多産の女はレイプ被害者だった。無意識の必要性


(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちはあ

大原敬子:
あのですね、

相談者:
はい

大原敬子:
今、お話を聞いていて、

相談者:
はい

大原敬子:
二つあるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、一つは、先ほどの、お金を盗むってことですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
子どもがお金を盗むときということは、

相談者:
はい

大原敬子:
小学校から中学生、間ですね、

相談者:
はい

大原敬子:
もう、高校になると違いますけれども、特に小学生、もっと言うと幼児期。

相談者:
はい

大原敬子:
に、お金を盗むのは、お金はお金であって、

相談者:
はい

大原敬子:
大人はそう見てしまいますが、

相談者:
はい

大原敬子:
子どもは、お金は、寂しさの心の代償なんですねえ。

相談者:
ああ、はあ、はあ、はあ、はあ、はあ、はあ

大原敬子:
ですから、お金を盗むってことは、

相談者:
はい

大原敬子:
愛情を盗んでるんです。
くれないからね。

相談者:
はい

大原敬子:
親からもらってないから。

相談者:
はい

大原敬子:
それ一点なんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、もう一つ、とっても不思議なことがあるんで、もう一つの問題はですね、

相談者:
はい

大原敬子:
あなた自身の、

相談者:
はい

大原敬子:
事実の話を加藤先生にお話なさってるんですけれども、

相談者:
はい

大原敬子:
どうしても、不思議な、言葉、あなたが仰っている、言葉通りには、受け止められないところがあるんですねえ。

相談者:
はい

大原敬子:
気になることはですね、

相談者:
はい

大原敬子:
この後、4人のお子さん産んでいますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
これは、あなたが、ご主人様を好きで産んだのか?

相談者:
はい

大原敬子:
たまたま子どもが出来たので、堕ろすのが怖いから産んだのか?、どちらですか?

相談者:
女の子二人はあ、

大原敬子:
うん

相談者:
計画的に、出来た子どもなんですけどお、

大原敬子:
はい

相談者:
その後二人はあ、

大原敬子:
はい

相談者:
えっと、計画・・ではなくう、出来てしまったっていう感じの子どもでえ、
今の主人は、も、経済的なことを考えてえ、

大原敬子:
はい

相談者:
も、堕ろすって、中絶う、を希望してたんですけどお、

大原敬子:
はい

相談者:
別れてでも産みたいって言うのでえ、

大原敬子:
はい

相談者:
二人とも、産みました。

大原敬子:
あのね、

相談者:
はい

大原敬子:
今、あなたが絶対なさって欲しいことは、

相談者:
はい

大原敬子:
このお子さんにですね、あなた自身が、

相談者:
はい

大原敬子:
僕はお父さんは違うけれども、お母さんの家の中に

相談者:
はい

大原敬子:
僕はしっかり入ってるんだっていうことを、今から植えつけることによって・・

相談者:
はい

大原敬子:
今、このお父さんにまで、一生懸命迎、彼は合してるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
なつきたくって。

相談者:
はい

大原敬子:
その部分で、今日からやっていただきたいことがあるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
あとは、加藤先生に、あなたの幼児期に何かあるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
その幼児期の、あなたがしてしまった、でもこうでしょう?、ああでしょう?ってやってしまった、

相談者:
はい

大原敬子:
それを、わたしたちは、その、クセとかね、あの人はあれが習慣よってこと、言われてしまうのは、

相談者:
はい

大原敬子:
それをしなければ、

相談者:
はい

大原敬子:
幼児期から、あなたの今日(こんにち)の、28歳まで、生きて来れなかったものがあるんです。

相談者:
はあ、はあ、はあ、はあ、はい

大原敬子:
ね。
至急ですね、

相談者:
はい

大原敬子:
今日から、この坊やちゃんにして欲しいことは、

相談者:
はい

大原敬子:
お兄ちゃんが、

相談者:
はい

大原敬子:
お金を盗ったって分かったとき。

相談者:
はい

大原敬子:
分かりますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
そのときは、必ず、台所の、隅です。

相談者:
はい

大原敬子:
お兄ちゃんの部屋とか、

相談者:
はい

大原敬子:
居間はだめなんですねえ。

相談者:
はい

大原敬子:
台所の隅なんです。
ほんとの隅のね、こまあい所で話すんです。

相談者:
はい

大原敬子:
お兄ちゃん、今日やっぱり、悲しかったの?
寂しかったの?

相談者:
はい

大原敬子:
このお金そうだよね?って。
いくら盗ったの?って。
そうか、これだけ寂しかったんだ。
お母さん、すごく寂しいけど、このお金、今日はいいよ、全部あげるから。
って言うんです。

相談者:
はい

大原敬子:
気持ちよく。

相談者:
はい

大原敬子:
ほんとに言ってねって。
それだけです。

相談者:
・・

大原敬子:
愛は時間を掛けるんですねえ。

相談者:
はい

大原敬子:
もう、あなた、我慢できないかも知れませんけれども、

相談者:
はい

大原敬子:
一ヶ月間。

相談者:
はい

大原敬子:
守ってみてください。

相談者:
はい

大原敬子:
必ず、このお兄ちゃんは、立ち直ります。
なぜかって言うと、

相談者:
はい

大原敬子:
お兄ちゃんのただ一つの言葉、その言葉をわたしは信じるんですけども、

相談者:
はい

大原敬子:
お母さん、僕、このお父さん、似てる?、似てる?って言ったその心です。

相談者:
ああ、はあ、はあ、はあ

 

大原敬子:
どおしても仲間に入れて欲しい、って気持ちがあるんですねえ。

相談者:
はい

大原敬子:
仲間ではない、自分の疎外感が、お金を盗んだんです。

相談者:
はい

大原敬子:
理解していただきたいんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、問題はあなたの心です。

相談者:
はい

大原敬子:
加藤先生に伺ってみますのでね。

相談者:
はい

大原敬子:
先生お願いいたします。

(再びパーソナリティ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。