弁護士受難。傍若無人の夫と理屈の分らない妻とアッと驚く回答を求める加藤諦三

テレフォン人生相談 2024年7月6日 土曜日

これどう見ても夫は代理人立ててないでしょ。

中川弁護士は強気なんだけど、それは財産分与で争っていることを前提にしているから。
でも夫の態度は離婚しなくても構わない場合の戦法なの。

相談者、まさか単身赴任を別居実績にするつもりでもあるまい。
モラハラもどきは反省してます、義母は大切にします、猫いじめはもうしませんと言われれば終わるレベル。

当たり前だけど、離婚できなければ財産分与の争いは存在すらしない。

依頼人弁護士の弱音は、裁判離婚が微妙な状況で協議離婚が絶望的だから。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女59 夫60 別居中 一人娘と実母がいる

今日の一言:モラハラというのは、言葉そのものは大変一般化したんですけど、内容は非常に難しい問題です。

続きを読む 弁護士受難。傍若無人の夫と理屈の分らない妻とアッと驚く回答を求める加藤諦三