母子家庭で育った自殺願望の息子。実は母も同じ気持ちだった

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
今あ、マドモアゼル愛先生がおっしゃったねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの方が奪ったっていうのは大切な視点ですねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの場合ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
物事を相談する時にも、カッコつけちゃうんだよ。

相談者:
ああ、はい

加藤諦三:
そうすと何のために相談してるか?分からないわけ。

相談者:
はい

加藤諦三:
全部あなた今まででいろんな努力してきたと思うんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど努力が何の、意味も持たなかった。
一生懸命今まで生きてきたんでしょ?

相談者:
ええー・・はい

加藤諦三:
だけど、ほんっとに一生懸命頑張ってきたけども、心の上での報い、は何もないよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
今、あな、たの本当の感情ってのは何ですか?

相談者:
・・どうしてこんな人生なんだろう?という。こんなに頑張ってきたのに、

加藤諦三:
うん

相談者:
どうしてこんな・・

加藤諦三:
つまり、息子さんとおんーなじ、気持ちね?

相談者:
そうです、はい、おんなじです。

加藤諦三:
何が言いたいか?というと、

相談者:
はい

加藤諦三:
僕、僕とマドモアゼル愛先生の言いたいことは、自分の感情に、しっかり、気付きなさいっていうことなんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
そこで初めて相手が理解できるんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だからこれで初めて、息子さんが理解できて、も息子とおんーなじ。

相談者:
はい

加藤諦三:
息子さんに話してごらん?

相談者:
はい

加藤諦三:
一挙に解決に向かうはずですよ。
で、息子さんの方はね、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたに背を向けるっていうケースもあるんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
この場合には、ほんっとうに、自殺してったり鬱になったりという深刻な事態に発展すんの。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけどあなたの方に向いてきてるから。

相談者:
はい

加藤諦三:
これは本当の悲劇になる、前に、

相談者:
はい

加藤諦三:
防げるんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
解決できると思いますけど。

相談者:
はい、分かりました。

加藤諦三:
よろしいでしょうか?

相談者:
はい、分かりました。

加藤諦三:
はい、どうも。

相談者:
はい、どうもありがとうございます。

加藤諦三:
元気で、はい、どうも失礼します。

相談者:
はい、失礼します。

加藤諦三:
自分に対して情動を開いている人は、他人を、理解できます。



コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。