「あなた不幸になる」志賀こず江の予言は当たった。10年後も寸分違わぬ男72歳

テレフォン人生相談 2021年5月18日 火曜日

10年を経ての再相談。

今日の相談では分かりにくいが、息子から紹介を受けた当時、かなり強く反対していることが分かる。

「出戻り娘の尻拭い」
男の暴言の数々に志賀ちゃんも苦笑。

いつもは冷静な志賀ちゃんが割り込んでまで諭した熱意は1ミリも伝わらず。
人間、変わるということはこうも難しい。

男手一つで育てた息子が年上バツイチ子連れ女の虜に

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男72歳 妻は30年以上前に長女34歳を出産後に他界 長男38歳家庭持ち 次男36歳同棲中

続きを読む 「あなた不幸になる」志賀こず江の予言は当たった。10年後も寸分違わぬ男72歳

通信制望む不登校娘を県外転校。無気力治らず懺悔する母に激おこの大原敬子

テレフォン人生相談 2021年5月17日 月曜日

忙しいお母さん。

進学校      ひゃっほー♪

ドベ       ・・

不登校      え?

留年       通信制とかダメ!

県外転校     ホッ

無気力ゲーム厨  ごめんなさぁい(泣) ←今ここ

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女46歳 夫57歳 長女19歳 次女16歳

今日の一言: わたしは何をするべきか。それが分かっているとき気が楽になります。

続きを読む 通信制望む不登校娘を県外転校。無気力治らず懺悔する母に激おこの大原敬子

お隣は選べない分譲マンション。ピアノ禁止されてないし vs 苦情A4一冊分

テレフォン人生相談 2021年5月15日 土曜日

今井さんのアドバイスを真に受けて共闘期待を漂わせて近寄って来られても困る。
だってピアノはアンタだけだもん。

むしろ、ピアノ音の苦情言ってくれてる人に頑張って欲しい、
なんてこともあり得る。

 

大いなる勘違いがありそうなので、基本的なことを。

ルールにはポジティブリストとネガティブリストっていう考え方がある。

ポジティブリスト・・許可されていることを明示。以外はNG。
ネガティブリスト・・禁止事項を明示。以外はOK。

アンタの言い分を聞くと共同体がネガティブリストだけで成り立っているかのよう。

実際は、ポジティブリストとネガティブリストの間に広大なグレーゾーンがあって、マナーとか、お互い様とかって呼ばれる。

そして傾向的にはグレードの低い集合住宅ほどネガティブリストが多い。
事件が起きるたびにマナーをルールに格上げするからだ。
”廊下につばを吐くことを禁じます” とか。

このままだと管理組合は両者の妥協点を探り、ピアノの演奏時間などをルール化しないといけなくなる。
それがお望みかしら?

お隣がそれほど変な人と思えないのは、埒が明かないにも関わらず管理会社を通す姿勢を崩さないことと、子どもの声に苦情を出していないから。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女34歳 夫33歳 娘1歳8ヶ月

続きを読む お隣は選べない分譲マンション。ピアノ禁止されてないし vs 苦情A4一冊分

未婚3きょうだい。アラ還しっかり者の姉が無職の私を無気力にする共同生活

テレフォン人生相談 2021年5月14日 金曜日

小学校にあがるときに姉は高校卒業。
関係を”姉妹”で理解しようとすると間違う。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女46歳 独身 兄と姉57歳との3人暮らし 父は施設入所中 母は他界

今日の一言: 人間は相手の無意識に反応する。ベラン・ウルフ

続きを読む 未婚3きょうだい。アラ還しっかり者の姉が無職の私を無気力にする共同生活

離婚話に困る非のない男に分からない。マドモアゼル愛が流刑地に例えた妻の境遇

テレフォン人生相談 2021年5月13日 木曜日

来日20年っていう雰囲気。

マド愛の言うように、成り行きで離婚を受け入れそう。
子どもどっちが引き取るかなんて自分から話を広げてどうする。

なんで一緒に自営業やんないのかしら?
全部解決しそうだけど。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 男46歳 妻42歳 息子8歳

続きを読む 離婚話に困る非のない男に分からない。マドモアゼル愛が流刑地に例えた妻の境遇

居眠り妊婦に負けた5年前の派遣先。職場の隠語が分かって悔しさは頂点に

テレフォン人生相談 2021年5月12日 水曜日

採用決まってから妊娠判明って苦情レベル。
相談者の言いたいことは分かる。

だけどね、

表向きは妊娠を理由に不利益を受けることのないように派遣会社も派遣先も努力しないといけないわけで、すでにこの時点で妊婦の負けはなかったの。

とは言っても、どのみち近々に出産休暇に入るわけで、それでも相談者を切るってどんだけ。

妊婦がいかに使えないかを話すほど、自分がいかに仕事に向き合ってきたかを話すほど、相談者の嫌われ度が際立つ皮肉。
それが回答を方向づけた。

エピソードには踏み込まず一点突破の大迫女史。
ま、相談は気持ちの持ち様だし。
派遣先をディスって同情するかのどちらかしかない。

 

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女30代(*) 両親60代 弟20代 4人暮らし

(*)番組後半の説明では、5、6年前の職場に居たときが30代前半だったらしいので、現在はアラフォー。

続きを読む 居眠り妊婦に負けた5年前の派遣先。職場の隠語が分かって悔しさは頂点に

         

ニッポン放送ラジオの最長寿番組「テレフォン人生相談」のファンサイト。文字起こし&コメントブログ。 あらゆるお悩み、身の上相談に専門家がズバリ回答。

↓