母「推薦で就職よね」娘「ほっとけ」・・娘「なんで強く言ってくれなかったのよおぉ!」


(再びパーソナリティ)

今井通子:
あのお、お分かりいただけたかと思うんですが、

相談者:
はい

今井通子:
就職問題に関しては、

相談者:
はい

今井通子:
「全部自分でやりなさいよ」

相談者:
はい

今井通子:
の話で、

相談者:
はい

今井通子:
あの、こちらからは、何も言わない。

相談者:
はい

今井通子:
そうじゃないと、

相談者:
はい

今井通子:
「もっと、最初に、あの、推薦の、大学の推薦」ね?

相談者:
はい

今井通子:
「強く勧めてくれれば良かったのに」とか、

相談者:
はい

今井通子:
そういう話になっちゃうから。

相談者:
はい

今井通子:
こちら側のせいにされちゃうから。

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
分かりました。

今井通子:
だから、それは絶対言わないって話を、三石先生はおっしゃってんですよ。

相談者:
分かりました。

今井通子:
うん、そこを分かってね、まず。

相談者:
はい

今井通子:
で、もう・・うん

三石由起子:
お金出さない宣言はしなきゃ駄目よ。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
で、逆に、

相談者:
はい

今井通子:
もう大人になったんだし、

相談者:
はい

今井通子:
大学もちゃんと出してあげて、

相談者:
はい

今井通子:
卒業はしたんだから、

相談者:
はい

今井通子:
あとは、

相談者:
はい

今井通子:
ちゃんと、

相談者:
はい

今井通子:
社会人としてえ、

相談者:
はい

今井通子:
自分の家に、食費なりを入れる。

三石由起子:
そうだ。

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
分かりました。

今井通子:
で、「どうしても大学院に行く」って言うんなら、

相談者:
はい

今井通子:
自分で、

相談者:
はい

今井通子:
お金稼いで、大学行きな、さい。

相談者:
はい

三石由起子:
はいはい、その通り。

相談者:
分かりました。

今井通子:
いいですかあ?

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はーい、それあの、ご主人とも打ち合わせして、

相談者:
はい

今井通子:
そういう事にしましょう。

相談者:
はい、どうもありがとうございました。

今井通子:
はーい、どうも。

三石由起子:
頑張って下さい。

相談者:
はい、ありがとうございまーす。

今井通子:
じゃあ、失礼しまーす。

相談者:
失礼します。



「母「推薦で就職よね」娘「ほっとけ」・・娘「なんで強く言ってくれなかったのよおぉ!」」への1件のフィードバック

  1. 相談者のやってることは、梯子を出したり仕舞ったり、それを頻繁に繰り返しているのに似ている。
    放っとけ。
    バイトでも何でも、娘に任せりゃ、その内自分のやり方を見つけるだろうよ。
    上させる気が無い実力も無いのに梯子出したりするから今がある。

コメントはお気軽にどうぞ