ADHD に関連する悩み相談

ADHDは、Attention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、日本名は、注意欠如・多動性障害。
巷では、注意欠陥・多動性障害で知られています。

ADHDは、発達障害の中の、広汎性発達障害のサブカテゴリーです。
広汎性発達障害のサブカテゴリーには、他に自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群を統合)があります。
つまり、ADHDとアスペルガー症候群は別ものなわけです。
ただし、そのようにカテゴリー分けをされたとしても、そもそも診断を分けることが簡単ではありません。

ADHDの特徴は、

  • 忘れ物が多い
  • 物を失くす
  • 片付けない、整理整頓ができない
  • じっとしていられない
  • 集中出来ない、逆に集中し過ぎる
  • 思いついたことをすぐに口にする
  • 時に乱暴になる

など。
一つひとつは、誰にでもある、よくある個性に過ぎないように思えますが、ADHDは、これらの特徴のいくつかがまとまって、さらに人よりも強く出るわけです。
それが原因でトラブルを起こします。

小さい子の場合だと、他の子を叩いたり、物を壊すことを好むとか、大人しくしていられないなどの兆候が見られます。
これらの兆候も、躾の問題にすり替えられたりしますが、ADHDは先天性です。

最近、注目されるようになったのは大人のADHDです。
大分類名を使って、大人の発達障害と言われることの方が多いかもしれません。

ADHDは先天性ですから、大人の人がそうであっても何ら不思議ではありません。
また、ADHDは対人関係や社会生活で問題を抱えがちな一方で、知的障害ではないので、社会で業績を上げている人も少なくありません。

たとえば、経済評論家の勝間和代さんは自分がADHDであることを公言しています。

実は管理人のアタシも、ADHDの症状にはいくつも思い当たるフシがあって、診断を受けたことはないんですが、少なくともADHDの気があるのは間違いないと自覚しています。
ご多分に漏れず、小学校の通信簿の担任の所見欄には、「落ち着きがない」と書かれていました。(苦笑)

ADHDは治癒ということは難しいのですが、症状を和らげ、トラブルを回避することは出来ます。

早い話、意識で症状を押さえ込むわけですが、そのためには、何よりも病識、つまり自分がADHDであるという自覚が必要になります。

  • 17/07/27(木) 借金男に入れ込んだADD(注意欠陥障害)の娘。病名に振り回される母親
  • 16/07/22(金) 注意欠如多動症?失敗続きの介護職20年の男は放送中にも症状を披露する
  • 15/12/29(火) 悩める16歳。異母の兄は発達障害、姉も精神病。自分も?
  • 15/11/04(水) 発達障害?騒音に敏感な3浪息子が家族から孤立
  • 14/08/15(金) ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断された5歳の息子。迷う母親へのアドバイス
  •