嘘つき強いられた母子家庭。老いた自己中母にぶつける怒りの繰り返しに嫌気差す

テレフォン人生相談 2020年10月15日 木曜日

20年前から母親の家で同居する相談者家族。
相談者への愛情が感じられず何事にも自分中心な母に気を使う生活。
母に感情をぶつけても変わらず、これからもこれを繰り返しながら自分が歳を重ねていくかと思うとやりきれない。

 

齢(よわい)83の母親に今だにかしずく娘。

 

隠せるもんかしら?
父親の死、夫の死。

引っ越しもせず。

この時代の小学校では家庭訪問ってのがしっかりあった。
玄関先ではなく家に上がる。

こういう大嘘をつき通すには随所で小嘘をつき続けないといけない。

いくらなんでも大人は気づいてる。
騙されたフリ。

父親がいないことを受け入れられない女の子・・不憫 (T_T)
みたいな。

てか、
「『愛人の子や』という噂が出てたよ」

バレとるやん。
てか、却って色眼鏡。

せめてもの救いは、ジモティを続けるおかげで、近しい人には、実は嘘だったと、実は嫌だったんだと告白する機会を得たことかしら。

友人の愛人云々の返しも、聞きようによっちゃ、さすが大阪。
笑いに変える思いやりにあふれた突っこみ。

もちろんそれは同時に、母娘の異常な関係をバラすことでもある。
母親の世間体とやらも台無しだ。

 

最初は軽い気持ちでついた嘘。
まさかこんなに長く続くとは思わなかった。
いつかバレる爆弾に耐えられなくなった女。

嘘で固めた彼との8年間が招いた自己同一性の危機

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 関西なまりの女54歳 夫52歳 結婚して独立している息子 同居の娘23歳 父は3歳のときに他界 同居の母83歳 結婚している兄がいる

続きを読む 嘘つき強いられた母子家庭。老いた自己中母にぶつける怒りの繰り返しに嫌気差す

転職先で嫌われるモデル。番組も言わない正看20年に足りないたった一つのスキル

テレフォン人生相談 2020年10月14日 水曜日

看護師として働いて来たが介護にシフトしたくてデイサービスに転職して2ヶ月。
パートで働く。
人間関係につまづき再転職すべきかどうかで悩む。

 

新人若手のお二方(*)、
鏡を持たぬ相談者に気づきを与えるのが番組の売りじゃないのかしら?

(*)新人若手: 番組内での相対的位置づけ

 

相手の言葉をさえぎる先食い喋り、単語の選択・・

古株と呼ぶその人はアンタの上司ね。
取り巻きと呼ぶ人たちはアンタの同僚ね。

結局、相談者自らの振る舞いを振り返る言葉はなし。

もし何の理由もなしに今の状況なら、その事業所は新興宗教か、スタッフは全員キチガイ。

 

「ダテに20年近くやって来たわけではない」
「医療と介護だと、全然やっぱり医療のほうが勝るというのはおかしんですけど」
「そんなことは分かっているよっていうことはたくさんあるんです」
「すっごい古いんですよ、やり方が」

こういうの、内に秘められる強(したた)かさでもあれば上手く泳いでいけるんだけど、アンタにそれはない。
人間関係につまずかない方がよっぽど不思議。

どうしたらいいかなあ・・こういうパートさん

とりあえず先輩は、新人が何を知っていて何を知らないかなんて分からないで説明するでしょ。

知識レベルをアピールしてない?
しかも否定的ニュアンス含み。

上のセリフは脳内だし、アンタは否定するだろうけど、たとえば、そうねえ・・

想像するに、
やり方に、ざぁとらしく驚いて見せたり、嘲笑(あざけわら)ったり。
あるいは別の単語に言い換えて確認したり。

とにかく全身から漂うマウント臭。

この手の人物評はすぐさま共有されるのが女の世界。
(もちろんスタッフには男性も居る)

たとえやり方を自己流にアレンジされても、アンタ相手じゃ直接注意も出来ないし、同僚レベルじゃ良し悪しも判断できない。

で、単なる報連相(*)が、アンタに言わせると、
「私の行動をいちいちチクりに行く」

(*)報連相: ほうれんそう。報告、連絡、相談。上司に対する部下の義務。

 

想像だけでは収まらない事実もある。
所長に訴えたときのくだり。

「『私が辞めるか、我慢するか、彼女が辞めるか、3つしかないですよね?』って私は結論を出した」

「彼女」というのは面接官まで務めたその人。
セリフの主は入って2ヶ月のパート。

彼女が辞めるかぁ!?

