娘の産後ウツの相談が急展開!自分の再婚夫が娘を女として扱っていた


テレフォン人生相談 2014年8月5日 火曜日

相談者: 女61歳 夫62歳 結婚18年再婚どうし 実の娘36歳、夫の連れ娘が35歳と33歳 全員結婚

相談内容:産後ウツの実娘との付き合い方

パーソナリティ: 勝野洋
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

スポンサードリンク

回答:
(相談者の逃避場所としての)娘さんを切り離すべき。

何かを隠して相談したって、有効な回答は得られません。
しかし、それを見逃さなかった大原先生、さすがです。
結果的に、それが相談者を救うことにもつながるんじゃないかと思う。

にしても、みさかいないね、男の性(さが)って。

 

相談者は前夫のDVに苦しみ離婚。
実娘は中学生。明るく元気。
でも、父の悪口を母(相談者)から聞かされたことがつらかったと現在、母(相談者)を責めている。

再婚。実娘は18歳

実娘が結婚するも、離婚して家に戻る。
離婚原因は実娘の気性の激しさ。

実娘が再婚し家を出て出産。
相談者が世話に通うものの、実娘からつらくあたられる。←いまここ

スポンサードリンク

相談者が告白した、

「実娘が離婚して戻ってきたとき、(相談者の再婚)夫が娘を女として意識するようになった」

「夫は娘の部屋にも入っていた」

これ、額面とおりに受取るべきなのか、
それとも、男女関係 があったことをオブラートにつつんでいるのか。

いや、それより、なにより、私が思ったのは、実は再婚夫のこうした態度は、もっとずいぶん前、つまり、再婚直後からあったのではないかということ。

だって、再婚当時、実娘は18歳で、再婚夫は44歳ですよ。

ある日突然、アカの他人の男と暮らすことを余儀なくされる実娘。
急造された5人家族の中で、この実娘一人だけ苦しんでたんじゃないでしょうか。

大原さんも(わざと?)触れてませんでしたけど、実娘さん、実はもっと大きな傷を負ってたりする可能性はないんでしょうか。

だいたい、相談者は再婚夫との生活をこのまま続けていくつもりなんでしょうか。

2代にわたる女の不幸が実娘の子供に連鎖しないことを祈ります。

 

勝野さんの最後のコメントには(多くのリスナーとは違って)好意的な私なのですが、今日は要らなかったです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。