売れない不動産は業者の扱いもぞんざい。信頼度を表す登録番号の見方


テレフォン人生相談 2018年1月16日 火曜日

1年前から家と土地を売りたいと思い不動産屋さんに相談していたが、突然廃業すると連絡が来た。さらに預けた鍵や設計図を失くしたとのこと。どう対応すれば?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女68歳 夫は2年前に他界 一人息子45歳は家庭持ちで別に住んでいて疎遠になっている

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いいたします。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あのお、不動産のね、

今井通子:
うん

相談者:
あの、ことなんですけども。

今井通子:
はい

相談者:
1年程前にね、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、ふ、あの不動産を、あのお、専任契約でね、

今井通子:
はい

相談者:
家を売る事になりましてね、

今井通子:
はい

相談者:
はい、ほんそれで、今月に、あのその1年の、更新ん、に、あたりましてね、

今井通子:
はい

相談者:
3、4日程、前にね、あのその不動産屋さんから急にね、あの不動産業をね、あの辞める、看板を下ろすいうてね、電話が、は、入ったんです。

今井通子:
あらまあ

相談者:
はい。それでね、その時に、あ、わたしのお、あのお・・向こうがね、
「自分の知っている不動産をね、紹介、しましょか?」いう風な感じでね、

今井通子:
はい

相談者:
言われたのでね、
「ほんなら、ま、3日以内にまた電話して下さい」いう事でね、掛けたんですわ。

今井通子:
はい

相談者:
そしたらね、
「そういうふな事はね、自分ん、が、も、知らない、そういう人は知らない」とかなんか・・あやふやに、な感じでね、あの受けてはもらえないんですわ、もう。

今井通子:
なるほど。

相談者:
そ、それでね、あ、ほんでまた、あの・・最初のその契約の時にね、あの、鍵とね、設計図をね、あの、渡したままになってましてね、

今井通子:
・・はい

相談者:
ほんで、それで、一応は最初はね、あの・・

今井通子:
これ、1年前にという事ですね?

相談者:
あ、あ、1年前に、その最初にお願いした時に・・

今井通子:
鍵と・・

相談者:
設計図ですか、見取り図みたいな感じのね、

今井通子:
はい

相談者:
うんそれを、お渡ししてね、ほんでま、それかてね、あの設計図かって、あのお、途中で何回もね、
「返してほしい」っていう事を、ず、言ったんですけどもね、その都度その都度なんかこう・・あ、返してもらわれなくって、
ま、鍵は、あのもう、そちらでね、あの、もしあの、案内の時にいるからと思ってね、

今井通子:
ええ

相談者:
もう、あのそれは渡したままになってるんですけどもね、それで、こんな今度、この設計図とね、

今井通子:
ええ

相談者:
そのもう、前から、もう向こう、辞めはるから、も、解約ていう感じになりますのでね、
「設計図と、鍵とね、返してほしい」っていう事をね、

今井通子:
うん

相談者:
お願いしたんですけどもね、そしたら、最初は「すぐに返す」ってい、言わはったのに、そうふに今回、なったら、
なんかバタバタしてて?、なんか、あるか、「どこにあるかどうか分からへん」、「探さな分からへん」っていうような物の言い方なんですね。

今井通子:
はい

相談者:
それで、あの、そしたら、もしね、その、鍵と設計図とが、もし紛失されて、わたしの方にね、手元にね・・

今井通子:
はい

相談者:
戻って来なかった場合にね、これからも、ま、その不動産を、どこかで、お願いせな、あかんようになる時に、困ったような事にね・・ならないんかな?とかね・・

今井通子:
そもそもそのお・・1年前に、

相談者:
はい

今井通子:
鍵と見取り図を、渡した時に、

相談者:
はい

今井通子:
売るう、事については、

相談者:
はい

今井通子:
1年掛かります。

相談者:
あ、大体ね、1年ぐらいでね、「売ってあげるわ」いう風に、受けてくれはったんですわ。

今井通子:
うん、だから大体1年掛かります。

相談者:
はい、はい

今井通子:
その間に色んなところに紹介します。

相談者:
はい、はい

今井通子:
という契約だったんですよね?

相談者:
はいそうです、はい

今井通子:
で、その間(かん)

相談者:
はい

今井通子:
例えば3ヵ月とか・・

相談者:
はい

今井通子:
6ヵ月う、の頃に、

相談者:
はい

今井通子:
「どんな調子ですか?」という連絡は取り合ってた?

相談者:
わ、はい、そういうふうな連絡は、あったんです。

今井通子:
うん

相談者:
ま、電話でですけどもね。

今井通子:
うん

相談者:
あの、ほんな「今こういう風な・・方が」ね、「電話が入っていて。ほんでその方と今ちょっと話進めてます」とかね。

今井通子:
うん

相談者:
そういう風なんは1回あったんです。

今井通子:
・・あ1回?

相談者:
ま、ま、はい1回ね、あったんですけども、なんか・・ま上手く行かなくって、

今井通子:
うん

相談者:
ほんでそれから、もう別にあの、ほんま1回だけですかね、そういう風な、人がおられるいうのはね。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
その不動産というのは、

相談者:
はい

今井通子:
あなたが今、実際に住んでおられるところ・・

相談者:
いや違うんです、もうね・・

今井通子:
いやあ、いや、住んでおられるところから、

相談者:
はい

今井通子:
近いの?遠いの?