キチガイはここに居た。
アンタ。

「古株」やら「彼女」には、准看とかじゃなくてキチンとした役職名があるのに。
主任とか、〇〇長とか。

 

もっとも、あえて相談者の肩を持つとすれば問題の根っこはマネジメントマター。

玉置 お仕事の内容はなんですか?
女  看護師です

それは保有資格。
正しい答えは介護スタッフ、介護士見習い。

求人はデイサービスのスタッフ。
間違っても看護師募集ではない。

所長はまずこの勘違いを正さなければいけないのだが、出来ない。
看護師常駐を陰に陽にアピールしている、しようと思っているから。

そんな雰囲気を感じ取っているからこその相談者のデカい態度。

「給料の面でも今までの半分になったので全然納得できていないんです」

さすがに時給は入社前に提示されるハズなんだけど、資格を持ち上げられて介護士見習いの自覚を持てないまま。

言うまでもなく、求人票にある「看護師募集」と「看護師等有資格者歓迎」は天と地ほど違う。

介護スタッフの求人に、何げに「資格者歓迎」と載せたら、図らずも釣れた行き詰まり看護師。

数万円のタブレットすらケチって取り合いになる経営の本領発揮。

ミスマッチで苦労するのは現場だ。

 

立場を理解できない転職者とセコいマネジメントのしわ寄せは現場に。
構図は全く一緒。

保育士は全員バイト。皆に好かれる先輩が辛くあたる。その貧し過ぎるワケ

 

P.S.
タイトルの意味が分からないというお叱りを受けた。
失礼した。
たった一つのスキルとは協調性です。

 

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 女45歳正看護師 夫50歳 看護師の娘と薬剤師の息子

続きを読む 転職先で嫌われるモデル。番組も言わない正看20年に足りないたった一つのスキル

孫のお悩み相談は門前払い。時代遅れと祖母の役割ハキ違えと情報不足の部外者

テレフォン人生相談 2020年10月13日 火曜日

二人の孫娘はクラス替えに伴う環境に馴染めず遊ぶ相手がいない。

 

リスナーなら、いいかげん学習しなきゃ。
孫の相談は親に成りすます。

 

相談者 「あ、両方です、両方です」

さすがに姉妹を一緒くたにするのは乱暴すぎないか。

4つ違いだよ?
中学と小学だよ?

どう考えても、放課後に遊ぶ相手がいないのを心配するなら妹の方。

お姉ちゃんの方は、運動好きならどうして部活に入らなかったのかしら。
かといって、塾にも行っていないし。

極めて個別の事案。

お手紙持たせたのも妹。
それを嫌がるのも妹。

まさか、「高層マンションだけで固まって娘が入って行けません」とか書いたわけ?
まさか、担任がそれを児童らに言ったわけ?

それで娘を仲間に入れてくれて、一緒に楽しく遊び出すシナリオなのかしら。

同性のくせして、自分も通ってきたハズなのに、親になった途端に子どもの世界が分からなくなる不思議。

 

タワマンと片親の木造アパート。
母娘ともども格差を意識させられてるのね。

新興ニューファミリーにも、昔からのジモティにも、どちらにも属さない母子家庭。
きっとアンタの娘にだってママ友はいない。

姉妹共通化できるのはこの部分。

経済コンプ。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女60歳 夫69歳 別居中の娘36歳 娘の長女14歳(中2) 次女10歳(小3) 息子35歳

続きを読む 孫のお悩み相談は門前払い。時代遅れと祖母の役割ハキ違えと情報不足の部外者

夫は勧めた出生前診断。3度目の正直に命を選んだ女。厳しい現実に湧く自責

テレフォン人生相談 2020年10月12日 月曜日

ひと月前に出産。
ダウン症と、腸の難病の疑いがあって人工肛門の可能性。
毎日1,2時間程度、週5で看護に通う日々。

 

神様も酷なことをする。
誰かが受け持たないといけない試練なら一つにして。

ただ人工肛門の方はかなり技術が解決してくれていて、ほぼ健常者と変わらぬ生活ができる。

 

日テレ24時間チャリティとかでは絶対に聞けない素の母の心情。

人は考えてもし方の無いことを考えてしまう。
その最たるのが後悔と不安。
感情に近い働きでコントロールできない。

受け入れる以外にない、
変えようのない過去と不確実な未来。

選ばなかった後悔から逃れるには選んだ今を充足させるしか方法はない。

 

どうしたって自責。さらに妬みを告白する相談者
生後すぐの息子に難病の疑い。自責と妬みに苛まれる母親

第一子はダウン症、次の出産に臨んだ女性
ダウン症の娘への暴力が止められない。叩くと気持ちが楽になる

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女39歳 夫39歳 生後1ヶ月の子どもは現在入院中

今日の一言: 不幸を受け入れる。すると、することが見えて来ます。 デヴィッド・シーベリー

続きを読む 夫は勧めた出生前診断。3度目の正直に命を選んだ女。厳しい現実に湧く自責

夜中も寝かせず言葉で責める双極性障害(躁うつ病)の夫との今後

テレフォン人生相談 2020年10月10日 土曜日

実家とのちょっとした諍(いさか)いを機に夫のモラハラ、パワハラに参っている。
夫は一年前から精神科に通院していて双極性障害の診断を受けた。
このまま結婚生活を続けるべきか?、どう続けていったらいいか?

