アンニュイな女に甘える会社役員の夫。アレの最中に元カノのことを口にする

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
どうもこんにちは

相談者:
ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
はい、どうも、こんにちは

相談者:
こんにちは

マドモアゼル愛:
はい
・・えっと、話が分かったようで、よく分からないん、ですけれども。

相談者:
申し訳ありません、分かりにくくて。

マドモアゼル愛:
いえいえ。あのお、一番大事なことはあ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その、お互いに、その心お、が、どこにあるのかがよく分からないのよね。

相談者:
そうですね

マドモアゼル愛:
うーん、ま・・なんか僕の印象だとね、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あ、もう好きじゃないんだなっていうのは伝わってくんのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん。だから・・元々からあ、昔の恋人の話なんかは・・していたわけでね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だからそれは今あ、んまあ、最近、頓(とみ)に・・顕著になって来たっていうこともあるけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
・・あのお、言い訳に聞こえるのね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
別れたい理由に、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
使っているなっていうのは、なんか、感じるんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だからホントのところはもう・・愛想が尽きてるっていうかあ、なに、何か、もう旦那さんから、完全に心が冷めている・・そういう状態よね?

相談者:
まあ・・わたしは、決して嫌いではないんですがあ・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あの方がやはり・・わたしには、まったく関心がないようですね。

マドモアゼル愛:
うーん。そいで、本当だったら、今が一番助けてもらいたい時なんだよ、旦那さん。

相談者:
そうなりますね。

マドモアゼル愛:
それは、あなたの気持ちは分かるんです、僕。
そのお、例えば、人が、苦しい時に、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんで生きていけるかっていうとお、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ホントに何もない時、「ああ、お母さんがわたしに、あーして優しい言葉掛けてくれた思い出とか・・お父さんとあそこに行って、本当にあの時は楽しかったな」とか・・

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
そういう、幸福になるイメージっていうのが、誰の中にも、少しは、あるんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そして、本当に・・苦しい時、わたし達を助けてくれるのは・・そうした、幸福な時、時代の・・面影であり、イメージなのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そことは僕は、一生誰でも、繋がっていた方がいいと思うよ。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
だから、彼にとって、青春時代の恋、っていうのはやっぱりおっきな経験だったと思うのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そして、それは彼の財産であって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼の、裏切り、あなたに対する、裏切りでも・・それから、あなたを嫌いだっていうような事とは、全然違った次元のものだっていうことは、どうでしょうか?、理解できるかな。

相談者:
はい。先生がおっしゃられてることは、よく分かりますが、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
しかしながら、現実的に、例えばの話で、

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
・・こういうことを申し上げて良いのかは・・

マドモアゼル愛:
うん、どうぞどうぞ、はい

相談者:
分からないのですが・・ま、わたくしはあまり好きではないのですがあ、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
そのお・・ベッドでの、行為中にですね、

マドモアゼル愛:
うんうん

相談者:
・・そのお、方のお、

マドモアゼル愛:
名前え、出したりとか。

相談者:
そうですね、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
とか、「その時どうだった」とか、「こうだった」とか。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
そういうことを・・は(わ)あ、良くないと思うのですが。

マドモアゼル愛:
え良くないですよ。それは・・あなたもお、理性で抑えられない問題を、理性で抑えてしまったから、引っかかってるわけなんです。
そういう時こそお、実は・・相手をお、引っ掻いちゃうとか、引っ叩いちゃうとか、だ、「黙れ」と、言うとか・・そういう・・自然な反応が、やっぱ僕はね、必要だと思うのね。
その時・・彼も、ハッと気付くし、要するに幼稚だと思うんですよ彼は。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
だからつい出ちゃうんですよ。心を開いた人に。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
だから、彼があなたに対して、心お、は、あなた以上に心開いてることは、僕はね・・間違いないんだと思うよ、本当は。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
だから話せる・・っていう側面はあるよ、それは。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
そいで、お話を伺っていてもお、敬語が・・旦那様に対する敬語に、対しても、それはそれでみ、美しいと思うけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
どこか・・本当の、赤裸々な、感情をぶつけ合ったことお、が、やっぱり無さ過ぎんじゃないかなって気がするんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼があ、彼女の・・おー、ほ、話を始めた時、「わたしはどういう気持ちでこの何十年、それを聞いて来たと思うのよ」っていう、怒りをね、やっぱり一度ぶつけてみてから、もう一回考えた方がいいんじゃないかなって気がするんですよ。

相談者:
はい、分かりました。

マドモアゼル愛:
はい、え、ちょっと僕のお、おまあ、アドバイスその程度なんだけども、んじゃあ、あの今井・・

相談者:
ええ、ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
ええ、今井先生にもうちょっと伺ってみたい・・

相談者:
はい

(再びパーソナリティ)

今井通子:
はい。なんか・・納得されたようじゃないですか。

相談者:
はい・・ありがとうございます。

今井通子:
うふふ(笑)
要するに、相手のお・・えー、ご主人の方は、

相談者:
はい

今井通子:
この人、何言っても大丈夫なんだなあ(笑)と思ってるんじゃないかと思うんですよ。

相談者:
わたくしもそう思います。

今井通子:
うん・・だからたまには怒っちゃったりすればあ、
あ、やっぱり・・駄目なんだっていうことに、気が付いてくれると思うけど。

相談者:
はい。・・でもそれも、なんか・・今、先生には「はい」ってお答えしてますがあ、

今井通子:
うん

相談者:
・・しゅう、姑くさいんですよね(苦笑)

今井通子:
あははは(笑)

相談者:
あの、忙しいですしい(笑)

今井通子:
ふふふ(笑)まあ、でも、いんじゃない?ちょっとそういう・・あの夫婦の・・痴話喧嘩じゃないんだけれど・・そういう、喧嘩みたいなのもしてみたら?

相談者:
はい・・(苦笑)体力要りそうですね。

今井通子:
んはははは(笑)うん、チラ、チラっと、色々言ってみたり、冗談めかして言ってみたり、やり方はいくらでもあると思いますよ。

相談者:
・・はい

今井通子:
相手にあなたの意思を伝えるのが最初。

相談者:
はい

今井通子:
よろしく。

相談者:
はい、ありがとうございます。

今井通子:
はい、どうもー。

相談者:
はい、ありがとうございました。

今井通子:
はい。失礼しまーす。

相談者:
失礼いたします。



「アンニュイな女に甘える会社役員の夫。アレの最中に元カノのことを口にする」への1件のフィードバック

  1. 58にもなってこんな
    人生経験少なそうな喋り方やばいよ。

    それでいて相談内容は
    拗ねた子供みたいな
    単なる構ってちゃんだし

    マドモアゼルさんも的外れなこと言ってないでさ〜

    素直になって、夫の胸に飛び込むしかないじゃん。
    58のおばさんが乙女みたいなこと言ってて恥ずかしいけど
    それをしないと看病すらしてやれないんでしょ。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。