結婚9年。細かい夫を嫌いになった本当の原因

(回答者に交代)

坂井眞:
よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願いします。

坂井眞:
今、す、すごく、不満が、目に付くっていうか、感じるようになった、ご主人なんだけど、

相談者:
はい

坂井眞:
結婚する時は、2年間付き合って、どこが、この人と結婚しようと思う、良いとこだったんですか?

相談者:
そうですね、まあ、わ、私と違ってえ、細かいこととかあ、やってくれたのでえ(笑)

坂井眞:
アハハハ(笑)
なるほど?

相談者:
はい。
まあ、つ、私の無いものを持っててえ、惹かれた部分は、あります。

坂井眞:
で、それって、あの、おっしゃってて自分でも感じてると思うんだけど、

相談者:
はい

坂井眞:
さっきあの、

相談者:
はい

坂井眞:
「夫は基本的に細かくて失敗を恐れるんだけど自分はどっちかって言うと失敗したら、直せばいいし、謝ればいいんだ」って言ってた、「どっちかって言うと、そこが違うんだ」って、

相談者:
はい

坂井眞:
えー、いう話の、ところが、

相談者:
はい

坂井眞:
「結婚する時は、そこが良かった」って、今おっしゃって、

相談者:
はい、エヘヘ(笑)

坂井眞:
ますよね?(笑)

相談者:
はい、言ってました(笑)

坂井眞:
だからあ、そ、そういう、根っこのところは、ご主人、性格が、変わっちゃったとかいう話ではなさそうですよね?

相談者:
そうですね、ヘヘ、はい。

坂井眞:
とすると、おんなじ、ことなのに、気になるようになっちゃったっていうことのような気もするんですよ。

相談者:
はい、はい

坂井眞:
でえ、それがほんとに気になっちゃって、一緒にいられないんだったら、

相談者:
はい

坂井眞:
最後は別れるしかないって話も、あるんだ、けれども、

相談者:
はい

坂井眞:
おんなじことを、何故かこうなっちゃったっていうことであれば、

相談者:
はい

坂井眞:
どうしてそうなっちゃったんだろうか?っての、ちょっと考えてみた方が良いのかもしれないと、

相談者:
ああー

坂井眞:
いう気がするんですよ。

相談者:
はい

坂井眞:
例えばあのお、おー、共だ、働き時代、非常に正直におっしゃってると思うんですけど、「結構お互い自由にしてました」と。

相談者:
はい、はい

坂井眞:
でえ、お互い、きっとまだ余裕があって、

相談者:
はい

坂井眞:
えー、ご主人の方は、今ほど重い責任は背負(しょ)わされず、

相談者:
はい、はい、そうです。

坂井眞:
あなたも、お子さんの世話とか、

相談者:
はい

坂井眞:
する時間は自分の時間に使えて?

相談者:
はい、はい

坂井眞:
で、プラス、もう1つあるのは、その当時って共働きだから、

相談者:
はい

坂井眞:
あなたにも、その、経済力っていうのかな?

相談者:
はい。
ありました。

坂井眞:
自由に使えるお金があったでしょ?

相談者:
はい、はい

坂井眞:
口には、自分で自覚はしてないけど、負い目があったりとか、

相談者:
はい、はい

坂井眞:
向こう、からすると、悪い言い方すると、俺が稼いできてるんだみたいな、

相談者:
はい

坂井眞:
そういう変化って、ありました?

相談者:
はい。
お、あのお、口には出されたことは、ないですけどお、今までえ、あの、2人で協力してたものもお、家にいるんだから、やっといてねみたいな、

坂井眞:
うん

相談者:
い、「『仕事のことを手伝えって言ってるんじゃないんだからあ、家のことを手伝え』みたいなこと、言わないでほしい」みたいなことは言われたことあります。

坂井眞:
で、そこはやっぱりすごく、あなたとしては不満なはずでえ、

相談者:
はい

坂井眞:
でえ、そう言われちゃうと、「うう・・」って思って。
でえ、すと、前、気にならなかった細かいところ、とかが、

相談者:
はい

坂井眞:
「なんだよ、この、細かさ」みたいにね?(笑)

