グーパンで歯がグラつくも1千500万にロックオン。女32歳出来ちゃった婚1年目の破局


(回答者に交代)

坂井眞:
よろしくお願いします。
今のお話伺ってますと、

相談者:
はい

坂井眞:
あなたとしては、夫と別れたいという決心は、もう固まってるわけ?

相談者:
はい。
もう何を言われても、何をされても、固まってます。

坂井眞:
それはもうはっきりしてるんですね?

相談者:
はい

坂井眞:
で、さっきのあなたのお話だと、自分に対する暴力もあって、別れる決断をしましたと?

相談者:
はい

坂井眞:
暴力っていうものはどうなのか?っていうことなんですけど、それはどんな、ことがあったんですか?

相談者:
えっと、まあ、顔面を、思い切りグーで殴られまして、

坂井眞:
うん

相談者:
ま、前歯が、折れそうにグラ、ついて、

坂井眞:
うん

相談者:
ま、歯の治療もしたっていう形なんですけれど。

坂井眞:
うーん。
そうすると、お医者さんへ行くと、診断書とか、治療の経過・・

相談者:
あ、もらいました。

坂井眞:
ん、それはありますよね?

相談者:
はい

坂井眞:
あとはさっき言った話し方の問題として、どう話すか?ということで言うと、

相談者:
はい

坂井眞:
「お子さんに対する責任は、お父さんもお母さんも、両方、平等にあるわけだから、」

相談者:
はい

坂井眞:
「ちゃんとあなたも出してください」と、

相談者:
はい

坂井眞:
こういう話、を、するわけだけど、

相談者:
はい

坂井眞:
それは、できそうですか?

相談者:
そういうまともな考えを言っても、なかなか理解してくれない人で、そこが困ってるんですけれど。

坂井眞:
うん

相談者:
ええ

坂井眞:
お子さんのことは可愛がってなかった?

相談者:
可愛がってたとは思いますけれど、やっぱり男の人って、子供と一緒にし成長するので、

坂井眞:
うん

相談者:
まだまだ気持ちは薄かったと思います。

坂井眞:
なるほど。
今の、私の質問に対するあなたのお答え聞いてると、何か言い方考えると、払ってくれそうな、感じはしないんだけど、どうだろうか?

相談者:
そうで、すね、まあ・・

坂井眞:
根っこはね?言い方の問題、は重要ですよ?

相談者:
はい

坂井眞:
その、伝わるように言う。

相談者:
はい

坂井眞:
だけど相手にそういう気持ちが、ないと、どんな言い方しても、払いたくないやつは払わないって、いう、ケースもあるわけですよ。

相談者:
・・

坂井眞:
本当は養育費って月々じゃないですか?

相談者:
はい

坂井眞:
えー、月いくら貰ってるっていうのが原則ですよね?

相談者:
はい

坂井眞:
でもあなたのお話を聞くと、そういうのってちょっと、凄く不安のある人、のように聞こえるんですが、どうですか?

相談者:
え、不安があるので、

坂井眞:
うん

相談者:
まあ今、最初に少しでも、まとまったお金が、欲しいっていう、形ですね。

坂井眞:
うん

相談者:
ええ

坂井眞:
今、手元に1500万あるんだったら、

相談者:
はい

坂井眞:
払えるんじゃないかと思うんですよ。

相談者:
はい

坂井眞:
で、もうそれで、お子さんの、将来の養育費については、これで全部貰ったっていうことにして、区切りつけちゃった方が、

相談者:
はい

坂井眞:
でも良いのかなっていう風に、あなたのケースの場合は思うんですよね。

相談者:
はい

坂井眞:
月々払うって、いつ途絶えるかって考えるよりも、

相談者:
はい

坂井眞:
一括で貰っちゃって?

相談者:
はい

坂井眞:
で、後はもうこっちで育てますっていう、話になった方が、

相談者:
はい

坂井眞:
あなたとしては心配が少ないのかなあと思うんですよ。

相談者:
はい

坂井眞:
で、それプラス、「じゃあ、あなたの、や、あの、殴って、こんなことになっちゃったんだから、」

相談者:
はい

坂井眞:
「慰謝料も払ってね」と、いう話をしますよね。

相談者:
はい

坂井眞:
それは彼は認めてますか?

相談者:
そこもあんまり分かってないと思います。

坂井眞:
まあ、そのね、顔面を、パンチで、歯がグラグラになって、これ傷害罪だからね。

相談者:
はい

坂井眞:
それは、然るべき償いをしなきゃいけないと思うんだけど(笑)

相談者:
はい

坂井眞:
ただ、そこでその、それで、沢山のお金、を言って話がまとまらないよりは、

相談者:
はい

坂井眞:
そこである程度金額を抑えてね?

相談者:
はい

坂井眞:
「慰謝料100万くれ」っていうところを、「もう50万でいいから」と。

相談者:
はい

坂井眞:
で、あと、養育費?

