3人兄妹のアタシだけに向けられる母の被害妄想


テレフォン人生相談 2018年3月28日 水曜日

父が亡くなって以来、一人暮らしになった母から泥棒呼ばわりされるなど、誹謗中傷されて、耐えられない。どうつき合えば?

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女59歳 父は1年前に他界 他県に住む母87歳 母の近くに住む兄61歳 妹53歳

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもし?

相談者:
あ・・

柴田理恵:
テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

柴田理恵:
よろしくお願いします、今日はどんなご相談ですか?

相談者:
はい、あのお・・わたしの・・

柴田理恵:
はい

相談者:
あの・・実家の方の母なんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの他県にいるんですけれども、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
と、1年前に、

柴田理恵:
はい

相談者:
えーと・・父が亡くなりまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、両親2人で住んでいたんですけれども、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
亡くなっ、てからなんですが、

柴田理恵:
はい

相談者:
亡くなる前は、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・父が、突然入院しまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
で兄妹3人いるんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたくしだけがちょっと他県におりまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
で、兄と妹が、近くにいるんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、突然入院したので、

柴田理恵:
ええ

相談者:
で母がちょっと足が弱くて、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、ケアセンターに、通うような感・・

柴田理恵:
はいはい

相談者:
立場だったので、

柴田理恵:
はい

相談者:
・・ま、分担しまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
わたくしが、そのケアセンターに行く、あ、行く日を、あのお・・ま、2時間ぐらいかけて、電車で・・実家行きまして、

柴田理恵:
はいはい

相談者:
ま、わたしが働いてなかったものですから、

柴田理恵:
はいはい

相談者:
で、面倒を看ていたんですね。

柴田理恵:
はいはい、お・・

相談者:
週2日ですけど。

柴田理恵:
お母さまの面倒をね?

相談者:
あ、そうです、で・・

柴田理恵:
はい

相談者:
わたしは週末、病院、病院に泊まったりとかして、

柴田理恵:
あ、はいはい

相談者:
一応、ま、そういう事があって、ま、亡くなったんですね。

柴田理恵:
はいはい、はい

相談者:
で、その後は、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、わたしもそう行けないので、

柴田理恵:
うん

相談者:
行かなくなったんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、お盆とかそういう時しか。

柴田理恵:
はい

相談者:
そうしましたら、母が、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あの、ケアセンターに行っている間に、

柴田理恵:
はい

相談者:
わたしが勝手に上がり込んで、

柴田理恵:
うん

相談者:
シャ、お風呂に入って行くとか、

柴田理恵:
うん

相談者:
で、シャンプーがなくなっているとか、

柴田理恵:
うーん

相談者:
冷蔵庫の物を食べてる、とか、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あと、ネックレスが、を持ってった、とか。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
そうい・・

柴田理恵:
あ、そういうふうにおっしゃるようになっちゃったんですか?

相談者:
ええ、そ、そうなんです。もう1年ぐらいになるんですけれども。

柴田理恵:
あー、じゃお父さまが亡くなられてから?

相談者:
あそう、そうで・・あの、亡・・

柴田理恵:
うん

相談者:
葬式が終わって、

柴田理恵:
うん

相談者:
も、わたし行かなくなってから・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
だと思うんですけれどね。

柴田理恵:
お母さまおいくつですか?

相談者:
80う、7になります。

柴田理恵:
87、えっと、あなたはおいくつですか?

相談者:
あ、59です。

柴田理恵:
59。

相談者:
はい

柴田理恵:
お兄さまは?

相談者:
えー61です。

柴田理恵:
はい、妹さんは?

相談者:
えーと・・53。

柴田理恵:
あーなるほど、お兄さまと妹さんは、

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、あまりそちらの方には行ってらっしゃないんですか?

相談者:
あ、週に1度、あ、やはり1人暮らしで・・

柴田理恵:
お2人・・

相談者:
で、足腰が弱いので、母が。

柴田理恵:
うん、あん、あん、あん、あん

相談者:
ええ、ええ
ほんで週に1度、顔を出しているんですね。

柴田理恵:
あー

相談者:
で、妹は、毎日電話電話を入れてるんです。

柴田理恵:
ふんふんふん
じゃ、割りと、こう・・ご兄妹、3人で・・

相談者:
あ・・

柴田理恵:
今はお母さまの、

相談者:
そうそう、です。

柴田理恵:
面倒を、こう、ま・・

相談者:
で、わたしはちょっと行けないので。

柴田理恵:
うん、そうですね。ちょっと、遠いところにいらっしゃるから。

相談者:
あ、そう、そうなんです。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
なので、そう・・ま、どちらかというと妹と、

柴田理恵:
うん

相談者:
兄に、お願いしてるんですけれども。

柴田理恵:
あーなるほどね。
す、ま、物理的にも、一番ん・・

相談者:
あ・・

柴田理恵:
そのお・・お母さまのお家には、出たり入ったりできない立場あ・・

相談者:
そうなんです。片道2時間掛かるので、

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
あの、入院してる時は父が、無理して、行っていたんですけれども、

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
ちょっとだいぶ疲れてしまって、わたくしも。

柴田理恵:
うん、うん、うん、うん

相談者:
で・・時々母から、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの・・「勝手に」?

