引きこもり に関連する悩み相談

厚労省の定義だと引きこもりは、

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」

「準引きこもり」という言葉もあって、これは趣味などに限って出かけていくこともあるような引きこもりを指し、前者を狭義の引きこもり、後者を広義の引きこもりと呼ばれている。

15歳から40歳未満の引きこもり人口は狭義の引きこもりが24万人(0.6%)、広義の引きこもりは70万人(1.8%)と推定される。
<内閣府 2010>

原因は様々だが、一つはなんらかの精神疾患を患っているという説。
これなどは、治療をすれば引きこもりも治るという論理になるのだが、事はそう単純ではない。

疾患が治っても、引きこもりの期間そのものがハードルとなり、学校や職場に復帰することが難しいからである。
本人もこのことを自覚していることが多く、一旦引きこもると、それが引きこもる原因となり、さらに長期化するといったスパイラルに陥る。

厚生労働省の国立精神・神経センターによる引きこもりの定義には、「単一の疾患や障害の概念ではない」と明記されているが、そうした事情も考慮したものと思われる。
社会復帰には専用のプログラムが求められる理由である。

引きこもりの高齢化が問題になっている。
上記で示したの2010年の引きこもり人口は、10年後の2020年には、50代未満の引きこもり人口、20年後の2030年には60代未満の引きこもり人口となるのは自明である。

番組の相談でも、このことを反映して、中年以降の引きこもり相談も見受けられる。

大半は親からの相談である。
回答者は精神科医、教育者、たまに弁護士と、限定されてはいない。

引きこもりに至った何らかの原因があるわけで、まずはそれを探ることが試みられる。
回答としては公的な支援機関の紹介から、接し方まで幅広い。
即効性の解決法がないのは当然で、アドバイスを根気よく続けていくことが求められ、まさに相談日が新たなスタートとなる。

たまに、もう状況的にどうしようもないような相談もあって、相談者の心も持ち様に焦点が移さるといった、見方によっては残酷なものもあったりする。

  • 17/04/25(火) 母「出てっていい?」ほんとに出て行った。自分でも理由が分からない不登校
  • 16/05/23(月) 離婚したら17歳の娘が引きこもった。母親の内面に切り込むもリスナー置いてかれる
  • 16/03/25(金) 中学にも行かず日がな一日猫と暮らす娘35歳。対人恐怖症の母の心配の今さら
  • 16/01/23(土) 福祉作業所で働く30代の娘二人と10年無職の29歳長男を抱える63歳
  • 15/11/04(水) 発達障害?騒音に敏感な3浪息子が家族から孤立
  • 15/10/05(月) 45歳ニート。病的?、心配なし? 新パーソナリティ柴田理恵
  • 15/09/21(月) こんな引きこもり見たことない。中卒営業マンから農業手伝い
  • 15/07/28(火) 漫画家志望のスネかじり娘を呼び戻したら昼夜逆転のネット中毒に
  • 15/05/29(金) 大学生の娘が不登校。母親の心の葛藤と家族の構造
  • 14/11/03(月) 資格試験を挫折した大卒34歳の息子は引きこもり?、いや単なる怠け者
  • 14/10/09(木) 息子が引きこもりになる理由~母親の影響
  • 07/02/08(木) 伝説のガチャ切り引退教師。ダンベル振り回す引きこもり息子
  •