相談者:
はい

坂井眞:
「18年分、合わせてこれだけ」と、要求して、みるというのは、意味があると思うんですよね。

相談者:
はい。
で、一括で、頂く場合に、

坂井眞:
ええ

相談者:
贈与税っていうのはかからないんですかね?

坂井眞:
贈与税はかからないです。

相談者:
あー、いくらからかかるんですかね?

坂井眞:
いや、いくらからではなくて、

相談者:
はい

坂井眞:
慰謝料っていうのは損害賠償だし、

相談者:
はい

坂井眞:
養育費は贈与じゃないので。

相談者:
ああ、そうなんですか。

坂井眞:
うん、支払い義務があるものを支払ってるだけで、

相談者:
はい

坂井眞:
別れた、旦那さんが養育費払うっていうのは、法律上の義務を、履行しているだけなので、

相談者:
はい

坂井眞:
贈与じゃないんですよ。

相談者:
はい

坂井眞:
で、慰謝料っていうのも、これ損害賠償義務を、履行しているだけ。

相談者:
はい

坂井眞:
なので、贈与には当たらないんです。

相談者:
ああー、分かりました、はい。

坂井眞:
だから贈与税は心配しなくていいです。

相談者:
はい。
分かりました。

坂井眞:
なので、あの、話をまとめると、

相談者:
はい

坂井眞:
ま、何となく、その、1500万あるっていうことに、あまりスポット当てちゃうと、

相談者:
はい

坂井眞:
「そういうのを分かって狙ってんだろ」って思われたら、

相談者:
はい

坂井眞:
逆にね、話がややこしくなるから、

相談者:
はい

坂井眞:
あんまりそこに焦点当てないようにして(笑)、

相談者:
はい

坂井眞:
だけど、おー、2人の間のお子さんであることは間違いのない事実で、

相談者:
はい

坂井眞:
で、その彼を、あと18年何ヵ月、育てなきゃいけないことも親の義務としてね?

相談者:
はい

坂井眞:
えー、お父さん、お母さん、共に、い、やってかなきゃいけないことで、

相談者:
はい

坂井眞:
そのためにお金がかかるのは、当たり前じゃないですか?

相談者:
はい

坂井眞:
で、「無理なことは言わないけれども、ま、最低限のことは、してね」と。

相談者:
はい

坂井眞:
で、その、最低限のことっていうのが、その、裁判所が作った養育費や、婚姻費用の算定表に書いてあるので、

相談者:
はい

坂井眞:
「私も勿論、働くから、すと、それぞれの収入がこうだとしたら、今の裁判所はこういう基準なんだよ」と。

相談者:
はい

坂井眞:
「すと、月いくら、」

相談者:
はい

坂井眞:
「と、1年の年額は、こんくらいになるよね」、と。

相談者:
はい

坂井眞:
えー、「この子が成人するまでは、こんな費用、を、今もしまとめて払ってもらえるんだったら、これで済みますよ」っと。

相談者:
はい

坂井眞:
で、「自分としては慰謝料って、こう、酷い目に遭ったから、」

相談者:
はい

坂井眞:
「ほんとはこのくらい欲しいんだけど」と、

相談者:
はい

坂井眞:
言って、話に乗ってきたら、まとまるために、多少、慰謝料、減額したっていいですよね?

相談者:
はい。
で、まとまら、なかった場合に、

坂井眞:
うん

相談者:
裁判所に行ったら、私みたいなケースだと、慰謝料は、相場ではいくらぐらいなんでしょうか?

坂井眞:
これ難しいんだけどね。

相談者:
はい

坂井眞:
ケースバイケースなんで。

相談者:
はい

坂井眞:
どうだろう。
怪我の内容も、今聞いただけだから分からないけど、

相談者:
はい

坂井眞:
あのお、離婚に伴う慰謝料っていう話ですと、婚姻の期間とかも関係してくるんですよ。

相談者:
はい

坂井眞:
で、婚姻の期間、あなたの場合は短いよね?

相談者:
はい

坂井眞:
だからそれは、金額が小さくなる要素。

相談者:
ああ、はい

坂井眞:
だけれども、離婚を決断する理由っていうのが、殴られて歯が折れそうになって、血だらけになっちゃったんでしょ?

相談者:
はい

坂井眞:
で、それはかなり、酷い話だから、

相談者:
はい

坂井眞:
これは慰謝料が増える要素。

相談者:
はい

坂井眞:
だからあ、ま、気持ちとしては100万なんていうんじゃ少ないと思ってるだろうけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
どうだろうな、100万、貰っても全然おかしくないけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
ケースによったら、そんな酷いことするんだったら、200万払えって言われるかもしれない。

相談者:
はい

坂井眞:
ていう感じ。
だから、100万、200万、場合によったら、何十万っていう人もいるかもしれない。

相談者:
はい

坂井眞:
その、お怪我の内容分からないんで、ちょっと幅が大きすぎて申し訳ないけど。

相談者:
ああー、分かりました。

坂井眞:
何となくオーダー分かっていただけるかな、と。

相談者:
はい、分かりました。

(再びパーソナリティ)


コメントはお気軽にどうぞ