レポ!65歳からの素敵な生き方トークショー テレフォン人生相談presents


  1. チケット購入~イベント当日開演まで(このページ)
  2. オープニング~第一部(垣花正&大原敬子)(次ページ)
  3. 第二部(今井通子&加藤諦三)~エンディング(次の次のページ)

 

テレフォン人生相談presents
65歳からの素敵な生き方トークショー
会場は新宿文化センター 大ホール
6月16日(日)14時開演

ニッポン放送開局65周年の記念イベントの一環。

テレフォン人生相談に限れば番組放送開始から54年、初めてのイベントなんだとか。

確かにラジオパーク(*)ですらテレフォン人生相談の枠はありませんしね。

(*)ラジオパーク: 年一回、12年前から日比谷公園で2日間に渡って開催されるニッポン放送主催のテーマパーク。
2019年は4月27(土)、28(日)。入場無料。
ニッポン放送 ラジオパーク in 日比谷 2019

視聴者との触れ合いを大切にするニッポン放送さんですから、公開収録ぐらいやっても良さそうな気もしますが、露骨なエンタメ化はコンテンツが人様の悩みだけに難しいところ。

 

アタシ?
もちろん行きますよお♪

2月23日10:00 チケットぴあで先行販売開始。
どうせ年配者が大半だし余裕でゲットできるだろと思いきや、
いきなりアクセス不能・・
いるんですね、何の世界でもコアなファンが。

時間を置いて無事ゲット。

もっとも、決済しただけで、まだ席順すら分かりません。
よくあるS席、A席の類はなく一律料金です。
チケット交換は5月11日(土)から。

⇒ 交換完了!

 

いずれにしても3月10日で先行販売は終了。

現在はプレイガイド先行先着販売期間とやらで
2019/3/20(水) 23:59まで。
チケットぴあ

<二次先行(先着)>
3月25日(月)9時 〜 4月26日(金)23時59分
[TEL]0570-07-1242
(平日9時~17時・らくらくチケット・オペレーター対応)
⇒先行分は完売。あとは一般販売。

3度目の販売なのに二次とはこれ如何?
それより”先行”という意味を誰か教えて。

こういう細切れな売り方もその意図がよく分からん。

 

<一般発売(先着)>

5月11日(土)10:00 〜
●チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:641-924)
https://w.pia.jp/t/jinseisoudan/

⇒予定枚数終了

 

5月13日(月)9:00~
●ニッポン放送らくらくチケット
0570-07-1242(平日9:00 〜 17:00)

⇒ 完売

楽しみぃ♪

てか?

実はそれほどでもありません ^^;

ほとんど義務感みたいなもので、ブログやってなかったら買ってたかどうか。

正直、同じく開局65周年イベントの高嶋秀武(*)のオフレコトークショーの方が惹かれる。

(*)高嶋秀武: たかしまひでたけ 
長らくニッポン放送の様々な帯番組のメインパーソナリティ。
今のレギュラーは土曜日夕方に里崎智也氏と「サタデーバッテリートーク」

 

だって顔ぶれが・・

いやもちろん大好きな方ばかりですよ。

ただ、あまりにもメインすぎて。

垣花アナの自虐ネタで笑いはとれても、ヘビーリスナーにとって結局は聞いたことのある話が展開されるだけなんじゃないかと思っているんですが・・

きっとオープニングはいつものテーマ曲。
そして那須アナの生コール。

入場料は強気の4,500円。
会場は1800人収容。

予想を裏切ってくれることをちょこっとだけ期待しています。

 

で、まさか、客席でパチパチ実況するわけにいかないでしょう。
当然、撮影、録音も禁止ですよね。

目と耳と脳を研ぎ澄ませて、雰囲気だけでもここでお伝えできればと思っています。

 

行ってきました!

ではレポートです。

開演まで

13時半に会場着。
すでに1階ホールにはかなりの人。

ここは誰でも入れるフリースペースですが、100%トークショーの観客でしょう。

かなり大ざっぱな印象ですが、男4に女6。
年齢層は4,50代をボリュームゾーンに、20代から70代。

あと、ご夫婦でしょうか、カップルで結構いらしてました。

 

もぎりのお兄さんにチケットを渡して半券を手にして会場ロビーへ。
ここからは観客オンリーですが、ホール以上の混雑。

入ってすぐのところでキャリーバックの列。
遠方から一泊とかで来られた方でしょうか、さすがに席に置き場所はないので、預かってるんですね。

後で、那須さんが、
「遠くからもたくさんの方においでいただきまして・・」
と挨拶。

 

と、なんか売ってる。

 

あざとい。
でも飛ぶように売れてる。

迷わずゲット。
もはや義務感。
レシートもくれない。

てか、むしろこれだけで助かった。
もし、記念ストラップやら、記念ポストカードやら出されてたら、全部買わされる羽目になってた。

意外だったのは講演会なんかでは必ず売られる著作本。
これがなかったってこと。

余裕。
てか、そこは遠慮というか挟持というか、あくまで相談者ありきっていうことでしょうか。
一人で感心してました。

で、実物はコレ。

 

オリジナルと言っても中身はなんの変哲もない横罫線ノート。
ま、部数もないだろうし、こういうのはグッズ価格。
と自分に言い聞かせてたんだけど。

と、家に帰って開くと、特典が。

今日の出演者、加藤諦三、今井通子、大原敬子の3氏が「私とテレフォン人生相談」と題してメッセージ。
そういや上のチラシにそう書いてあった。

程なくして、那須さんが、売り切れとお礼のアナウンス。

ちなみに、開演前に流れていた案内やら注意事項のアナウンスはすべて那須さん。
これたぶん生(ナマ)。
贅沢う。

席につく前にお手洗い。
お約束の女子のみ長蛇。

会場に入って全体を眺める。
すでにステージの緞帳(どんちょう、幕)は上がったまま。

バックにはトークショーのタイトルの静止画。
本番中はときおり演目に合わせて映像が変わってた。

セッティングは、花に覆われたロー・テーブルに椅子が2つ。
両脇に人ほどの大きさの装花が二本。
カラーアレンジは黄色を中心に、オレンジ、白、サシで緑。

スマホでパシャリ。

男性スタッフがなにやら紙を掲げて会場を巡回。
紙の内容は撮影、録音の禁止。

アタシの横で撮ってたおじさんが注意されてんの。
そらそう。

だって見ると、高価そうなどこから見てもカメラ。
普通のコンサート会場じゃ、見かけない人種だ。
てか、腕章でもしてたら注意されなかったんじゃない?

縦列番号を確認して通路を降りて席へ。
かなり前の方。

5分前にスケジュールのアナウンス。
終了時刻はこの時初めて分かった。

一部と二部に分かれてて、休憩を挟んで4時半まで。
休憩が20分だったから、正味2時間10分。
結局は10分ぐらいサービスオーバー。

ではいよいよ開演です。


「レポ!65歳からの素敵な生き方トークショー テレフォン人生相談presents」への1件のフィードバック

コメントはお気軽にどうぞ

ニッポン放送ラジオの最長寿番組「テレフォン人生相談」のファンサイト。文字起こし&コメントブログ。 あらゆるお悩み、身の上相談に専門家がズバリ回答。

↓