柴田理恵:
うん

相談者:
「家(うち)入るな」っていうように・・電話・・き、この間も掛かってまいりまして、

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、も、喧嘩になってしまうんですね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
行ってないので。

柴田理恵:
そうですねえ。

相談者:
で、いつも
「警察呼んでくれ」とか、わたくしも言ってしまいまして、

柴田理恵:
うん、うんー

相談者:
で、妹も、あの・・電話で話すので、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
喧嘩になってしまって、

柴田理恵:
うーん

相談者:
で・・興奮してしまうので、母も。

柴田理恵:
うん、うーん

相談者:
で、もう87なので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
どうしたら・・妹が・・あの・・そのまま、聞いてればいいのか?

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、わたしも、ちょっと、どうし・・あの・・辛いものですから。

柴田理恵:
うーん

相談者:
泥棒っていうか・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
みんなの前でも言われますし、

柴田理恵:
そうですねえ。

相談者:
あの・・あの、
「居る時に来なさい」っていうように、あの・・集まった時でも?みんなが。

柴田理恵:
うん、うんー

相談者:
法事の時でもそうやって言うので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、主人なんか
「鍵を返したらどうか?」とか言うんですけれども、

柴田理恵:
うん、うーん

相談者:
あの、そうすっと、母が、あの・・わたしが・・来てるって事で・・怒りを感じる事で、生き甲斐になってるのかもしれないとか思ったり・・

柴田理恵:
うーーん

相談者:
あのお、なん・・どうしたらいいのかな?っていうふに・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
妹もわたしも・・ちょっと・・あの、最近ほんとにどうしていいか?分からないっていうか・・

柴田理恵:
んー、もちろんお兄さん・・にも・・

相談者:
あ・・

柴田理恵:
ちゃんと、お話なさってるわけでしょ?

相談者:
あ・・兄も、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、居る前で言ってるので、

柴田理恵:
うん

相談者:
ネックレスが・・(苦笑)

柴田理恵:
で、そん、そんなわけない事も・・

相談者:
あ、もちろん分かって、はい

柴田理恵:
分かってらっしゃいますでしょ?

相談者:
もう、どう・・

柴田理恵:
・・うーん

相談者:
でえ、ま、どうしようもない・・って、もう、そう信じ込んでいるので・・

柴田理恵:
うーーん

相談者:
で、わたしも、あの・・実際に行っても、そのように言われますし、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、
「野菜が」、こう、「無くなってる」とか(苦笑)。

柴田理恵:
うーん

相談者:
「ハチミツが、この間買って来たのに、もう、あんたが持ってった」とか(苦笑)、そうやって言うんですね。

柴田理恵:
あのお、お母さま、足い、は、弱いですけれど、

相談者:
ええ、ええ

柴田理恵:
ご自分で・・と、暮ら・・暮らせるという、か、そういう家事みたいな事出来るんですか?

相談者:
あ、そうですね、火は使わないように言ってあるんですけれども、

柴田理恵:
うん、うん・・ま・・

相談者:
洗濯、出来ますし・・

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
お風呂も自分で・・ま、シャワーですけれども。

柴田理恵:
はいはいはいはい。
お風呂も入、入れる、

相談者:
あ、そう、そうです。

柴田理恵:
お食事い、は?

相談者:
あの、ご飯が炊けるので、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
大抵、冷凍してあって・・それもあの、電子レンジで解凍できるんですね。

柴田理恵:
あん、うん、うん、うん、ふんで・・

相談者:
で、ま・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あと・・おかずは・・あ、あのお弁当を取っているので、

柴田理恵:
はい、はい、はい、はい

相談者:
おかずだけ。

柴田理恵:
うん、うん・・じゃ、食事も、ま・・

相談者:
あ、そう、そう・・

柴田理恵:
ま、なんとなくちゃんと自分では・・

相談者:
そうなんです、はい

柴田理恵:
じゃ、そこはしっかりなさってるんですね?

相談者:
あ、そうなんです。
あの、ケアマネさんも、

柴田理恵:
うん

相談者:
「しっかりしてる」っていう事で、あの・・要支援2なんですけれども、

柴田理恵:
うーん、うん

相談者:
あの、介護まで行けないっていうか・・

柴田理恵:
あー、はあはあはあ、支援なんだ・・ね。

相談者:
そうすると介護・・認定もう少しもらえると、

柴田理恵:
うん

相談者:
ヘルパーさん、とか、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
もう少し頼めるんですけれども。

柴田理恵:
うん

相談者:
た、そういうヘルパーさんも、ちょっと拒むので、

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
あのま、1人で・・

柴田理恵:

相談者:
頑張りたいっていう感じ・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
なんですね。

柴田理恵:
あの・・えっと、足い、が弱い、以外は・・

相談者:
ええ、ええ

柴田理恵:
例えば内臓のご病気とか、色々、そういうところは大丈夫なんですか?

相談者:
ないん・・ですね。

柴田理恵:
ない、じゃ、あの、ご健康というか。

相談者:
あ、そう、そうです・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
食欲もありますし、

柴田理恵:
はい、はい、はい・・分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
え、じゃ、ま、その、一人暮らしになられたお母さまの、この・・この、容体の事で・・

相談者:
はい

柴田理恵:
と、いう事でよろしいですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
分かりました。
では今日の回答者の先生に聞いてみましょう。

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
え、今日の回答者の先生は、精神科医の、高橋龍太郎先生です。

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
先生お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。