愛:
ね?
ま、分からないけど、僕も。

相談者:
はい、わあ、あまりにちょっと離れてるもんですしねえ

マドモアゼル愛:
うん
いっ、何で伺ったのかっていうと、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、一応、離婚するっていう、子どもにとってもね、あの、非常に、生活も変わるし、変化がおっきい、事じゃないですか?

相談者:
あ、そうですねえ、ショック大きいですねえ。

マドモアゼル愛:
ショックおっきいと思うのよね。
そいで、今度は、お母さんと一緒に、え、二人だけで暮らすだと。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いうときに、ま、彼は精一杯に、その、愛情、が満たされてるかどうか分からない、環境の中で、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
精一杯、生きてるんだという、前提を、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
まず、周りが見てあげないといけないよね。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
だから、彼が今、そのお、そういうことをやる、おっきな不満は、たとえば、弁当を、残した理由だって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なあんかあるかもしれないよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
たとえば、弁当を残した、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あ、どうしたのかな?、身体が悪いのか?、なんかって、そういう視点で考えれえば、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
喧嘩にならないよね?

相談者:
はあ、ああ、そうですね

マドモアゼル愛:
だ、お母さんも負い目があるのよ、絶対に。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
要するに、この弁当には、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
実は、母親の愛情っていうものが、(苦笑)表現されていないんだと。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
いうことを、母親は、どこかで知っていて、息子が、それに、即応するように、見事に残してくれると、なると、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分の至らなさを認めるか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
相手を責めるしかなくなっちゃうのよ、お母さんとしても。

相談者:
ああ・・なるほど

マドモアゼル愛:
そいから、宿題のことも同じだよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さんが、社会的に、そんなに立派に生きてってんのかな?って子どもは思ってるよ。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
ね?
そいで、でも宿題やんなくちゃいけないっていう、大上段に、正義を振りかざして?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何か自分を責めるっていう、という中には、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
上手くは言えないかもしれないけど、「何言ってんだ、自分の問題こそ」、あのお、「大したこともできなかったくせに」

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
「オレに何言うんだ?」っていう想い。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
だって、オレは今、一生懸命、外で、これだけ苦労してやってるんだって思いもあるんんじゃないの?どっかに。

相談者:
ああ、なるほどねえ

マドモアゼル愛:
うん・・
そいで、そこでお婆ちゃんが、出てきて、色々聞いても、わりと表面的なもので孫を見てるような気がすんのよね。

相談者:
ああ、なるほどねえ

マドモアゼル愛:
となると孫は、どこを見ても、本気で俺のことを考えてくれる人はいないなって気持ちはあるよね。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
でも、それでも、母さんが好きだから、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
甘えたい。
でも、甘えたい気持ちは素直に、甘えとして出ないで、当然、反抗として、出ざるを得ないっていう今、状況が、あるんじゃないの?

相談者:
ああ、なるほどお

マドモアゼル愛:
うん
そいで、さっき、気になったのは、お婆ちゃんは、娘はちゃんと正社員でやってるしっていうことを誇りに思ってる言い方をしたのよ。

相談者:
ああ、はあ、はい

マドモアゼル愛:
そうだよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん
僕は逆に、正社員か?って聞いたときに、お金のことは置いといて、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
お子さん、大変だなってことに、気持ちが先に来たのよ。

相談者:
ああ・・そうですねえ

マドモアゼル愛:
うん、だから、

相談者:
それは言えますわ

マドモアゼル愛:
そういう意味では、お婆ちゃんも、お母さんも、社会的価値観は似ていると思うよ。

相談者:
あはは、はい

マドモアゼル愛:
うん
でも、お孫さんは、今、そういうものも含めて、人間を作り始めてる時代に入ってるわけだよ。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
ここで、大人が何を教えるかは、重要な問題だよ。

相談者:
なるほど

マドモアゼル愛:
うん
だから、一度、ま、こういう、し、ん、娘さんが心配でしょうから、怪我もしてね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも、すぐ、どれがいいとか、悪いとか、またすぐ仲良くしましょうよ、っていう理想論の話ではなくて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あの、一度、娘さんと話し合ってみたらどうかな?
そいで、お婆ちゃんなりに、彼の、お孫さんの気持ちが、なんとなく理解できたら、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その、心を持って、お孫さんと、深い話をされたらどうでしょうか?

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
そういう順番で、え、いくのがね、

相談者:
ああ、なるほどねえ

マドモアゼル愛:
んん、いいような気がしますね。

相談者:
ああ・・出来るかなあ(苦笑)

マドモアゼル愛:
うん、でも、やるしかないよね?
僕はそれ、やった方がいいような気がしますよ。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
あのお、

相談者:
ありがとうございます。

加藤諦三:
もう一つね、

相談者:
はい

加藤諦三:
僕がちょっと理解、し難いのは、電話を、相談に掛けてく、来てくださる、前にね?、このお孫さんに対する関心があ、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんかちょっと、具体的な話になると、ん、も、分かんないわけですよ。

相談者:
ああ・・学校の様子とかわたしは分からないですねえ

加藤諦三:
うん・・
もお、ちょっと、「実際この子どうだろう?」っていう関心はいかない?

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
要するに、解決法、これしかないんですよ。
この中学生、お母さんに甘えてるわけですね?

相談者:
でしょうねえ

加藤諦三:
うん、これは間違いないわけです

相談者:
はい、そうですねえ

加藤諦三:
そうして、あなたにも甘えてないんですよ。

相談者:
・・

加藤諦三:
お母さん以外は全部他人なんですよ

相談者:
ああ、なるほど

加藤諦三:
だから、あなたも、他人なんですよ。

相談者:
ああ、そうですかねえ

加藤諦三:
だから、もし解決しようとするんだったら、あなた自身がね、

相談者:
はい

加藤諦三:
この中学生の孫が、甘えられるような人間に変わるっていうことしかないんですよ。

相談者:
ああ、それ難しい(苦笑)◆#$

加藤諦三:
お婆ちゃんだけは僕のこと分かってくれる、かな?っていう・・気持ちが出れば、これは母親に対する、暴力はガタッと減りますよ。

相談者:
ああ

加藤諦三:
この子を本当に理解してあげようっていう気持ちがあなたに芽生えてえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
このお孫さんが、「あっ、お婆ちゃんは自分のこと分かってくれるんだなあ」と、お婆ちゃんには自分の気持を、ほんとの気持ちをえられるんだなというふうになればあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
これは解決するように向かいますよ。

相談者:
ああ、そうですかあ

加藤諦三:
もし、あなたが変われば、この、お孫さんは、変わってくるハズですよ。

相談者:
難しいですけど、ちょっとやります、はい

加藤諦三:
はい、よろしいですか?

相談者:
はい、ありがとうございます。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します

人は一番甘えてる人、一番好きな人に、攻撃的になります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。