相談者:
はい

坂井眞:
いって、変わってきちゃうのかな?っていう気はするんですよ。

相談者:
はい

坂井眞:
で、その辺はやっぱり分かってもらわなきゃいけないし、

相談者:
はい

坂井眞:
で、彼だって全然分かってない、わけじゃないから、

相談者:
はい

坂井眞:
遅く帰ってきて、皿洗う時もあると。

相談者:
はい

坂井眞:
他にもなんか、家庭のこと、やりますか?彼は。

相談者:
そうですね。
ま、事としては、やってくれるんですよ。

坂井眞:
うん

相談者:
あのお、だけどお、機嫌がわ、まあ、まあ大体機嫌が悪くてえ、ゆ、言えば、な、「これが、おかしい」とか、「あれがおかしい」とか、「次からこういう風にしといて」とか、

坂井眞:
うん

相談者:
やってはくれ、事はやってくれるからあ、なんか周りから、言えわれれ、言えば、「これも手伝ってくれて良いね」って言われるんだけど、心の傷が、

坂井眞:
うん

相談者:
なんか、「こんなに、なんか、言われてまでえ、な、言う人と私ずっと一緒にいるのか」と思うとお、ほんとになんか、目標っていうか、先が明るくないっていうかあ、「家とかも買おう」って言ってくれるんですけど、

坂井眞:
うん

相談者:
ほんとに嬉しくなくて。

坂井眞:
だからね?
私が言いたいのは、よ、よく考えると、元々の根っこは変わってないんだけど、

相談者:
はい

坂井眞:
でも、その辺のことをお互い、なんか、ずれが、生じあっているから、

相談者:
はい

坂井眞:
今嫌いな、細かいとこが、最初は好きだったとかって思うと、

相談者:
はい

坂井眞:
なんか、あれ?って思うじゃないですか?

相談者:
はい、思いました。

坂井眞:
うん。
その辺を、こう、冷静になって考えてみて、相手にも考えさせて、

相談者:
はい

坂井眞:
それで決めるっていうこと、じゃないか?と私は思いますけどね。

相談者:
はい、分かりました。
ありがとうございます。

(再び加藤氏)

加藤諦三:
今、今あ、坂井先生にねえ?
ほんとに良いアドバイス受けましたねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの、小さい頃、何になりたかった?

相談者:
専門職なので、その道で。

加藤諦三:
その道?

相談者:
って、あの、大人になってからは、はい。

加藤諦三:
ということは、あなた今あれですよ?
本当に、その、自分のしたいことやってないから、それが不安なんでしょ?

相談者:
そうですね。
ほんとはバリバリ・・

加藤諦三:
で、それをやってない自分が嫌いだよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、あなた、ご主人嫌いって言ってたけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人嫌いじゃないんですよ。

相談者:
あ、そうなんですか(笑)

加藤諦三:
うん、自分、自分が嫌いなの。

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
あなたに、10年前っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
27歳の娘だよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
今は37歳の主婦ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
状況が変わったんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの人格が再構成されてないんです。

相談者:
あ・・そうですね、はい。

加藤諦三:
まだ、27歳の娘なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、27歳の娘ということを考えれば、

相談者:
はい

加藤諦三:
これは今不満でしょうねえ?

相談者:
ウフフフフ(笑)

加藤諦三:
つまり、ご主人が、の、細かいことがあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
気になってるわけじゃないの。
元々不満だから、不満のはけ口が、こんなこと、あんなこんなことって思ってるだけですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
根は、あなたが自分に不満だっていうこと。

相談者:
はあ・・

加藤諦三:
今・・

相談者:
そうかもしれません・・

加藤諦三:
うん、今の自分に不満だから、相手の小さなことが気になってるだけです。

相談者:
はい

加藤諦三:
ですからね?
原因を、整理すると、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人が、能力オーバーの、状態にある。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたが、37歳になったんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
人格の再構成ができていない。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたは、自分が嫌いなんだけれども、そのご主人を見て、ご主人が嫌いだと思ってる。

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、自分が満足してなかったら、良い母親なんかなれませんって。

相談者:
はあー・・自分のしたいこと、していいんですね?

加藤諦三:
だって、あなた今、良い、母親で、良い妻ですか?

相談者:
いえ、エヘヘヘヘ(笑)

加藤諦三:
違うよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、良い、妻で、良い母親になるためには、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分に満足することですよ。

相談者:
ああー・・分かりました。

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい、ご指示どうもありがとうございました。

加藤諦三:
はい、はい、どうも失礼しますう。

相談者:
すいません、ありがとうございましたあ。

加藤諦三:
状況が変わる。
人格の再構成が必要です。

(内容ここまで)

 

 


コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。