3人子持ちが不倫して中絶3回。被害者ヅラの女60歳に志賀ちゃん堪らず物申す


テレフォン人生相談 2012年7月5日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 志賀こず江(弁護士)

相談者: 18年間、家庭持ちの会社の同僚と不倫をし、3回中絶を繰り返した女60歳 子供3人(女35 男34 女24) 現在は別の人妻と不倫している男

今日の一言: 受け身の人はどうしても被害者意識を持ちます。同時に恨みつらみを持ちます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、お願いします。

加藤諦三:
最初に年齢を教えてください。

相談者:
60歳です。

加藤諦三:
60歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
してましたけど離婚しました。

加藤諦三:
何年前ですか?離婚したの。

相談者:
はい。
うーん、もう、十何年前なりますね。

加藤諦三:
あ、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お子さんは?

相談者:
4に、ああ、3人おります。

加藤諦三:
3人?

相談者:
はい

加藤諦三:
今あの、何歳ですか?

相談者:
3、うーんと、35と34と、24ですね。

加藤諦三:
男の子?女の子?

相談者:
あ、上が女の子で、

加藤諦三:
はい

相談者:
真ん中が男の子で、下が女の子。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたは今、1人で暮らしてんですか?
それとも、お子さんと一緒?

相談者:
いえ、1人です。

加藤諦三:
1人で暮らしてる?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
えっと、にじゅう、2、3(22、3)年前のことなんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ま、お仕事しとって、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そこのおんなじ会社の人と、

加藤諦三:
はい

相談者:
お付き合いをすることんなって、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、ま、2、3年付き合ってる間に、

加藤諦三:
はい

相談者:
「自分と一緒になるか?」とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、「子供産んでくれ」とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
言われて、

加藤諦三:
はい

相談者:
んで、まあ、そうこうしてるうちに・・お付き合いしだして3年目ぐらいに、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、子供が出来まして、

加藤諦三:
はい

相談者:
「出来た」っていうことを言ったら、ま、1週間ぐらいのうちに、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、「堕ろしてくれ」と、

加藤諦三:
はい

相談者:
言われて、で、ま、一旦、堕ろしたんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
でもまた、あの、中絶するとまた出来やすくなりますもんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、あと2人出来たんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
それもまあ、堕ろして、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、したんですよね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、まあ、何だかんだ言いながらも、あのお、お付き合いを?続けて、いて・・

加藤諦三:
え、この23、2、3年という話ですけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
その時にあなたは?けっ・・

相談者:
こん(結婚)はしてました。

加藤諦三:
結婚してたわけですね?

相談者:
ええ、ええ、ええ。
で、そういうことがあったもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、ま、主人とは別れて、

加藤諦三:
あ、こういうことが、要するにご主人が、もうあなたが、他の、あの、男性と付き合って妊娠してるっていうことも、もう知ったわけですね?

相談者:
いや、そん、気付いていなかったかもしれませんけども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
まあ、中絶してるもんですから。

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ。
で、まあ、何だかんだ、そっちの人に、引っ張られて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
まあ、私もまあ、そっちの方に傾いてしまったっていうのもあるんですけれども。

加藤諦三:
あ、あ、要するにそのお、傾いてしまったということは、ご主人より気持ち、の上でも、こちらの男性の方が、好きになったということですか?

相談者:
ええ、そうですね。

加藤諦三:
ああ、そうですか、はいはい。

相談者:
はいはい。

加藤諦三:
それで?

相談者:
でえ、ま、ずうっと、付き合いを、じゅう、はち(18)年ぐらいお付き合いしとって、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、まま、ほとんど毎日のようには会ってたんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
17年ちょっと過ぎた頃に、

加藤諦三:
はい

相談者:
あんまり、頻繁に会わなくなりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、あとはなんかほんとに、あ、なしのつぶてになったっていう感じ何ですけど・・

加藤諦三:
ん?

相談者:
ん?

加藤諦三:
ちょっと待って。

相談者:
ん?

加藤諦三:
分かんない。
そのお、結婚してる時に、

相談者:
はい

加藤諦三:
そんなに頻繁に会ってたんですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ああ、そうですか。

相談者:
うん

加藤諦三:
結婚しながら、

相談者:
うん、まあ

加藤諦三:
毎日のように会うっていうのは凄い・・

相談者:
そうですねえ、まあ。

加藤諦三:
そうすると子供は?家に?

相談者:
おりましたよ?
で・・

加藤諦三:
おおき、

相談者:
ええ

加藤諦三:
ほいで、誰が、面倒看てたんですか?