相談者:
あ、遠いんです。

今井通子:
という事は、あなた自身は・・

相談者:
はい

今井通子:
見に行っていないの?

相談者:
途中でね、見に行ってないんですわ。

今井通子:
1年間?

相談者:
はい

今井通子:
なるほど。

相談者:
そんでそれでね、3、4日ほど、1週間程前ですかね、そのね、あの、ふ、あの
「辞める事になった」って言うちょっと前にね、あの
「1年も放ってあるから一遍」?、あのお、家のね、掃除をね、「来られたらどうですか?」いう風な電話があったんですわ。

今井通子:
はい

相談者:
ほんででも、ちょっと足もちょっと具合悪いし困ったなあっていう風に考えてたら、そしたらこんな電話なんですね。

今井通子:
ていう事はあ・・あなた自身はその見に行く事もできない?

相談者:
ちょっと今あ、の状態やったらね、

今井通子:
うーん

相談者:
うん、ちょっと無理なんですね。

今井通子:
・・で辞めるという不動産屋は、近いんですか?

相談者:
いや、それも、遠いんです。
・・そこの、前の家のとこからも遠くて、今現在わたしが住んでるところからも・・そんな近くはないんです。

今井通子:
・・ていうか、本当に辞めるかどうかも分かんないってわけ?、じゃ。

相談者:
いやそれは辞める、事は確かみたいなんです。

今井通子:
・・うん

相談者:
「不動産看板下ろす」言うてね。
それホントみたいです。

今井通子:
うーん、その「ホントみたい」っていうのは何か・・多角的にっていうか、誰か他の人か・・

相談者:
はい。他の、ちょっと前に住んでた人のご近所のね、

今井通子:
うーん

相談者:
うん、人からなんか、あのちょっとそれを聞いたんですけどね。はい

今井通子:
ははは、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
・・ちょっと話戻りますけど、あなたおいくつ?

相談者:
68です。

今井通子:
68歳

相談者:
はい

今井通子:
・・えご主人は?

相談者:
あの、亡くなりました。

今井通子:
何年前?

相談者:
えっと3年になります、2年かな?はい

今井通子:
お子さんはいらっしゃる?

相談者:
はい。息子がいます。

今井通子:
おいくつぐらい?

相談者:
40う・・5です。

今井通子:
ご一緒に住まわれてる?

相談者:
いえ、あの別です。もう結婚して、あの別に住んでます。

今井通子:
で、この方は、遠いの?、近いの?

相談者:
と、遠いです。

今井通子:
あ、遠いとこにいらっしゃ・・

相談者:
遠いですしね、その、なんちゅん、親子関係がちょっと上手く行って・・・なくって、

今井通子:
・・はあ

相談者:
はい、あまりちょっと、疎遠な感じで。

今井通子:
息子さんとは疎遠?

相談者:
はい

今井通子:
はい。不動産っていうのは家なの?

相談者:
家と土地とです。

今井通子:
・・家と土地でえ、

相談者:
はい

今井通子:
そこは昔、例えばお住まいになっていたとか?

相談者:
はい、あの、20う・・5年ほどお・・前にね、

今井通子:
はい

相談者:
はい、あのお、建てたんですけどね。

今井通子:
はい

相談者:
はい。1年前まではね、

今井通子:
はい

相談者:
住んでたんですけどもね・・うん、ほんでもう主人も亡くなって、自分一人ではね、

今井通子:
うん

相談者:
中々不便なところで。うん、今、ちょっと空き家が、多くなって来てるんです。

今井通子:
で・・

相談者:
その今のその土地がね、

今井通子:
ええ

相談者:
凄くもう・・全然こう、あの、不動産の価値がなくってね、

今井通子:
うーん

相談者:
それでちょっと一人では生活して行くのんが、

今井通子:
うん

相談者:
もう困難になってしまったんですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい。ほんで今度から、また新たに、そこがもう駄目になってしまうから、

今井通子:
うーん

相談者:
次に見つけようと思っても・・中々、難しいんですね。

今井通子:
そうすると、今日の、ご相談はあ、

相談者:
はい・・鍵と、

今井通子:
うん

相談者:
見取り図っていうのが、わたくしの方の、手元にね・・戻らなかった場合にね、

今井通子:
はい

相談者:
あの今後、そのこ、あの不動産を、売買する時にね、なんかこの不都合っていうんですか?、そういう事をね、生じるかどうかという事と、それであの、今後、新たに、あのお、売って頂くところを見つける時に、どういう風な事に、気ををつければ・・あのお、いいのかな?と思いまして。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
で・・税金っていうかな?

相談者:
はい

今井通子:
固定資産税なんかも、ずっと払ってらっしゃいますよね?

相談者:
えそう、そうです。

今井通子:
分かりました。
・・じゃあ今日はですね、弁護士の、大迫恵美子先生が・・

相談者:
はい

今井通子:
いらっしゃいますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はいよろしくお願い致します。

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。