彼女がいない時期だけ女装趣味の男51歳。人には見せません。どうしたもんでしょう?

(再びパーソナリティ)

今井通子:
はい、あのお、マドモアゼル愛先生のお話、お分かりいただけましたか?

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はい

相談者:
よく分かりました。

今井通子:
ホントに残念でしたよねえ、あのお、33歳ぐらいからね?

相談者:
はい

今井通子:
ずっと、10年間ぐらい、ご一緒だった、彼女が、ね?、亡くなっちゃって。

相談者:
あ、あの人が、一番尊敬して、一番よくわた、わたしの事、理解をして、く、くく、くれましたから、

今井通子:
ねえ、そんな感じでしょう。

相談者:
うん

今井通子:
だからあ、この事をお、プラスに考えるとお、

相談者:
はい

今井通子:
あなたは、女性と共に、10年ぐらい、

相談者:
はい

今井通子:
一緒に暮らす事もできる。

相談者:
はい

今井通子:
という事は、今後もお、女性にい、会おうとする事は、止めない方が良い。

相談者:
はい

今井通子:
でも、いない場合、女装をして、自分を楽しませる事を止める必要はない。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
うん、と思います。

相談者:
はい

今井通子:
ただね?

相談者:
はい

今井通子:
女性に会ってからあ、そのお、たまたま10年間も一緒にいられて、よく理解してくれた良い人だったから良いけど、

相談者:
はい

今井通子:
女性って、そんなに甘いもんじゃないよ。

相談者:
ははは(笑)そうですか?

今井通子:
中には、相当強烈な、

相談者:
はい

今井通子:
お母さんだってえ、

相談者:
はい

今井通子:
あなたが小さい時に、優しくしてくれてたけどお、

相談者:
はい

今井通子:
それこそ、大人まで、親と付き合ったら、相当、その「なんとかババア!」なんて言いたくなっちゃう時期もあったかもしれないよ。

相談者:
あ、そうですね。

今井通子:
うん、そういう事も、現実にはあるから。

相談者:
はい

今井通子:
その辺は、まあ、もう、大人だし、

相談者:
はい

今井通子:
本当の、生身の女性と付き合う時は、分かってあげてください。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はーい

相談者:
ありがとうございます。

今井通子:
はい、じゃあ、

相談者:
はい

今井通子:
あの、ご自身での、楽しみは楽しむ。

相談者:
はい、はい

今井通子:
趣味として、楽しんでください。

相談者:
はい、分かりました。はい

今井通子:
はい、失礼しまーす。

相談者:
あ、はい、失礼します、ごめんください。

今井通子:
はーい

相談者:
はい

(内容ここまで)

たまに町中で見かけるけどね。
おっさんの女装。

男  「あの、仕事をしよる時は、普通の男の恰好です」

(笑)
うん知ってる。

勝手にしたら?、で終わる話だ。
一体何を相談したかったのか?よお分からん。

まず違和感を覚えたのは、51の男が口にする「お父さん」、「お母さん」。
ある意味、女装趣味よりも。

別に、礼儀とか、言葉遣いとかを非難するつもりなんか毛頭ないよ。
ただ、ここまで連発されると、すごいおかしなことなんだなって改めてね。
生い立ちを聞くまでもなく、哀れさを感じたわけよ。

 

長く付き合ってた女性が急死して、残していった衣服を着始めた。
この話につい騙されそうになったけど、違うんだよね。

女装趣味は17のときからだ。
れっきとした性癖に他ならない。

当時ネット通販なんてあるわけはなく、一体どうやって手に入れたの?
ここ、是非突っ込んで欲しかった。

 

女装癖の動機は大きく二つに分類できる。

一つはフェティシズム。
下着や制服とかに執着を覚えるっていうやつ。
犯罪にも走りかねない、ちょっとヤバい趣味だ。

もう一つが役割による抑圧からの解放。
コスプレなんかも同じ系統だ。

社会から強制されている役割を、文字通り脱ぎ捨ててて、全く別の自分に生まれ変わるわけだ。

こちらは他人に害悪はなく、むしろ上手くセルフコントロールしていると言えなくもない。

はたして男はどちらか。



コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。