許せん!元妻が高級焼肉。月収200万男 VS 無職女。養育費を巡る攻防


スポンサードリンク

(回答者に交代)

塩谷崇之:
はいはい、はい。
・・あの、養育費いー、というのはね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
離婚ん、をした後の、養育費というのはあ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、基本的には、あのお、子どもの、お、養育に掛かる費用を、

相談者:
はい

塩谷崇之:
父親と母親で、どういう風に分担をしてくのかっていうような考え方をするわけですね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
それともう一つは、その、親が勝手にした離婚によってえ、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
子どもが、あ、経済的に苦しんでしまうような事がないようにい、

相談者:
はい

塩谷崇之:
離婚をした後も、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
離婚をする前と、ま、同じような・・生活う、環境でね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
暮らして行けるような、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あー、そういう、うー・・配慮が求められている・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
わけなんですけれども。

相談者:
はい

塩谷崇之:
でえ、ま、そういう事から考えるとねえ?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
まあ、あの今のあなたの、収入、からするとお、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま先程、ドリアンさんがおっしゃったようにい、

相談者:
はい

塩谷崇之:
い20万、月20万円っていうのは、決して・・ま、高い金額ではないのかな?、という・・感じはします。

相談者:
ええ、はい

塩谷崇之:
はい。ただま、あの、先程のお話だと、その月20万円、の他にい、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー色々、ま、費用が掛かっていると。

相談者:
そうですね、はい

塩谷崇之:
いう事ですけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、これもお、予期、しなかったような出費があ、例えばその病気とかね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
え怪我とか、そういうので、へー入院をするとか、

相談者:
はい

塩谷崇之:
或いはその、進学の時のお、入学金とか、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、ま、その他、何か、予期、いー、し得ない出費があった時には、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えそれはま、夫婦で分担をするっていうのがね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー通常の、考え方ですのでえ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、その範囲以内でね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えーその月20万円を、超える部分について、負担をするというのは・・まあ、ある意味い、ま、やむを得ない、のかなと、

相談者:
ああ

塩谷崇之:
あ父親としての・・当然の責務なのかなという、感じはあ、していますう。

相談者:
あーそうですか?

塩谷崇之:
はい。でえ、えー、且つね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
まあ、その奥さんの方・・に、してみるとね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
どしても・・臨時の出費っていうのが、ありますんで、

相談者:
ええ、はい

塩谷崇之:
ま、それに、いー備えてえ、多少の蓄え、えを、したりとかですね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー・・それからそのお・・例えば保険を掛けたりとかあ、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ま、色んな事が必要になって来るでしょうからあ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
実際に、そのお、子ども達が生活するのに必要なお金ブラスαのね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
養育費い、を、求めて来るというのも、ま、これも、ま・・ある意味こう、通常の事なのかな、という、う感じはするんですね。

相談者:
仕方ないんですかね?

塩谷崇之:
しか、うーん

相談者:
その辺の・・

塩谷崇之:
ですねえ。

相談者:
事はあ。

塩谷崇之:
で、しかもお、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あなたの方は、んわあ、離婚に当たって、20万っていうの、約束をした、わけですからあ、

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
えー、約束を、した以上はあ、まあ、その、少なくても20万円についてはね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
え、きちんと、守って行かないといけないだろうと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー例えば約束をした、あ、時点ではね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ま予期できなかったような、あなたの側の例えば収入の減少とかね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ま、会社が立ち行かなくなったとか、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう時には、減額請求というのができますんで、

相談者:
ああ、減額請求というのを、はい

塩谷崇之:
はい、養育費の減額請求というのを、えーその、「当時約束した時とは、事情が変わって来たんで」

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー「養育費の、えー金額を、下げて下さい」というようなね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えそういう手続きも、ありますけれどもお、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、今、お話を伺ってる限りではあ、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あのお、ま、あなたの方の、お仕事も、ま、比較的順調に、

相談者:
はい

塩谷崇之:
行ってるわけですよね?

相談者:
え、ただですね、

塩谷崇之:
うん

相談者:
同じ町に住んでるのでえ、

塩谷崇之:
うん

相談者:
あの、噂は、耳に入って来るんです。

塩谷崇之:
噂?

相談者:
えー、「前の奥さんと」

塩谷崇之:
はい

相談者:
「子ども達で・・あの、ちょっと高級な、焼肉屋、さん、食べに行ってる」とか。

塩谷崇之:
うん

相談者:
そういうの、耳に入って来るんで、

塩谷崇之:
うん

相談者:
「何、人の金でね?、そのお、贅沢しやがって」っていう、ま、そのいうのも、たまあ、に、感じる事はあるんですよね。

塩谷崇之:
うーん。あのねお気持ちは分かりますけれども、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
でも、例えばね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あなたと、奥さんが、離婚してないで、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
家族4人で暮らしていたとしたらあ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう、焼肉屋には、行かなかったですか?

相談者:
いや、行ってましたね。

塩谷崇之:
ですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
そうすると先程わたし申し上げたように、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
親が離婚をしたからと言って、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
生活レベルを、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
下げるという事は、

相談者:
はい

塩谷崇之:
これは子どもにとってはよろしくないだろうという事なんで、

相談者:
ああ、はい

塩谷崇之:
元々ね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
あのお、や・・家族4人で、生活する時にはね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
行かなかったような高級なところに行ってるっていうんだったら、話は別ですけれども、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あの、元々、あなたの家庭というのは、そういう生活レベルに、恐らくあったんでしょうからあ、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
その、お、範囲内でね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えーま、多少・・その世間から見れば贅沢に見えたとしてもお、

相談者:
はい

塩谷崇之:
その範囲内で、生活をしてる分にはね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
それは、あのお、ましょうがないな、と。

相談者:
あー

塩谷崇之:
ある程度割り切って考えないといけないと思います。

相談者:
あー・・

塩谷崇之:
うん、ただ問題はね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなた自身がね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
まあ、一番納得いかないのは、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
奥さんが、働きもしないで、っていう部分だと思いますんで、

相談者:
そうですね、はい

塩谷崇之:
ま、そこはね、奥さんに対してえ、えー、「働いたらどうだ?」っていう風に、言ってみてもいいとは思いますけれども、

相談者:
うん

塩谷崇之:
ま、今・・16歳と?、10・・4歳ですよね?