相談者:
まあ、あの、上2人が大きかったもんですから、

加藤諦三:
ああー

相談者:
下の子の面倒を看て・・

加藤諦三:
上2人で、下の、子供の面倒を看ていて、

相談者:
ああ、そうですね、ええ、ええ

加藤諦三:
あなたは外に、男性と会いに行っていたと?

相談者:
うん。
ていうかまあ、仕事もしてましたので。

加藤諦三:
あ、仕事してたから?

相談者:
ええ

加藤諦三:
うん、そういうこと・・

相談者:
で、仕事の合間に?

加藤諦三:
うん

相談者:
まあ、あの、夕、仕事終わってから夕方、お茶したり、食事したり、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ていう感じ。
休みの日も、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あのお、ま、一緒に、買い物に行ったりとか、

加藤諦三:
はい

相談者:
っていう感じで、

加藤諦三:
はい

相談者:
よく会ってましたね。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
ええ。
それで、まあ、ずうっとそういうお付き合いを、長、々と続いて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、相手は定年退職で、

加藤諦三:
はい

相談者:
お、あのお、会社を辞めまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
アルバイトをしだして、

加藤諦三:
はい

相談者:
相手の人がね?

加藤諦三:
はい

相談者:
んで、アルバイト先で知り合った、あの、人妻と、

加藤諦三:
はい

相談者:
お付き合いをするようになって、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、結局、そっちに、い、切り替えたっていう感じですね。

加藤諦三:
彼が行っちゃったということですね?ええ。

相談者:
ええ、ええ。
でえ、ま、別れる時も何っていう話もなく、

加藤諦三:
ええ

相談者:
んでえ、あのお、「話をしよう」って言ったら、まあ、「うるさい」って言われて、

加藤諦三:
はい

相談者:
うーん、んで、ほんとに話もして、いない?そういう、ことに関して、別れる話に関しては。

加藤諦三:
はい

相談者:
うん

加藤諦三:
別れ話もなくてっていうね?

相談者:
ええ、ええ、ええ。
でまあ、ええ・・

加藤諦三:
それでその、こちらの別れ話でお、の他にですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人の方との離婚の話ってのは同時進行してたんですか?

相談者:
あのお、主人とは、まあ、あの、ま、主人も人が良くって、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、ちょっと騙されまして、ま、結局、家、も土地もなくなりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
んで、まあ、家を出な、引っ越し、したりなんかして、私はとりあえず実家に戻って、

加藤諦三:
はい

相談者:
やってたんですけど・・

加藤諦三:
その実家に戻った時に、当然この3人の子供を連れて戻ってんですね?

相談者:
いええ、主人が連れてきました、その時は。

加藤諦三:
そうすると、家屋敷がなくなった時には、

相談者:
うーん・・なって、

加藤諦三:
この子、あのお、好きな男性との関係は?

相談者:
は(わ)、付き合ってました。

加藤諦三:
付き合ってましたねえ?

相談者:
はい。
家なくなってから、1、2年後だったかな、離婚したのは。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うーん、で、まあ、18年、近く?あたしは、その人に思い通り、あの、自分の好きな、相手方の好きなように、あの、あそこ、行くぞ、ここ行くぞって連れ回されて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
いたもんですから・・

加藤諦三:
その、この男性は、勿論、家庭があったんでしょ?

相談者:
はい、あります。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うーん、その、「一緒になるか、ならんか?」っていうことを言われて、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、も、「子供も生んでくれ」と言われて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
でも結局は「堕ろせ」と言われて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
んで、ズルズル、ズルズルとお付き合いしとって、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ええ。
で、ある日、突然そういう風に、突然っていうか、まあ、疎遠になってって、

加藤諦三:
え、ええ

相談者:
今も、このお、そのお、不倫相手のその、奥さまに、たまたま会っちゃったら、したら、あい・・

加藤諦三:
たまたま会ったってのは、あなたがですね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
はい

相談者:
したら奥さんは、

加藤諦三:
はい

相談者:
「相変わらず、そっちの、人と、毎日のように会ってるよ」っていう風に、聞いたもんですから。

加藤諦三:
そうするとお、その、あなたが好きな男性の、

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さんていうのは、全部いろいろ、

相談者:
知ってます。

加藤諦三:
その男性、のしてることを知っているわけですね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
それで今も、それを知っていると?

相談者:
ええ

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それで?

相談者:
で、まあのお、そういうのっていうのは、ちょっとお、何とか・・何とかならんのかな?というか、

加藤諦三:
そうすと、あなたの、今日の相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
その、慰謝料とかなんか、

相談者:
ええ、まあ・・

加藤諦三:
そういったものがもらえないかと?

相談者:
ええ

加藤諦三:
いうことですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい分かりました。
今日はスタジオに弁護士の、志賀こず江先生がいらしてるので、伺ってみてください。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。