双極性障害 に関連する悩み相談

双極性障害の旧呼び名は躁鬱(そううつ)病。
つまり、ハイな躁状態と、うつ状態という対極にある2つの状態が交互に現れる精神疾患のこと。

双極性障害のうつ状態と、うつ病は見た目同じような症状だが、両者は別の疾患である。

うつ病は心の風邪(肺炎の方が相応しいという意見もある)と言われ、過度なストレスによって誰でも罹る病であるが、双極性障害はそれほど一般的なものではない。

双極性障害のうつ状態はうつ病と同じように生活に支障があることが本人も含め周囲も理解できるが、躁状態のときは分かりづらい。

もし、双極性障害のうつ状態をうつ病と間違えれば、躁状態はそれが治ったものと勘違いされても不思議ではない。

双極性障害の躁状態は、異常に気分が高揚な状態が続くことであって、仕事のトラブルや、人間関係の破壊などを伴いがちである。

例えば、
威張る、人を見下す、怒りやすい。
借金してまで高額品を買い漁る。
浮気を繰り返す。
など。

うつ病と違って、双極性障害は完治が難しいとされ、場合によっては生涯、薬による治療が必要とされる。
それは同時に、双極性障害であっても薬によって症状が抑えられるとも言えるわけで、実際にそうして通常の生活を営み、様々な仕事に就いていることが報告されている。

以上のことからすると、双極性障害者の最大の不幸は、そのことに本人も周りも気づかずに、破産、離婚、解雇、自殺を引き起こすことかもしれない。

  • 17/01/16(月) 息子の不登校を相談してきた女が黄金コンビからナルシストにされてフルボッコ
  • 16/08/31(水) 出て行った妻。僕は暴力も浮気もない。キレて怒ることはあるけど
  • 16/08/20(土) 腫れ物相談者。子供に連絡取りたい双極性障害の男が養育費を止めたワケ
  • 14/09/08(月) SOCが高くて感心される相談者。夫の元不倫相手から3人で会いたいと電話がかかってきた
  •