両親とギクシャク男子大学4年生。再現する父親の説教がどう聞いても妻への不満


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、こんにちは

大原敬子:
これからね、あなたがすることは、非常に表面的に物を見ている。

相談者:
はい

大原敬子:
で、非常に表面的に事を片付けようとしているんです。

相談者:
はい

大原敬子:
まず整理して・・なぜ今・・この留年で、このような電話が来たかってことです。

相談者:
はい

大原敬子:
それは、いいですか。

相談者:
はい

大原敬子:
違っていたら、違っていて、い、いんですけども。

相談者:
はい

大原敬子:
今後の自分が、

相談者:
はい

大原敬子:
怠け癖がついてしまった。

相談者:
はい

大原敬子:
でまた1年間、まあ、大学にあ、いる間は、籍があるから?
・・これは都合がいい。

相談者:
はい

大原敬子:
今年1年は上手く行くけれども・・来年・・就職、

相談者:
はい

大原敬子:
もしくは、って考えた時に、

相談者:
はい

大原敬子:
自分の心はあなたは知ってるはずなんです。

相談者:
・・

大原敬子:
それを、両親との関係が上手く行かないっていう、悩みを抱えて、

相談者:
はい

大原敬子:
「僕は今、こういう、留年してしまった。」
「申し訳ないことしてる」
・・「で、父もこういうこと言っている。」

相談者:
はい

大原敬子:
「でも両親の関係上手く行かないんです。」

相談者:
はい

大原敬子:
「どうしたらいいでしょうか」ってことで、あなた、ホントの部分をですね、

相談者:
はい

大原敬子:
怠け癖。

相談者:
はい

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
それを、両親に、

相談者:
はい

大原敬子:
気付かせないで、

相談者:
・・はい

大原敬子:
この1年間、

相談者:
はい

大原敬子:
どのように、その・・生きて行ったらいいのか。

相談者:
・・はい

大原敬子:
そういう相談ではないですか。

相談者:
・・そうでは、ま、ないですね。

大原敬子:
どういう相談ですか。

相談者:
いえいえ、もう、

大原敬子:
うん

相談者:
は、もう・・割とこう・・その、自分が怠け・・てるような、癖が、そういう癖があるようなことは・・分かってると、思うんですよ。

大原敬子:
あのね、

相談者:
はい

大原敬子:
今わたしあなたに、付けく加えるの・・忘れました。

相談者:
はい

大原敬子:
ん、あなたはねえ、

相談者:
はい

大原敬子:
ホントに、両親のために勉強したんです。

相談者:
はい

大原敬子:
弟よりも勉強したんです。

相談者:
はい

大原敬子:
今、力尽きたってことじゃないの?

相談者:
あー

大原敬子:
「もう嫌だ」ってことです。
ここまでやって・・ここまで頑張ったこの俺を・・誰もが承認しないってことですよね。

相談者:
そうですね、ずっとそれ・・せ・・

大原敬子:
ね、辛かったのね。

相談者:
だっていうのが。はい

大原敬子:
それを一番よくわ、あ・・最初に言えば良かったですね。
あなたは人一倍苦労した。
人一倍努力した。
自分ってものを無くしてしまって、

相談者:
はい

大原敬子:
父と母が喜ぶことを・・僕は生きて来たんだってことですね。

相談者:
そうですね。

大原敬子:
それなのにい、

相談者:
はい

大原敬子:
この、この間の家族会議で、

相談者:
はい

大原敬子:
「留年か」
「お父さん、それはないでしょう?」って、
「僕は弟の時も、両親の顔色を見な、僕は・・両親の顔色を見て生きて来たんだ」って。
自分の中に、好き嫌いをなくして、

相談者:
はい

大原敬子:
両親の好きなものを、僕はあえて選んで、

相談者:
はい

大原敬子:
生きて来たんだって怒りがですね。

相談者:
はい

大原敬子:
ごめんなさい、怠け、いき、要するに、他人から見たら怠け者。

相談者:
はい

大原敬子:
怒りが・・萎えちゃったってことです。
燃え尽きたってことかしらね。

相談者:
そうですね、ま、その、

大原敬子:
ね、

相談者:
家族会議の時に、

大原敬子:
うん

相談者:
「お前はあ」

大原敬子:
うん

相談者:
と・・「自分のことだけにしか、時間を捉えてないだろう」っていうことを言われて、

大原敬子:
悔しかったね。

相談者:
でまあ、

大原敬子:
うん

相談者:
その、じぶ、父はあ、

大原敬子:
うん

相談者:
実はその、僕の・・えー祖母が今、

大原敬子:
うん

相談者:
あの認知症で、

大原敬子:
・・

相談者:
あのお、

大原敬子:
それお父さまの方?

