レス15年の女がPTA仲間と飲み会の帰りの車の中で。気持ちが抑えられない51歳


テレフォン人生相談 2017年12月8日 金曜日

PTAの知り合った男性と不倫関係に。こちらから連絡しなければ向こうからはして来ないんだけれども、会いたい気持ちが抑えられない。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女51歳 夫55歳 長男26歳 長女22歳 子どもは独立している 義理の両親との4人暮らし

今日の一言: 生きる喜びの力を失う。これが最も恐ろしい事です。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
・・51歳です。

加藤諦三:
51歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人は何歳ですか?

相談者:
55です。

加藤諦三:
ご主人は55歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、お子さんは?

相談者:
・・二人、です。

加藤諦三:
何歳ですか?

相談者:
20・・6・・と・・20、2です。

加藤諦三:
男の子女の子は?

相談者:
男と女です。

加藤諦三:
や、上が男の子ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
上が男の子・・

相談者:
はい

加藤諦三:
下が女の子。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、それで今・・4人で暮らしてんですか?

相談者:
・・子どもはもう出ていて。

加藤諦三:
ご主人と二人で暮らしてる?

相談者:
いえ、ぎ、義理の両親と。

加藤諦三:
あ、義理の両親とね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました、それで、どんな相談ですか?

相談者:
主人、でない・・人、と・・ちょっとお付き合い、というか。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
んで、その主人でない人と・・あー当然男性ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
ん、この人何歳ですか?

相談者:
43、です。

加藤諦三:
よんじゅ、43歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、この43歳の人は、あのお・・妻子がいるの?

相談者:
はい

加藤諦三:
んじゃあ、あの、結婚してるわけですね?、よ・・

相談者:
はい、はい、はい

加藤諦三:
ほいで・・どこで知り合いました?

相談者:
子どもの、学校、で・・同じ・・

加藤諦三:
あ、要するにPTAとか保護、保護者会とか・・

相談者:
はい、ほご・・

加藤諦三:
そういうとこね?

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、あなたの・・子どもの・・友だちのお父さんと、いうことですね?

相談者:
あ、直接、友だちではないんですけど。

加藤諦三:
で、だけど、まあ、あの・・

相談者:
学校・・

加藤諦三:
ほ、保護者、なら保護者会で・・

相談者:
はい、はい、はい

加藤諦三:
ていう事ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
そ、それが何年前ぐらいからですか?

相談者:
2年・・ぐらい前、からの知り合い、だったん、ですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
飲み会とかそういうのもあって、

加藤諦三:
はい

相談者:
たまたま・・色々、話、を、相談したりとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう、感じで。なんかとても、相談に乗ってくれたりとかして。

加藤諦三:
うん

相談者:
とてもこう、わたしの仕事とかも褒めてくれたりとかして。

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか、とてもお・・いい関係というか。

加藤諦三:
うん

相談者:
な、とても、えーと・・尊敬して、いて。

加藤諦三:
うん

相談者:
頼りにしていたんですがあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
飲み、会、がたまたまあった時に、

加藤諦三:
うん

相談者:
送って行・・って・・ちょっと、そういう・・ことになっ(苦笑)、はい

加藤諦三:
でその、飲み会の席ですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
その、彼があなたの、隣りにいた?

相談者:
そういうわけでもない、ですけど。

加藤諦三:
隣りにいたわけではないんですね?

相談者:
そお、ですね、はい、はい

加藤諦三:
で隣りにいたんではないけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃあ・・その飲み屋さんから出てく時・・一緒になったのね?

相談者:
お、「送って」ってゆ、言われて。

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしは・・飲まないので、

加藤諦三:
うん

相談者:
車で送りました。

加藤諦三:
車で送った?、はい

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
車で、す、あのお・・家に?、まっすぐ、送ったんではないんですね?

相談者:
いえ、その、お、送った・・帰り道に、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・求められてというか(苦笑)

加藤諦三:
ええ

相談者:
なんか、そ、そういう・・全然そう、そういう風だと思ってなかったので、凄いビックリしたんですけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
そ、そういう・・風、に・・なってしまってという・・

加藤諦三:
ん、て、という事は、飲み会の帰りに車で送って行って・・ラブホテルに入ったって事ですか?

相談者:
いや・・そうではないんです。

加藤諦三:
そうでは、な、ない?

相談者:
ええ、そうではない(苦笑)、え・・くる、ま・・ん、の、中というか(苦笑)、で・・

加藤諦三:
車の中?

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
はい。
んで、だけど・・
「送ってって」というのは、それまで、し、親しくなければ言わないすよね?

相談者:
・・そう・・

加藤諦三:
いきなり話(はなし)した事もない・・

相談者:
あっ

加藤諦三:
人にね?

相談者:
そう、そうですね・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
ええ、そ、よく話はして、いて、だ、相談に、乗ってもらったりとかして、

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう事ですね、そ、相談に乗ってもらって、

加藤諦三:
はい

相談者:
いい人だなっていうのは・・思って・・

加藤諦三:
好感は持っていたと。

相談者:
あ、あ、そうですね、はい、はい、はい

加藤諦三:
そ、はい、そ、#$%◆はい

相談者:
はい

加藤諦三:
ん、分かりました。それで、そういう、うー関係になってから・・今、付き合いが、つ、続いてるという事ね?

相談者:
・・いえ、そういう関係になってから、あまり・・連絡すれば・・くれるん、連絡を・・くれる、けど・・あまり、連絡は来なくなってしまった、です。

加藤諦三:
はい、あまり連絡来なくなった。

相談者:
はい、はい、はい

加藤諦三:
それで?

相談者:
どうしたらいいか?(苦笑)、どうしたらというか、まあ・・そのままわたしが連絡しなければあ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
連絡はないん、だろう、と思いながらも、

加藤諦三:
はい

相談者:
と、それも・・辛いという・・話ですかね(苦笑)

加藤諦三:
要するに・・こういう事ですか?
その人が今好きで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
別れられないと。どうしたらいいでしょう?って事ですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
だって放っとけば・・何の問題もないわけじゃないですか?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
だから・・
この人をわたしが好きになりましたと。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでこういう関係がありますと。

相談者:
はい

加藤諦三:
どうしましょう?っていう事ですね?

相談者:
・・そうですね、はい、はい

加藤諦三:
要するに、不倫関係え、に、ある人お、をどうしたらいいでしょうか?って事ね?

相談者:
そうで、ですね、はい、はい

加藤諦三:
そういう事ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。今日はあのスタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


レス15年の女がPTA仲間と飲み会の帰りの車の中で。気持ちが抑えられない51歳」への2件のフィードバック

  1. タイトルは
    気持ちが抑えられない
    というより
    性欲を抑えられない
    ですよね。
    気色の悪いばあさん・・
    よくこんな色ぼけ相談が採用されましたね。

  2. この不自然さの真はなんだろう?
    なにをそんなにふてくされるのか?
    平成生まれの新入社員のように聞こえてくるから不思議だ
    やったことは大胆なのに
    生きる気力、楽しみがまるでない
    一人っ子じゃなかろうか?
    亭主を指して、まあまあ、と答えたその感覚に
    なんだ、いつものビックリ人間大相談会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。