相談者:
14歳ですね、多分、今そんな、お金、困ってないと思うんで、多分、この金だけで、ま、十分はたら、あのお、生活できるから、って事で、働いてはいないと思うんですけども、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
それが非常に腹立つんですね。非常に・・

塩谷崇之:
うーん、まあ、ただね、それもね、別れた奥さんがねえ?

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう・・風に、こう甘く考えてるんだとすればあ、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
それは奥さんの方・・も、ちょっと、問題があるかもしれないですね。

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
というのは、養育費もらえるのはあ、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
上の子については、あと4年間。

相談者:
二十歳までですか?

塩谷崇之:
そうですね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
下の子についてはあと6年間。

相談者:
はい

塩谷崇之:
でその後はあ、まあ、奥さん、とは離婚してるわけですからね?

相談者:
ええ、はい

塩谷崇之:
奥さんの、生活費を払う理由はないわけですよね?

相談者:
そうですね、はい

塩谷崇之:
うん。だから、まあ、そういう事を考えるとお、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
まあ、奥さんの方も、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
そろそろ・・自分でね?、自分の生活、に必要なお金は自分で稼ぐという事を、考え出さないといけない、時期に来てるう、んじゃないかなと思うんですよね。

相談者:
はい、それで、大学、多分行くと思うんです。

塩谷崇之:
うん

相談者:
そうすると、そのお金まで全部ね?、こっちに要求して来ると思うんですよね。自分たちで、努力して、こう、は、あの、やるっていう・・気持ちはないのかなって俺は思って、も、非常に腹立たしくて、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
お金が・・あの、貰うために子どもを会わせに、会わせに、行ってるような、感じ、にも・・感じるんです。

塩谷崇之:
うーん

相談者:
まー、何か腹立たしくて、ここん、ずっと払わなきゃいけないのかなと思って、大学入ってても、

塩谷崇之:
うん

相談者:
そういうお金も?

塩谷崇之:
まあ、少なくても、子どもがね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
子ども達が、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あのお、二十歳になるまでは、

相談者:
はい

塩谷崇之:
やはり、これはもう、親としての、責任ですからあ、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
はい、あのお、えー・・きちんと子ども達が・・ね?、あの、両親の離婚によって、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
被害を、被らないように、

相談者:
はい

塩谷崇之:
父親としての責任を果たすと。

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
はい

相談者:
はい

塩谷崇之:
腹立たしい部分があるとしても、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それは、やっぱりやって行かないといけないと思います。

相談者:
はい

塩谷崇之:
それと共にね?、まあ

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あなた自身・・の、自分自身の、納得のさせ方としてね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー子どもに渡したお金を、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
子どもお、が、何に、どういう風に使われているのか、という事についてね?

相談者:
えーえ

塩谷崇之:
ま、子ども達に報告させるとか、

相談者:
はい、あ・・

塩谷崇之:
ええ

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
うーん

相談者:
あ、それは・・

塩谷崇之:
その辺りはちょっと考えてみても良いのかもしれないです。

相談者:
それはちょっといい考えだと思います。

塩谷崇之:
うーん

相談者:
「何に使ってるか、ちょっとメモに、して来てくれ」って、感じでですね。

塩谷崇之:
そうですね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
そうするとね、まあ、ホントに必要な物に使ってるんであれば、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
あなたの方も、納得・・しやすくなるのかもしれないし、

相談者:
あーそうですね。

塩谷崇之:
そうじゃない、全くそのお、お、必要のない物に、使ってるんであればね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
そこの部分についてはこれは、親としてね?

相談者:
ええ

塩谷崇之:
え「そういうお金の使い方をするんじゃない」と、

相談者:
はい

塩谷崇之:
いう事は・・はあお、おっしゃっていただいても良いのかもしれませんし、

相談者:
あ、そうですね。

塩谷崇之:
ま、奥さんとの話の中で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
「きちんと、対応して欲しい」と、

相談者:
はい

塩谷崇之:
いうような話のきっかけにもなると思いますんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
その辺りは、考えられても、良いかもしれないですね。

相談者:
ああ、今度それやってみます、一度。

塩谷崇之:
はい

相談者:
はい

塩谷崇之:
ではまあ、もうしばらくの辛抱ですから、

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
あなた自身も何とか、あん、生活う、に、困らずにやってけるという事であれば、

相談者:
ええ、はい

塩谷崇之:
あなたと、同レベルのね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
教育を、子どもに、きちんと受けさせて、

相談者:
あ、はい

塩谷崇之:
え、同レベルの、生活をね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
少なくとも、二十歳までは、

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、送れるように、して、あげると。

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
はいはい、分かりました。

相談者:
それを最優先に、考えて下さい。

相談者:
はい、分かりました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


許せん!元妻が高級焼肉。月収200万男 VS 無職女。養育費を巡る攻防」への1件のフィードバック

  1. 月20万じゃ贅沢な暮らしは無理でしょう。そんな高収入なのに慰謝料なしで月20万でOKしてくれた元妻には感謝した方がいいんじゃないの?自分の子なのに学費までケチろうとするとは。その辺のセコさケチくささも離婚の原因だったりして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。