相談者:
あ、そうです。

大原敬子:
はい

相談者:
自宅の・・隣りに住んでるんですけれど。

大原敬子:
うん

相談者:
まそのお、ま、介護とか、で、ま・・
「俺は、そのお・・そのお婆さんとかにも・・凄い今、時間が掛かってるし、その・・そ、祖父に対してえ、も、の・・ご飯とかを作ったり、凄い時間が取られてる」って「お前は自分だけだろう」とか・・その去年・・従弟が、えー、18で、亡くなったんですけれど・・ま「そういう奴もいるのに、お前はどんだけ幸せか、分かってない」・・ていうような、こと言われ、たりして・・まちょっとお、まあ、うん、悔しかったってのも・・

大原敬子:
悔しいですよね、分かります。
でもその言葉は全部・・お父さんはお母さんに言いたいんですよ。
あなたに言った言葉は、そのままそっくり、

相談者:
はい

大原敬子:
お父さんは、お母さんに言いたいんです。

相談者:
はい

大原敬子:
つまり、あの加藤先生がいつもおっしゃる、親子はよく、お父さんはあなたに甘えてたんです。

相談者:
・・

大原敬子:
多分ね。

相談者:
ああ・・そ・・そう、#$%◆

大原敬子:
そうなんです。

相談者:
はい

大原敬子:
お父さんにと、とって、妻はあなたなんですよ実は。

相談者:
うーん、あまり、こ、関わ・・ってなかったんで、

大原敬子:
うん

相談者:
ま、むしろ話すのは、ちょっと母の方が多かったんで。

大原敬子:
あ・・それから、介護の話の不満も、

相談者:
はい

大原敬子:
ホントは妻に言いたかったのね。

相談者:
はい

大原敬子:
言えないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
だからあなたに言ってるの。

相談者:
はい

大原敬子:
でもね、22歳のあなた、もういい加減、

相談者:
はい

大原敬子:
僕に、寄りかかって、

相談者:
はい

大原敬子:
ね。おんぶして抱っこしてっていうの止めてくれっていう、あなたの絶叫が、今回のこれです。

相談者:
はい

大原敬子:
うずくまれてそこなんです。「もう嫌だ」と。
「誰も助けてくれないんだ」と。

相談者:
はい

大原敬子:
僕がこれだけ困ってるのに、じゃ、どうするかって・・
あなたができる・・できなんですよね、加藤先生ね。
ここまで呑まれちゃうとね。
ホントわたし、ホントはあなたに求めてるのは、

相談者:
はい

大原敬子:
「お父さん、僕これできないよ」とか。

相談者:
あーはい

大原敬子:
「お母さん、僕これできない。ごめんね」っていう、強さがあったら、少し変わるんです。

相談者:
あー

大原敬子:
ホントはいいのは、これ・・ちょっと、この局面だけ捉えてしまったら、ご、誤解されるんですけども、

相談者:
はい

大原敬子:
両親と離れるのが一番いいんです、実は。

相談者:
・・

大原敬子:
そうすとね、世間はね、

相談者:
はい

大原敬子:
あんなにいいお子さんを、なぜ両親から引き離すかって、思うでしょうね、表面的には。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、幼児期、期の、心の葛藤っていうのは、あなたにとってはもう、これ限界なんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
ですから・・あたしが、あなたに・・求めるのは、

相談者:
はい

大原敬子:
もう、両親との関係が上手く行かないんじゃなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
僕が、両親から・・離れたいってことですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
それをハッキリと認識すること、でしょうかね。で、その上で、

相談者:
はい

大原敬子:
現実はどうであろうかって考えることかしら。

相談者:
はい

大原敬子:
これね、ホントに、加藤先生ね・・あの、ご体験から、話してくださると思いますよ。

相談者:
はい

大原敬子:
聞いて下さいね、先生。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
はい、だから今日あなた「両親と、上手くいて、行かない」って言いましたけれども・・正確に言うと、

相談者:
はい

加藤諦三:
両親との関係が上手く行かないんではなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
「わたしは、自分との関係が、上手く行きません」っていうことでしょう。

相談者:
・・自分ん、ですか。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の無意識に何があるかっていうことが・・あなたは気が付いてないんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた自分の願望がハッキリしないね、まず。

相談者:
あーしないですね。はい

加藤諦三:
うん・・偽りの自己でずーっと生きて来たから。

相談者:
はい

加藤諦三:
その偽りの自己の限界が・・留年っていう形で来たということですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・両親と上手く行ってないんじゃないんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
自分と上手く行ってないんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・だから、両親と上手く・・如何に上手くやるかなんて考える必要がない。

相談者:
あ、全くない。

加藤諦三:
全くない。

相談者:
はい

加藤諦三:
如何に、自分自身と、上手くやるかっていうことを考えればいいんです。

相談者:
・・はい・・分かりました。

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい、どうもありがとう・・

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
あなた自身の歌を歌いなさい。あなた自身の絵を描きなさい。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。