 

8歳下の夫。
へえ。

 

実家の一人ひとりの年齢は訊いても、何が起きたのか?には興味のない今井女史。

今井通子

パワハラがあると思っているのか?
病気って分かっているけれど、どう耐えたらいいでしょう?っていう話なのか?
ハッキリしていただきたいんですけど。

そんなこと専門医でも答えるのが難しい。
そもそも、訊いたって回答を変えられるだけの時間もスキルも番組にはない。

 

会社でしのいでいるなら、家でお薬がキレてるからじゃないかしら。

帰宅後にも服用するか、効き目が18時間ぐらいのやつに換えてもらうか、あるいは睡眠薬を飲ませてとっとと寝させるか。

もっとも、
「外で子羊、家でオオカミ」(加藤諦三)
これが性根。

 

知ってると思うけど、向精神薬は治すものではなく、症状を抑えるもの。
旦那は双極性障害と一生つきあっていかないといけない。

もちろん妻である以上アンタも。

そして子どもたちも。

身体的ハンデキャップなら優しい心も育つんだけど、キレる男を病気のせいだと達観するのは大人でも、家族でも難しい。

そのことはアンタ自身が証明してる。
いくら頭で分かってても、メンタルは容赦なく削られる。

てか、そもそも何ら診断名がつかないパワハラ、モラハラってのがあるのかしら?

病名が付こうが慢性的な精神疾患は人格とは不可分。
薬で大人しい夫と素でキレる夫。
どっちが本モノ?

人格と精神疾患を別モノとして捉えるのは医者と法律家だけ。
だから殺人者を無罪にできる。

一般の人は受け入れられない。
モラハラ男、パワハラ男は夫そのもの。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女41歳 夫33歳 結婚6年 長女5歳 次女3歳 実家の父75歳 母74歳 兄45歳

続きを読む 夜中も寝かせず言葉で責める双極性障害(躁うつ病)の夫との今後

押しの強いカレにほだされて一月半の居座り許す。別れ告げた後のストーキング

テレフォン人生相談 2020年10月9日 金曜日

2年前に離婚。

(話から逆算すると今から7,8ヶ月前か)
つき合い始めて一ヶ月ぐらいの間に5回会う。

一ヶ月半の居候。

追い出した後、連絡を断つ。

いきなり訪ねて来て、中に入れるもすぐに帰ってもらう。

その一週間後に訪ねて来て外で6時間の別れ話。

4ヶ月前に母に相談者を罵倒する電話。警察へ通報。

7,8回の着信があるも無視。

一週間前に会社近くの信号待ちで隣車線の後方に彼の車。

 

相談者 「叩き出した時点では別れてはなかったんです」

つまり、正式にサヨナラしていないという。
几帳面というか、律儀というか。

で、
女「別れましょう」
男「分かった」

これでケジメたいがために6時間粘るも決裂。
ファミレスとかかしら。

離婚じゃあるまいし。
始めるのは二人の合意だけど、終わらせるのは単独行為。

 

刺激せずにフェードアウト。
ストーカーにはこの難しい対応が求められる。

毅然とした対応と言うのは簡単だけど、相手は独特の思考回路を持つ鋼のメンタルのターミネーター。

ホントは男にカウンセリングが必要なんだけど、そうなるのは何かが起きた後。

てか、女性リスナーへの注意喚起と女に反省を促すためにも、出会い系(決めつけ)にまで遡って説明させたかった。

 

完全な対策はないけど、少しでもアクセスを難しくすることは考えないと。

アパートだと簡単にドアの前までアプローチできてしまう。
考えてみたら通りから部屋の出入りが丸見えってかなり怖い。

こういうニーズを捉えてか、最近は4,6戸のアパートでも、部屋のドアをむき出しにしないで、まず建物に入るセキュリティ付きの共用ドアを設けてるところが増えてる。

建物に入れば内廊下。
マンションよりは安めだし、こういうとこがいい。

建物の入り口でシャットアウトできるし、住民の目も防犯になってウロチョロできない。
居留守も簡単。

NHK泣かせ(笑)

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女45歳バツイチ

今日の一言: 敵対的依存関係といって、敵に対して自分が依存して別れられないことです。

続きを読む 押しの強いカレにほだされて一月半の居座り許す。別れ告げた後のストーキング

         

ニッポン放送ラジオの最長寿番組「テレフォン人生相談」のファンサイト。文字起こし&コメントブログ。 あらゆるお悩み、身の上相談に専門家がズバリ回答。

↓